レクサスIS 300h 燃費や使い勝手

LEXUS・IS300hに乗り換えて半年。非常にいいクルマだなというのが感想です。
簡単ですが、こんなにいいクルマに乗ったことないなぁと思いながら乗っています。
ボディがコンパクト。横幅は1810mmですが、最近の駐車場は幅が大きく引き直されたものが多く、大抵の駐車スペースで横幅も余裕だし、前後はもともと全長が4,680mmと5ナンバーサイズ以下なので余裕しゃくしゃくです。
c0223825_01232927.jpg

c0223825_01280041.jpg
回転半径も5.2mに過ぎず、HS250h(5.6m)よりも40cm短くなったので、Uターンなどがしやすく、FRはいいなぁと思わされます。エンジンをスタートして動き出し、アクセルをグッと踏んだときのロケットスタート感が非常にいい感じです。HSの晩年ではボディの捩れ感があったのですが、剛性感に溢れたボディがクルマ全体のしっかり感を感じさせて走りが楽しく感じます。
c0223825_01372247.jpg
燃費はどうかというと、ここまで半年乗ってきた中での平均燃費は14.9km/ℓです。
c0223825_01384831.jpg
HSの頃は最初の半年の燃費が安定しませんでしたが、2年目になると普通に安定し、5年間通算で16km/ℓとなりました。HS時代はディーラーさんの助言に従って、最初の半年はノーマル、半年経ってからはずっとエコモードで走っていた事も良い成績で終われた要因だと思いますが、ISでは走りを楽しみたいということもあって、高速道路ではスポーツモードも使っています。それでも燃費的にはとても安定していると思っています。2月の走行実績を見ていただくと分かりやすいのですが、12km/ℓ前後のパターンと15km/ℓ前後の2パターンしかないことが分かると思います。12km/ℓ前後は、近所のゴルフ練習場を往復している時で、その他の温泉施設とかショートコース練習場とか、ちょっと距離を走っている場合は15km/ℓ前後まで伸びているのがおわかりいただけると思います。
c0223825_01433050.jpg
高速道路があろうがなかろうが、距離を走ればノーマルモードでも15km程度は普通に走ると考えて大丈夫そう。燃費には厳しい雪が降るほどの寒い時期でこうですから、3月以降、エアコンの厳しくなる夏までの燃費はもう大丈夫でしょう。安心して低燃費を楽しめるスポーツセダンです。ガソリンはレギュラー仕様ですしね。
c0223825_01525929.jpg
多くのメディアで紹介されているのでご存じの方も多いと思いますが、レクサスのスポーツグレード「F SPORT」にはいくつかの専用装備があります。
c0223825_01592192.jpg
その一つがリングごと動くメーター。スーパースポーツのレクサスLFAで採用されたものを基本にしています。パネル全体を液晶にして、パネル上を実際のリングが平行移動することでメーターそのものが動いているように見えるというギミック的な作りですが機能的にも様々な表示をすることができて優れています。
c0223825_02015052.jpg
私が好きなのはナビ画面。センターコンソールのナビは視線移動があるのであまり見ませんがメーターパネル上のこれは方向と、次に何キロ先に左右どちらに曲がるのかの表示がされて、シンプルな表示が運転する上ではとても分かりやすく実用的だと思いました。
c0223825_02055182.jpg
コンソールのスイッチ類もレクサスのレイアウトに慣れると、どの車種も大体同じイメージで統一されているため、車種を乗り換えても戸惑うことが少ないだろうと思います。
c0223825_02144321.jpg
次回は最初の半年のまとめを書いてみたいと思います。

# by bjiman | 2019-03-04 02:15 | CAR | Comments(0)

レクサスIS 300h 初回6ヶ月点検

愛車をレクサスIS300hに変えてから半年。初回6ヶ月点検を終えたところです。
c0223825_00223672.jpg
HS250hに5年間乗ってこれといって不満はありませんでしたし、最後までクルマはピカピカでした。敢えて言えば少し車体がへたってきたかなとの感触はあり、剛性感を欲しいなという思いがありました。ただレクサスに5年間乗ってきた身として、レクサス以外の車種にすることは殆ど考えていませんでしたので、そうなるとコンパクトな車体ということではIS以外の選択肢はありません。実質1ヶ月も掛からず商談がまとまり、我が家にIS300h・Fsportがやってきました。
c0223825_00293928.jpg
今度の選択にあたってはCPO(認定中古車)から選ぶということもかなり早い段階で決めていました。無論予算が主な理由ではありますが、この先のライフスタイルも考えた上のことで、クルマのサイズは自分の年代によって変わっていくと思うし、ある程度リアシートが使えて、かつハンドリングも楽しめるクルマと考えると自ずと選択肢は限られます。自動車の電動化やモビリティ全体のクリーン化、自動化を考えると、後輪駆動ならではのグッドハンドリングを持ったスポーツセダンを楽しむ時間が限られたものであるのは明らかです。このため、新車価格は高価でも今ならCPOで素晴らしい状態で楽しめるISは殆ど唯一の選択でした。
c0223825_00420733.jpg
色は銀、内装は赤というのは妻の好みで決めたものです。HSの白のボディカラーとクリーム色の内装は私の好みをお願いしたものだったので、今回は妻の好みに拘って探しました。でもあっという間に見つかり、かつ近くのディーラー展示車だったので十分見て決めることが出来ました。これも幸運だったと思います。
c0223825_00470129.jpg
内装が赤なのは、レクサスの中でもスポーティな仕様であるFスポーツに限られます。中でもスポーツセダンであるISのFスポーツは、レクサスを代表するバリバリのスポーツ仕様なので乗り心地や使い勝手の面での心配もありましたが、自動車専門誌でISが発売当初、6ヶ月間の長期リポートで、まさにこのFスポーツの300hの試乗記があり、標準モデルよりもむしろ可変ダンパーのついているFスポーツの方が乗り心地が良いという記事を読んでいたこと、ディーラーで試乗したクーペのRC300hのFスポーツを試乗させてもらったら抜群の乗り心地とグッドハンドリングで学生時代からスープラが好きだった妻ともども魅了されたので安心して決めました。
c0223825_00560451.jpg
フロントのスポーツシートは座り心地が良く、サイドサポートがしっかりしているので安心して乗ることができます。助手席の妻の評判も上々。色も赤で一見派手なように見えますが落ち着いた色でもあり、親からもいい色だといってもらえて安心しました。
c0223825_01002422.jpg
自動車のレイアウトとしてエンジン縦置きFR車の良さは運転席まわり。エアロのために傾斜したフロントウインドウとコンパクト化を重視したFF横置き車はハンドルからフロントウインドウの窓枠が長い場合が多く、ボンネット左右の見切りが掴みにくいと思うのに対し、FR車はここがコンパクトな場合が多くISも左右が絞り込まれ、ボンネットの見切りもいいので車体がコンパクトに感じます。これが凄く美点だと感じました。
c0223825_01083017.jpg
低い車体でスポーツセダンならではのレイアウトになっているので自然な位置にシフトチェンジレバーがあり、まるでスポーツカーのようです。かつて乗っていたユーノスロードスターを思い出しました。
c0223825_01125206.jpg
リアシートはFFセダンでも広い方だったHSよりは無論狭くなりますが4人乗りとしては十分なこと、本革仕様なのですがHS(VersionC)よりもクオリティの高い仕様になっていると思われ細かいディンプルが入っていることもあって滑りにくいため、座り心地が良くなったと妻には好評です。
c0223825_01170678.jpg
ISにしたのは、何といっても後輪駆動のスポーツセダンであることが第一の理由ですが、ISというモデルの位置づけもあります。ISは、LS、GSと並んでレクサス後輪駆動セダン兄弟の末っ子であると同時に、世界的に見ればこのクラス最強のBMW3シリーズのライバルという位置づけであり、世界に挑むレクサスの中心的な役割です。ましてハイブリッドの300hは、当時クリーンさ、燃費の良さを誇るBMW3シリーズのディーゼルを直接のライバルとして、彼等よりも低いCO2排出量をキラーコンテンツ(それはCO2規制が厳しい欧州でこそ意味がある)とした車種だったから。そんなチャレンジ的な中に自分を置きたかったということがありました。
c0223825_01262140.jpg
続きはまた次回。


# by bjiman | 2019-02-17 01:28 | CAR | Comments(2)

新島~式根島の旅⑤~式根島スナップ~

式根島でのシュノーケルの後、海水を流しに温泉へ。式根島の最大の魅力は、この海岸線に面した野趣溢れる温泉。有名な地鉈温泉は、源泉温度80度、これが海水と混じり合ってちょうど良い泉温になるというワイルドなもの。近くにあるこの松ヶ下雅湯は人工で作られたものですが、気軽に野趣溢れる地鉈温泉の味わいを楽しめます。(PentaxOptioW80)
c0223825_00272760.jpg
硫化鉄泉の泉質。まるで鉄の成分がそのままお湯になったような茶色。
c0223825_00353937.jpg
海面と温泉がほぼ面一で繋がってる。これが式根島の温泉の味。
c0223825_00404084.jpg
手前が源泉。鉄分でまっ茶色。左手が海水を取り込んできているのかなというホース。
c0223825_00431706.jpg
湯船のお湯は、そのまま海へ放流。まさに源泉掛け流し。いやぁダイナミック!
c0223825_00453032.jpg
c0223825_00471413.jpg
c0223825_00500613.jpg

源泉は80度。熱いよぉ~。
c0223825_00485415.jpg
海水をこうやって取り込んで温度調整をしています。
c0223825_00513422.jpg
地鉈温泉は、露天風呂番付で西の張出横綱です。
c0223825_01412376.jpg
式根島と地鉈温泉は、寅さんの映画の舞台ともなりました。栗原小巻さんがマドンナの「男はつらいよ 柴又より愛をこめて」と題された36作目です。美保純さんが地元旅館の青年に一目惚れされ、地鉈温泉にも案内してもらうという設定で出てきます。
c0223825_01312861.jpg
温泉に入った後は、民宿「鈴木旅館」での美味しいお食事。派手さはないけど、十分ご馳走感もありました。(SONY RX10MkⅣ)
c0223825_00543723.jpg
分厚く切られたお刺身。刺身のツマにはちゃんと明日葉がいるのがいい。
c0223825_00570327.jpg
島ノリを上手に使ったおつゆ。ソフト麺のような麺もいい。
c0223825_00585213.jpg
ぐっすり寝て、帰る日。最終日もお陰様でいい天気。
c0223825_01001896.jpg
最終日なので、お土産屋さんを覗きながら、ぶらぶらお散歩。
c0223825_01014987.jpg
式根島が開島したのが明治21年。人が住むには清水が必要。それで明治23年から25年まで、3年がかりで掘ったという島初の井戸「まいまいず井戸」が史跡として残されています。
c0223825_01050987.jpg
まいまい井戸は、その名前のとおり、かたつむり(まいまい)のようにらせん状に深くなっています。
c0223825_01213014.jpg
それにしても、新島も式根島もいい島でした。またぜひ、あの青く美しい海を楽しませてもらいたいなぁと思っています。
c0223825_01242066.jpg

c0223825_01344083.jpg
水晶のような青。魚がいっぱい来てる。
c0223825_01370699.jpg
また来年も、東京の島に来られたらなと思っています。

新島、式根島特集を終わります。
2018.8.22~25 新島及び式根島にて
SONY RX10MkⅣ
PENTAX OptioW80

# by bjiman | 2018-11-02 01:44 | 神津島、式根島~伊豆諸島巡り~ NEW | Comments(2)

新島~式根島の旅④~式根島も良かったなぁ~

式根島は2回目の訪問。伊豆諸島めぐりで初めて来た島だったので、もう一度再訪したいなという思いは前からずっとありました。
(SONY RX10MkⅣ)
c0223825_00072240.jpg
c0223825_00090855.jpg
c0223825_00081618.jpg
新島はすごく海がキレイだけど、式根島はシュノーケルもできる浜が豊富なのがメリット。
こちらも海はとてもキレイ。
c0223825_00105367.jpg
c0223825_00115071.jpg
連絡船にしきに乗って島に着いたのはお昼近く。宿にチェックインした後はレンタサイクルを借りて、まずはお昼ご飯を食べに行きました。レンタサイクルはアップダウンの多い島なのでみんな電動自転車。電動自転車って便利なんだなとこの旅で痛感しました。
c0223825_00141959.jpg
レストラン大師でいただいたのは、島のりラーメンと餃子と明日葉チャーハン。
c0223825_00161890.jpg
c0223825_00164462.jpg
この明日葉チャーハンが絶品だった!また食べたいなぁ。。。これだけで私は明日葉の苗を買おうかと思っています。(個人の感想です。)
c0223825_00172137.jpg
食事の後は、慌ただしくシュノーケル。式根島はシュノーケルに適した浜が多くて嬉しい。時間も限られていたので、オススメの一つ、中の浦ビーチに出かけました。(以後PentaxOptioW80)
c0223825_00184483.jpg
c0223825_00221672.jpg
自分の足ひれがあるっていいものです。のんびり浮かんで楽しみました。
c0223825_00233765.jpg

今回は時間がなくて、あまり海中お魚写真は上手くは撮れませんでしたが、こんな浜近くの海でお魚がたくさん。もうとっても幸せなシュノーケルでした。
c0223825_00411001.jpg
c0223825_00451361.jpg
c0223825_00465480.jpg
c0223825_00480867.jpg
c0223825_00491136.jpg
さて、次回は新島~式根島特集の最終回です。

2018.8.24 式根島にて
SONY RX10MkⅣ
Pentax OptioW80

# by bjiman | 2018-10-28 00:50 | 神津島、式根島~伊豆諸島巡り~ NEW | Comments(0)

新島~式根島の旅③

ちょっと時間が空いてしまいましたが、新島~式根島の旅3回目です。
新島の1泊目、民宿一本松さんの夕食。てらいのない民宿らしい家庭料理の雰囲気。暖かみがありました。 (SONY RX10MkⅣ)
c0223825_23574289.jpg
翌日のランチ。新島親水公園の中にある新島レストハウスでいただいたタコライスとシフォンケーキ。
c0223825_23042091.jpg
c0223825_23055157.jpg
新島の温泉施設は2つあります。一つは前々回もご紹介した浜の湯露天風呂。(Pentax OptioW80)
c0223825_23093908.jpg
この施設は海岸線沿いの高台にある24時間利用できる水着利用の露天風呂で景観は最高です。
c0223825_23120019.jpg
c0223825_23123290.jpg
ここは水着での露天なので景観は素晴らしいものの、泉質がどうかとか癒やしがどうとかいう雰囲気ではありません。その点、すぐ近くにある「まました温泉」は、泉質をじっくり楽しめ、お湯そのものの良さを満喫できます。いい露天もあり、ここは凄いオススメですね。
まぁ実際、私たちが行った時も地元のひとだらけでしたね。(以後RX10Ⅳ)
c0223825_23594651.jpg
c0223825_00022953.jpg
新島での2泊目は、お宿そうめい丸さん。ここはご主人が釣ったお魚を振る舞ってくれます。
c0223825_00075650.jpg
カンパチの刺身。これは旨かったなぁ。アシタバの葉を使っているのもいい。
c0223825_00093971.jpg
このお宿自慢は、島名産のパッションフルーツを使ったアイス。
c0223825_00140343.jpg
翌朝、式根島に行く前の空いた時間に、新島村博物館に行きました。新島ならではのコーガ石を積み上げた特徴ある景観が目印です。
c0223825_00261795.jpg
c0223825_00280481.jpg
博物館建物の外には、屋外展示として、新島の伝統的な間取りを持った家が展示されています。明治37年に建てられ、昭和45年まで実際に使われていた家なのだそうです。
c0223825_00305254.jpg
c0223825_00311345.jpg
c0223825_00313457.jpg
c0223825_00331306.jpg
コーガ石でできた石倉は、大正時代から昭和初期にかけて作られていたものを復元したものだそうです。
c0223825_00352894.jpg
c0223825_00355265.jpg
c0223825_00360789.jpg
この辺り、周囲は原生林のような森になっています。今度はこんなトレッキングロードをゆっくり歩いてみたいなぁと思いを残して、連絡船「にしき」に乗り込みました。

c0223825_00380251.jpg
c0223825_00383658.jpg
c0223825_00385700.jpg
さて、向かうは対岸にある式根島です。
c0223825_00393014.jpg
2018.8.22~24 新島にて。
SONY CyberShot RX10MkⅣ
Pentax OptioW80

# by bjiman | 2018-09-20 00:41 | 神津島、式根島~伊豆諸島巡り~ NEW | Comments(2)

新島~式根島の旅②

2018年新島~式根島の旅 2回目です。
新島の展望台として、前回ご紹介した石山(向山)展望台に続いて反対側にある「富士見峠展望台」を見るべくクルマを走らせました。(SONY CyberShot RX10MarkⅣ、以下同じ)
c0223825_23343594.jpg
こちらは、新島の集落、中心街が一望できるという感じです。
c0223825_23375396.jpg
この位置から、SONY RX10Ⅳのズームレンズを望遠端(600mm相当)にするとどうなるか、、、下の写真にあるとおり。上の写真の真ん中らへんです。「凄い」としかいいようがない光学性能。もちろんノートリミング。
c0223825_23565618.jpg
c0223825_23541460.jpg

富士見峠の解説です。
c0223825_23581271.jpg
展望台の周囲には、新島ならではのコーガ石を積んだモニュメントのようなものがあります。
c0223825_00000808.jpg
このようにクルマで来られます。というより自転車で上がってくることは禁止されています。想像するに、狭い山道を上がってくるので、下りなどで危ないからでしょうね。
c0223825_00014168.jpg
展望台を見た後は、山を下りて、新島のシンボルとも言えるサーファーの聖地、羽伏浦海岸に出てみました。
c0223825_00041264.jpg
海の美しい青と波の立つ勢いに驚きながらしばらく鑑賞しました。
c0223825_00054606.jpg
c0223825_00082575.jpg
c0223825_00091131.jpg
c0223825_00102430.jpg
c0223825_00104430.jpg
その美しさと激しさに自然の凄さを感じました。
c0223825_00133633.jpg
羽伏浦海岸のこの光景は、新島を代表する景観の一つだと思います。
c0223825_00152633.jpg
c0223825_00162672.jpg
2018.8.22 新島にて
SONY RX10MkⅣ

# by bjiman | 2018-09-08 00:18 | 神津島、式根島~伊豆諸島巡り~ NEW | Comments(2)