2011年 03月 08日 ( 1 )

'永遠の都' ローマを歩く ~イタリア旅行記・7日目~

最終日は帰国するだけなので、実質的にはこの日、9月17日の第7日目がイタリア最後の散策になりました。
(1) 朝食後、ホテル(Giulio Cesare)付近を散策しました。(SonyCyberShotU30)
c0223825_0155937.jpg

(2) ホテルの中庭。お洒落なテーブル。
c0223825_0174724.jpg

(3) 中庭にパーキングするジャグァー。さすがローマはクルマも高級になってきます。
c0223825_0185937.jpg

(4) 市の中心地からちょっと離れた閑静なホテル街でしたので、周囲もホテルが多かったです。
c0223825_021517.jpg

c0223825_0211673.jpg

   小型でもメルセデスだったりして。今回旅行した他の都市ではこういうことはなかったです。やっぱりローマは違いますね。
c0223825_0222737.jpg

(5) ホテル街から地下鉄に乗れば中心地へはすぐ行けますね。スペイン広場で。環境美化のため、今はここでアイスクリームを買ってオードリー・ヘップバーンを気取ることが出来なくなったそうです。
c0223825_0234352.jpg

(6) 近くにジェラテリアはありましたけど(笑)
c0223825_026854.jpg

(7) どんどん歩いて行きます。やっぱり都会的な雰囲気がありますね。クルマもフィアットの後はスマート、その後はポルシェですね。ドイツ車が目立ちます。
c0223825_0271296.jpg

(8) ここは大観光地。ニホン人対策ももちろん忘れてはいません。
c0223825_0331958.jpg

  ちょっと間が抜けている(笑)ところもイタリアらしい。
c0223825_0314028.jpg

(9) とにかくクルマが高級車ばっかり。アウディTT、ランチアイプシロンの隣はランチアの高級車・カッパのワゴン、その隣はBMW。ローマはなんとなく敷居が高いです。
c0223825_0414780.jpg

(10) コロンナ広場の中心にあるマルクス・アウレリウスの記念柱は、ローマの五賢帝の一人、マルクス・アウレリウスのドイツ遠征勝利を記念して建てられたものだそうです。
c0223825_104963.jpg

   ガレリア・コロンナ・アルベルトソルディ
c0223825_110834.jpg

(11) コロンナ広場の近くにある有名なトレビの泉。人だらけで大混雑していて、ここで記念写真を撮るのは至難の業でした(笑)。中央に立つのは、海を支配する水の神・ポセイドン。左は農耕の神のデメテル、右は健康の神、サルース。
c0223825_1133741.jpg

(12) 街中のレリーフも神話の世界。
c0223825_1211640.jpg

(13) 市が出ていました。
c0223825_1265599.jpg

(14) バシリカ(聖堂)。もっと見たかったのですが、時間がそろそろなくなってきたので再び地下鉄に乗ってホテルへ戻りました。残念だったです。
c0223825_1323487.jpg

(15) フィアット・パンダ リッターカーですが、気分的にはワゴンRのリッターカー版みたいな小型車です。
c0223825_1373022.jpg

(16) ホテルの周りで。名残惜しげに。
c0223825_139139.jpg

(17) BMWのワゴン。ローマ周辺は、ドイツの高級車が多かったですね。
c0223825_1422189.jpg

(18) ローマを出て、ミラノ経由で帰国しました。ミラノではトランジットが長かったのですが雨で残念ながらミラノ見物は出来ませんでしたのでミラノ空港の中でお買い物だけで終わりました。
c0223825_144171.jpg


これで長かったイタリア旅行特集も終わりです。
世界遺産の旅は、振り返ってみると、旅行期間も長く貴重な機会でした。ヨーロッパは時間を取らないと十分楽しめないので、今ではなかなか機会を持てずにいます。また行ける機会を狙って旅行貯金でもしようと張り切っている今日この頃です。。。
イタリア特集、長々とお付き合いいただきありがとうございました。

2005.9.17~18 ローマにて
Sony CyberShot U30
by bjiman | 2011-03-08 01:32 | イタリア日記 | Comments(2)