A TABLE IS WAITING

アラビアン・コーストを出て、アメリカン・ウォーターフロントに向かいます。
途中で、人魚姫の住む、マーメイドラグーンに少しだけ寄りました。

(1) マーメイドラグーンは、海底の雰囲気がよく表現されています。  照明が落とされていて暗いので、SD1 MerrillのISO800を試してみました。 (SIGMA SD1 Merrill/SIGMA 17-50mmF2.8EXDC,ISO800,1/5秒)
   実用的には十分だと思いますが、いかがですか?
c0223825_9494095.jpg

(2) 海の中という雰囲気がよく出ていますね。
c0223825_9503596.jpg

c0223825_9532061.jpg

c0223825_9522865.jpg

(3) ここに限らず、パーク内にはそこかしこ至る所に「隠れミッキー」と言われるちょっとした遊びがあります。
c0223825_9561553.jpg

   パークに来始めた頃は何の興味もありませんでしたが、最近は見かけるとつい撮ってしまいます(笑)。まんまと術中に嵌っているということでしょうか(笑)
c0223825_9573168.jpg

(4) マーメイドラグーンを出て、ロストリバー・デルタを通ってアメリカン・ウォーターフロントへ戻ります。ロストリバー・デルタの辺りは、ジャングルの中とう設定の中、そんな雰囲気のお店を模した表現がされています。
c0223825_102611.jpg

   この絨毯やお皿が本当に売っていそうですね。
c0223825_1032573.jpg

(5) チューリップが春の雰囲気満点。
c0223825_1051046.jpg

(6) アメリカン・ウォーターフロントに戻ってきました。SS.コロンビア号の下にあるステージで行われるショーは、A TABLE IS WAITING   (SD1 Merrill/SIGMA 50-200mmF4-5.6DC OS HSM,以後同じです。)
c0223825_1074554.jpg

   ミッキーが世界中から持ち帰ったごちそうのおもてなしをするという設定の楽しいミュージカルです。
c0223825_10102953.jpg

(7) S.Sコロンビア号から船長のミッキーが登場するところからショーは始まります。
c0223825_10125479.jpg

  おもてなしをするのは、ろうそくの形を模した「ルミエール」
c0223825_1014639.jpg

  私がこのショーを好きなのは、曲がとてもご機嫌で、華やかなショーだからです。
c0223825_10153671.jpg

  このステージは鑑賞席が並列に並んでいるので、写真を撮ることが難しいです。この日は、真ん中中段ほどで鑑賞するには最高でしたが写真を撮ろうとするとどうしても前方の方の頭が入ってしまうのです。カメラの高さは自分の頭を越えてはいけないルールですので、なんとか構図でごまかそうとはするのですが、なかなか上手く行きません。1皿目のメキシカン・タコス
c0223825_10195286.jpg

  2皿目、インディアン・スパイシー・カレー。
c0223825_10235698.jpg

後の男性が履いているズボンが、ナンの模様になっていて凝っていますね。
c0223825_10224480.jpg

  3皿目、アメリカン・チーズバーガーは組み体操のようにハンバーガーが出来ていきます。ケチャップが飛び出したりの楽しい演出
c0223825_112386.jpg

c0223825_1055847.jpg

  メイン・ディッシュは幕の内弁当
c0223825_1174057.jpg

  デザートはフレンチ。ミニーの帽子はイチゴケーキになっています。
c0223825_1110036.jpg

c0223825_11113214.jpg
  
  素敵で華やかなショー。シーではオススメのショーの一つですね。
c0223825_1113849.jpg

(8) 次のショーに行きます。アメリカン・ウォーターフロントで、いちばんシーらしい表情のひとつ、ホテル・ハイタワー。アトラクション・タワー・オブ・テラーでは、中程のガラスが割れているところが開いて外が見えた後、急降下するようになっています。
c0223825_11175487.jpg

 こんな感じです。コワイですねぇ~。 50-200mmF4-5.6はOS付きだし、SD1は高画素なのでトリミングしても全然平気です。
c0223825_11254597.jpg

上の写真は、ピクセル等倍だとこんな感じに写っています。ホテルを建設したハリソン・ハイタワー三世が掘ってあります。手持ちでこれだけ撮れれば十分。50-200mmはコンパクトで廉価なレンズですが実用上は何も困りません。
c0223825_11293296.jpg

(9) 春爛漫です。
c0223825_1134960.jpg

(10) 次のショーは、ここBROADWAY MUSIC THEATRE でのBIG BAND BEAT(BBB)。
c0223825_11371815.jpg

(11) このシアターの守り神は、ディズニー・シーだからでしょうか、三叉の矛が目印の海の神・ポセイドン。シーはプロメテウス火山などギリシア神話に因む要素がちらちら見えてギリシア神話好きには嬉しいです。
c0223825_1140466.jpg

(12) さてこのBBB、以前は並んで入場するスタイルだったので待ち時間がとても長かったのですが、抽選方式に変わっていました。抽選所は、ここからちょっと手前、パラッツィオ・カナルの方にあります。
c0223825_11455959.jpg

(13) 抽選は1日1回だけ。見たい時間のステージを選んで、エイヤッとボタンを押すと、めでたく当たりました!
c0223825_1148218.jpg

外れた場合でも、どうしても、という場合には、2階席ですが並んで入れる席もあります。
当たったことだし安心して、メディテレーニアン・ハーバーで始まっていたレジェンド・オブ・ミシカを見に行きました。。。(次回に続きます。)

最近、ディズニーに来るときは、普段愛用している70-300mmではなく、50-200mmF4-5.6を常備しています。望遠域は200mmあれば十分で、かつ、50mmをよく使うなど、焦点距離レンジがちょうどよいことと、混んでいるパーク内ですから、少しでも小さいレンズがやっぱり気分良く使えるということもありますね。

2012.3.20 TokyoDisneySeaにて
SIGMA SD1 Merrill
SIGMA 17-50mmF2.8EX DC OS HSM
SIGMA 50-200mmF4-5.6DC OS HSM
by bjiman | 2012-04-08 11:53 | ディズニーに夢中 | Comments(2)
Commented by renchiyan at 2012-04-09 10:46
おはようございます
行く場所によってレンズ選び難しいですね 私いつも適当につけてばか
りなので失敗してしてしまうことが多々あります・・・
Commented by bjiman at 2012-04-10 01:59
夢遊さんこんばんは。
そうですね、ディズニーの場合は何度も行っているので、300mmは
不要とか、意外に望遠ズームの50mmも使う(70mmでは狭い)と
か経験値が溜まってきているので判断できることもありますが、初め
ての場所の場合は随分と事前にシミュレーションしますね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< レジェンド・オブ・ミシカ ~望... アラビアン・コースト~魔法と神... >>