宗吾霊道の紫陽花

宗吾霊道は紫陽花の庭園が有名です。

(1) この日、じっくりし楽しんだのがベニガクという種類の紫陽花。本土寺でも少しだけあるのですが、ここではベニガクがたくさんあるのでじっくり楽しむことができました。 (SIGMA DP3 Merrill,50mmF2.8MACRO,F4.5,1/200秒)
c0223825_22112027.jpg

(2) 周辺花は最初は白く、段々赤くなっていくのだそうですが、日当たりが悪いとずっと白いままなのだそうです。   (SIGMA DP3 Merrill,50mmF2.8MACRO,F4,1/200秒)
c0223825_22153098.jpg

(3) 上が中心花でずっと白いまま。下が周辺花で赤くなってきています。ガクアジサイの中でもこのように色が変化するものは唯一なのだとか。  (SIGMA DP3 Merrill,50mmF2.8MACRO,F8,1/50秒)
c0223825_22195069.jpg

(4) 赤く変化していくさまが素敵ですね。  (SIGMA DP3 Merrill,50mmF2.8MACRO,F4.5,1/200秒)
c0223825_22241272.jpg

(5) ここは園路も土で深い森の中にあるような雰囲気。しっとりした中で紫陽花を楽しめます。  (SIGMA SD1 Merrill,17-50mmF2.8,上26mm,F5,1/15秒,下25mm,F3.5,1/60秒,ISO100)
c0223825_222861.jpg
 
c0223825_22303395.jpg

(6) ここは私の好きな白い紫陽花が多くて、見るのがとても楽しい。 17-50mmF2.8の50mm側もとても描写が良いのでお気に入り。 (SIGMA SD1 Merrill,17-50mmF2.8,50mm,F5.6,1/60秒,ISO100)
c0223825_2236737.jpg

(7) ここは柏葉紫陽花で有名なのだそうです。柏葉紫陽花は外来種であるし、咲いた姿が少し鬱蒼とした感じがあるのであまり群生している姿は好きではないのですが、その中でも何かコケティッシュな感じに撮れないかなぁと思ってチャレンジしてみました。やっぱりこんな時頼りになるのがDP3 Merrill。 (SIGMA DP3 Merrill,50mmF2.8MACRO,上中F4,1/160秒,下F4,1/200秒)
c0223825_2240203.jpg

c0223825_22414254.jpg

(8) 今我が国の紫陽花市場で人気ナンバーワンなのが、アメリカ原産のアナベルという品種なのだとか。このアナベルは、咲き始めは柔らかな緑色ですが、徐々に白くなり、最後まで純白を保つのだとか。 (SIGMA DP3 Merrill,50mmF2.8MACRO,上F5,1/250秒,中F5,1/320秒,下F6.3,1/320秒) 
c0223825_22475839.jpg

c0223825_2254254.jpg

c0223825_22484774.jpg

(9) しかし私は日本人、やっぱり国産の紫陽花が好き。紫陽花の中でも特に美しいとされるのがこの「こむらさき」という品種なのだそうです。この日、いちばん気に入ったのがこのお花でした。
花は最初は白くなり、徐々に薄い青紫色に変化します。   (SIGMA DP3 Merrill,50mmF2.8MACRO,上F4.5,1/200秒,中上F5,1/250秒,中下F5.6,1/250秒,下F5.6,1/50秒) 
c0223825_2305346.jpg

c0223825_2304024.jpg

c0223825_2322675.jpg

c0223825_2341150.jpg

(10) 今年はずいぶん色々な場所で紫陽花を楽しみました。こんなムラサキ色もやっぱりいいですね。(SIGMA DP3 Merrill,50mmF2.8MACRO,F3.5,1/250秒)
c0223825_2381273.jpg

(11) 駐車場のところで。なんだか百花繚乱な感じです。  (SIGMA SD1 Merrill,17-50mmF2.8,上26mm,F4,1/80秒,ISO100,下50mm,開放,1/160秒,ISO200)
c0223825_23124264.jpg

c0223825_2316495.jpg

(12) 本堂にもきれいに飾られた紫陽花を見ながら、宗吾霊道を後にしました。
c0223825_23173268.jpg

(13) お土産は木下(きおろし)せんべい。成田の手前、木下の辺りは、江戸の頃から木下街道が栄えた街。街道を行く旅人の小腹をいっとき満足させる手焼きのシンプルなせんべいは、飽きの来ない味。「あとひきせんべい」と称され、後を引く醤油と手焼きの香ばしい炭焼きの味は本当に懐かしく、そして飽きの来ない味。いいものに出会いました。
c0223825_23213193.jpg

(14) 地域の伝説を知り、江戸の味を伝えるそんな素敵な小さな旅でした。
c0223825_23232091.jpg

(15) 今度時間のあるとき、この義民ロードを歩いてみたいと思っています。
c0223825_23241859.jpg

(16) 宗吾参道駅から京成電車に乗って帰路につきました。
c0223825_2325749.jpg

c0223825_2326358.jpg

宗吾参道駅には、京成電車の車両基地があります。ここに、私が小学生時代に新京成電車を走った車両(青電)が保存されているのですが、それを見ようとすると平日、予約をした上で見学を申し出ないと見られないようですので、夏休みの宿題にしようかなと思っています。

2013.6.23 宗吾霊道にて
SIGMA DP3 Merrill
SIGMA SD1 Merrill
SIGMA 17-50mmF2.8
by bjiman | 2013-06-30 23:28 | 新京成電鉄沿線散歩(new!) | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< ラベンダーの季節 ~ゆいの花公... 宗吾霊道 ~義民伝説と紫陽花~ >>