タグ:DA18-250 ( 47 ) タグの人気記事

プロメテウスの火 

札幌では、大きな川の上などによくトビ(鳶)が悠々と飛翔している姿が見られました。 (2008.5.10 札幌市・モエレ沼公園近くのモエレ川にて) (Pentax K10D/Pentax DA18-250mmF3.5-6.3,250mm,1/500秒)
c0223825_025144.jpg

トビはもっとも身近に見られる猛禽類ですが、レンズごしに見える表情はやはり猛禽類そのもので怖いですね。
c0223825_065728.jpg

今日はギリシア神話の中でも有名なお話のひとつ、「プロメテウスの火」です。

ギリシア神話では、人間はティタン神族のプロメテウスが作った人形に大神ゼウスが息をかけて生命を入れたものとされています。プロメテウスは自分に似せて人形を作ったので最初の人間は男性だけでした。
プロメテウスは人間に文字や色々なことを教えよく面倒を見たので、人間はあっという間に増え、最初は賑やかに平和に満ちていた、と言われます。
しかし地上に増えた人間はと段々と傲慢になったのでゼウスは、火を取り上げてしまいました。
火を失って寒さに震える人間のためにプロメテウスは天上の火を盗んで人間に再び「火」を与えました。人間はその火によって文明を得たとされています。これが「プロメテウスの火」です。

しかしゼウスの意に反して天上の火を盗んだのでプロメテウスはゼウスに罰せられ、断崖絶壁のカウカサス山の山頂にはりつけられました
c0223825_122888.jpg

はりつけられたプロメテウスのもとには、ゼウスに命じられた鷲が飛んできて、プロメテウスの肝臓をついばんでいきます。プロメテウスは不死の神なので、つばまれた肝臓は再生されますが、翌日には再び鷲が飛んできて再生された肝臓をまたついばむ。この繰り返しがゼウスの刑であり、刑期は3万年とされていました。
c0223825_0555317.jpg


「プロメテウスの火」はこういうお話です。
この後、ゼウスは再度人間を懲らしめるために、今度は「女性」を作って人間に贈り、その女性(パンドーラ)が箱を開けることによって厄災が人間を覆うことになるので、さきのプロメテウスの火と併せて、文明を得た人間は、同時に、厄災が覆う世界の中で希望だけを頼りに生きていかなければならなくなりました。

一度は人間から火を取り上げたゼウスが、なぜプロメテウスが与えた火を取り上げなかったのかは?ですが、「プロメテウスの火」が、文明と同時に厄災へと繋がっていくという点でとても興味深い物語です。

人間はプロメテウスの火で文明を起こしましたが、同時に武器や恐ろしいものも作って争いを起こし、厄災を引き起こしてもきました。
その意味で「プロメテウスの火」は様々に解釈され、しばしば原子力は「第二のプロメテウスの火」と例えられます。NASAの宇宙での原子力推進計画は「プロメテウス計画」という名前だったそうです。

プロメテウス(あらかじめ考えている者)は、しばし先見性のある者との意味にも解されます。そのプロメテウスが弟のエピメテウスに「ゼウスの贈り物には気をつけろ」と忠言するシーンが印象的だと書きました。
トロイア戦争でギリシア軍が考え出した「トロイの木馬」は、現代のパソコンウイルスソフトのウイルスパターン名にも使われています。「敵(からの贈り物)が、実は敵そのものであって、内部に潜んで忍び込み、相手を滅ぼすという形態から名付けられたものですが、こうした現象を前にソフトの技術者が「これはトロイの木馬じゃないか」と思いつくこと自体、欧米ではギリシア神話が現代に生きている証のひとつです。
トロイの木馬の物語は、しばし「外国からの贈り物には気をつけろ」という例えに引用されます。
欧米人の思考の中に息づく「古代ギリシア人の知恵」に思いを馳せてみるのも興味深いものです。

2011.11.14
by bjiman | 2011-11-14 01:33 | ギリシア神話が好き | Comments(2)

ポプラ並木(夏の北海道大学)

北大といえば、ポプラ並木。
今回は、夏の北大キャンパスの写真散歩です。
c0223825_0535866.gif

北海道は今台風で大変なことになっているようで心配ですが、北大のポプラ並木も2004年9月の台風で19本も倒され、再生作業中です。ポプラ並木の左側が農学部の広大な農場ということもあり、一般の方が並木道を歩くことはできないのですが、外から見るだけでも絵になります。
c0223825_19471.gif

ポプラ並木のすぐ近くに花木園があり、近くに新渡戸稲造博士の顕彰碑が建っています。
顕彰碑には氏の'I wish to be a bridge across the Pacific'(太平洋の架け橋になりたい)という若き日の直筆が刻まれています。氏は、この志を持って明治17年に私費でアメリカに渡り留学。ドイツにも留学し、米国人のメリー・エルキントンさんと結婚し帰国。札幌農学校の教授となられました。
今も、北大に学ぶ学生達を暖かく見守っておられるような、柔らかい表情です。
c0223825_1152757.gif

     札幌農学校といえば、北大キャンパス内に今もモデルバーン(国の重要文化財)が保存されています。写真は、左側がモデルバーン(模範家畜房)、右側が牧牛舎です。
c0223825_136591.gif

     牧牛舎の裏側はこうなっています。赤レンガの覗く、モダンな建物です。
c0223825_1414659.gif

     コーンバーン(穀物庫)
        冬景色とはまた趣が違います。
c0223825_1433896.gif

     釜場。家畜飼料を作る加工場です。
c0223825_1451111.gif

     製乳所。私はこの建物が好きで、もう何度も写真に撮りました。
c0223825_1463343.gif

北大キャンパスには、素敵な建物がたくさんあります。中でも私は、この古河記念講堂が好きです。
古河記念講堂は、古河虎之助氏の寄付をもとに、1909年に林学教室として建てられたもので、国の登録文化財。現在も文学部の研究室として実際に使われているため、内部に入ることはできません。
こちらの5枚目に冬景色も載せています。)
c0223825_1524753.gif

    8月の大野池は、スイレンの花が真っ盛りです。
c0223825_1581117.gif

c0223825_1562347.gif

    スイレンって赤もいいですよね。
c0223825_1564356.gif

    明るい陽光の下、花が輝いています。
c0223825_15712100.gif

    中央ローン付近で。真夏といっても札幌。木陰で休んでいる学生さんもいます。
c0223825_1594813.gif

    美しいキャンパス内では、絵を描いている方もよく見かけます。
c0223825_244889.gif

    とある夏の休日。キャンパスを自転車で散歩するのは、実に気持ちの良いものです。
c0223825_253611.gif


(おまけ)モノクロを作ってみました。
    (ポプラ並木)
c0223825_8251545.gif

    (モデルバーン)
c0223825_8261779.gif

c0223825_8263167.gif

    (古河記念講堂)
c0223825_8265459.gif


  2008.8.9~10 札幌 北大キャンパスにて
  PENTAX K10D
  PENTAX DA18-250mmF3.5-6.3ED AL
  JPEG,AdobePhotoshopにてレベル調整
by bjiman | 2010-08-13 00:52 | 札幌日記(北海道大学) | Comments(10)

上富良野町 日の出公園~丘の風景~

上富良野町の日の出公園は、町営の公園。ラベンダーが有名な公園ですが、十勝岳が近く眺められる丘の風景がきれいなところです。
c0223825_23565394.gif

お天気の優れない日だったので、ちょっと加工して遊んじゃいました。雰囲気を楽しんで頂けるとうれしいです。
c0223825_005129.gif

   ここからは加工なしです。色鮮やかなお花たち。
c0223825_015095.gif

c0223825_03335.gif

c0223825_034480.gif

c0223825_042842.gif

   ここの良さは、ラベンダーやお花たちと一緒に丘の風景も楽しめることでしょうか。
c0223825_06680.gif

c0223825_0113738.gif

      アルプスの少女が走ってきそうですね。
c0223825_0121457.gif

   十勝岳連峰が近くに見えて、味のある雰囲気を楽しむことができます。
c0223825_0135246.gif

      ひまわりがたくさん咲いていました。
c0223825_0165742.gif

      帰りがけに、ちょっとファーム富田にも寄っちゃいました。ラベンダー畑に傘の花が咲いていました。
c0223825_0174182.gif


   2008.8.3 富良野にて
   PENTAX K10D
   PENTAX DA18-250mmF3.5-6.3ED AL
   JPEG,AdobephotoshopElements8にてレベル調整
by bjiman | 2010-08-06 00:20 | 北海道日記(富良野・美瑛) | Comments(6)

2008年夏、再び美瑛へ。(白金温泉~ブルーリバー)

2007年の夏に訪れた美瑛はお天気が優れず写真が思うように撮れなかったこともあって、2008年の夏(8月2日~3日)に、再度美瑛を訪れました。
c0223825_23434861.gif

しかし、この日も残念ながら雨。雨の様子を見ながらの撮影になってしまいました。ここは美瑛町にある「ぜるぶの丘」。農機具屋さんの経営する観光農園です。
c0223825_23453138.gif

昔のスカイラインを知っていらっしゃる方ならご存じの、「ケンとメリーの木」のすぐ近くにあるのですが、この時は気がつきませんでした。。。「ケンメリ」と呼ばれたスカイラインがありましたね。私は今でもたまに、スカイラインが欲しくなります。
c0223825_23454883.gif

この当時はフィッシュアイ持っていなかったのですが、フィッシュアイなら全景が入ったなぁと今にして思いました。
c0223825_23463799.gif

雨ばかり降る日は、無理せず、カフェでお茶がいちばんですね。ここは、ドイツ人のステファンさんが経営する「ランドカフェ」。
c0223825_23491596.gif

ドイツ風のお料理をいただくこともできますが、この日はカフェでの利用でしたので、私はアイスクリームとエスプレッソ。
c0223825_23584815.gif

     ツマはケーキを。これはブルーベリーかな?(オットはスイーツ音痴なので。。。)
c0223825_014996.gif

この日のお宿は、美瑛町白金温泉のペンション「ほしの灯家(あかりや)」。前年に上富良野から近くの十勝岳温泉に宿泊してとても好印象の温泉だったので、ここ白金温泉のお湯にも期待していました。結果、とても良い温泉に浸かることが出来ました。(温泉の写真って撮れないので、こういう時写真を載せられなくて寂しいです(笑)。
c0223825_05344.gif

翌朝起きて、宿すぐ近くに遊歩道があるとのことで行って見ることに。道からちょっと森の中に入るだけで、深い森林の中に入ってきたよう。出てきたアオダイショウのようなヘビに驚きつつ奥へ進むと青い色の川が見えてきます。十勝岳連峰の地下水は、硫黄分を多く含むため、一見、温泉のような色をしています。
c0223825_020294.gif

とても美しい水で、深い森の癒しのオーラがある場所でした。
c0223825_0254916.gif

今度は、美瑛を代表する滝、白ひげの滝(しらひげのたき)を見に行きました。この写真は、白金橋(通称ブルーリバー橋)から眺めた景色です。
c0223825_0284899.gif

十勝岳連峰の地下水が岩の割れ目から流れ落ちるさまが、ひげのように見えるということから「しらひげの滝」と名付けられたそうです。
c0223825_0343998.gif

それにしても、この硫黄分を多く含む「ブルーリバー」は一見の価値有りです。
c0223825_038503.gif

    周囲は、深い深い、山並みです。
c0223825_04424.gif

    滝からの帰り道、ふっと見上げると、ハクセキレイがちょこんと来てくれました。
c0223825_0481378.gif


    2008.8.2~8.3 美瑛町、白金温泉にて。
    PENTAX K10D
    PENTAX DA18-250mmF3.4-6.3ED AL
    RICOH GRD2
    Jpeg,Adobe photoshop Elements8にて
by bjiman | 2010-08-05 00:55 | 北海道日記(富良野・美瑛) | Comments(4)

ニッカウヰスキー(余市蒸留所)

国産ウィスキーの父、竹鶴政孝さんは、1934年にニッカウヰスキー(旧大日本果汁株式会社、日果=ニッカ)を創業する際、その場所を、自らがウィスキー造りを学んだスコットランドに最も環境が似ているという理由で北海道の余市(よいち)町に選びました。
c0223825_1462466.gif

地縁もない中で、ウィスキー造りに掛ける情熱が、きっとこの会社をここ余市で大きくしたのだと思います。今ではこの余市蒸留所は、国の登録有形文化財に指定されています。
c0223825_1561151.gif

     この蒸留所内に、ひっそりと創業社長の旧竹鶴邸があります。
c0223825_203625.gif

竹鶴政孝さんは、スコットランドに留学した際にリタさんことジェシー・ロベルタ・カウンさんと出会い、日本で本当のウィスキーを作るという夢を持って結婚し、2人で日本へ戻ってきました。大正時代のことです。
c0223825_254924.gif

帰国した竹鶴さんは、サントリー(旧寿屋)に期間限定で入社、同社の山崎工場を設立。その後、退社・独立して、ここ余市町に蒸留所を建て、2人の家を構えたのです。
家の中には、素敵なステンドグラスが埋め込まれていました。
c0223825_211265.gif

洋館ながらも、内装を見ると障子が入れてあったりして、和モダンな感じになっています。
c0223825_2125279.gif

   玄関のドームからの眺め。こんな風に出社するなんて、お洒落ですね。
c0223825_214227.gif


 c0223825_222305.gif


ここ余市蒸留所では、ウィスキーの製造過程の見学はもちろん、各種ファクトリーツアーも充実しており、旧竹鶴邸では、竹鶴氏ご夫妻の出会いなども知ることができます。こういう大正世代の立派な方について勉強すると、最近、こういう日本人がいないなぁと痛感させられます。

私も、竹鶴氏に敬意を表して、1本所有しております。たまには、ウィスキーのグラスでもかたむけつつ、壮大な夢に浸ってみるのもよいかもしれませんね。















 2008.7.27 余市町にて
 PENTAX K10D
 PENTAX DA18-250mmF3.5-6.3ED AL
by bjiman | 2010-08-04 01:40 | 北海道日記(余市町) | Comments(4)

幌見峠~札幌市内を一望できるラベンダー園~

札幌の高級住宅街・円山からスキー場で有名な盤渓の方へ抜けていく道の途中に、幌見(ほろみ)峠があります。
c0223825_7433943.gif

   この峠は、市内の夜景を一望できる夜景スポットとして有名なのですが、市内近郊のラベンダー園としても隠れた人気があります。
c0223825_7522594.gif
c0223825_7532970.gif

   ラベンダーは摘み取って持ち帰ることができます(有料)。私たちも摘み取りを楽しみました。
c0223825_7511222.gif

   ミツバチの邪魔をしないように気をつけないと、、、
c0223825_747208.gif

   「富良野までは時間がなくていけない」という時でも、ここならラベンダーの香りをすぐに楽しむことができるスポットとしてオススメです。
c0223825_743327.gif


*2010年は、昨年の天候の影響でラベンダーが枯れてしまったため、ラベンダー園は閉園しているそうです。来年以降のお楽しみですね。(夜景駐車場は今年もやっているそうです。)

   2008.7.27 札幌市 幌見峠にて
   PENTAX K1OD
   PENTAX DA18-250mmF3.5-6.3ED AL
   Jpeg,AdobePhotoshopElements8にてレベル調整
by bjiman | 2010-07-31 07:57 | 札幌日記(市内名所) | Comments(2)

7月末の百合が原公園~百合づくし~

札幌市北区の百合が原公園は、名前のとおり実に様々な百合がたくさん咲いている公園。
公園の百合は、7月の中旬から下旬にかけて種類も増えてくるので、2008年の7月21日、様子を見に行ってみました。
c0223825_0321075.gif

        見た事もない種類もいっぱい。これは百合なんだろうか。。。
c0223825_0405328.gif

        少し小さな種類のものも多くて、可憐さを楽しむことができます。
c0223825_042541.gif

        もちろん大型のお花は華やかです。
c0223825_0473480.gif

c0223825_0463184.gif

        これも見た事のない種類です。
c0223825_049109.gif

        白色のお花の中にグリーンと赤が映えます。
c0223825_0511597.gif

        この日の圧巻は、このエリアでした。周囲を埋め尽くす程の百合たち。
c0223825_055592.gif

c0223825_103046.gif

        とても見応えがありました。
c0223825_122746.gif

c0223825_1163293.gif

c0223825_1165232.gif

        もちろん百合以外のお花も楽しめます。
c0223825_1145880.gif

c0223825_117403.gif

        公園内のミニ鉄道「リリートレイン」の車庫。車庫好きの私は、こういうのでも嬉しくなってしまいます。
c0223825_1201116.gif

公園内には、世界の庭園というコーナーがあって、札幌市の姉妹都市である中国・瀋陽市、ドイツ・ミュンヘン市、アメリカ合衆国・ポートランド市と日本庭園の4つの庭園を見ることができます。
これは、「瀋芳園」の門。「瀋芳園」は、中国の伝統的な自然山水の庭園なのだそうです。
c0223825_1153773.gif

c0223825_125541.gif

        7月の百合が原公園は見所がたくさん。7月の札幌の、ちょっと気になるスポットなのです。
c0223825_1272737.gif


なお、ラベンダーが美しい、7月当初の百合が原公園については、こちらに、
青のムスカリがきれいな5月の百合が原公園は、こちら
それぞれ掲載していますので、よろしかったら併せて楽しんでいって下さい。

    2008.7.21 札幌市北区 百合が原公園にて
    PENTAX K10D
    PENTAX DA18-250mmF3.5-6.3ED AL
    JPEG,Adobe PhotoshopElements8にてレベル調整

    
by bjiman | 2010-07-29 01:28 | 札幌日記(百合が原公園) | Comments(6)

夏の高尾山 1号路は花の路

c0223825_825088.gif

     帰路は1号路。薬王院の美しい寺社に紫陽花の紫が映えます。
c0223825_851722.gif

     歩いていると、頭上に飛行機雲。自衛隊のようでした。
c0223825_853324.gif

     境内のあちらこちらに、桔梗が咲いています。
c0223825_861354.gif

     今の時期、美しいヤマユリがとてもたくさん咲いています。
c0223825_87789.gif

     白や薄い紫に惹かれます。
c0223825_87336.gif

c0223825_874437.gif

     薬王院はとても美しい寺社建築が見られます。目の覚めるような鮮やかな朱色。
c0223825_883090.gif

     暑かったですが、とてもいい天気でした。
c0223825_8101845.gif

     「良縁結び」を見つけました。
c0223825_8111639.gif

     良いご縁でありますように。
c0223825_8141444.gif

     濃い緑に包まれた境内に、ヤマユリの鮮やかな色が彩りを添えています。
c0223825_8144579.gif

c0223825_8153620.gif

     1号路はずっとなだらかな坂を下っていきます。山の上のせいか、まだ紫陽花がたくさん見られました。
c0223825_817295.gif

     お腹が空いたら、高尾山名物のゴマ団子。
c0223825_8201198.gif

     中腹にある「たこ杉」はいつ見ても見事なものです。
c0223825_8214653.gif

     下山してきました。家々の庭に植えられたお花たちが疲れを癒してくれます。
c0223825_8233465.gif

c0223825_8234584.gif

     高尾山口から京王線に乗ると、新宿まではあっという間。副都心のビル群を鮮やかな夕焼けが彩っていました。
c0223825_8251539.gif


   2010.7.20(mon) 高尾山、新宿にて
   PENTAX K20D
   PENTAX DA18-250mmF3.5-6.3ED AL
   RAW,K20Dボディ内現像。(MIYABI,ファインシャープネスon)
 
   
by bjiman | 2010-07-24 08:27 | 高尾山・筑波山巡り | Comments(4)

7月の高尾山は、6号路でしっとりと。

久々に高尾山へ。高尾山口駅を下車して歩き始めると、駅脇の川が涼しげな音を立てていました。
c0223825_23585289.gif

        暑い今の季節は、何と言っても涼しい6号路がオススメです。
c0223825_23543431.gif

        このコース途中には、修行の場である、琵琶滝水行道場があります。
c0223825_065546.gif

        6号路を歩き始めると、そこは深い山中の森の中です。
c0223825_0153063.gif

        時折、深い緑の中に陽の光が差し込みます。
c0223825_0201620.gif

        上手く撮れていませんが、「なんて美しいんだろう」って溜息が出ました。
c0223825_0231875.gif

        外国の方ってどうして、ただ寝ているだけなのに絵になるんでしょうか。きっと私たちは、こんなところで、こうして一人でゆったりと寝たりしないからだろうと思います。
c0223825_0265878.gif

        コースの進行方向にぽっと陽の光が射して。「こっちこっち」と導かれているような。。。
c0223825_0414735.gif

6号路はコース脇にずっと沢があり、沢づたいに登っていくようなコースで、登っていくとしっとりとした瑞々しさに包まれます。
c0223825_0454511.gif

        さらに歩いて行くと、コース自体が水っぽく濡れてきます。
c0223825_0551920.gif

        コース上に、湧き水が流れ出ているところもあります。
c0223825_124257.gif

        こうした橋がよく整備されています。
c0223825_155417.gif

        下山の方とすれ違うのがやっと、というところが少なくありません。
c0223825_1101576.gif

        沢の上を歩くようになります。ここの入り口で、一瞬驚きます。「ここへ行くの?」
c0223825_1152692.gif

        沢を抜けるといよいよ頂上近く。最後に待ち受ける心臓破りの坂(階段)です。
        正直に申しあげまして、私はここでバテて、ちょっと休んでから再出発しました。
c0223825_1191715.gif

        ようやく頂上。モミジが迎えてくれました。
c0223825_1255887.gif

6号路は全長3.3km、標準登山時間は90分です。私たちは80分程度で登りました。汗はびしょびしょ。お茶のボトルは2人で、500mlと350mlを1本ずつ飲み干しました。
暑い夏はさすがに汗をかきますが、6号路は大半が日差しを浴びないで済み、沢の涼しく、心地よいせせらぎを聴くことができるオススメのコースです。

  2010.7.19(mon) 高尾山にて
  PENTAX K20D
  PENTAX DA18-250F3.5-6.3ED AL
  RAW,K20Dカメラボディ内現像。
  (MIYABI,ファインシャープネスON)
by bjiman | 2010-07-23 01:37 | 高尾山・筑波山巡り | Comments(4)

サロベツ原生花園

             (良かったらダブルクリックして大きくして広がりを感じてみて下さい。)
c0223825_6442180.gif
          
稚内~利尻・礼文の旅も最終日。今日は利尻島から稚内に戻り、サロベツ原生花園を見て、豊富(とよとみ)温泉に行く各駅列車の旅です。
利尻島から稚内に戻ってきました。これは、北海道遺産の稚内港北防波堤ドーム。宗谷湾を望む北埠頭のシンボルで、強風と荒波を防ぐ全長427mの世界でも珍しい半アーチ形ドームです。
c0223825_650183.gif

       道路標識にロシア語が見られます。
c0223825_6504344.gif

       稚内駅。現在改築工事中で、2010年に現駅舎は取り壊しになり、2012年には新しい駅舎になるようです。この姿も見納め。撮っておいて良かったです。
c0223825_653557.gif

       今日は、この各駅列車での旅です。
c0223825_6535742.gif

       車内は、各駅列車での旅を楽しむ観光客で賑わっていました。
c0223825_6553429.gif

       途中の車窓から。稚内を出てほどなく走っていくと、周囲は酪農・牧草地帯です。
c0223825_6563685.gif

       勇知駅にあった駅舎。
c0223825_657170.gif

       どこまでもまっすぐな線路。
c0223825_6592383.gif

       豊富(とよとみ)駅で下車。
c0223825_6573460.gif

       今日の目的は、国立公園サロベツ原生花園と豊富温泉。
c0223825_6583767.gif

c0223825_6585279.gif

       サロベツ原生花園には、バスで向かいます。
c0223825_71284.gif

       原生花園の前でバスを降りると、眼前には、利尻島で見ていたあの利尻山がふっと現れ、感激しました。
c0223825_731518.gif

c0223825_732957.gif

原生花園は、時期的にちょっと外していて、有名なエゾカンゾウの咲き乱れる姿は撮れなかったのがちょっと残念でしたが、広大な原野を堪能しました。この後、豊富駅へ戻り、油風呂とも呼ばれる特徴的な豊富温泉へ行き、古くから石油発掘がされてきた土地柄での非常に個性的な湯を楽しみました。
c0223825_22594397.gif

帰りはまた汽車旅。豊富駅から、今度は特急に乗って札幌へ戻ります。
途中のびふか駅。
c0223825_791942.gif

      列車の旅といえばお楽しみは車内で食べるお弁当。こちらは贅沢なカニ弁当。
c0223825_711658.gif

      こちらは、鰊と数の子の親子弁当です。
c0223825_7114080.gif


以上で稚内・利尻・礼文の旅を終わります。
この旅は日程的に強行軍で、もっと見たいと時間不足の点がありましたが、振り返ってみると、サロベツや豊富温泉もとても印象に残っていて、色々詰め込んだけど印象的な旅になりました。またこのエリアを旅してみたいなと思っています。

  2008.7.21 
  PENTAX K10D
  PENTAX DA18-250F3.5-6.3ED AL
  RICOH GRD2
  Jpeg,AdobePhotoshopにてレベル調整
by bjiman | 2010-07-22 07:14 | 北海道日記(稚内・利尻・礼文) | Comments(0)