2013年 01月 30日 ( 1 )

RX100とSD1で楽しむカフェ・ノーブル

松戸伊勢丹にある喫茶「カフェ・ノーブル」の美味しいコーヒーは、私たちの癒やしの時間。
(1) 卵白を使ったちょっとしたお菓子や牛乳をちゃんと使ったミルク。安心して楽しめます。 (SIGMA SD1 Merrill+SIGMA 17-50mmF2.8)
c0223825_1222918.jpg

今回はここで撮ったSONY Cyber-shot RX100とSIGMA SD1 Merrill の雰囲気の違いなども楽しんでみました。
(2) ここのコーヒーは、光サイフォンで淹れています。コーヒーを待つ間もポッとした光の色で癒やされます。
(SONY RX100) 手ぶれ補正がしっかり効いたシャープな写り
c0223825_0445148.jpg

(SIGMA SD1 Merrill+17-50mmF2.8) 手ぶれしてしまったけれど、雰囲気ある写り。
c0223825_046154.jpg

(3) 美味しいコーヒーが飲みたい時、ここに来ます。
(RX100) 撮って出しのJPEGで、きちんとホワイトバランスが取れていて素敵。明るさのみアドビでもちあげて。
c0223825_0491727.jpg

(SD1 Merrill) これもホワイトバランスはフラット。このシーンでは似たような印象ですが、RX100が開放F1.8で撮っているのに対し、こちらは同じ開放でもF2.8なので焦点距離は違えど被写界深度が深くなっています。
c0223825_0512679.jpg

(5) ツマの注文したリンゴのチーズケーキ
(RX100) これも撮って出しのJPEGとしては立派。明るさのみアドビでアップ。AEはこのシーンでは暗めになっていた感じ。
c0223825_0572957.jpg

c0223825_163445.jpg

(SD1 Merrill) これもホワイトバランスはフラット。彩度0の状態だと、RX100よりもタンパクな色。スッキリしていて好みですが、RX100の方が美味しそうに見えるかも。
c0223825_113858.jpg

(アドビで彩度をプラス)
c0223825_143631.jpg

(6) 私の注文したアーモンドのパンケーキ。
(RX100)上はツマ、下がオット撮影。他と同じく明るさのみプラス
c0223825_19550.jpg

c0223825_1105457.jpg

(SD1 Merrill) 解像感ではかなり差があるものの、色合いはRX100の方が一般的には好ましいかな。SD1はフラットな印象の色でスッキリしていて好みですが、美味しく魅せようとするなら彩度を加えた方がいいかも
c0223825_1131994.jpg

(アドビで色相、彩度を調整。色合いが濃くなるのはいいが、お皿の白に青みがかかり美味しそうに魅せるにはマイナス)
c0223825_116811.jpg

(7) 以下はSD1 Merrillでの街中スナップ。今の時期、こういう色を明るい陽射しの中で見ると春の予感に感じられます。  (SD1 Merrill+17-50mmF2.8、以下同じです。)
c0223825_1274045.jpg

(8) お天気のいい中、見事な咲きっぷりの寒椿。素敵な青空をFOVクラシックブルーで。
c0223825_129664.jpg

c0223825_1303557.jpg

c0223825_1314596.jpg

(9) 伊勢丹カフェノーブル前のJR跨線橋で。この画角、この青。撮る時からFOVクラシックブルーで現像することをイメージしていたものです。いちばん好きな感じの色合い。私はこんな写真が撮りたくてカメラを持っているような気がします。SIGMAとの出会いに感謝しています。
c0223825_134791.jpg


2013.1.20 松戸伊勢丹 カフェ・ノーブル及びその付近にて
SONY Cyber-shot RX100
SIGMA SD1 Merrill
SIGMA 17-50mmF2.8
by bjiman | 2013-01-30 01:36 | おいしい幸せ | Comments(0)