2011年 02月 28日 ( 1 )

世界遺産・トゥルッリの立ち並ぶおとぎの国へ~アルベロベッロ・前編~

マテーラ観光の後、奇岩の家「トゥルッリ」が立ち並ぶアルベロベッロへ移動します。アルベロベッロ到着は夕方、ちょっと出歩いただけで夜になってしまいました。観光は明日です。
(1) アルベロベッロの街で。 (Pentax MZ-3,SMCP-A28mmF2.8/FujiRVP100F)
c0223825_1544094.jpg

(2) 夕食はASTORIAというかわいいホテルで。これは、プーリア州名物「オレキエッテ(耳たぶ型のパスタ)」です。
  (Sony CyberShot U50)
c0223825_1591488.jpg

  メインのタコ料理は、左のタコツボから取り出すのです。ちょっと迫力がありました。
c0223825_212821.jpg

(3) 翌朝、2005年9月15日。お天気は快晴。午前中は、まず神秘の鍾乳洞・カステッラーナ・グロッテを観光しました。(写真左奥に洞窟がありますが、洞窟内の写真は撮り忘れました。)
(Pentax MZ-3,SMCP-A28mmF2.8/FujiRVP100F)
c0223825_27444.jpg

(4) カステッラーナ・グロッテ観光の後、アルベロベッロの街を散策しました。出かけましょう。
c0223825_2155878.jpg

   アルベロベッロのトゥルッリも世界遺産ですが、トゥルッリとは、、、なんだかとんがり屋根の家がたくさん見えてきましたね。
c0223825_2174161.jpg

(5) トゥルッリは、平らな石を何層にも積み重ねてとんがり屋根を作った家です。
c0223825_2255238.jpg

(6) とんがり屋根の家は、白い壁と相まってとてもかわいらしく、おとぎの国に舞い込んだかのようです。(Sony CyberShot U50)
c0223825_2321846.jpg

(7) マテーラのサッシが洞窟の石を削って住居にしたのに対し、トゥルッリは、石を積み重ねて家にしている、、、なんだか逆のアプローチですが、どちらも石がふんだんにあり、石と密接に生活してきた歴史が感じられます。
c0223825_2373074.jpg


 ではなぜこのような街が、、、というところまでは書く時間がなくなりました。フィルムスキャンの続きとともに、また明日に続きます。

 2005.9.15 アルベロベッロにて
 Pentax MZ-3
 Pentax SMCP-A28mmF2.8
 fujifilm RVP-100F
 CanonCanoScanにてフィルムスキャン
 Sony CyberShot U50 
by bjiman | 2011-02-28 01:49 | イタリア日記 | Comments(4)