迫力ある岩肌 日本キャニオン (白神山地・十二湖)

十二湖を巡る散策も最終回。今日は、豪壮な岩肌の景観、日本キャニオンを目指します。

(1) 日本キャニオンに行くには、十二湖最大の大池の前にある入口か山道の散策路を行く方法と、八景の池から上がる方法とがあります。私たちは、上から下りてきたので、大池の前のトレイル路から入りました。
c0223825_6455155.jpg

(2) 大池は十二湖最大の大きさ。面積は53,500㎡。深さは24mあります。 (SIGMA DP2x。以後同じです。)
c0223825_6484970.jpg

   湖畔を周遊できるトレイル路があるようですが、この日は倒木の恐れありということで立入禁止になっていました。
c0223825_6552257.jpg

(3) その大池の前にある、食事などもできる旅館の前を通って、その奥にキャニオン入口の看板がありました。
c0223825_712210.jpg

c0223825_713354.jpg

(4) トレイル路を入ると、最初に出会うのが、日暮の池
c0223825_75659.jpg

(5) 深い森を抜けていく散策は、とても印象深いものがありました。
   ブナの木には、名前を書くなどの心ないキズもありますが、昔、例えば山菜採りなどする方がサインのために印を付けていったものが残っているものもあるそうです。
c0223825_785226.jpg

c0223825_794476.jpg

   一人で歩くのはちょっと怖いくらい。
c0223825_7114274.jpg

c0223825_7124751.jpg

(6) 森の自然淘汰。森は密集を防ぐために自然に成長できる木とそうではない木が分かれ、弱ってくる木にはキノコ類が繁茂し、更に弱ってしまうという厳しい連鎖があるそうです。
c0223825_7152668.jpg

c0223825_7164082.jpg

(7) 日暮しの池からキャニオン展望台までは0.9km。あと300mまで来ました。もう少しです。
c0223825_7183413.jpg

   こんな路を行きます。
c0223825_7205976.jpg

(8) 到着しました。これが日本キャニオンです!
c0223825_7232842.jpg

(9) 迫力ある岩肌に息を呑みます。  (SIGMA SD15/SIGMA 70-300mmF4-5.6DGOS,上70mm,中下75mm)
c0223825_728166.jpg

c0223825_7313352.jpg

c0223825_7323719.jpg

(10) 迫力ある景観。アメリカのグランドキャニオンにあやかって名付けられたそうですが、日本キャニオンは、十二湖ではやはり必見の景観だと思います。 (SIGMA SD15/SIGMA 70-300mmF4-5.6DGOS,70mm)
c0223825_735675.jpg

(11) 帰りは、来た道を戻り、旅館・大池でサイダーを飲んで一休み。バスに乗って十二湖駅へ戻りました。 (DP2x)
c0223825_737211.jpg

c0223825_738941.jpg


長々と特集してきましたが、十二湖特集は、これでお仕舞いです。

2011.9.8 十二湖・日本キャニオンにて
SIGMA DP2x,24.2mmF2.8
SIGMA SD15
SIGMA 70-300mmF4-5.6DG OS
by bjiman | 2011-10-03 07:43 | 東北旅日記(弘前・白神山地) | Comments(2)
Commented by ycoral at 2011-10-03 23:18
こんにちは
トパーズみつです。私のミスで全てを削除してしまいました。
皆さんの所へも立ち寄れず再度立ち上げました。
これからもどうぞ宜しくお願い致します


Commented by bjiman at 2011-10-03 23:47
こんばんは。え~! 勿体ない!! それはショックでしたね。。。。
これに懲りず、また今後ともよろしくお願いします。。。
さっそくリンクをお願いします。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 旅も終わり、秋田へ、、、 エメラルドグリーンの神秘 ~白... >>