cotton field

21世紀の森と広場のワタ畑には、ふわふわのワタがたくさん出来ていました。

(1) ふわふわ。暖かそうなコットン  (SIGMA SD15/SIGMA 70-300mmF4-5.6DG OS)
c0223825_2351393.jpg

(2)  肌寒い季節、こんな暖かそうなワタを見ると自然の恵みを感じます。
c0223825_2354155.jpg

(3) 冬の低い陽射しに照らされ、白い綿毛が光ってとてもキレイ。
c0223825_23585493.jpg

c0223825_005873.jpg

(4) ひとつの房にわたが4つ。ぽかぽか暖かい自然のプレゼント。
c0223825_032240.jpg

c0223825_081177.jpg

(5) 畑には、菜花系の何かが植わっていました。2月には花を咲かせるでしょうか。 (SD15/70-300mm)
c0223825_0102431.jpg

(6) アーティチョーク
   アーティチョークは野アザミを改良した品種で、欧米ではつぼみを広く食用に活用するそうです。日本では主として観賞用に用いられるとか。地中海原産というので、ギリシャ神話にまつわるエピソードがあるかな、、、と思って調べてみたらやっぱりありました。定番の悲しいお話でしたが、またアザミのお花の時期に書いてみたいと思います。
c0223825_0212478.jpg

(7) 畑の縁には、可憐なお花。シバザクラかな、ちょっと早い気もするけど、、、でも、初春らしい雰囲気があるお花です。
c0223825_0334440.jpg


明日は21世紀の森と広場でのスナップ写真をまとめて初春の21の森特集を終わりたいと思います。

2012.1.8 松戸市・21世紀の森と広場にて
SIGMA SD15
SIGMA 70-300mmF4-5.6DG OS
by bjiman | 2012-01-12 00:35 | 松戸市・21世紀の森と広場 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 冬のスナップ ~21世紀の森と広場~ 春を告げるお花・ロウバイ(蝋梅) >>