SMCP-DA☆50-135mmF2.8ED

                  獲物を待つ
c0223825_27047.gif

(アオサギ。松戸、坂川にて。PENTAX K10D,DA☆50-135mmF2.8,1/500秒,F5.6,RAW)

DA☆50-135は、DA☆16-50とともに、私の現在のメインレンズです。フィルムからデジタルへ移行する際、PENTAXがAPS-C機のみの展開だったのでレンズラインナップを再構築する必要があったことから、他メーカーのフルサイズフォーマットも検討しましたが、DA☆16-50とDA☆50-135の2本の登場を見て、やはりPENTAXで行こうと決めました。理由は、(35mm換算)24mm~200mmまでF2.8で揃えられ、K10Dと組み合わせれば、レンズ・ボディとも防塵防滴仕様となること、他社のF2.8クラスレンズより軽量で済ませられ、手振れ補正も効くこと、DA☆16-50の広角側が16mm(24mm)であったことの3点です。要すれば、この2本さえあればほとんどの撮影をカバーでき、あとはマクロレンズや超望遠などを加えればいいね、と思えたからです。レンズ沼にはまっている私ですが、ベースが安定しているとずっと気持ちが落ち着きます。
札幌在住だった私には防塵防滴はかなり役立つ装備でした。札幌は突然の雨が多いし、冬は、晴れていてもフィールドでは粉雪がかなり舞い、レンズには容赦なく水滴が着くので安心感が全然違います。最新のK7Dでは-10度以下の動作を保証していますが、K10D+DA☆16-50でも降雪+風で体感温度氷点下、びしょびしょに濡れて使用しましたが、若干動作が遅くなった程度で、使用には十分耐えた経験があります。
DA☆50-135mmF2.8EDは、フィルム時代で言えば70-200mmF2.8クラスのレンズ。PENTAXのFA☆70-200F2.8と比べても大幅に小型軽量化され、APS-Cのメリットが大いに体感できます。このタイプのレンズの本領は風景撮影だと思いますが、至近距離であれば、野鳥なども撮影できますし、花の撮影にもよく使います。ピントさえ決まればとてもシャープに撮影できると思います。
望遠側が135mm(200mm)なのはAPS-C用としては物足りない面もあります。(だからDA☆60-250F4が出たんでしょうけど)私は400mmF5.6のSIGMAで補っていますが開発中のアナウンスがあったテレコンバーターが欲しいところです。
c0223825_2302914.gif

# by bjiman | 2009-11-23 02:30 | その他のカメラ・レンズ機材関係 | Comments(0)

ずっと見てたの?

                「誰かきたぞ」
                「知らない人間だわ」
c0223825_2395815.gif

                すりすり 
c0223825_23114372.gif
 
                すりすり 「仲良くしましょ」
c0223825_23122898.gif

                「あのー、人前なんですけど。」
                「ウルサイわねぇ。取り込み中よ。見ないでくれる?」
c0223825_2316192.gif

                「私たち、付き合っています。」
                「恥ずかしい」
c0223825_23172668.gif

                「とうとう発表しちゃった。でもウレシイ」
c0223825_2319479.gif

                「あの野郎、浮気しやがって」
c0223825_23204324.gif

                「俺というものがありながら!」
                「何よ!あなたとは終わったのよ!」
c0223825_23221440.gif

                「シツコイ男ってやーね。」
c0223825_23232969.gif

                「あーあったかいー」
c0223825_2325838.gif

                「ずっと見てたの?」
c0223825_23263590.gif


(さいたま県立みさと公園にて。2009.10.12 PENTAX K10D,DA☆50-135mmF2.8)
# by bjiman | 2009-11-22 23:28 | 水元公園の四季 | Comments(2)

監視カメラ作動中

                「監視カメラが作動してますよ。」
                「監視カメラなんて関係ない。」
c0223825_1240470.gif

                「そんな狭いところでどうしてそんなにグータラできるんですか」
                「熟睡中だ。邪魔するな。」
c0223825_12424631.gif

                「パシャパシャ」
                「うるさいなぁ。おきちゃったじゃないか。」  
c0223825_12433246.gif

                「邪魔だ。あっちいけ」  
c0223825_12442392.gif

                 邪魔者は消えた
c0223825_1245869.gif


(松戸駅付近にて。2009.9.29 PENTAX K10D,DFA100MACROF2.8)
# by bjiman | 2009-11-22 12:48 | 写真散歩(松戸days) | Comments(0)

SMCP-A28mmF2.8

c0223825_2133019.gif


c0223825_285170.gif

             (2007.4  PENTAX*ist-DS,SMCP-A28mmF2.8,日比谷公園)

SMCP-A28mmF2.8は、1983年に登場したプログラムオート搭載のPENTAX super-Aに対応するために用意されたAシリーズレンズで、Mシリーズをベースにしながら露出制御用に開放F値を伝えるための信号ピンがマウント部に追加されています。(superAはPENTAX初のヨーロッパカメラオブザイヤーを取ったモデルです。)
基本はM28F2.8と同じと思いますので、レンズ構成は7群7枚、直径63mmまでは同じですが、プログラムオートに対応するための絞り部分の改良があるせいか厚さは37mmと6mm厚くなり、重量も170gと15g重くなっています。(レンズ後部の改良は、M28時代にも行われたと聞いていますが後期型はあまり見かけません。)また、レンズを購入する際、中古カメラ屋さんが実機を見せながら教えてくれた話では、M28と同じSMCコーティングであるものの、蛍光灯などの光を反射させてみるとA28はM28よりも小さな像がたくさん現れ、また色もM28はアンバーな色でしたが、A28はブルーで明らかにコーティングが違う、粒が細かく反射するようになっているのが新しい設計のモデルの傾向のようですね、とのことでした。
このレンズはAモード対応なので、MZ-3などのAFカメラに使ってもプログラムオートが使え、旅行などでは便利だったので海外旅行のスナップ写真の際は、ほとんどこれ1本だけということもありましたが、普段はMZ-3とM28の組み合わせでの絞り優先撮影に何の不便もなかったこともあってA28はあまり使いませんでした。デジタルではAモード使用、ボディ側での絞り設定となったため、ist-DS購入後、最初にAモードのあるA28を使ってみたところ、とてもシャープで鮮やかな写りに驚いてしまいました。その後、SIGMA18-50購入の際に手放してしまいましたが、この時のテスト撮影ファイルを見る度に、若干の後悔を感じています。機会があったらまた入手したいモデルの一つです。
# by bjiman | 2009-11-22 01:45 | その他のカメラ・レンズ機材関係 | Comments(0)

いろいろいけません

c0223825_2372940.gif

(2006.5.1 PENTAX ME-super,SMCP-M28mmF2.8,FUJI PRO400 流山市)
# by bjiman | 2009-11-21 02:11 | 松戸周辺の庭園、寺社仏閣等 | Comments(4)

SMCP-M28mmF2.8

c0223825_13454100.gif

(2006.5.1 PENTAX ME-Super,SMCP-M28mmF2.8,FUJI PRO400 流山市の神社境内)

1976年に発売されたPENTAX MEと同時発表された小型軽量な28mm広角レンズ。Mシリーズレンズは、前年に発表されたオリンパス・OMへの対抗としてOMよりもわずかに小型化されたME、MXシリーズに合わせるため、それまでのKシリーズレンズよりも小型軽量化を図ったシリーズとして展開されましたが、とりわけこの28mmF2.8は小型軽量で、直径63mm、厚さは31mmで重量は155gしかありません。
現在のDA21mmF3.2Limitedが直径63mm、厚さ25mm、重量140gですから、1976年発売のM28mmのコンパクトさが分かります。(DAはAPS-Cですからね)
レンズ構成は7群7枚で、最短撮影距離は30cmです。後部を改良した後期型があるそうですが私のは前期型です。このレンズ、デジタルのシャープさに慣れた現在の目から見ると、28mm広角レンズとしては少し物足りないかもしれませんが、それよりも30年以上も前のレンズがこうして十分シャープであることが愉しいと思います。コンパクトでデザインも良く、私はMシリーズレンズではこの28mmF2.8がいちばん好きです。

c0223825_231578.gif

(PENTAX ME-Super,SMCP-M28mmF2.8/RICOHGRD2)
# by bjiman | 2009-11-21 02:04 | その他のカメラ・レンズ機材関係 | Comments(0)