2013年 01月 28日 ( 1 )

雪の残る戸定邸を歩く(後編)

(1) 雪の残る戸定邸(後編)です。今回も、のんびり珍しい機会を楽しみたいと思います。 (SIGMA SD1 Merrill/SIGMA 17-50mmF2.8EXDCOSHSM)
c0223825_1143029.jpg

c0223825_1204133.jpg

(2) 雪の冷たい感じをどう表現するか、、、
c0223825_1173556.jpg

c0223825_1222847.jpg

(3) そんな感じを、雪と寒椿で表現してみたいと思いました。
c0223825_1245721.jpg

c0223825_1255981.jpg

c0223825_1264510.jpg

c0223825_1274738.jpg

(4) 日陰はなかなか雪が溶けないので、またそれがこんな景観を。
c0223825_1293073.jpg

(5) 冬の陽射しは低くて影が長い。そんな影の楽しみを雪が演出してくれます。
c0223825_1311838.jpg

c0223825_1322353.jpg

(6) 寒椿はキレイですね。
c0223825_1354182.jpg

(7) こうやってみると北海道で見た白樺みたいです、、、ちょっと褒めすぎかな。
c0223825_1383073.jpg

これ、実はサルスベリの木です。サルもすべるツルツルの木肌。
c0223825_1403544.jpg

(8) 名残惜しく雪の梅園を後にしました。
c0223825_1423867.jpg

(9) 後は来た道を戻りながら。
c0223825_145915.jpg

c0223825_1442323.jpg

(10) 昭和の家の面影。こんな家に住みたい、、、松雲亭の玄関。
c0223825_147109.jpg

(11) 戸定邸の屋根のあちこちに溶けていく雪。風情があります。
c0223825_1481954.jpg

c0223825_1491435.jpg

(12) 雪の戸定邸を後にしました。
c0223825_150917.jpg


明日はこの後、好きな喫茶店でお茶。RX100との撮り比べを楽しんでみた時の様子を取り上げたいと思います。

2013.1.20 戸定邸にて
SIGMA SD1 Merrill
SIGMA 17-50mmF2.8EXDCOSHSM
by bjiman | 2013-01-28 01:52 | 松戸の重要文化財・戸定邸 | Comments(0)