本土寺2013 あじさいの色彩をSIGMA DPシリーズ3兄弟で楽しむ(後編)

本土寺のあじさい2013・後編です。
今回は、焦点距離の違うSIGMA DPシリーズの3兄弟だけを使って、その描写の違いを楽しもう!というのが裏テーマです。

(1) 同じあじさいのお花。性格の違う2台で撮り分けてみます。今回の自分なりのテーマは、「もしこれ1台だったらまずどんな撮り方をするかなぁ」という意識です。 
 DP2xの24.2mmF2.8レンズは、もちろんシャープに写し取ることもできるけど、でもこんな風に優しい雰囲気に撮りたいなと思うのです。 (SIGMA DP2x,24.2mmF2.8)
c0223825_0141734.jpg
 
一方、DP3 Merrill の50mmF2.8MACROレンズの場合、この写真よりもっと、もっとシャープにいけるんじゃないか、そんな切れ込み感を追っていきたいという思いもあります。 (SIGMA DP3 Merrill,50mmF2.8MACRO)
c0223825_017320.jpg

(2) DP3 Merrill はコントラストとシャープ感溢れる描写が魅力。 (DP3)
c0223825_0224298.jpg

でも少し柔らかく撮ってみたい。
c0223825_0243112.jpg

(3) 広角レンズのDP1x。広角レンズは被写界深度が深いので、こういうシーンで目で見たように全体の雰囲気捉えてくれる。そのシャープ感が好きです。 (SIGMA DP1x,16.6mmF4)
c0223825_0345476.jpg

標準レンズのDP2xは自然な遠近感で目に優しく雰囲気を和らげてくれる。 (DP2x)
c0223825_0274783.jpg

中望遠DP3 Merrill は、中望遠ならではのボケ感で背景をさりげなく省略して主題を引き立ててくれる。 (DP3 Merrill)
c0223825_0412799.jpg

(4) それでも敢えていうなら、今回は、このDP2x の標準レンズがもたらしてくれる自然な、目に優しい雰囲気が気に入りました。全部自分のカメラだから気に入るもなにもないんですけどね。 (DP2x)
c0223825_0502492.jpg

c0223825_0523357.jpg

(5) ガクアジサイ。中心部にやっとひとつ開いたお花を引き立てて撮るには、DP3 Merrill の50mmF2.8MACROレンズを開放で使ってみたい。ピントを取るには、最新の注意を払って。 (DP3 Merrill)
c0223825_116202.jpg

中望遠レンズの描いてくれる不思議な世界、写真だけの世界の中を泳いでいくように。 (DP3 Merrill)
c0223825_1215265.jpg

c0223825_1223258.jpg

(6) 時折DP2x で周囲の雰囲気を撮りながら。 (DP2x)
c0223825_1314065.jpg

c0223825_1331814.jpg

(7) 本土寺に来ると、実は毎年何種類か撮るのを楽しみにしているお花があります。この白もそのひとつ。純白という訳ではないけれど、白は見る人の心をどこか清廉なものにしてくれる気がするのです。中望遠のDP3の場合、もともと被写界深度がとても薄いので、シチュエーションにもよりますが概ね、少し絞りを入れたくらいが好き。これはF4.5。(ちなみに開放でも撮ってみてはいるのですがこの方が好きです。) (DP3 Merrill)
c0223825_1393531.jpg

(8) 白あじさいのところを抜けると、花菖蒲園に出ます。今日は最後まで回るつもりだったのですが現像をしながらでもあるので今日はこれ以上は進めそうもありません。という訳で、続きは明日に。 (DP1x)
c0223825_1463973.jpg


私は単焦点レンズが好きです。フィルム時代から28mmF2.8や35mmF2、50mmF1.7などの広角~標準系レンズを特に愛してきました。もちろんズームレンズも使うのですが、単焦点レンズを使う楽しみって、例えば28mmと35mm、あるいは40mmと50mmなんていうズームレンズのリングならほんのわずかな回転の間、通り過ぎてしまうようなわずかな間にまったく違う世界観がある。そんな事を体感するには単焦点レンズの、少し主張のあるレンズを使った方がより味わい深く楽しめる、そんな気がするんです。DPシリーズの3台は、そんな気分を味わうには最高のカメラだと思っています。

2013.6.9 松戸市 本土寺(あじさい寺)にて
SIGMA DP1x,16.6mmF4
SIGMA DP2x,24.2mmF2.8
SIGMA DP3 Merrill,50mmF2.8MACRO
by bjiman | 2013-06-11 01:47 | 松戸市・本土寺(あじさい寺) | Comments(4)
Commented by renchiyan2 at 2013-06-11 05:27
おはようございます
昔は完全に単レンズ派だったのに最近は楽ばかりしています でも
DSC-RX1買ってからやはり35㎜の画角私一番使いやすいです
Commented by tetsu at 2013-06-12 00:13 x
こんばんは。

素敵ですね~
しっとりと美しい紫陽花をとても魅力的に切り取られているので
コチラもいつの間にか画像の中に入り込んだ気分で楽しませていただきました。

やはりこうして拝見すると・・・
コチラの紫陽花とは違い、とても上品な雰囲気を感じます。
Commented by bjiman at 2013-06-12 01:49
夢遊さんこんばんは。
私もデジタルになってからはほとんどズームレンズでしたが、DPシリー
ズと出会って、また単焦点の魅力に再び魅了されています。
夢遊さんのRX1もそうですが、そんな魅力を味わえるカメラも出てきた
ということですよね。それぞれに使いやすい画角がやっぱり一番です。
Commented by bjiman at 2013-06-12 01:52
tetsuさんこんばんは。
ありがとうございます。
今回は、短い時間でしたが、カメラを使う楽しみ、私なりの写真の楽しみ
を感じながらの時間でしたので、なんか写真を撮るということの喜び
を改めて感じながらでした。
色鮮やかなアジサイ、写真を撮るには好適な被写体ですね。

札幌のアジサイはまたちょっと雰囲気が違い、咲く季節も違うので、
それぞれの楽しみですよね。夏のアジサイは札幌でないと撮れない
ですよ~。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 本土寺2013 花菖蒲は今が見頃 (2013速報)本土寺のあじさ... >>