秋のバラ ~11月4日の長田谷津~

(1) 市川市大町の長田谷津といえばバラ園。 (SIGMA SD1 Merrill/SIGMA 17-50mmF2.8EXDCOSHSM)
c0223825_155238.jpg

c0223825_174031.jpg

レンズをマクロ70mmF2.8に持ち替えて、好きなこのレンズの描写を楽しみました。
(2) 黄色から赤色、色の変化が楽しめる華麗なバラ、チャールストン (以下すべて、SIGMA SD1 Merrill/SIGMA MACRO70mmF2.8EXDG)
c0223825_1133312.jpg

c0223825_1143933.jpg

(3) ほのかなピンクが初々しい、「ブライダルピンク」
c0223825_1162275.jpg

(4) 何度みてもこの鮮やかさには参った、という感想。まさにモナコのプリンセス。「ジュビレ・デウ・プリンセス・ドウ・モナコ」
c0223825_1183243.jpg

(5) 肉厚の花の厚みを表現したくて外側にピントを持ってきてみました。京成バラ園原産の「乾杯」
c0223825_1205512.jpg

この赤は「ナチュラル」で現像し、赤を控えめにしていますがそれでもすごく鮮やか。1983年ローマバラ国際コンクール金賞だそうです。
c0223825_1225520.jpg

(6) パローレというこの大輪のバラはムラサキ色がかったピンク色がキレイだと思いました。この色の感じを出すために、かなりアンダーで現像しています。
c0223825_125493.jpg

私はシグマのカメラの場合、すべての写真をRAWで、一眼レフのSDの場合はほとんどの写真はMFで撮っています。露出を自由にしたいから。ピントは好きな位置に好きな被写界深度で欲しいから。
c0223825_1292140.jpg

(7) プリンセスチチブ。秩父宮勢津子様に捧げられたというこのお花。外側の色合いのグラデーションを捉えたくて、これもピントは外側にしました。
c0223825_1325625.jpg

(8) 奥まで行くと、幸せ(甘さ)がありそうな。こんなお花を見ると日の丸構図で撮ってみたくなります。
c0223825_1373455.jpg

(9) フレンチレース、というこのお花。ほのかなアイボリーの色が素敵です。
c0223825_1394372.jpg

(10) 「ピース」。色々な色があると、どこに焦点を合わせて現像すれば良いのか考えてしまいます。
c0223825_145185.jpg

銘板に書かれた「クリーム黄色に紅色の覆輪」を読んだだけでも、そのすべての色を撮影できるかな、、、現像できるかな、、、と思いながら、たくさん写真を撮りました。
c0223825_1482647.jpg

c0223825_149558.jpg


今日は時間になりました。続きはまた明日に。

2012.11.4 市川市長田谷津にて
SIGMA SD1 Merrill
SIGMA 17-50mmF2.8EXDCOSHSM
SIGMA MACRO70mmF2.8EXDG
by bjiman | 2012-11-12 01:50 | 市川市・長田谷津の四季 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< (後編)11月4日、長田谷津のバラ  11月4日秋色訪れる大町・長田谷津 >>