SIGMA 150-600mmF5-6.3DG OS HSM Contemporary を使ってみた

SIGMA 150-600mmF5-6.3DG OS HSM Contemporary のような「超」のつく望遠レンズの魅力って何でしょうか。
私は普段の用途は28mm広角レンズ派で、望遠レンズって全然使わないのですが、それでも望遠ならやっぱり300mm以上の望遠域(の写真)に魅力を感じます。何故か?
それは、写真ならではの「非日常」がそこにあるからだと思うんです。

SIGMA sd Quattro+SIGMA 150-600mmF5-6.3DG OS HSM Contemporary  (SIGMA DP2 Merrill)
c0223825_00460090.jpg
400mm以上の望遠レンズで、昔から言われてる魅力、その一つは「圧縮効果」です。
例えばこんな線路の景観で、線路がぐにゃりと曲がったように見える視覚効果。近くにあるものは1cmの差でもきちんとその奥行きが見えても、遠くにあると数メートルも離れているようなものが面一に見える、その遠近感の見え方の差が、実際には緩やかなカーブでも、ぐにゃりと見える。私は、超望遠レンズは、まず何を持っても電車の写真に使いたいのです。
SIGMA sd Quattro+SIGMA 150-600mmF5-6.3DG@562mm(843mm相当)、F6.3、1/320秒、ISO400、手持ち
c0223825_00561249.jpg
上の写真を見てもらえると、線路は画面右から左へカーブしています。だから、下の写真も画面右側から撮っているのですが、左側から撮っているように見えると思います。そしてこの圧巻の圧縮効果。人間の視野ではまずこのようには見ることができない写真ならではの世界がこうしたレンズを使うメリットの一つですね。手持ち、AFでもピントは問題なし。900mm相当なのに。本当にいい時代になったものです。
SIGMA sd Quattro+SIGMA 150-600mmF5-6.3DG@600mm(900mm相当)、F7.1、1/400秒、ISO400、手持ち
c0223825_01054089.jpg
上の車両は鋼鉄製ですが下の車両はステンレスカーです。ボディ側面のメタリック感が、圧縮効果でより光を放ってキレイです。
c0223825_01143100.jpg
私は、超望遠レンズというと、電車で、こうした窓枠のシャープなメタリック感を撮りたいといつも思ってしまいます。
c0223825_01172752.jpg
AFの追尾もバッチリで、夕方で光量の稼げない状況だったにも係わらず、とてもシャープに決まってくれます。これは使いやすい!
SIGMA sd Quattro+SIGMA 150-600mmF5-6.3DG@600mm(900mm相当)、F9、1/800秒、ISO400、手持ち
c0223825_01214186.jpg
我が愛する地元の新京成電鉄は、車両の塗色を変更中で下のアイボリー系の色から上のピンク中心にしています。最初は違和感のあったピンクですが、時間が経つと新しい塗色の方がとてもフレッシュな感じがします。この写真、向かってくる車両をAFで捉えてみたものですがとてもシャープ。架線の圧縮効果がいいです。
c0223825_01320322.jpg
こちらは上の車両が走り去った後ろ姿を追尾。AF撮影で問題ないと思います。
c0223825_01382156.jpg
この旧塗色車両同士のすれ違う姿が見られるもの今のうち、、、ってごくマイナーな新京成ファンの話です。今のうちですぞ。
c0223825_01443239.jpg
6両編成の車両が短く見える、まるでおもちゃのBトレインショーティみたい。そんな撮影を十分楽しみました。手持ちで。
c0223825_01485424.jpg
c0223825_01533463.jpg
翌日、こんどはお天気のいい中を近くの水元公園に出かけて今度は3脚でしっかり固定してアオサギを撮ってみました。
c0223825_01574864.jpg
上の写真、顔の辺りを中心にトリミングしてみました。さすがにチリチリしたノイズは目立ちますが、まぁこのくらい撮れれば文句ないです。
c0223825_01594556.jpg
近くの木の葉を撮ってみました。個性的な風景写真にも適します。
c0223825_02335707.jpg
別の場所で。今度は手持ち。アオサギが片足で立って周囲を睨んでいます。怖い顔です。
c0223825_02045317.jpg
上の写真の一部を切り抜いてみました。
c0223825_02065858.jpg

c0223825_02180857.jpg
木の上の、肉眼では小指の先ほどにしか見えないアオサギもしっかり撮れます。
c0223825_02104007.jpg
c0223825_02114288.jpg
150mm側で、木々の輝きを撮ってみました。とてもキレイです。
c0223825_02204450.jpg
この日、水元公園の駐車場は紅葉がとてもキレイでした。18-35mmレンズの21mmで撮るとこんな感じ。ちょっと平凡な感じになりますが、、、

c0223825_02260028.jpg
150-600mmの150mm側で撮ってみると印象度もUP。普通に風景撮影にも使えると思います。
c0223825_02281688.jpg
c0223825_02301766.jpg
一週間後。今度は近くの21世紀の森公園で小鳥を狙ってみました。これはRICOH GRD2での風景。28mm広角の目で見るとこんな景色(RICOH GRD2)
c0223825_02375037.jpg
小さな小鳥が行き交っているのですが、止まり木に留まった瞬間を狙って600mm(900mm相当)でパチリ。手持ちでこれだけ撮れれば十分。
c0223825_02451403.jpg
c0223825_02461586.jpg
これはコサギを離れたところから。
c0223825_02475102.jpg
c0223825_02480620.jpg
きれいな紅葉風景を撮って、十分風景撮影にも使えることを確認してテストを終わりました。
c0223825_02501122.jpg
2016.11 東京都葛飾区水元公園、千葉県松戸市21世紀の森公園にて
SIGMA sd Quattro+SIGMA 150-600mmF5-6.3DG

by bjiman | 2016-11-16 02:52 | 使用機材シグマのカメラ・レンズ | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< SIGMA 150-600mm... SIGMA 150-600mm... >>