<   2017年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

かねき ~流山のちょっといいお店~

流山市は、松戸市のお隣。江戸川に沿って続くこの地域は、江戸時代から水運のご縁を今に残す、江戸情緒を感じさせて好きな町です。
そんな流山の中心、流山駅の近くにある京料理のお店「京料理 かねき」は、とても上品な京懐石の味を伝えてくれる素敵な場所です。

先週の日曜日、母の誕生日祝いということで、かねきさんの京懐石をいただきに伺いました。 (SIGMA DP1 Merrill)
かねき ~流山のちょっといいお店~_c0223825_11351293.jpg
松戸、流山の辺りは、明治時代は東葛飾郡として同じ区画区分で、かつては東葛支庁という県庁の施設もありました。「トーカツ」は馴染みのあるエリア名で、クルマのナンバーを決めるときにも「東葛」が有力候補に挙がりました。そんなトーカツエリア、江戸情緒が感じられるお店はいくつか思い浮かぶものの、こういう上品なお店はなかなかありません。
かねき ~流山のちょっといいお店~_c0223825_11540641.jpg
節分の時期でしたので、豆まきがフューチャーされています。
かねき ~流山のちょっといいお店~_c0223825_11593554.jpg
落ち着きのある、和の空間。この日はテーブル席で。
かねき ~流山のちょっといいお店~_c0223825_12011813.jpg
この日は、お昼のミニ懐石。最初は、ぶり大根。
素晴らしい大根の素敵な色合い。崩れないギリギリの加減。それでいてお箸をいれるとすっと切れる。プロの仕事です。
かねき ~流山のちょっといいお店~_c0223825_12040315.jpg
京料理らしい九条ネギがキレイ。
かねき ~流山のちょっといいお店~_c0223825_12072555.jpg
大根には、ブリの味がギュッとしみています。ブリの姿はお皿にはありませんが、口に含むとブリの姿が浮かび上がってくるという何とも味わいのある大根です。
かねき ~流山のちょっといいお店~_c0223825_12090452.jpg
タコやふぐの煮こごりなど、小さな逸品たちが並んでいます。見た目も美しく、日本ならではの上品なお皿。
かねき ~流山のちょっといいお店~_c0223825_12110797.jpg
かねき ~流山のちょっといいお店~_c0223825_12121647.jpg
ふぐの煮こごり。ふぐの美味しさが煮こごりの中にギュッと濃縮されていて素晴らしい。
かねき ~流山のちょっといいお店~_c0223825_12181424.jpg
右上の小さな器。お豆を食べると、中からお多福のお顔。かわいらしいですね。日本の食文化って特徴がありますね。
かねき ~流山のちょっといいお店~_c0223825_12260878.jpg
天井を見上げると、本物の網代です。
かねき ~流山のちょっといいお店~_c0223825_12280286.jpg
お刺身。本マグロの赤身と、かぶらに鯛を包んだもの。
かねき ~流山のちょっといいお店~_c0223825_12311064.jpg
この本マグロ、とても身が甘くて、ノリと山芋とあわさった美味しさのハーモニーを感じさせてくれました。
かねき ~流山のちょっといいお店~_c0223825_12330362.jpg
かぶらで鯛を包んだもの。こちらは、手前の塩昆布と一緒にいただきます。
かねき ~流山のちょっといいお店~_c0223825_12341940.jpg
かぶら蒸し。中は百合根とサワラが入っていました。
かねき ~流山のちょっといいお店~_c0223825_12360546.jpg
マスの幽庵焼き。マスならではの身の美味しさが幽庵焼きの味噌味と相まってしっかりした味。このお皿、まるで一枚の絵のようだと思ってしまう日本料理の美、日本の器の美があります。
かねき ~流山のちょっといいお店~_c0223825_12395330.jpg
白子の揚げ物(雲子)。揚げにはかき餅があわされていて、モチモチした食感を感じさせます。昨年もこの時期にいただいたので、このお店の定番なのかな。
かねき ~流山のちょっといいお店~_c0223825_12430308.jpg
かねき ~流山のちょっといいお店~_c0223825_12441128.jpg
お食事。タコの刻みが入ったタコご飯。(タコライスじゃない(笑))。タコの煮出汁で炊き込んだのか、タコの味が浸みた風味があるご飯。
かねき ~流山のちょっといいお店~_c0223825_12462637.jpg
赤だしのお味噌汁。普段、そんなにいただくものではないので、思わず母も、「赤だしって美味しいわね。」
かねき ~流山のちょっといいお店~_c0223825_12480445.jpg
デザート。最初にちょこんと、器に載っている、にんじんのカステラ。レイアウトがホントにキレイ。
かねき ~流山のちょっといいお店~_c0223825_12493943.jpg
にんじんの甘さ、ふわっとしたバターの甘さ、和洋風なんです。
かねき ~流山のちょっといいお店~_c0223825_12585714.jpg
フタを開けると、中は手作りの黒蜜、きな粉と、それにくるまれたわらび餅。
かねき ~流山のちょっといいお店~_c0223825_13004321.jpg
爽やかな甘さ、後味のすっきりした甘み。フレンチのデザートもいいけれど、和のデザートっていいものです。
かねき ~流山のちょっといいお店~_c0223825_13025363.jpg
素敵な立春の一日。これからいい春の日が来ますように。
かねき ~流山のちょっといいお店~_c0223825_13061646.jpg
私たちの心の中に、家のそこかしこに、こうした和のテイストを残したい。私はそう思っています。
かねき ~流山のちょっといいお店~_c0223825_13044735.jpg
外に出ると頬をさする風はひんやりを冷たいけど、そんな空気の中を山形から持ってこられたという早咲きの桜が、一足早い春を演出していました。
かねき ~流山のちょっといいお店~_c0223825_13094381.jpg
流山 京料理かねき。 私のお気に入りです。
かねき ~流山のちょっといいお店~_c0223825_11325493.jpg
駐車場のスペースにピッタリ。レクサスHSは、日本にジャストサイズのセダンです。
かねき ~流山のちょっといいお店~_c0223825_13134390.jpg
2017.2.5 @流山 京料理 かねきにて
SIGMA DP1 Merrill

タグ:
by bjiman | 2017-02-11 13:14 | おいしい幸せ | Comments(0)

男着物④読谷山ミンサー、博多織(献上)

年末、年始にかけては、デパート等のセールがよくある時期です。そんなセールで最近揃えた帯を取り上げてみたいと思います。

○読谷山ミンサー
 読谷山(ゆんたんざ、よみたんざん)ミンサーは、沖縄県読谷村で織られる綿織物で、経済産業大臣指定の伝統的工芸品。女性の帯だけではなく、男性の角帯もあります。
 ミンサーの「ミン」は木綿、「サー」は狭い、を表し、細帯という意味で用いられるそうです。読谷村のミンサーはグーシバナという竹串を使って紋を織る東南アジアの影響が強い技法なのだとか。一度は途絶えてしまった伝統ですが、地域の高齢者達によって復活され、最近では嬉しいことに売れ行きも好調なんだとか。伝統工芸品を巡っては価格と普及の問題がついてまわることが多いものですが、何と言っても「商品として売れる」、「魅力を感じて買う、支える」という熱気と熱気がつながれていくことがとても大事だと思っています。
男着物④読谷山ミンサー、博多織(献上)_c0223825_00111666.jpg
いろんな証紙がいっぱい付いています。せっかく買うなら証紙のついた本物を買いたいですね。
男着物④読谷山ミンサー、博多織(献上)_c0223825_00084980.jpg
先染めの絣で文様が織られています。なかなかにかわいらしいですよね。綿の帯なので、綿の着物や、ちょっといい浴衣に合わせてもいいかなと思っています。
下においている赤い柄のものは、最近仕事で那覇に行った時にツマに買ったミンサー柄のストールです。こちらも手触りの良い、いいお土産でした。
男着物④読谷山ミンサー、博多織(献上)_c0223825_23545677.jpg
那覇空港で、お手軽なミンサー柄のバッグも買いました。綿の着物で出かけるときなど用に。
男着物④読谷山ミンサー、博多織(献上)_c0223825_11483189.jpg
さて、こちらは近くの百貨店での冬のセールで買った博多織の角帯。博多織はオーソドックスですが、正絹の角帯として男着物には欠かせない、使いやすい帯だと思います。私も角帯は博多織をいちばん多く使うので、数も揃ってきました。
男着物④読谷山ミンサー、博多織(献上)_c0223825_00152049.jpg
博多織の特徴のひとつである華皿(はなざら)という仏具をモチーフに図案化した柄と縞にオレンジ色のポイントが入っています。オーソドックスな紺地ですし、着る着物を選ばない、合わせやすそうな帯です。これは活躍しそうな気がしました。
男着物④読谷山ミンサー、博多織(献上)_c0223825_00214805.jpg
博多織は、表裏両面で使えるのが特徴。裏もシンプルな縞柄で、たまにはこちらを表に出して締めてもいいのです。
男着物④読谷山ミンサー、博多織(献上)_c0223825_00251485.jpg
博多織の証紙はこういうところについています。この証紙は金色のもので、絹50%以上のものに貼られます。この帯はもちろん絹100%です。証紙の内容についてはこちら
をごらんください。
男着物④読谷山ミンサー、博多織(献上)_c0223825_00332030.jpg
ところで、経済産業大臣指定の伝統的工芸品である博多織といえば何と言っても「献上」と呼ばれる文様のものが代表格です。
「献上」は、大河ドラマでも取り上げられた黒田官兵衛の息子、黒田長政が幕府に毎年、この柄のものを献上したことが由来ですが、定格なのが、「独鈷」(どっこ)と「華皿」(はなざら)、中間に縞を配するというデザイン。縞も、まん中に太い線がある「両子持」(りょうこもち)と上下に太い線がある「中子持」(なかこもち)があるのが特徴。この全てが揃っているのが献上で、私の持っているものだと、これがそうです。涼やかな銀と白の組み合わせなので初夏に使っているものです。
男着物④読谷山ミンサー、博多織(献上)_c0223825_00423463.jpg
献上の柄については、こちらをご参照いただければと思いますが、私のこの帯の場合、上から中子持、華皿、両子持、独鈷、中子持の順に並んでいます。
男着物④読谷山ミンサー、博多織(献上)_c0223825_00465272.jpg
グローバル社会であるからこそ、地域の特色を活かした産業は不可欠であると思います。また、外国から見た日本らしさ、という点でも伝統や文化が大切だと思います。
こうした伝統工芸品は積極的に実用に使ってこそ、今日に生きてくると思うのです。そして、外国の方から聞かれたときに、きちんと説明できる自分でありたいと思っています。

タグ:
by bjiman | 2017-02-03 00:51 | 和装・着物生活・伝統的工芸品 | Comments(0)