タグ:DP1 Merrill ( 164 ) タグの人気記事

LEXUS HS250h1周年インプレッション① 自動車サイズ考察

◎はじめに
LEXUS HS250h が昨年9月末に納車になって、あっという間に1年と2ヶ月が過ぎました。この辺で、HS250hの良いところ、気になったところを振り返って見たいと思います。
前車のシトロエン・X'sara('99年式)には、14年も乗っていて、かつ、とても満足していたこともあって、この間、自動車雑誌などのジャーナリズムにはまったく関心がありませんでした。久しぶりにクルマを買い替えたことを機会に、この1年、だいぶ色々なものを読んでみましたが、正直に言って非常に疑問に思う内容のものが多く見られ、自動車会社も大変だな、と思わされました。そんなこともHSの感想と一緒にまとめてみたいと思います。
(2014年1月 東名高速駒門PAにて/SIGMA DP1Merrill)
c0223825_16301085.jpg

(2014年1月 千葉県印西市 農産物直売所 グリーブにて/SIGMA DP1Merrill)
c0223825_16551732.jpg



◎Dセグメントセダン
HS250hの良いところで最初に思い浮かぶのが「使いやすいサイズ」ということです。HSは、欧州流で言うDセグメント・セダンだと思いますが、驚くべき事に、国産車ではこのDセグメントセダンに位置づけられるものがとても少なくなりました。
 LSやGSなど、レクサス・セダンのラインナップは、大まかに言えば欧州流に準じたものです。欧州の車両サイズ区分(車挌)は、欧州委員会(European Commission)が示した狭義の定義では、
セグメントA: mini cars
セグメントB: small cars
セグメントC: medium cars
セグメントD: large cars
セグメントE: executive cars
セグメントF: luxury cars
となります。
http://ec.europa.eu/competition/mergers/cases/decisions/m1406_en.pdf
レクサスでいえば、CT=Cセグメント(VWゴルフなど)、HS=FFのDセグメント(VWパサートなど)、IS=FRのDセグメント(BMW3シリーズ、メルセデスCクラスなど)、GS=Eセグメント(BMW5シリーズ、メルセデスEクラスなど)、LS=Fセグメント(BMW7シリーズ、メルセデスSクラスなど)となります。
DセグメントのFF車とFR車では、車挌の違いに応じて、Large family car もしくは compact executive car の位置づけを持つものがあり、代表的なドイツ車の例で言えば、FFのVW パサートは「Large Family car」、FRのBMW 3シリーズは「compact executive car」だと思います。同じFFでもアウディA4はBMWの3と同じように、「compact executive car」ですね。
では、HSはというと、全長4,710mm×全幅1,780mmというサイズは十分に Large Family car ですが、性格的には compact executive car だろうと思います。
(レクサス松飛台店に展示されていたシルバーのHS。HSは、CT や IS より全長が長く、レクサス・セダンの中で最も全高が高い(1,495mm)ので、意外に大きなクルマに見えます。SIGMA DP1Merrill)

c0223825_16595316.jpg
古いクルマファンなら誰でもご存じのように、A4の先代のアウディ80は、もともとはVWパサートとエンジン、ドアパネルやフェンダーなどの基本部分を共用して開発された(デザイナーは両方ともジウジアーロさん。)もので、日本でもニッサンがライセンス生産した「サンタナ」(パサートのノッチバック版:中国でもタクシーのサンタナをよく見た。)の頃も、アウディならではの直列5気筒エンジンが縦置きで鎮座していたものです。しかしモデルチェンジを重ねるごとに、アウディはプレミアムブランドとしての地位を確立し、A4になって2代目の時に、VWパサートの方がゴルフベースの横置きFFに変更され、もともとファミリーな性格のパサートとプレミアムなA4で明確に区分されたのは記憶に新しいところです。
 アウディ80は、基本骨格をパサートと共用している時代から、パサート=ファミリーセダン、アウディ80=お洒落なスポーティセダンという風に性格分けがされ、日本では、アウディ80といえば、バブルの頃、「赤のアウディ」としてお嬢様や奥様御用達と言われた時代がありました。当時、アウディはメルセデスの代理店だったヤナセで売られていました。メルセデスは今と違って、「子ベンツ」と揶揄された190E(実際に入ってきてからは出来の素晴らしさに賞賛された。)が来るまでは今で言うEクラスやSクラスのような大きなクルマしかありませんでしたから、メルセデスを買いに来たプレミアムなお客様のご家族用に、ちょっとお洒落なアウディ80が流行ったのだと思います。
 なぜ、クドクドこんな事を書いたかと言えば、レクサスに来てHSを見て、あの時の「赤のアウディ」と狙っているところが似ているなと思ったからです。
(「赤のHS」。HS250h “Harmonious Leather InteriorⅡ” BLACK&WHITE)
c0223825_23340849.jpg
HSは、レクサスの中ではエントリーレベルとはいえ、レクサスの共通文法(L-finessというそうです。)の中でデザインされ、トップレンジのLSと並んでも、単にスピンドルグリルだけではなく、同じイメージを持つようにデザインされていると感じます。こう思って見ると、レクサスの中におけるHSの位置づけが分かるように思うのです。
(展示中の LS600h。さすがの塗装の美しさ、プレミアム感。/SIGMA DP1 Merrill)
c0223825_17095632.jpg

(展示中のHS250h VersionC。グレード感はともかく、イメージは共通に感じます。乱暴に言えば、LS=お父さん、HS=長女という感じでしょうか。)
c0223825_17124518.jpg
 会津に旅行に行った時に泊まったホテルでLS(4代目前期型:左奥のクルマ)と並んだ時の写真。
 リアドアの小窓のデザインや、リアコンビランプ下のバンパーとフェンダーのラインの切り方なんかに共通性を感じます。
c0223825_17535564.jpg
◎全長4,710mm、全幅1,780mm、全高1,495mm。
 HS250hを1年ちょっと使ってみて、いちばん良いと感じる点は、このサイズ設定です。十分にゆとりがありながら、全長4,710mmは、日本の伝統的な小型車枠(5ナンバーサイズ:全長4.7m以下×全幅1.7m以下)に近いことが一つ。全幅面でも、DセグメントセダンはHS/SAIやマークXなど、国内専用のもの以外は1,800mmを超えているものがほとんどだと思いますが、こういう中では、1,780mmに留まっている全幅は今やコンパクトな部類であることから、ドライブに出かけた時に、駐車スペース探しで苦労することはほとんどないだろうと思います。

ケース1:近くのスーパーの駐車場にて。
 最近の駐車場は、横幅にゆとりを見てるいるものが多くなりましたが、全長面では、4.7m程度に合わせてあるものが多いようです。(SIGMA DP1 Merrill)
c0223825_02483957.jpg
ケース2:ディズニーランドの駐車場にて。
 TDLでは、大型集客施設らしく、駐車場でも全長面ではゆとりをもたせてくれていますが、全幅面では余裕があるというほどではなく、隣のTIDA LATIO が5ナンバーだからいいようなものの、ツマは助手席のドアを開ける時、慎重に開けていました。 
c0223825_00092213.jpg
ケース3:横須賀市内の駐車場にて。
 一方、旧い施設では、5ナンバー規格の横幅1.7mを超えるHSの場合、乗降がギリギリになることもあります。私としては、日本でストレスなく日常使いする範囲では、HSの全幅1.78m程度がギリギリではないかと思います。
(止めた時は隣がいなかったので良かったのですが。)
c0223825_00215951.jpg
(帰ってきてみたら隣のクルマとの間隔はギリギリでした。)
c0223825_00233435.jpg
ケース4 クルマ止めがない駐車場のケース(香取神宮)
 クルマ止めがない駐車場の場合、後ろのクルマとの間隔が気になります。HSの場合は、バックモニターカメラが付いているし、私はオプションのコーナーセンサーを付けたのでまず心配はありませんが、やはり全長が長すぎない方が良いことはいうまでもありません。
c0223825_02451099.jpg

まれに、こうしたポールが立っている場合がありますよね。こうした時も後ろが出っ張りすぎないHSは、駐めるのにストレスをあまり感じずに済むと思います。(野田市の温泉施設、グランローザにて。)
c0223825_01592609.jpg
◎ひとつだけ望むことがあるとすれば。
  ドアの開放角度なのですが、最初にクリックが止まる開放角度をもう少し狭くして欲しいと思っています。
 この点だけは、以前のシトロエン・X'saraの方が使いやすかったです。
c0223825_02030983.jpg
クルマのサイズ考察、次回に続きます。
2014/12/10
camera SIGMA DP1 Merrill


by bjiman | 2014-12-11 02:06 | CAR | Comments(2)

「趣味の探訪」始めます!

長々とブログをお休みしていましたが、そろそろ再始動していきたいと思います。
仕事は非常に多忙な状況が続いているので休み休みだとは思いますが、写真はだいぶ溜まっているので、少しずつまとめていけたらと思います。

(銚子ポートタワーにて) SIGMA DP1Merrill,19mmF2.8
c0223825_0583920.jpg


お休みしている間もたくさんの方にご訪問いただき、感謝しております。
再始動するまでの間、ブログをどんなコンセプトにしていくか、ずっと考えていました。
どんな記事を読んで頂いているのかなぁと記事ランキングの欄をたまに見ていると、シグマの記事、着物(和装)の記事と並んで、レクサスHS250hの記事もずっとベスト10に入っていました。

レクサスHS250hがやってきてからちょうど1年、この間、いろいろなところに走りに行きましたが、クルマの性能も良くなったので以前よりずっと楽に遠くまで走って行けるように思いました。
日本各地には美しい美の数々があり、それぞれの歴史があり、改めて知らない事ばかりだと思い知らされた1年、これからもずっと好奇心を持って探訪していきたい、そんな思いを込めて、サブタイトルに「趣味の探訪」を入れました。

そんなレクサスとのドライブの数々、そして我が儘な趣味として楽しんでいる着物(和装)、もうずっと以前からの趣味である食器、器の数々などを中心に、「趣味の探訪」をこのブログでまとめていけたらと思っています。
どうぞよろしくお願いします!

                                           2014.10.19  bjiman
by bjiman | 2014-10-19 01:13 | ご挨拶・お礼 | Comments(4)

(続)芝・増上寺

(1) 増上寺の三解脱門をくぐって境内へ。 (SIGMA DP1 Merrill)
c0223825_0532468.jpg

(2) 全体を俯瞰するのもいいけれど、こうした部分に雰囲気が感じられます。
c0223825_055631.jpg

(3) ちょっとのぞく紅葉がキレイ。
c0223825_0555552.jpg

(4) 境内のところどころに、この時期ならではのキレイを。 (SIGMA DP2 Merrill)
c0223825_0582191.jpg

c0223825_112628.jpg

c0223825_13684.jpg

c0223825_19119.jpg

c0223825_1101876.jpg

(5) 東京タワーが覗く景観が好みです。 (DP2)
c0223825_152998.jpg

c0223825_173762.jpg

(6) 境内をしばらく進んで振り返った時の三解脱門。これはツマが撮ったこの構図がいい感じでした。 (SONY Cyber-Shot RX100/ツマ撮影)
c0223825_1152426.jpg

(7) 昭和49年に再建されたという大殿と東京タワー。 (DP2)
c0223825_1183839.jpg

(8) ご本尊は阿弥陀如来さまです。撮影はルールを守って。 (DP2)
c0223825_1205752.jpg

(9) 銀杏を楽しんでこの日の散策を終わりました。 (DP1)
c0223825_1244693.jpg

(10) ランチは近くのプリンスホテル東京で。ここは1964年、東京オリンピックに合わせて開業された由緒あるホテルです。 (RX100,ツマ撮影)
c0223825_1322083.jpg

(11) 内部はとてもシック。ホテルに来た安らぎがあります。 (DP2)
c0223825_134297.jpg

c0223825_1352956.jpg

c0223825_1362735.jpg

(12) ランチは中華の土日限定ランチメニューをいただきました。 (RX100)
c0223825_1385833.jpg

最初はタコの入った中華サラダ (DP2)
c0223825_1413876.jpg

次が飲茶2種
c0223825_1424869.jpg

麺はお好みで4種類からチョイス。私は黒酢入り酸味と辛みの五目とろみそば。いわゆるスーラータンメン。ツマは牛肉細切りつゆそば。
c0223825_1443782.jpg

シメは五目チャーハン。
c0223825_1471352.jpg

これにザーサイと杏仁豆腐がついて、2,300円は割安感があります。
c0223825_1482261.jpg

なかなか雰囲気がありました。 (RX100)
c0223825_1494010.jpg

(13) この日、クルマはホテルの広い駐車場に止めていました。芝のような都心をドライブするとき、都内の高い駐車場に止めるのも何だかもったいない。そんなときはこうしたホテルでランチと一緒に利用すれば、駐車場は広いし、何時間かは無料で利用できるメリットがあったりするので便利です。
この日の愛車 Lexus HS250hの燃費は、都心ばかり渋滞に引っかかりながら走って13.2km/lでした。
c0223825_155384.jpg


芝・増上寺散策を終わります。

2013.12.2 東京都港区 芝・増上寺及び東京プリンスホテルにて
SIGMA DP1 Merrill
SIGMA DP2 Merriil
SONY RX100
by bjiman | 2013-12-17 01:56 | 東京の庭園・寺社仏閣等 | Comments(2)

芝・増上寺

12月2日、芝の増上寺近辺をのんびりと写真散歩

(1) 増上寺の三解脱門(国指定重要文化財)。大きくて画面に入り切りません。 (SIGMA DP1 Merrill)
c0223825_151712.jpg

c0223825_16735.jpg

c0223825_171382.jpg

(2) 三解脱門は、寺院の山門の別称でもありますが、正門・副門を称する意味と、三つの煩悩から解脱するとの意味などがあるとの事。
c0223825_1151071.jpg

(3) この門は、1622年に再建されたもので増上寺では唯一、江戸時代初期の面影を残すものだそうです。
c0223825_1172261.jpg

(4) 旧台徳院霊廟惣門 (DP1)
   旧台徳院霊廟は、徳川秀忠公の霊廟として造営されたものでしたが、戦災により消失し、現在も残るこの惣門は重要文化財に指定されています。
c0223825_125711.jpg

(5) 銀杏の美しい1日でした。 (DP1)
c0223825_1271217.jpg

c0223825_128138.jpg

c0223825_129939.jpg

(6) 方丈門(黒門) (DP1)
   正確な建築年代は不明とはいうものの江戸初期時代のもののようであるとか。
   とても写真を撮りがいのある雰囲気を持っていましたが、この日は陽光との明暗差が大きくてちょっと難しかった。港区指定文化財。
c0223825_1342230.jpg

c0223825_1371255.jpg

c0223825_13828.jpg

c0223825_1385325.jpg

(7) 散策していて楽しい気分にしてくれるのがいろいろなところから、色々な角度で見える東京タワー。 (上DP1,下DP2 Merrill) 
c0223825_1404052.jpg

c0223825_1451384.jpg

(8) ちょっと散策したところにある芝公園のもみじ谷。今年の見頃は12日頃だったようで、この日はまだ見頃前でした。
c0223825_1503431.jpg

(9) 一部紅葉していたところで雰囲気を満喫 (上DP3 Merrill,下DP1)
c0223825_1523853.jpg

c0223825_1545441.jpg

(10) 散策しながら、ところどころで寺院の間から覗く紅葉がきれい。 (上DP3、中下DP2) 
c0223825_157317.jpg

c0223825_1591257.jpg

c0223825_20137.jpg

(11) ガラスに映りこんだ紅葉。この構図はツマのアイディア。 (DP2)
c0223825_212190.jpg


明日に続きます。

2013.12.2 芝・増上寺にて
SIGMA DP1 Merrill
SIGMA DP2 Merrill
SIGMA DP3 Merrill
by bjiman | 2013-12-16 01:54 | 東京の庭園・寺社仏閣等 | Comments(2)

TokyoDisneyLand ChristmasFantasy2013

(1) ディズニーランドは、やっぱりクリスマスがいい。そんな風に思います。 (SIGMA DP1 Merrill)
c0223825_0145673.jpg

(2) 今年、TDLは開園30周年記念なので、あちこちの飾り付けに力が入っていっそう華やか。 (DP1)
c0223825_0214944.jpg

(3) すっかり冬らしくなって。 
c0223825_0303813.jpg

c0223825_0441939.jpg

(4) ワールドバザールでのX'masツリーを中心にした、この時期ならではの景観。 (SIGMA DP3 Merrill)
c0223825_125465.jpg

(5) お天気が良かったので、いっそう華やかさが際立ちました。 (DP1)
c0223825_128651.jpg

c0223825_129682.jpg

(6) シンデレラ城も、30周年のスペシャルなデコレーション。 (DP1)
c0223825_1321440.jpg

(7) いつものパークですけど、この時期はとても輝いて見えます。 (上中DP1下DP3)
c0223825_1341296.jpg

c0223825_1372955.jpg

c0223825_1453352.jpg

(8) この日は超絶な混み状況でした。こんな日の昼食は、回転の速いカレー屋さんのハングリー・ベア・レストラン。
c0223825_1353873.jpg

メニューは、30周年記念スペシャルの、「30種のスパイス・ラージカレー。ソーセージとフライドポテトのチーズソース添え」
c0223825_1415089.jpg

サラダも付けました。カレーはレギュラーのものと味が異なり、ちょっと大人向けのスパイシーなもの。とても良かったです。トライするなら今のうち。 (DP1)
c0223825_1434590.jpg

(9) お昼のパレードはジュビレーション!に変わって、「ハピネス・イズ・ヒア」になりました。 (DP3)
c0223825_1493354.jpg

フロートも一新されました。私はジュビレーション!の方が好きでしたが、いつまでも同じという訳にもいかないですしね。
c0223825_1514125.jpg

c0223825_153754.jpg

c0223825_154947.jpg

c0223825_155367.jpg

30周年ならではの、ハッピー・イズ・ヒアなミッキー&ミニーのフロート。
c0223825_158868.jpg

c0223825_1592492.jpg

(10) シアター・オーリンズで開かれるコンサート、「ミニー・オー・ミニー」がちょっとマイナーチェンジしていました。 (SIGMA DP2 Merrill)
c0223825_231573.jpg

途中の曲が3曲新しく入れ替わり、衣装も替わりました。 (以下DP3)
c0223825_262982.jpg

c0223825_283718.jpg

(11) 新曲・新衣装でのミニー。
c0223825_295846.jpg

ちょっと大人っぽいダンサブルなナンバーが入りました。
c0223825_2115658.jpg

(12) 最後の場面、曲は同じですが衣装が一新されているので新しさ感がありました。
c0223825_2144642.jpg

c0223825_217840.jpg

c0223825_2184888.jpg

c0223825_2203124.jpg

(13) カントリーベア・シアターのジングルベル・ジャンボリーも曲が何曲か新しく変わっていました。私は気づきませんでしたが、期間限定のコスチュームもあるそうです。上演中は液晶画面の光る撮影はできないので、開演前のカーテンだけで失礼します。 (DP2)
c0223825_2235319.jpg

(14) 楽しんでいると、あっという間に夕方。それにしてもこの日のパークは、私の経験の中でも最も混んでいました。 (DP2)
c0223825_2271399.jpg

夕方になると電飾が点いて、いっそう雰囲気が溢れるパークです。 (DP2)
c0223825_230175.jpg

c0223825_2312629.jpg

(15) 夜のとばりが降りた景色は、また明日。 (DP2)
c0223825_23254100.jpg


2013.12.7 東京ディズニーランドにて
SIGMA DP1 Merrill
SIGMA DP2 Merrill
SIGMA DP3 Merrill
by bjiman | 2013-12-09 01:56 | ディズニーに夢中 | Comments(4)

戸定邸(旧徳川昭武邸)の秋 2013

(1) 戸定邸の秋を歩いてみましょう。いつもここの大銀杏はこの時期のお楽しみ。 (上中SIGMA DP1 Merrill、下DP3 Merrill)
c0223825_2112289.jpg

c0223825_2134352.jpg

c0223825_2144373.jpg

(2) 茅葺きとの組み合わせがイイです。 (DP3)
c0223825_2155182.jpg

(3) 下から見上げるとこんな感じ。 (DP1)
c0223825_21743100.jpg

(4) 静かな輝き、穏やかな光  (上中上DP1、中下DP3、下SIGMA DP2 Merrill)
c0223825_2232069.jpg

c0223825_229686.jpg

c0223825_2291479.jpg

c0223825_2265818.jpg

(5) 光 を楽しみました。 (上DP1,下DP3)
c0223825_2315791.jpg

c0223825_2324283.jpg

(6) 鮮やかな、紅 (上DP1,下DP3)
c0223825_2342678.jpg

c0223825_236523.jpg

(7) ススキを前景に (DP2)
c0223825_2373747.jpg

(8) DP2は、こんなシーンに使いやすい。 (DP2)
c0223825_2391045.jpg

(9) 綺麗なツバキを狙うなら、マクロのあるDP3で。
c0223825_2415751.jpg

c0223825_2425087.jpg

c0223825_2433682.jpg

c0223825_2441790.jpg

(10) 寒空に可憐に咲く10月桜。アップで狙うには50mmマクロのDP3で無理なので、全体の雰囲気を。(DP3)
c0223825_246542.jpg


ほんと、楽しい散歩でした。

2013.11.30 松戸市戸定邸 (旧徳川昭武邸)にて。
SIGMA DP1 Merrill
SIGMA DP2 Merrill
SIGMA DP3 Merrill
by bjiman | 2013-12-02 02:09 | 松戸の重要文化財・戸定邸 | Comments(0)

紅葉散策 ~松戸・坂川周辺~

11月最後の30日、松戸の街中もすっかり冷え込んできました。
久々ののんびり写真散策、DP3兄弟を持って出かけました。

(1) 彩りのデコレーション  (SIGMA DP3 Merrill)
c0223825_0292993.jpg

(2) 初冬の河川敷、のんびり午后を楽しむ方もいます。 (上SIGMA DP1 Merrill,下DP3Merrill)
c0223825_0331418.jpg

c0223825_0341444.jpg

(3) この通りは旧水戸街道で歴史があり、そんな歴史を感じさせる建物も残っているのですが、時の経過とともにひとつ、またひとつと無くなっていきます。この建物にはできるだけ長く残って欲しいと願っています。 (DP1 Merrill)
c0223825_037773.jpg

c0223825_039569.jpg

(4) 坂川沿いにもすっかり初冬が薫っていました。 (DP1 Merrill)
c0223825_0405657.jpg

(5) 鈴なりの柿 (上DP1,下DP3)
c0223825_0425873.jpg

c0223825_0431772.jpg

(6) 松戸神社への参道 お天気のいい、気分のいい青空。 (DP1 Merrill)
c0223825_0464737.jpg

c0223825_047373.jpg

(7) 金色に輝く葉の色 (上DP1,中下DP3)
c0223825_0495898.jpg

c0223825_0522531.jpg

c0223825_054568.jpg

(8) 川沿いの華やかな金色 (DP3 Merrill)
c0223825_0562930.jpg

(9) 松戸神社境内は賑やかです。 (DP1 Merrill)
c0223825_0564122.jpg

c0223825_057354.jpg

c0223825_0581981.jpg

c0223825_0591358.jpg

(10) ひとつだけぽつんと残ったザクロの実。ひとつだけ残すのは来年の実りのための一種の縁起担ぎだったかな、とツマ。へぇ~っとぼく。 (DP3 Merrill)
c0223825_124659.jpg

(11) わずかに残った赤が、いっそう綺麗に感じられました。 (DP3 Merrill)
c0223825_153164.jpg

(12) DP3は、ときどきとってもリアルな色を描いてくれます。
c0223825_153314.jpg

(13) DP1の画角が、私はとっても好きです。 
c0223825_173842.jpg

c0223825_183115.jpg

(14) 明日は、戸定邸を取り上げます。 (DP1)
c0223825_110530.jpg


2013.11.30 松戸市近辺にて
SIGMA DP1 Merrill
SIGMA DP3 Merrill
by bjiman | 2013-12-01 01:10 | 私の原点・坂川めぐり | Comments(2)

国立博物館へ洛中洛外図を見に行く

(1) 11月10日は、東京・上野の国立博物館の特別展 京都 洛中洛外図 を見に行きました。 (SIGMA DP1 Merrill)
c0223825_1411464.jpg

c0223825_1423160.jpg

(2) この建物は、和を意識したのだろうと思うけど、ちょっと中途半端な感じがします。
c0223825_1442838.jpg

(3) お土産に買った洛中洛外図屏風 舟木本をデザインしたレンズクリーナー。洛中洛外図の本物なんて初めて見ましたが、実に細かく街の様子やその時来ていた衣装、生活振りが偲ばれる人々の姿に見入りました。写真がない時代、先人がこうした絵を残してくれたお陰で当時の生活の様子が生き生きと伝わってきました。 (SIGMA DP2 Merrill)
c0223825_1551322.jpg

(4) 洛中洛外図を堪能した後は、美術館周囲の夜景をしばし楽しみました。 (すべてDP1)
c0223825_156610.jpg

c0223825_1574920.jpg

c0223825_1594328.jpg

(5) 夜景はモノトーンの方がメリハリがつく感もありますね。
c0223825_20433.jpg

c0223825_214125.jpg

(6) 静かな上野の夜でした。
c0223825_232084.jpg

c0223825_233065.jpg


2013.11.10 東京 上野にて
SIGMA DP1 Merrill
SIGMA DP2 Merril
by bjiman | 2013-11-19 02:04 | 東京の庭園・寺社仏閣等 | Comments(2)

水元公園 秋

(1) 11月16日、夕方にちょっと読書を兼ねて水元公園に。だいぶ秋が深まってきたようです。 (上SIGMA DP2 Merrill,下DP3 Merrill)
c0223825_0395522.jpg

c0223825_0404644.jpg

(2) 駐車場でクルマを止めると、隣はクルマ買い替えの際、最初に試乗したハイブリッドのクラウン。特にこの白のアスリートは大人気のようですね。並べてみて初めて気づいたのですが、同じホワイトパール・クリスタルシャインという名前でもトヨタブランドの白とレクサスの白は色合いがだいぶ異なり、クラウンはアイボリーがだいぶ入った感じです。
c0223825_0475234.jpg

レクサスの方は青みがかった白です。トヨタはレクサスの構築の過程で、トヨタブランドの位置づけをずいぶんはっきり整理した感じがします。例えば、このホワイトパール・クリスタルシャインを含めて、レクサスはすべてのグレードに用意されている全色をオプション価格なしで設定できますし、パネルの色もグレードによってはいくつかの選択肢から選択できるようになっています。これはレクサスが全車受注生産であるからでもあります。一方、トヨタブランドの場合は、ホワイトパール・クリスタルシャインはそれが最上級のマジェスタであってもオプション料金設定です。パネルの色も一タイプのみです。かつてはランチアとフィアットでもそのような使い分けがされていましたし、今でもシトロエンは、レギュラーシリーズのCシリーズと受注生産のDSシリーズで同じような使い分けをしています。良い悪いではなく、ブランドの違いとはそういうものだし、トヨタの考えるブランド戦略もわかりやすいものだと思いました。
c0223825_0484694.jpg

(3) クルマの上には、鮮やかな秋が訪れていました。 (DP2)
c0223825_0505884.jpg

(4) 静かな秋の公園です。 (上DP3,中下DP2)
c0223825_054477.jpg

c0223825_0553830.jpg

c0223825_0562781.jpg

(5) 9月16日、だいぶ前に水元公園の駐車場でDP1 Merrillで撮ったきれいな夕焼け。 (SIGMA DP1 Merrill)
c0223825_1141688.jpg

ニッサンがスカイラインをモデルチェンジしました。今度のスカイラインはグリルをインフィニティにするということですが、私はどうもニッサンのブランド戦略がよく分かりません。フロントグリルはインフィニティのバッジで、後ろに回るとSKYLINEと書いてあるなんておかしい。インフィテニィの高級なイメージは取り入れたいが、スカイラインという名前も捨てられず、という事だと思いますが、「二兎を追う者は一兎をも得ず」という事になるのではないかと危惧します。インフィニティだけ見ても、従来スカイラインはインフィニティGでしたが、今度のスカイラインはインフィニティQになっています。Qは、インフィニティでは最上級グレードだったはずで、今はフーガがMですから、フーガの上にくる格好になります。なんだかさっぱりわかりません。それにスポーティイメージの強いスカイラインなのに、今度の日本版は全車ハイブリッドだとか。記者会見で、「ニッサンのある限りスカイラインはやめない」と言っていたのも違和感がありました。これまでサニー、ブルーバード、セドリック、とどれだけ日産ゆかりのブランドをなくしてきたか。それにスカイラインとグロリアはプリンス自動車由来じゃないかと思いますし。日産ならではのブルーバードをなくしてサニー車挌の後継車になったブルーバード・シルフィにセドリックの代表的なグレード名だった「ブロアム」を設定した時にもたまげたけど、今もサニー後継のノートというクルマに、どういう訳かローレルの代表的なグレード名だった「メダリスト」を付けたりして「またか」と驚きました。メダリストといえばローレルでしょう、と私なら思います。トヨタでいえば、マークⅡの「グランデ」をカローラに付けているようなもので、ブランドを自分で分からなくしているようなものです。私はかつてアベニールというワゴンを所有していましたし、ニッサンも好きです。今回のクルマ選択も、初期の頃はブルーバードシルフィやスカイライン、ティアナも検討しました。でも、興味を持てばもつほど、残念に思うことが多かった。今のシルフィはブルーバードの名前も外しましたが、北米ではセントラ名で輸出されているらしい。セントラは、いうまでもなくサニーの輸出名だから、これはやっぱりサニーなんでしょ、と思ってしまう。ブルーバードのSSSのような伝統あるグレード名も捨てて、この会社は、グレードとかブランドとかいうことが全然整理できてない、自分がいちばんニッサンのブランド価値を分かっていない気がします。

2013.11.16 東京都 水元公園にて
by bjiman | 2013-11-18 01:05 | 水元公園の四季 | Comments(2)

Lexus HS250h(その3)一ヶ月点検

(1) 一ヶ月点検をしに、レクサスディーラーを訪問しました。 (SIGMA DP1 Merrill)
点検を待つ間は、オーナーズラウンジでくつろいでいられます。
c0223825_0572239.jpg

(2) 飲み物がいつも洗練されていて、月替わりのものも多いので、ディーラーに行く用事を作りたくなります。
レクサスの好きなところは、「和の洗練」を意識している点です。お菓子は洋菓子と和菓子が選べますが、和菓子を選ぶことも多いです。今月の和菓子は右側の「ふまんじゅう」で、とても人気だそうです。
c0223825_114216.jpg

(3) こういうのも車両価格のうちだといえばそうなのでしょうけれど、日本の洗練を磨きながら、こういうおもてなしをレクサスというブランドイメージの中でチャレンジする試みも、とても好ましく思っています。
c0223825_120543.jpg

(4) 私はここのラウンジの雰囲気も気に入っています。
c0223825_1224753.jpg

c0223825_1243276.jpg

(5) 契約の際にプレゼントしてただいた「たち吉」のフリーカップ。たち吉らしい、白磁なんだけどとっても薄く仕上げて、ボーンチャイナの肉厚な質感とは異なる、いかにも日本の洗練さを感じるこのカップにも、レクサスが和の洗練をブランドイメージにしていきたいと思っている姿が感じられて好ましく思いながらこれでコーヒーを飲んでいます。下に敷いているファブリックは、20年ほど前に盛岡で買った岩手名産の茜染です。 (SIGMA DP2 Merrill)
c0223825_0543310.jpg

一ヶ月点検はあっという間に終わり、もちろん何もありませんが、レクサスでは、点検の際に洗車もしてくれるのできれいになりました。
ディーラーで使っているのはGSにあるような機械式洗車機なので、ふだんもあまり気にせず、機械式であってもこまめに洗車機にかけた方がキレイな塗装を保てるような事をディーラーの方も話されていました。個人個人の選択だとは思いますが、私はきっとそうするかな。でもしばらくは「手洗い」で頼むかな(笑)
実用燃費は、私の場合は今のところ14km/lくらいです。良いスコアで18km/l台。10.8モードで20.6km/lなので、このくらいかなと思いますが、シトロエン・クサラでは市街地中心のこの辺の走行では7km台でしたので、だいたい倍になりました。ただ、シトロエンの名誉のために書くと、クサラでも北海道の順調な道路状況ではエアコンも使っていなかったこともあってコンスタントに10~11km/l程度は記録してくれた事も添えたいと思います。トヨタハイブリッドはエアコン付けっぱなしでかつ市街地が普通に入っても燃費が良い点が◎ですね。

2013.11.2 レクサス店にて
SIGMA DP1 Merrill
by bjiman | 2013-11-05 01:41 | CAR | Comments(0)