クレマチス

少し飛びぎみに
c0223825_22194067.gif

c0223825_22195619.gif


(2009.11.28 松戸市21世紀の森にて。PENTAX K10D,DA☆50-135mmF2.8,1/250秒&1/125秒,絞り開放)
# by bjiman | 2009-11-28 22:23 | 写真散歩(松戸days) | Comments(0)

恐怖の凍結路面

c0223825_2313373.gif

雪が降り積もってしまえばまだいいのですが、冬の時期、私が札幌でもっとも怖かったものはこの「凍結路面」です。まだ初雪のこの頃、日中の雪はすぐ溶けるので良いのですが溶けずに気温の冷え込んだ夜は最悪です。この日の路面はカチンカチンに凍り、アイススケートリンクのようになっています。
c0223825_23185743.gif

札幌では10月も半ばになるといっせいにスタッドレスタイヤへの交換ラッシュが起こります。いつ何時このような路面に出くわすかわからないからです。正直、どうしてこのような路面でクルマが走り、止まれるのか不思議でなりませんでした。職場でも地元の同僚が、「歩くよりも(タイヤが高性能なので)クルマの方が滑らない。」と言っていましたが本当にそんな感じです。
c0223825_23223258.gif

札幌の雪は本州の雪よりも重量でいうと1/3くらいしかないそうです。だからスキー場でも板がよく滑るんですねー。雪はサラサラです。(手はツマです。)

(2008.10.20~30,RICOH GRD2)
# by bjiman | 2009-11-27 23:24 | 札幌日記(日々の暮らし) | Comments(10)

hexarで撮る松戸

         ウインドウ・ショッピング
c0223825_19433228.gif

         ふとん仕立て直し、わた打ち直し承ります。
c0223825_19441758.gif

        江戸川河川敷
c0223825_19444785.gif


(2006.10 konica hexar35mmF2,ILFORD XP2super)
# by bjiman | 2009-11-27 19:50 | 写真散歩(松戸days) | Comments(0)

konica hexar

避難場所
c0223825_1834059.gif

               花  壇
c0223825_1845880.gif

               日の光を求めて
c0223825_1852865.gif

               下町のアメリカ
c0223825_1855470.gif

               す   ゞ
c0223825_1862317.gif

(綾瀬にて。2006,10 konica hexar35mmF2,FUJI REALA100)

konica hexar で撮る楽しみ
一眼レフは「ファインダーを覗くこと」に大きな楽しみがあると思いますが、ファインダーを覗いていると、ファインダーの枠よりも外側がどうなっているのか見たくなることがあります。ズームレンズであればズームリングをぐるぐる回してどうなっているのか確認できますがそれも像の大きさが変化して気分が乗らないと思うことも。
何だかそんな風に一眼レフのファンダーに食傷気味になってきたとき、レンジファインダーカメラのようなビューファインダー式のカメラを使うとすっきりします。
コニカヘキサーは、1992年に発売されたビューファインダーカメラで、ライカM型に似た雰囲気を持っています。ライカM型でレンジファインダーが搭載されている部分には3眼式アクティブ方式の非常に凝ったAFユニットが搭載されています。私が所有しているのは'97発売のhexar silverという最後のバリエーションモデルで、99年にはMFレンジファインダーになったヘキサ-RFに交代します。
ビューファインダーはそれほど明るい訳ではありませんが、非常にすっきりとした視界です。ファインダー内にはAFの動作によってスライドする距離枠があって、写る部分が分かります。このAFの動作をファインダーで見ていると、ライカのレンジファインダーがAF化したらこんな感じかな、と思わせられます。
評価の高い35mmF2hexarレンズは6群7枚で、すべて通常の球面レンズを使用していますが気になる収差等もなく、とてもクリアで繊細な写りをしてくれます。最短撮影距離が60cmと長めなこともレンジファインダー的です。レンズシャッター式のため、一眼レフのフォーカルプレーンシャッターとは違いシャッター音がとても静かで、振動も少ないため、低速でのシャッターを切っても手ブレに強い。このカメラで夜間撮影に新しい世界が広がりました。
このカメラを持っていると一眼レフとは違う写真が撮れるような気(錯覚)がします。ズームでもないし、最短撮影距離も長く、寄れないこともあって、むしろ寄れない中でどう撮るか?というテーマを与えられながら修行している感じです。一眼レフ+高倍率ズームを持っているのとは全然違う「不便さ」をどう写真に活かすかという感じでしょうか。デジタルの時代にも、こうしたカメラが出てくるといいなぁと思っているのは私だけではないと思うのですが。。。
c0223825_18514087.gif

               (konica hexar silver,35mmF2/K10D+DA☆16-50)
# by bjiman | 2009-11-27 18:56 | その他のカメラ・レンズ機材関係 | Comments(2)

野幌森林公園 雪の便り 

c0223825_6474729.gif

野幌森林公園は、私たち夫婦が札幌在住時代、もっとも愛し通った公園です。公園といっても、面積は2,051haととてつもなく大きく、札幌市・江別市・北広島市の3市にまたがる野幌丘陵に位置する雄大な公園で、道立の自然公園です。

                  (公園の入口 大沢口)
c0223825_6543175.gif

公園内は大部分が国有林で、園内には5カ所の入り口からたくさん周遊路が設定されています。(私たちは2年間何度も通いましたが全部は回れませんでした。)いちばんよく通ったのが国道から入りやすく、森林奥に入りやすい「大沢口」です。
c0223825_702217.gif

札幌は雪景色を迎えました。雪の中の森林公園を歩くのは寒いけれど、凛と張り詰めた空気も気持ちがよく散歩が楽しめます。
c0223825_74263.gif

園内にはあちらこちらで小川が流れています。この小川も、もうすぐ雪景色の中に埋もれていき、春の雪解けまで会えなくなります。
c0223825_752578.gif

この日は快晴。見上げる空の青も少し寒そうです。
c0223825_76121.gif

コースはいろいろ入り組んでいて、歩く時間を調整できるようになっています。1時間ほど歩いて、「さぁそろそろ帰ろうか?」
c0223825_77267.gif

大沢口を出たところにはかわいい喫茶店があります。「コーヒー飲んでく?」雪景色を楽しんだ後のあたかかいコーヒーも、札幌の冬の日の楽しみです。

(野幌森林公園にて。2008.11.23 PENTAX K10D,SIGMA18-50EX,DA☆50-135mmF2.8)
# by bjiman | 2009-11-26 07:11 | 北海道日記(野幌森林公園) | Comments(4)

いつか見た青

c0223825_265343.gif

 子供の頃見た絵本には、夕闇の青になる頃になると主人公が物語の国に迷い込んでしまうお話が多かったように思います。夕闇の青は現実の色を覆い隠し、非現実の世界へ誘ってくれる色。今にして思えばそんな色が好きだったのかもしれませんが。。。
 この構図を見て、慌ててシャッターを押したので、前回WBをマニュアルで白熱球にしたままだったのを忘れていただけなんですが、偶然の青は、消してしまうにはもったいなく。

(札幌市豊平区の西岡公園にて。2008.12.6 PENTAX K10D,DA☆16-50mmF2.8,1/250秒,F6.7)
# by bjiman | 2009-11-25 02:18 | 札幌日記(西岡公園の美) | Comments(4)