2010年夏のグアム旅行(最終回の前半)~ビーチに掛かる虹、Natur Trail~

2010年夏のグアム旅行もいよいよ最終回。最終日の朝、今日でグアムともお別れか、あっという間だったな、と思いつつホテルのベランダから海を眺めていました。
c0223825_22174660.jpg

   静かなビーチの朝を、DA☆50-135mmF2.8で。
c0223825_22203284.jpg

すると、突然、海の縁にふっと虹が浮かび上がってきたのです。
c0223825_22243899.jpg

虹はたちまち蒼い空にきれいな七色の環を描き、おともに副虹を添えてくれました。しあわせの二重環。
c0223825_2245685.jpg

ハワイでは、副虹を見ると幸せになれるとの言い伝えがあるそうですが、グアムでもそうだといいな。七色のカーテンに導かれて、神様が降りてきそうです。とても神秘的な感動がありました。
c0223825_22491648.jpg

早朝の感動を味わった後は、ホテル内にあるネイチャートレイルを散歩。
c0223825_22534688.jpg

c0223825_22572926.jpg

c0223825_2301994.jpg

   朝の人の気配がないビーチもいいものです。
c0223825_2323035.jpg

このネイチャー・トレイルは、ライムストーン(石灰岩)の岩場に自然に繁茂した木々が形成するのライムストーン・フォレストを観察するためのものです。
c0223825_23311686.jpg

ライムストーン・フォレストは、珊瑚の死骸が堆積してできたライムストーンが隆起して海上に現れたところにできるそうです。ビーチから見上げると隆起している様子が分かります。
c0223825_1221762.jpg

地面を見ると、珊瑚礁の死骸だったことが想像できます。
c0223825_2337661.jpg

ライムストーンは多孔質なので、栄養分のある表土はライムストーン内に流れてしまい、表土がありません。植物は栄養を取り込むために、ライムストーン内に根を張り巡らすのだそうです。
あらまぁ、外国人でもこういう貴重な環境で名前を書く人がいるんですね。
c0223825_23431141.jpg

ライムストーンから栄養を取って、大きな実をつけていました。
c0223825_23514770.jpg

この日はとてもいい天気。ポジフィルムのフォルティアで撮ったような鮮やかな青空。
c0223825_23553326.jpg

ライムストーン・フォレストは、椰子ガニやトカゲなどの生息地であり、グアムの貴重な生態系を維持する上でも重要な役割を担っているとか。写真は剥製の椰子ガニ。椰子ガニは椰子の実を切って食べるので、強力なハサミを持っています。ですが、人間はこの椰子ガニも食べます。人間は何でも食べますねぇ。。。
c0223825_011745.jpg

フォレストには、このトカゲ君がたくさん住んでいます。
c0223825_084657.jpg

女性にはちょっとあまり人気が出そうもありませんが、このトカゲ君、グアムではとても親しまれていて、日本人観光客のほとんどが利用する観光客用の赤いシャトルバスのイメージキャラクターになっており、バス本体やバス停にキャラクターの絵が描かれています。(絵ではなぜか黄緑色なんですけど)そういう目で見ると、ちょっとかわいく見えてきませんか?
c0223825_0145936.jpg

グアムでは、今クワガタムシやコガネムシによる椰子の食害に悩まされており、このままでは椰子が枯れてしまうと駆除に乗り出しています。
c0223825_0222039.jpg

このフォレストで最も印象的だったのがこの黒蝶。この蝶がフォレスト内で、たくさん、とてもたくさんひらひらと舞っていたのです。
c0223825_02548100.jpg

薄暗いフォレストの中をたくさんの黒蝶が飛んでいる姿は、ちょっと怖いくらいで、古代チャモロの時代にふっと紛れ込んだようでした。
c0223825_0282177.jpg

ライムストーン・フォレストは、以前はグアム島北部全体を覆っていたそうですが、開発により、現在では海沿いの崖地や軍用地などにのみ散見される程度になってしまったとのこと。
c0223825_0364553.jpg

NIKKOホテルを利用の際の早朝散歩のときなど、ちょっと冒険するつもりで右側のフォレストを探検するのも楽しいですよ。
c0223825_0393875.jpg


 さて、今日を最終回にするつもりだったのですが、またもやおしゃべりが過ぎたようです(笑)。
 予定のファイルをぜんぶ載せると冗長に過ぎるので、また明日、最終回の後半に続きたいと思います。それでは。

  2010.9.3、9.6 HOTEL NIKKO GUAMにて
  PENTAX K20D
  PENTAX DA☆16-50mmF2.8ED
  PENTAX DA☆50-135mmF2.8ED(②枚目のWestinResort、副虹)
  PENTAX DA18-250mmF3.5-6.3
  PENTAX DFA MACRO 100mmF2.8WR(黒蝶)
  PENTAX OptioW10(ビーチからラッテストーンを見た写真)
by bjiman | 2010-09-18 00:47 | グアム日記 | Comments(6)
Commented by sorabayasi at 2010-09-18 11:39
こんにちは。
海面からの虹、綺麗ですね。
暫らく虹を見てないので、お写真を見せていただいて
嬉しくなりました。
木々の中を沢山の黒蝶が舞ってる様子は優雅だったでしょうね。
Commented by bjiman at 2010-09-18 12:27
sorabayasiさんこんにちは。
海面からの虹、とてもきれいだったですよ。目の前の海全面に
広がる迫力と美しさは、格別でした。
楽しんで頂いたとのことで嬉しいです。
蝶、文中にも書きましたが、古代チャモロの時代に紛れ込んだ
ような、蝶の後を付いていくと古代の集落に連れて行ってくれる
ような気がしました。
Commented by tetsu at 2010-09-18 23:31 x
こんばんは!

静かな朝の雰囲気がイイですね~
景色を眺めていると、とても心地良い気分になってきます。

トケゲ君は愛嬌があって可愛らしいです。
自分は結構、爬虫類が好きなので大歓迎です!(笑)
それよりも、ちょっとヘンな話なんですが
トカゲ君の尻尾の下辺りに見える茶色い小さな物体が気になってしまって・・・
これ何でしょう?

最終回の延長も大歓迎です!
まだグアムを楽しめると思うと嬉しいです。
Commented by yoube2m at 2010-09-19 02:30
こんばんは。
 bjiman さん帰国前に虹のプレゼントを貰ったのですね
こんな美しい虹はこちらでは観れない絶景だと思います
グアムでの想い出は一生の宝物になるのではないでしょうか

グアムの旅、明日が最終回ですか! それでは明日を楽しみにしてます。
Commented by bjiman at 2010-09-19 12:51
tetsuさんこんにちは。
ありがとうございます。この日の朝の静かな海は今でも印象的
に覚えています。さざ波の音が心地よく聞こえて。
トカゲ君は、私も子どもの頃から好きで、家の守り神なんて
教えてもらったものだから、いつも良く観察していました。
トカゲ君の尻尾の下に見えるもの、、、言われて初めて気づき
ました。これは、(tetsuさんもたぶんそう思っているので
は)ヒルではないでしょうか。吸血されるところでしたねぇ~。
Commented by bjiman at 2010-09-19 12:54
youbeさんこんにちは。
そうなんですよ。これはプレゼントに見えました。
碧い海に掛かる虹、、、なんだか物語みたいでしたね。
今回のグアムの旅は、とても印象に残るものでした。
最終回はまた冗長になってしまいましたが、よかったら
楽しんで頂けると嬉しいです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 2010年夏のグアム旅行(最終... 2010年夏のグアム旅行(9)... >>