タグ:DP1 Merrill ( 159 ) タグの人気記事

ニッサン・スカイラインについて(ジャーナリズムに意見しておきたいこと)②

フランスの哲学者、ロラン・バルトは、「作者の死」の中で、「作品は様々なものが引用された織物のようなもの」で、「作者であっても何らかの影響を受けている」のであり、「作者は作品を支配することはできず、その解釈は、読者にゆだねられるもの」だと言いました。
なるほどこの説はクルマにもあてはまるところがあって、作者=設計者が、どんな意図をもって設計していたとしても、読者=消費者の共感を呼ばなければクルマは売れませんし、結局、クルマという商品の評価は読者=消費者の評価にゆだねられるものだからです。特にスカイラインのように、長い間多くのファンによって愛され、ブランドを築いてきたクルマが、「スカイラインらしい」のか「スカイラインらしくない」のかは、結局は、ユーザーの評価次第だと思います。
一方、ジャーナリズムが、設計者にその設計意図を聞くことなく、独自の解釈をすることは、また別だと思います。


(私は結構好きなデザイン。現行型ニッサン・スカイラインV37型)
c0223825_00034541.jpg
私が、ニッサンスカイラインについて書いたのも、年末に掲載されていたスカイラインV35型の論評に、
「これまでスカイラインというクルマが作り続けてきた思いや伝統を微塵も感じさせない」
「このでぶなクルマに、スカイラインと名づけることに反対意見はなかったのだろうか。」
「いや、あったに違いない、ゴーン勢力に押し切られてしまったのだろう。」
と書かれていたことがきっかけです。

取材もせず、一方的な立場で決めつける。

最近の自動車ジャーナリストにちらちら見えるこんな姿勢は、私は自動車評論が落ちてはいけないポイントだと思います。
自動車ジャーナリズムに限らず、ジャーナリズムに係わる人達は、「戦前の大本営発表になってはいけない」、ということは意識の根底にある筈です。
大本営発表の何がいけなかったのか。辞典を引くと、「戦況が悪化しているのに、優勢であるかのような虚偽の発表を繰り返した」とあります。
ミッドウェイ海戦の時、昭和17年6月に行われたこの海戦は、日本が虎の子の主戦航空母艦4艦を一気に失うという大被害を受け、敗戦につながるきっかけになったものであるにも係わらず、大本営はこの事実を秘匿し、「航空母艦1隻沈没、1隻大破」と改竄して発表しました。鉛筆を舐める分には4→1に過ぎない小さな数字の文字であっても、実態は大きく異なります。記者は現場にいって確かめることができず、発表をそのまま報道するしかなかった。正しい情報が伝えられず、その後の悲劇に繋がりました。だからいけないのでしょう。
バルトが指摘しなくたって、ユーザーは、作者の意図とは無関係に色んな解釈をします。「スカイラインらしい」とか「らしくない」とか。
自動車ジャーナリズムというプロの書き手の評論は、これと同じステージでは駄目なんです。個人の感想など聞いてない。実際にどうだったのか聞いてきて、識者の意見やデータを踏まえつつ、自分なりの解釈を説明する。その時に、はじめて評論としての価値が生まれるんだと思います。
大事なことは、「客観的な事実を伝える」ということだと思います。自動車ジャーナリズムには「聞く」という動作が必須だと思うのです。

○米国で成功したスカイラインの再編成
この表は、昨年、2016年の年間販売データ。米国での乗用車販売ランキングです。
昨年、米国の乗用車販売ランキングでは、一般の乗用車部門で、ニッサン・ティアナ(米国名アルティマ)が5位、プレミアムカー部門(レクサス、ベンツ、リンカーンなどのプレミアムブランド15社が発売する全ラインナップのランキング。表ではセダンのみ抜粋)でも、インフィニティ・Q50(日本名ニッサンスカイライン)がセダンでは5位にランクインしました。プレミアムカー全車の順位で見ても14位で、ライバルのレクサスとの比較ではGSよりもISよりも上に行っています。レクサスは、米国では何といってもESがセダンの初めの頃からの稼ぎ頭です。こういうことは日本のジャーナリズムではまず議論してくれません。
ティアナとスカイラインは、元はと言えば、プリンス自動車のスカイラインと、ニッサン自動車のローレルが、紆余曲折を経ながら変遷してきた後継車です。私は、レクサスの2016年結果を検証(笑)している時に偶然この事実を知り、迷走に迷走を重ねたニッサンのLクラスセダンの再編が、米国では「成功」と言ってもいいんじゃないかと感慨深い思いで見ていました。
c0223825_01255938.jpg

(米国乗用車部門で、1位と5位のトヨタ・カムリとニッサン・アルティマ(ティアナ)@ハワイにて)
c0223825_01373017.jpg
私が気になった自動車ジャーナリストは、スカイラインV35に対して、「これまでスカイラインというクルマが作り続けてきた思いや伝統を微塵も感じさせない」と書いていました。ではお聞きしたいのですが、スカイラインの伝統とは何でしょうか。

「プリンス」から始まったスカイライン
クルマ好きの方なら誰でもご存じのように、スカイラインはもともとはニッサンのクルマではなく、「プリンス自動車」という会社が作ったものです。プリンス自動車は、戦前は、戦闘機の名機と言われる「隼」を設計した立川飛行機のエンジニア達が立ち上げた自動車メーカで、「プリンス自動車」の社名は、1952年(昭和27年)の今上天皇の立太子礼に因みます。

(スカイライン伝説を作った、初代スカイラインGT(写真はシングルキャブのS54A型)と、そのグリルにカッコ良くあしらわれた、プリンス自動車の「P」) @昭和記念公園 SIGMA DP1 Merrill
c0223825_02510810.jpg
c0223825_00590856.jpg
初代スカイラインは、今上天皇の皇太子殿下時代の愛車だったことでも有名です。2014年に亡くなられた自動車評論家の徳大寺さんは、この初代スカイラインを運転している時の殿下と路上ですれ違ったことがあると著書で何度か触れています。そしてスカイラインは、1958年(昭和33年)10月に、プリンス・スカイライン1900としてモーターショーで発表されたモデルが、翌年の1959年に「プリンス・グロリア」として発売されますが、グロリア(栄光・光栄)という車名は、この年に皇太子殿下がご成婚されたことに因みます。このモデルも殿下に納入されたとのことで、グロリアやスカイライン、特にスカイラインは、プリンス自動車にとって大切な名前として扱われていきます。

(プリンス・グロリア。スカイライン2000GTには、このグロリア用の6気筒エンジンが移入された。)
c0223825_03132797.jpg
「スカイライン伝説」は、1964年に開催された第2回日本グランプリから始まったということは前回書いた通りです。これはニッサン自身がそのように説明しています。
そのスカイラインの基礎をなしたモデルは、1963年11月に登場し、後で、上の写真の初代GTのベース車となる二代目プリンス・スカイライン1500でしょう。

プリンス・スカイライン1500(S5型) 1963年~ @昭和記念公園 SIGMA DP1 Merrill
c0223825_02345595.jpg

プリンス自動車は、メーカーとしては後発だったので、ニッチな高級車マーケットをターゲットしていました。プリンス・グロリア(後のニッサン・グロリア)初代スカイラインのバリエーションのような形でデビューすることになりますが、スカイライン2代目のS5型は、グロリアとは分けられ、日本にもモータリゼーションの波が来て、一般の消費者にクルマが売れ始めた時代であった1963年末のデビューなので、プリンス自動車としては小型で、1500cc車として設計されたのです。

(高級感のあるスカイライン1500のグリルとPをあしらったエンブレム)
c0223825_02412935.jpg
1964年の第2回日本グランプリの開催前に、トヨタ・ワークスドライバーの式場荘吉さんが、ポルシェ904を個人輸入して出場してくるというニュースを前に、プリンス開発陣は、これに対抗するために、レースカーを仕立てます。レースに出場するためには100台生産車を生産している必要がありましたから、プリンス開発陣は急ピッチでこれを進める必要があり、スカイライン1500のエンジンルーム、ホイールベースを20cm延長してグロリア用の2000ccエンジンを突っ込むという、言葉は悪いですが少し安直な方法がと取られました。この開発を指揮したプリンス自動車のエンジニアが、後で有名になる桜井眞一郎氏で、今日まで続く、「スカイラインGT」の誕生のエピソードです。写真で比較していただくとわかりやすいと思いますが、20cm長いフロント部分が分かると思います。
c0223825_03005144.jpg
こちらが、1500ccの標準車。エンジン部分が短い。
c0223825_02552037.jpg
だから、最初、スカイラインというクルマは、1500ccクラスのクルマとしてバランスするように設計されたのに、2000GTで大成功を収めてしまった。しかも、ニッサンと合併してからの「初代スカイラインGT-R」では、今度はツーリングカーレースでの戦闘力を高めるために、ホイールベースを切り詰めて2ドアセダンにしてしまった。
フロントは直列6気筒エンジンで長く、後ろは、2ドアでショートホイールベースで切り詰めたのでは、トレードオフとなるのはキャビンスペースです。
c0223825_01181100.jpg

このように、スカイラインの歴史は、高級4ドアセダンとして始まり、伝説となったレースでの戦闘力のために、ショートホイールベースに→キャビンスペースが不足するのでボディを拡大→売れなくなり、またボディをショートに、の繰り返しになります。これは、最初のスカイライン伝説の時に4ドアセダンでありながら、本格的なスポーツカーのポルシェを抜いた、まさにあの瞬間に決まったスカイラインの宿命だったのかなと思います。
続きは次回。ニッサンとプリンスの合併を絡めて、現在のスカイラインの再編成を好ましく思ったというところにつなげていきます。

by bjiman | 2017-02-20 06:00 | CAR | Comments(0)

ニッサン・スカイラインについて(ジャーナリズムに意見しておきたいこと)

既に時間が経ってしまいましたが、年末、V6になった初めてのスカイライン、V35型に対する批判記事が目に留まりました。著名な女性の自動車ジャーナリストのもので、V35型スカイラインは「でぶ」で「スカイラインの名前の伝統や思いを微塵も感じさせない」というのです。このような記事に対していちいち反論を書くことは意味がないと思っているのですが、この記事には日頃私が感じている、ジャーナリズムが落ちてはいけないと思うことがいくつかあります。そのことを書くのにちょうどいい記事でしたので、これを題材にして書いてみたいと思います。
私が免許を取った当時、スカイラインは形式名の最初にRが来る最初の型、R3Oでした。この型は、CMのキャラクター(ポール・ニューマンさん)から「ニューマン・スカイライン」あるいは、FJ20エンジンを搭載したRSのフロントフェイスを形容した「鉄仮面」と呼ばれたモデル。小樽の石原裕次郎記念館に行った時に、RSの西部警察バージョンが展示されていたので思わず写真を撮りました。

スカイラインRS (DR30) 西部警察バージョン (SIGMA DP1 Merrill)
c0223825_00163037.jpg
スカイラインの象徴といえば、「GT」の名前、直列6気筒2,000ccエンジン、そして、サーフィンラインとか、4灯丸目のフェラーリのようなリアテールランプ、何より「GT-R」というレースを感じさせるボディタイプ、でしょうか。
でも、このR30タイプにしても、イメージリーダーは直列6気筒の「GT」ではなく、DOHCエンジンを復活させたFJ20Eを搭載した「RS」の方でしたし、鉄仮面スカイラインにはサーフィンラインもありません。スカイラインという名前が想起させるイメージは、「レース」という共通のものがあるものの、ディティールは当然時代の事情、ニーズに合わせて変化しているのです。
c0223825_00241846.jpg
私が免許を取った当時のスカイラインは上記のRSの時代でしたが、現役で路上を走っていたスカイラインはまだまだ「ジャパン」も多かったので、私はスカイラインというとジャパンのイメージが強いのですが、もちろん「教科書」(専門書)などでお勉強したスカイラインは、60年代のプリンス・スカイラインS54Bの輝かしいレース史です。4気筒1,500ccが標準だったプリンス・スカイラインのエンジンルームにプリンス・グロリア用の6気筒2,000ccエンジン(当時はまだOHC)を突っ込むためにホイールベースとフロント部分を延長するという手法は何とも荒々しささえ感じさせるチャレンジングであり、プリンス自動車のエンジニア・桜井眞一郎氏を有名にしました。ライブで体感できない60年代の話でも、本を読みながら興奮したものです。そして、スカイラインのレーシィなイメージとは、そのプリンス自動車を吸収合併したニッサン自身が作成した以下ビデオに語られているとおり、1964年に開催された第2回日本グランプリにおけるスカイラインGT対ポルシェ904の闘いによって形成されたものというのは、我々世代のクルマ好きなら誰でも知っていることだと思います。本格的ミッドシップスポーツカーのポルシェ904と所詮は乗用車ベースのスカイラインGTが闘っても勝負は分かっていること。スカイラインをドライブした生沢徹さんとポルシェ904をドライブした式場壮吉さんは、後に著名な自動車評論家となる徳大寺有恒さんたちも含めて若い頃からの友達同士で、生沢さんが事前に冗談で、1周でもいいから前を走らせてくれと言っていたこと、実際にレースで偶然、式場ポルシェが遅い前のクルマに引っかかったところを生沢スカイラインが前に出たので、その時に、式場さんが、そういうえば1周だけでも、、、の話を思い出して1周だけ様子を見たこと、、、これはご本人同士が認める、偶然が演出したできごとですが、判官贔屓もあって、圧倒的に不利なシチュエーションでありながら1周だけ前に出て大観衆の前を先頭で走ったスカイラインは熱狂を呼んで名を上げたのです。翌日のスポーツ新聞の見出しには「泣くなスカイライン」という文字が躍ったとか。時代の雰囲気を感じさせます。

そしてスカイラインの歴史の中でも燦然と輝くのが、ニッサンとなってからの新型スカイライン、GC10型。とりわけDOHCエンジンのS20型を搭載した、初代GT-Rでしょう。4ドアで始まったGT-Rですが、ツーリングカーレースでの戦闘力を保つため、途中でホイールベースを短縮した2ドア仕様のGT-RにスイッチされたKPGC10は、最終的にツーリングカーレース49連勝という金字塔を打ち立て、スカイラインの中で最も有名な型だと思います。少なくとも私の中では。
スカイラインGT-R KPGC10型 @TOYOTA MEGAWEB (DP1 Merrill)
c0223825_01181100.jpg
c0223825_01213078.jpg
リアタイヤハウスの周りにある上下のラインが、スカイラインならではの「サーフィンライン」
c0223825_01244289.jpg
しかしS2Oのような純粋にレーシングエンジンとして開発されたものをデチューンして搭載したGT-Rは当然高価であり、1969年で154万円という価格はサラリーマンにとっては高嶺の花。ですが、この49連勝の活躍が、スカイライン伝説を一層輝かせ、スカイラインの一般車の販売を押し上げていきます。スカイラインの歴代販売台数を見ると、スカイラインというクルマがどういうものだったのか、その一端が分かると思います。
c0223825_01563212.jpg
スカイラインは、2代S54Bの時代、第2回日本グランプリ(64年開催)で名を上げ、販売台数が11万台に一気に増加、3代GC10時代(68年~)、GT-Rのツーリングカーレース49連勝の金字塔で3倍の31万台、続くC110型、通称ケンメリと言われる、ケンとメリーの「愛のスカイライン」の時代('72年~)に歴代最高となる67万台を売り上げています。

ケンメリの時代、GT-Rは作られたものの、第一次オイルショックが1973年、狂乱物価と言われたのが1974年です。排出ガス規制の影響もあって、ケンメリGT-Rは197台しか作られず、レースにも出場しませんでした。
時代が省エネ時代に変わって、脚光を浴びたのは小型の省燃費車です。その代表格がホンダ・シビックでしょう。バズが「愛と風のように」でケンメリの愛のスカイラインを歌ってから4年経ち、それに変わって、当時の時代の寵児だった吉田拓郎が「僕の車」という曲の中で、「僕の車は待っている、ホンダシビック~」と歌ったのが76年。スカイラインはそういう空気感の中で歴代最高となる67万台を売り上げはしたものの、時代の雰囲気はすっかり変わっていったでしょう。スカイラインの販売台数が落ち始めるのが1977年発売のジャパンからというのは、この間の空気感の変遷とリンクしていると思います。私の敬愛する白洲次郎さんは、この頃、ホンダシビックや三菱ミラージュを愛用し、助手席に乗るというスタイルを取り、黒塗りの大型車の後部座席に乗る経営者達を皮肉っていました。そういう時代の雰囲気だったんだろうと思います。

その後、スカイラインは一定の支持がある人気車ではあったものの、結局R34でR型スカイライン、つまり直列6気筒のスカイラインが終わるまで一度も販売成績が上向いたことはありません。あの名車と言われるR32ですら、健闘したものの、トヨタ・マークⅡ3兄弟に端を発する「ハイソカーブーム」の流れの中で大型化した「セブンス」、それこそ当時「らしくない」と言われた「7代・都市工学スカイライン」の販売台数を上回ってはいないのです。要因はいろいろあるでしょうが、クルマは商品で、ユーザーの支持がなければ「ニーズが変わっている」と思うしかないこともあります。スカイラインの歴史はそれでなくても快適性のための大型化と贅肉をそそぎ落とすための小型化の繰り返しでもあり、ユーザーの年齢の高齢化でもあったと思うのです。続きは、次回。私はV35型スカイラインが気に入っていたという立場から、自動車ジャーナリズムが落ちてはいけないと思う視点について、具体的に書いてみたいと思います。

by bjiman | 2017-02-12 13:00 | CAR | Comments(4)

かねき ~流山のちょっといいお店~

流山市は、松戸市のお隣。江戸川に沿って続くこの地域は、江戸時代から水運のご縁を今に残す、江戸情緒を感じさせて好きな町です。
そんな流山の中心、流山駅の近くにある京料理のお店「京料理 かねき」は、とても上品な京懐石の味を伝えてくれる素敵な場所です。

先週の日曜日、母の誕生日祝いということで、かねきさんの京懐石をいただきに伺いました。 (SIGMA DP1 Merrill)
c0223825_11351293.jpg
松戸、流山の辺りは、明治時代は東葛飾郡として同じ区画区分で、かつては東葛支庁という県庁の施設もありました。「トーカツ」は馴染みのあるエリア名で、クルマのナンバーを決めるときにも「東葛」が有力候補に挙がりました。そんなトーカツエリア、江戸情緒が感じられるお店はいくつか思い浮かぶものの、こういう上品なお店はなかなかありません。
c0223825_11540641.jpg
節分の時期でしたので、豆まきがフューチャーされています。
c0223825_11593554.jpg
落ち着きのある、和の空間。この日はテーブル席で。
c0223825_12011813.jpg
この日は、お昼のミニ懐石。最初は、ぶり大根。
素晴らしい大根の素敵な色合い。崩れないギリギリの加減。それでいてお箸をいれるとすっと切れる。プロの仕事です。
c0223825_12040315.jpg
京料理らしい九条ネギがキレイ。
c0223825_12072555.jpg
大根には、ブリの味がギュッとしみています。ブリの姿はお皿にはありませんが、口に含むとブリの姿が浮かび上がってくるという何とも味わいのある大根です。
c0223825_12090452.jpg
タコやふぐの煮こごりなど、小さな逸品たちが並んでいます。見た目も美しく、日本ならではの上品なお皿。
c0223825_12110797.jpg
c0223825_12121647.jpg
ふぐの煮こごり。ふぐの美味しさが煮こごりの中にギュッと濃縮されていて素晴らしい。
c0223825_12181424.jpg
右上の小さな器。お豆を食べると、中からお多福のお顔。かわいらしいですね。日本の食文化って特徴がありますね。
c0223825_12260878.jpg
天井を見上げると、本物の網代です。
c0223825_12280286.jpg
お刺身。本マグロの赤身と、かぶらに鯛を包んだもの。
c0223825_12311064.jpg
この本マグロ、とても身が甘くて、ノリと山芋とあわさった美味しさのハーモニーを感じさせてくれました。
c0223825_12330362.jpg
かぶらで鯛を包んだもの。こちらは、手前の塩昆布と一緒にいただきます。
c0223825_12341940.jpg
かぶら蒸し。中は百合根とサワラが入っていました。
c0223825_12360546.jpg
マスの幽庵焼き。マスならではの身の美味しさが幽庵焼きの味噌味と相まってしっかりした味。このお皿、まるで一枚の絵のようだと思ってしまう日本料理の美、日本の器の美があります。
c0223825_12395330.jpg
白子の揚げ物(雲子)。揚げにはかき餅があわされていて、モチモチした食感を感じさせます。昨年もこの時期にいただいたので、このお店の定番なのかな。
c0223825_12430308.jpg
c0223825_12441128.jpg
お食事。タコの刻みが入ったタコご飯。(タコライスじゃない(笑))。タコの煮出汁で炊き込んだのか、タコの味が浸みた風味があるご飯。
c0223825_12462637.jpg
赤だしのお味噌汁。普段、そんなにいただくものではないので、思わず母も、「赤だしって美味しいわね。」
c0223825_12480445.jpg
デザート。最初にちょこんと、器に載っている、にんじんのカステラ。レイアウトがホントにキレイ。
c0223825_12493943.jpg
にんじんの甘さ、ふわっとしたバターの甘さ、和洋風なんです。
c0223825_12585714.jpg
フタを開けると、中は手作りの黒蜜、きな粉と、それにくるまれたわらび餅。
c0223825_13004321.jpg
爽やかな甘さ、後味のすっきりした甘み。フレンチのデザートもいいけれど、和のデザートっていいものです。
c0223825_13025363.jpg
素敵な立春の一日。これからいい春の日が来ますように。
c0223825_13061646.jpg
私たちの心の中に、家のそこかしこに、こうした和のテイストを残したい。私はそう思っています。
c0223825_13044735.jpg
外に出ると頬をさする風はひんやりを冷たいけど、そんな空気の中を山形から持ってこられたという早咲きの桜が、一足早い春を演出していました。
c0223825_13094381.jpg
流山 京料理かねき。 私のお気に入りです。
c0223825_11325493.jpg
駐車場のスペースにピッタリ。レクサスHSは、日本にジャストサイズのセダンです。
c0223825_13134390.jpg
2017.2.5 @流山 京料理 かねきにて
SIGMA DP1 Merrill

by bjiman | 2017-02-11 13:14 | おいしい幸せ | Comments(0)

男着物④読谷山ミンサー、博多織(献上)

年末、年始にかけては、デパート等のセールがよくある時期です。そんなセールで最近揃えた帯を取り上げてみたいと思います。

○読谷山ミンサー
 読谷山(ゆんたんざ、よみたんざん)ミンサーは、沖縄県読谷村で織られる綿織物で、経済産業大臣指定の伝統的工芸品。女性の帯だけではなく、男性の角帯もあります。
 ミンサーの「ミン」は木綿、「サー」は狭い、を表し、細帯という意味で用いられるそうです。読谷村のミンサーはグーシバナという竹串を使って紋を織る東南アジアの影響が強い技法なのだとか。一度は途絶えてしまった伝統ですが、地域の高齢者達によって復活され、最近では嬉しいことに売れ行きも好調なんだとか。伝統工芸品を巡っては価格と普及の問題がついてまわることが多いものですが、何と言っても「商品として売れる」、「魅力を感じて買う、支える」という熱気と熱気がつながれていくことがとても大事だと思っています。
c0223825_00111666.jpg
いろんな証紙がいっぱい付いています。せっかく買うなら証紙のついた本物を買いたいですね。
c0223825_00084980.jpg
先染めの絣で文様が織られています。なかなかにかわいらしいですよね。綿の帯なので、綿の着物や、ちょっといい浴衣に合わせてもいいかなと思っています。
下においている赤い柄のものは、最近仕事で那覇に行った時にツマに買ったミンサー柄のストールです。こちらも手触りの良い、いいお土産でした。
c0223825_23545677.jpg
那覇空港で、お手軽なミンサー柄のバッグも買いました。綿の着物で出かけるときなど用に。
c0223825_11483189.jpg
さて、こちらは近くの百貨店での冬のセールで買った博多織の角帯。博多織はオーソドックスですが、正絹の角帯として男着物には欠かせない、使いやすい帯だと思います。私も角帯は博多織をいちばん多く使うので、数も揃ってきました。
c0223825_00152049.jpg
博多織の特徴のひとつである華皿(はなざら)という仏具をモチーフに図案化した柄と縞にオレンジ色のポイントが入っています。オーソドックスな紺地ですし、着る着物を選ばない、合わせやすそうな帯です。これは活躍しそうな気がしました。
c0223825_00214805.jpg
博多織は、表裏両面で使えるのが特徴。裏もシンプルな縞柄で、たまにはこちらを表に出して締めてもいいのです。
c0223825_00251485.jpg
博多織の証紙はこういうところについています。この証紙は金色のもので、絹50%以上のものに貼られます。この帯はもちろん絹100%です。証紙の内容についてはこちら
をごらんください。
c0223825_00332030.jpg
ところで、経済産業大臣指定の伝統的工芸品である博多織といえば何と言っても「献上」と呼ばれる文様のものが代表格です。
「献上」は、大河ドラマでも取り上げられた黒田官兵衛の息子、黒田長政が幕府に毎年、この柄のものを献上したことが由来ですが、定格なのが、「独鈷」(どっこ)と「華皿」(はなざら)、中間に縞を配するというデザイン。縞も、まん中に太い線がある「両子持」(りょうこもち)と上下に太い線がある「中子持」(なかこもち)があるのが特徴。この全てが揃っているのが献上で、私の持っているものだと、これがそうです。涼やかな銀と白の組み合わせなので初夏に使っているものです。
c0223825_00423463.jpg
献上の柄については、こちらをご参照いただければと思いますが、私のこの帯の場合、上から中子持、華皿、両子持、独鈷、中子持の順に並んでいます。
c0223825_00465272.jpg
グローバル社会であるからこそ、地域の特色を活かした産業は不可欠であると思います。また、外国から見た日本らしさ、という点でも伝統や文化が大切だと思います。
こうした伝統工芸品は積極的に実用に使ってこそ、今日に生きてくると思うのです。そして、外国の方から聞かれたときに、きちんと説明できる自分でありたいと思っています。

by bjiman | 2017-02-03 00:51 | 和装・着物生活・伝統的工芸品 | Comments(0)

松戸の旨い店あれこれ④(居酒屋編の2)日本海

松戸でちょっと気軽に一杯、というなら、ここ日本海かな。
SIGMA DP1 Merrill
c0223825_02423148.jpg
豊富な居酒屋メニューが壮観。
c0223825_02440816.jpg
お約束の「表面張力」盛り。居酒屋のお酒はこうでないとね。これじゃ動かせないよ(笑)
c0223825_02464725.jpg
ほうれん草と油揚げを白だしに浸したような。それだけなんだけど美味しさ抜群。
c0223825_02484195.jpg
白子。冬の定番ですね。
c0223825_02495598.jpg
居酒屋、まして「日本海」なんてお名前をいただいたのではお刺身で違いを見せないと、というところでしょうね。
c0223825_02513748.jpg
この日、印象に残った旨さは、このタコ唐揚げ。これが「やめられない・止まらない」のです。
c0223825_02541002.jpg
私的には、ここの代表メニューは、この「鰺フライ」なんですけど。
c0223825_02552845.jpg
かにクリームコロッケも美味しい。昭和の味ですね。ちょっとピントが奥いっちゃいましたね。
c0223825_02565071.jpg
新鮮な美味しさだったのが、このピザモチ。表面はごく普通のピザですが、台が違う。台がお餅なんですね~。これ、最初に食べるとこれだけでお腹いっぱいになりそうで怖いですね。美味しかったですが、案の定、これでお腹いっぱいになりました。
c0223825_02594985.jpg
常磐線、あるいは東武線あたりの、ちょっと偏った出店構成がいいですね。この日は稀勢の里関が優勝を決めた大一番を見ながらでした。ザブトンが飛び交うのでは、、、と思うほど盛り上がりました。

c0223825_03123347.jpg
気軽にちょいと一杯、という時にオススメです。
c0223825_03045451.jpg
2017.1.21 @日本海 にて
SIGMA DP1 Merrill

by bjiman | 2017-01-31 23:00 | おいしい幸せ | Comments(0)

松戸の旨い店あれこれ③(鮨 治平)

松戸の旨い店 あれこれ。お鮨の 治平さんは、ずいぶん前から来ています。
このお店、松戸ではもっとも有名なおそば屋さん、「関やど」さんグループでやっているお店のひとつです。

鮨 治平(SIGMA DP1 Merrill)
c0223825_02170981.jpg
ここに来ると、ちょっとした酒の肴で一杯やってからお寿司、という風にしています。
お酒は、こういうお店用の業務用のお酒。新潟の「うぶ」という銘柄です。ほかには、「あとひき」「底ぬけ」という味わい深い銘柄のお酒があります。
この瓶もかわいくて、我が家では一本、花瓶用に使っています。
c0223825_02201488.jpg
酒の肴には、「春野菜の天ぷら」と、「金目鯛の煮付け」を頼んでいたのですが、おいしくいただいている間に写真を撮るのを忘れました。。。
、、、ということでお寿司まで飛んでしまいます。ごめんなさい。
お寿司は、いちばん量の少ない「松」で。
c0223825_02255896.jpg
酒の肴でいっぱいやった後は、この量のいちばん少ないので十分。
c0223825_02284806.jpg
c0223825_02294575.jpg
たまには、横から撮ってみました。エビが美味しそうですねぇ~。
c0223825_02311994.jpg
松戸で、ちょっといいお鮨を、江戸時代の「旧松戸宿」をほんのり感じさせるような雰囲気で、というならここですね。

by bjiman | 2017-01-30 23:00 | おいしい幸せ | Comments(2)

新年行事②レクサスでのお茶会

新年行事の2回目。レクサスでのお茶会。私がHSを購入したレクサス松飛台店では、毎年、新年のこの時期にお茶会を開いています。
新年のお茶会というと、お稽古をされている場合は10日頃に行う「初釜」になりますが、私のレクサスのディーラーではイベントのお茶会ということで立礼(りゅうれい)式のお茶会です。

c0223825_00541616.jpg
お庭で催されるお茶会のとき、赤い和傘の柄のところに季節を表すお花があしらわれます。新年ですので椿が添えられていました。
c0223825_00575013.jpg
c0223825_01005522.jpg
立礼式のお茶会では、このような台が出て、お茶を入れていただけます。
c0223825_01040861.jpg
具体的には、こんな感じです。

私は、市の開催するお茶の体験教室程度しか経験していませんが、それでも定期的にお茶に触れる機会を作っていくことがとても大切だと思っています。
そして、日本の高級車であるレクサスが、ディーラー単位でこのように毎年、ユーザーとお茶会を開くというのはとても理にかなっていると思います。
なぜならば、お茶には、日本ならではの様式美、礼、静寂という間、言葉でいうと軽く感じられますが、「おもてなし」の心。精神の鍛錬、、、色々な和の要素が詰まっています。レクサスは日本のブランドです。どこかに、外国人から見ても「日本」が感じられるブランドを作っていく必要があり、「ブランド」というのは、メーカーと、メーカーが送り出す車を使うユーザーの双方が作り上げていくものです。年に一度、ユーザーと、ディーラーがクルマを囲んで茶の湯に親しむ。それが、レクサスというブランドを作っていくと私は信じています。
(素敵な水差し)
c0223825_01171143.jpg
お茶会ではまずお菓子が出されます。このお菓子、何て美しいのだろうと思います。
このお菓子は、皇后さまが松戸の戸定邸(旧徳川昭武邸宅)にご訪問された際、地元で100年続く和菓子司、栄泉堂 岡松さんが創作した「牡丹」というお菓子です。
c0223825_01262017.jpg
牡丹のお花をかたどったほんのり淡いピンク色の花弁を開くと、上品に小豆餡が見える、そのたおやかな美。それが日本の美だと私は思います。
c0223825_01293661.jpg
お茶のお道具にはいろいろな知識が必要になりますが、お茶碗にも色々あります。お茶の世界ではお茶椀には、「一楽・二萩・三唐津」といって、まずは楽焼(京都)、次に萩焼(山口県萩市)、3位が唐津焼(佐賀県唐津市)とされているようです。この日のお茶会にはもちろんこの3つが、順番に供されました。私に供していただいたこのお茶碗は唐津です。
c0223825_01352513.jpg
お茶のお道具のお話しなど、昔はただ形式的な、よく分からないのにウンチクを並べ立てるようなものなのかと思っていましたが、年を経てみればそんな訳もなく、いいものがきちんと見分けられる教養を持つことは、ひいては相手が自分をもてなしてくれた時にそれが分かるかどうかの違いにもなると思いました。ご馳走という字の意味を考えたとき、お客様をもてなすために方々走り回って食材を集めてくる、という意味からくるその言葉が、日本の美意識を表しているように思うのです。相手を思って良い物を揃える。お茶のお道具もまたそうなのでしょう。そうしておもてなしをしていただいた時に、その気持ちが分かる人でありたい、とは思うのですが、こればかりは生涯をかけた修行なのでしょう。
c0223825_01414018.jpg
私は日本の美というのは、どこか女性的なたおやかさ、しなやかさの中の可憐な美という気がします。着物にせよ器にせよ、こうしたお庭の造形にいたるまで、どこか日本の美は、淡いピンクや朱をきれいに配した美を備え、そして一見ただのオヤジに見えるような職人さんが、仕事となると見事な、上品で繊細な美を奏でる。
レクサスという「日本の高級車」に求められるのは、こうした庭の造形にまで見られるような、整然としたなかにもコケティッシュな可憐さを備えた美を表すことだと私は思いますし、実際、日本の高級車であるクラウンやレクサスの開発陣は、どこかでこういう勉強をされていると思います。(例えば、このインタビューを読むとクラウンの開発エンジニアが、いろんなものを見て勉強している、特に日本の美を勉強している、有田焼の柿右衛門さんにお会いしてお話しを伺っていると書かれています。)
c0223825_01532054.jpg
例えばこのレクサス・IS。 深い青が随分美しい色だなぁと感心しました。
c0223825_01551576.jpg
日本の近代において、特に藍の青は大切な色です。ジャパンブルーとも言われる青は、着物を染める藍だったり、食器を飾る呉州(ごす)の青=コバルトブルーだったりします。青の美意識は、日本の美意識にもつながります。イタリアが大切に思うアズーリともまた違う色です。だからフェラーリのイメージはイタリアンレッドではあっても、アズーリのフェラーリもまたイメージ色ではあるんですよね。国にとって色って、とっても大切です。自動車ジャーナリストはヨーロッパヨーロッパってドイツの方ばっかり見ていうけど、実はそうやって拘っていくと、色ひとつとってもブランド価値を作っていく上で大切だって気づく筈なんです。
c0223825_02005139.jpg
最近レクサスは、RCの頃からこのオレンジをイメージカラーにしてきています。NXのようなちょっと背の高いクルマに塗ると一段とイメージが強く見えるこの色。考えてみれば柿の色です。日本の果実、日本の甘みというのは柿がその原点だと昔読んだことがありますが、そんな柿の色を持ってくる辺り、レクサスが何か意図しているのかな、と思います。そしてそんな想像をするユーザーを育てることがレクサスブランドを広めていくのでしょう。イリュージョンも含めて。
c0223825_02054649.jpg
このCTの少し薄い青もいい。
c0223825_02094142.jpg
ISに戻ります。ISは、マイナーチェンジをしてからずいぶんインテリアの見せ方がうまくなったと感じました。
c0223825_02194192.jpg
c0223825_02372664.jpg
特に、GS-Fから取り入れられた「名栗調パネル」は美しい飾りです。本来の名栗(なぐり)の意味は、角材や板にノミなどで削り跡を付けて防虫効果も持たせる日本古来の加工技術のことですが、それをアルミ加工のパネルに応用したものがこの名栗調パネルです。本来は六角形のようですが、四角形の定型的なパターンに簡略化されています。でも、なかなかにいい感じです。
c0223825_02350354.jpg
c0223825_02354635.jpg
名栗という加工技術を有名にしたのは、千利休が茶室に用いたことがきっかけで、桂離宮などの数寄屋建築に使われるようになったのだとか。
レクサスの開発陣の心の中に、どこか、日本ならではの茶道の精神が宿っている、それを気にしているからこそ、こういう発想が出て来るのだと思います。
そして、レクサスなんて、トヨタ車の内装を豪華にしただけだ、みたいな批判をするジャーナリズムには、こうした心が見られません。興味がないのでしょう。
でも、これからのグローバル社会の中にあって、また、逆に国らしさを振り返ってみたとしても、ただ世界の標準に合わせるだけでは何も自分らしさがなくなってしまう、空っぽになってしまうでしょう。レクサスを批判するジャーナリズムは、欧州車と比べて走りで劣っている、欧州で評価されてないというけれど、欧州人が日本車に日本らしさを感じるとしたら、それは何でしょう。アウトバーンでの正確無比な高速性能でしょうか。それはドイツ車のものなのです。欧州人がレクサスを見て、あぁ日本らしいと思うとしたら、もっと違うことの筈だ、と私は思います。例えばこの名栗調パネルがそれを表していると思います。

by bjiman | 2017-01-19 02:46 | CAR | Comments(0)

景山~千葉の旨い店~

千葉でのニューイヤーの後に、という楽しみは、千葉中央駅にある京成ホテル・ミラマーレの中華料理店、景山です。
SIGMA DP1 Merrill
c0223825_00491642.jpg
京成ホテル・ミラマーレの玄関をくぐり、、、
c0223825_00473988.jpg
c0223825_00502606.jpg
すぐ脇にあるロビーラウンジ「ミラーチェ」は、美味しそうなメニューを出していますがちょっと割高な感じがするなぁ、、、と思いながら2階に上がります。
c0223825_00520288.jpg
c0223825_00535230.jpg
、、、とすぐ左にあるのが、中華料理「景山」。この店には20代の頃から来ています。当時とはもちろんだいぶ雰囲気が変わりましたが、ちょっといい中華を食べたいときに雰囲気の良いお店です。景山の名誉総料理長の槇田 耕造(まきたこうぞう)氏は、長く千葉県の中華料理界に尽くした方で、平成23年度には千葉県の選定する名工に、平成27年度には厚生労働省の選定する「現代の名工」に選ばれています。だからという訳ではありませんが、千葉で食事するという場合に知っておいて損はないと思います。
c0223825_00592078.jpg
c0223825_01462185.jpg
この日は、いつものお得なコースではなく、アラカルトで、ということにしました。
最初は、「三種前菜の盛り合わせ」からお願いしました。鴨が美味しかったですねぇ。
c0223825_01243041.jpg
お酒は、千葉県は九十九里・山武市の地酒「梅一輪」をいただきます。このお酒、自宅でも最近近くのダイエーが常備してくれるようになったので我が家の常備酒になっています。我が家の吟醸辛口は九十九里産米100%で仕込まれていて、文字通りの地酒です。美味しいですよ。
c0223825_01435617.jpg

私は、中華の(和で言えば先付けは)春巻から始めるのが好きです。
c0223825_01265915.jpg
エビのメニューは、無論、日本人としては芝エビのチリソース(元はと言えば陳健民氏が日本で日本人向けに開発したメニュー)が好きですが、年を取ると昔は四川のピリ辛メニューが大好きだった私でも、広東風というか塩味ベースのものを多く選ぶようになってきています。エビと豆とマッシュルームとかネギとかの塩味風味。
c0223825_01323744.jpg
とはいっても矛盾するようですが、味噌炒めも好き。これは鶏肉の中国味噌炒め。
c0223825_01350040.jpg
最後にチャーハンとか麻婆豆腐とかいろいろ定番はあるものの、この日は豆腐の煮込み料理にしてみました。美味しかったのですが、やはり最後にはチャーハンとかなにかご飯系をいっておいた方が〆(シメ)としては良かったかな、と思いました。お腹はいっぱいなのですが、気持ちが「少し食べ足りない」感が残ってしまいました。
c0223825_01393431.jpg
そうこうしている間にお腹も一杯になって、今日はここまでにしよっか、という感じで帰ろうとするとき、このお店は京成ホテルに入っていて、京成電車の千葉中央駅ともほぼ一体化されているような形なので、京成津田沼で新京成に乗り換えれば乗り換えも楽々。
c0223825_01505100.jpg
c0223825_01571194.jpg
千葉での食事の楽しみの一つ、景山での食事でした。
次回は、レクサスについて新年行事を取り上げてみたいと思います。

by bjiman | 2017-01-18 01:58 | おいしい幸せ | Comments(0)

新年行事①千葉交響楽団のニューイヤーコンサート

1月9日は、恒例の新年行事のひとつ、千葉交響楽団のニューイヤーコンサートに行ってきました。
c0223825_00531224.jpg
 札幌から千葉に帰ってきて、札幌には札響という素晴らしいオーケストラが、kitaraというこれまた素晴らしいホールでニューイヤーをやっていたけど、千葉に帰ってきたのだから千葉でも、との思いで、(当時の)ニューフィル千葉のニューイヤーを聴き始めたのは2011年でした。当時のニューフィル千葉のニューイヤーは、チケットを取ろうと年末に事務局に電話をすると、「当日券もたくさんあるので、当日いらしていただければいいですよ」なんて言われて、コンサート当日に出かけても、席は空席が多くて前の方に座れて、ゆったり楽しめるのでこういうのもいいのかも、と思っていましたが、もちろんそんなことはなく、定期会員になり、コンサートに通うようになると、当時のニューフィルは県からの補助金に過度に依存し、楽団員の給料も満足に払えないなどの問題を多く抱えていて必死に改善に取り組んでいるところだったということが徐々に分かりました。楽団を公益財団にし、常任指揮者をちゃんと迎え、若手ではありましたが新進気鋭の大井さんという常任指揮者が腰を据えて取り組み、演奏力向上と話題づくりも含めて、ベートーヴェンチクルス(交響曲の全曲演奏)に挑むなどをしているうちに徐々に客席が埋まっていくのを肌で感じていました。「田園」の頃はまだ空席も目立ちましたが、「第九」の時には満員のような盛況ぶりでした。
 昨年、音楽監督に山下一史氏を迎え、「おらがまちのオーケストラ」を合い言葉に楽団名を「千葉交響楽団」に変え、もともと客演の時から元気があっていいなぁと思っていたスタイルのままオーケストラに活気をもたらしたと思っていましたが、今年のニューイヤーは、とうとうチケット完売、満員御礼という状況にまで至り、2011年の時から見てきた短い間ではありますが、あの牧歌的な時代を思うと感慨深いものがありました。楽団がいい音楽、いい演奏を届けてきたことと、県と事務局のバックアップが一体となった努力の成果だと思います。
c0223825_12314465.jpg
 チーバ君も来ていました。
c0223825_12343488.jpg
シュトラウスの「美しく青きドナウ」にしても、ラデツキー行進曲にしても、あくまでもオーストリアの、戦争に絡むエピソードに連なるもので、ニューイヤーは、オーストリア人のためのものという歴史的経緯などは2013年のニューイヤーの記事で書いているので繰り返しませんが、そういうものなので、私は地元のオーケストラを応援する意味で千葉交響楽団の演奏会に拘って聴き続けて来ました。でも今年は、純粋に、シュトラウスの大好きなワルツが町に溢れ出るような、そんなウィーンの空気感が感じられる年の初めというのはいいなぁと思いながら聴いていました。オーケストラの生演奏は、やっぱりいいものです。定期演奏会のほか、いろいろな演奏会もたくさんHPに出ているので、ぜひ一度演奏会に足を運んでいただければファンとして嬉しいです。今年のニューイヤーでは千葉県の地酒の数々も出展されて、千葉を盛り上げようという活気がありました。この調子で進んでもらいたいものです。
c0223825_12460027.jpg
演奏会が終わると、きれいな夕焼けが出ていました。
c0223825_12515293.jpg
シャープなシルエットの千葉県文化会館です。
c0223825_12531059.jpg
c0223825_12562661.jpg
帰り道、かわいいマンホールのフタ。大賀ハスがフューチャーされてますね。
c0223825_12581682.jpg
千葉県庁のビルに夕焼けが反射して。
c0223825_12594907.jpg
c0223825_13010892.jpg
ニューイヤーの後は、千葉中央駅前の京成ホテル・ミラマーレでの食事を楽しみにしています。
c0223825_13033580.jpg
食事の内容は次回に続きます。

by bjiman | 2017-01-15 13:03 | スポーツ観戦・音楽鑑賞 | Comments(0)

養老渓谷でしし鍋~大好きな黒湯の温泉~

今年は1月7日~9日が3連休だったので、昨年末に養老渓谷温泉の予約を入れて楽しみにしていました。
旅館は、昨年も1月10日にお世話になった嵯峨和(さがわ)さんです。
1月4日からの仕事始めを乗り切り、スケジュールの関係で、7日5時過ぎ、ようやく養老渓谷に到着。お部屋は、ベッドの洋室と和室がある和洋室でした。
(SIGMA sd Quattro+SIGMA 18-35mmF1.8DC Art)
c0223825_01533381.jpg
洋室部分はほぼベッドのみですが、雰囲気が和室とまったく異なるところがおもしろい。落ち着いて寝られそうです。紅葉の時期は窓からの眺めがとてもキレイだそうです。
c0223825_01572772.jpg
もちろん和室はゆったり畳にころがって横になれるので、これは落ち着けるお部屋でした。
c0223825_02003582.jpg
到着が5時過ぎてしまったので、まず温泉に入ってゆっくりしてからお食事。ここの温泉は黒湯といって焦げ茶色(珈琲色)で、いかにも養老渓谷の森林が育んだ土地の形質が浸透したようなトロトロの柔らかいお湯です。嵯峨和さんのお風呂はカランにも温泉を入れているので、最初に身体を洗う段階で、トロトロの温泉に包まれます。
温泉にたっぷり入った後はお食事。養老渓谷のエリアではイノシシ猟も行われていて、ここの名物もシシ鍋なので、もちろんシシ鍋のコースを予約していました。
食べきれないほどの量です。 (SIGMA DP1 Merrill)
c0223825_02161543.jpg
最初は先付けと前菜。養老渓谷は山の中なので、山と渓谷の幸という雰囲気になっています。
c0223825_02215375.jpg
乾杯は自家製のシソ梅酒。
c0223825_02232948.jpg
早速これから。養老渓谷らしいジビエが早くも。これ、何だと思いますか? 養老渓谷の野山を駆けまわり獣害をもたらすシカのタタキです。一見牛のタタキにも見えますが、シカなのであっさり目の淡泊な味。お凌ぎ的な位置づけかな。
c0223825_02303727.jpg
向付。お刺身のお造り。マグロや貝、地魚などなど。
c0223825_02264322.jpg
鶏肉の焼き物。こちらはほっとする安心の味。
c0223825_02324428.jpg
これがまた旨い!銚子辺りでも良く釣れている「ホウボウ」の唐揚げ。これはほんと美味しくて、あっという間にいただいてしまいました。養老渓谷は山の中ですが、山を越えた先は太平洋なので、海産物のメニューも豊富です。
c0223825_02375053.jpg
おっとご紹介が遅れました。お酒は、お隣の勝浦の地酒、腰古井(こしごい)の生酒をいただきました。これ美味しいんです。今年は千葉のお酒をたくさんご紹介していきいたいと思っています。景気とか雇用とか色々言う人もいますが、私は地元のものを愛することがまず出来ることなんじゃないかと思います。全国には銘酒の数々がありますが、それはその地元の方々がまず愛すれば良いことで、私も定期的に他県のお酒もいただきますが、レギュラーは地元の銘酒。千葉県の地酒は、美味しい銘酒が数多くあるにも係わらず知名度が高いとはいえず、うっかりするとこの辺の酒屋さんではおいてないということも珍しくないのですが、最近は、近くのダイエーとかコンビニとかでも置くようになってきていて実に好ましいことだと思っています。グローバルもいいですが、灯台下暗しにならず、まず足下を見ることだと私は思います。
c0223825_02463918.jpg
さて、お楽しみのシシ鍋です。千葉県辺りでシシ鍋?というと疑問があるかもしれませんが、養老渓谷のある市原市では近年、イノシシが急増していて、平成27年には年間2,106頭も捕獲されています。獣害も相当なものなので、こうして利用できるジビエはどんどん美味しくいただくべきだと思っています。
c0223825_02561426.jpg
できあがりました。美味しそう! ちなみにお隣のお鍋は豆乳で、湯葉をいただくものです。
c0223825_02593105.jpg
シシ肉は、家畜の豚よりは固い食感ではあるかもしれませんが、肉は甘いし、本当に美味しいですよ。もちろん好き嫌いは個人の好みではありますが。
ここのは自家製味噌だれがいい味付けになっています。
c0223825_03021123.jpg
もうすっかりお腹いっぱい。このコチの煮魚は、ちょっと残してしまいました。。ちょっと固かった。
c0223825_03084162.jpg
写真には撮り忘れましたが、ご飯は竹の子ご飯で、これは美味しかった! お隣の席の方は、おにぎりにしてもらっていました。
さて、お腹いっぱいで満足のお食事。お食事中は夢中で気づきませんでしたが、こちらのご主人さんのご趣味か、立派な大壺がありました。
c0223825_03120592.jpg
翌朝も朝早く起きて朝の温泉。これは気分が最高ですね。その後のお食事は手作り感があって、とっても美味しかったです。
c0223825_03150170.jpg
特にこのとろろが良かったです。とろろは、近くの旅館、喜代元さんが売りにしていますが、こちらも取り入れたのかな?
c0223825_03164835.jpg
という訳で、この後は養老渓谷の豊富にあるハイキングコースを順番に歩いていて、その続きです。
c0223825_03185533.jpg
続きは次回。

2016.1.7 @養老渓谷にて

by bjiman | 2017-01-10 05:00 | 養老渓谷、久留里旅日記 | Comments(0)