大倉山ジャンプ競技場

もうすぐバンクーバー・オリンピック。ニッポン選手団の活躍に期待したいですね。
今日は、札幌市内にある「大倉山ジャンプ競技場」です。
c0223825_1251186.gif

選手のスタート台は、着地面から133mの高さ。アプローチ(助走路)の角度は、これでも35度。長さは101mで、選手は、このアプローチを約90kmの速度で飛び出すのだそうです。
c0223825_12552575.gif

スタート台上から見た景色。見る分には、とても良い眺めです。
c0223825_12562827.gif

      スタート台付近。選手が正面を見るとこんな感じでしょうか。。。
c0223825_1341543.gif

この日は、選手が1人で個人練習をしていました。では選手の気分で一緒に飛んでみましょう。
c0223825_1314568.gif

          スタート台につきます。しかしよくこんな斜面を降りられますね~。
c0223825_12592815.gif

          ではいきます。GO!
c0223825_1355989.gif

          すごく姿勢が低いです。時速90kmってすごいですね。
c0223825_13104797.gif

          TAKE OFFの瞬間。低い姿勢から一気に身体を伸ばしていくんですね。
c0223825_131242.gif

          深い前傾姿勢のV字ジャンプです。
c0223825_13132876.gif

          下から見るとこんな感じです。V字で飛んでいる選手が見えるでしょうか。
c0223825_13161462.gif

c0223825_1317465.gif

          しかしすごい競技ですよね。こんなところから降りるなんて、まさに鳥人です。
c0223825_1319204.gif

この大倉山ジャンプ競技場には、ミュージアムが併設されていて、1972年の札幌オリンピック大会をはじめ冬季オリンピックの歴史を学ぶことができます。館内では、懐かしい、トワ・エ・モアの「虹と雪のバラード」を聴くことができます。札幌オリンピックのときはまだ子どもでしたが、「生まれ変わる札幌の地に~」という詩とセンチメンタルなメロディを聴きながらジーンとテレビを見ていたことを思い出します。札幌観光のスポットとしてオススメです。

(2008.3.8 PENTAX K10D,DA18-250mm)
by bjiman | 2010-02-06 13:21 | 札幌日記(市内名所) | Comments(6)
Commented by tetsu at 2010-02-06 20:24 x
こんばんは~

当然、ここも行かれていましたね!
ホント大倉山はオススメのスポットだと思います。
四季折々の見事な眺望も楽しめますし
競技開催時は迫力あるシーンを満喫できます。

絶対ムリですが・・・
一度、ジャンプ中の選手目線で景色を眺めてみたいですね!
Commented by renchiyan at 2010-02-07 06:08
おはようございます
私高校の修学旅行で大倉山ジャンプ競技場も行ってきました ジャンプ
台の上から下を見たら余りの絶壁に怖くなってしまったことが思い出され
てきました 懐かしい写真ありがとうございます
Commented by yoube2m at 2010-02-07 22:32
こんばんは。
ジャンプ場からの眺めは絶景ですね~~\(◎o◎)/
札幌の街が一望できて・・・
このジャンプ台から滑ると街の中へと飛び込んでいきそうな気がします
いや~迫力あります(^。^)y-.。o○
Commented by bjiman at 2010-02-08 00:59
tetsuさんこんばんは。
はい、行っていました(笑)。競技開催時、いちどは見たかった
んですが、これは宿題になっています。
ホント、絶対無理ですが、ジャンプの景色を体感してみたいです。
Commented by bjiman at 2010-02-08 01:00
夢遊さんこんばんは。
そうだんたんですか~。ホント、よくこんな絶壁から降りられ
ますよね、驚くばかりです。懐かしんでいただいて嬉しかった
です。
Commented by bjiman at 2010-02-08 01:02
youbeさんこんばんは。
そう絶景なんですよ~。ここはオススメのスポットです。
札幌ならではの場所ですし、クルマであればすぐ行けますから
もし機会があったらぜひご覧になって下さい。
ほんと飛び出しの正面を見ていると、街中に飛び込んでいきそう
ですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< TokyoDomeCity 猛吹雪の夜 その後(2) >>