水仙 ~鏡写しの姿に見入って~

いつも水面を眺めるように頭をかがめている水仙のお花を見ていると、ギリシア神話の有名なお話、ナルキッソスのお話を思い出します。  (SIGMA SD15/SIGMA 70-300mmF4-5.6DG OS)
c0223825_001234.jpg

森の妖精(ニンフ)の中にお喋りな「エコー」という女性がいて、彼女はとても気さくな、気のいい女性でしたから、浮気を繰り返す大神・ゼウスの頼みでゼウスが浮気現場から逃げる時間稼ぎをしようと妻のヘラとお喋りに興じているうちにヘラに意図がばれてしまい、人の声を繰り返すことしかできないように罰せられます。これが「エコー(こだま)」の語源でもある訳です。
そんなとき、森に狩りに来ていた金髪の美少年・ナルキッソスにエコーは恋をして、話しかけようとしますがエコーは人の声を繰り返すことしかできないので、ナルキッソスに相手にされず、辛さから身体が滅びて声だけのこだまになってしまいます。ほかにもナルキッソスは、その美しさゆえ女性達から恋を告白されても、相手にせず辛い思いをさせていました。とうとう復讐の神・ネメシスから罰せられ、湖面に映し出された自分の顔に自分だと気づかずに恋をしてしまい、水面に映った自分故、告白をしても応えて貰えず、触れようと水面に触れると映った自分が消えてしまうという苦しみを与えられます。
首をもたげて下を見ている水仙を見ていると、そんなナルキッソスの姿が目に浮かびます。
c0223825_0233083.jpg

ナルキッソスは湖面に映る自分を見つめたままそこから離れることが出来ず、ついには身体が滅びて亡くなった後に、水仙のお花が咲いていたそうです。
雨上がりの1月22日、ゆいの花公園で雨の雫を湛えて頭を垂れていた水仙のお花は、そんなナルキッソスの哀れな姿の生まれ変わりに見えました。
c0223825_0305839.jpg

ナルキッソスの名前は、「ナルシス」の語源で、水仙の名前(narcissus)にもなりました。
翌週の1月29日、お天気の良い日に、また水仙に会いに行ったところ、水仙はやっぱり頭を下げていました。もう終わりの時期ですね。
c0223825_0343667.jpg

ギリシア神話は、古代ギリシア人が語り続け、作られてきたものなので現代の私たちがその本当の意図を知ることは出来ないのですが、私には人間の奢りを戒めるお話が多いように思えてなりません。
このお話にもいくつかの罰がありますが、ひとつにはエコーの「おしゃべりによるゼウスの浮気隠し」。
浮気隠しが罪なのではなく、おしゃべりで神であるヘラを「騙せると思ったこと」が罰せられます。ギリシア神話ではしばしば神を恐れない人間の仕業が厳しく神から罰せられます。ここでいう「神」は、自然そのものであったり、摂理というものであったりと色々です。この辺はアイヌの山の神や水の神、、、色々な神(カムイ)がある考え方にも似ている感じがあります。
対して、ナルキッソスの罪は、人を傷つけて、なお思いやりのない気持ちでした。好意を寄せられたからといって必ずしも相手の気持ちに応える義務はありませんが、傷つけて平気で良いとは言えません。

「お天道様が見ていなくても俺が(自分を)見ている」と自分を律する姿勢を語ったのはプロ野球の松井選手ですが、逆に言えば、それだけ人間とは誰かが見ていないとサボったり、すぐに奢ったりしてしまいがちな生き物なんだ、、、と古代ギリシア人が思っていたのかどうかは分かりませんが。。。

2012.1.22~1.29
松戸市・ゆいの花公園にて
SIGMA SD15
SIGMA 70-300mmF4-5.6DG OS
by bjiman | 2012-02-01 00:55 | ギリシア神話が好き | Comments(2)
Commented by renchiyan at 2012-02-02 05:53
おはようございます
もう水仙ですか 早いですね でも水仙撮るの難しいです
Commented by bjiman at 2012-02-03 02:11
夢遊さんこんばんは。
そうですね、そろそろ水仙も終わり、来週からは梅の便りが
お届けできそうです。。。
水仙は表情が豊かなので、逆にどう捉えるかが難しいのかも
しれませんね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 雨上がりのお花たち ~ゆいの花公園~ ゆいの花公園で写真の展示をして... >>