私たちの愛した鮨政(札幌市北区)

                私たち夫婦にとって、最高のごちそうは、ここ鮨政のお寿司でした。
c0223825_2232049.gif

北海道のお寿司は、いわゆる江戸前とは少しネタの種類も違ったりとスタイルも違うのかもしれませんが、鮨政の店主さんは、長く東京で修行されたとのことで関東から来た私たちにもそういう違和感がなかったのかもしれません。店主さん、東京での修行のせいか、話し言葉も今では懐かしい江戸なまり(「ひ」を「し」と発音する。)があります。この日は、東京に帰る前の記念に、ちょっといいお寿司を頼んでしまいました。北海道らしいネタとしては、ホッキ(もちろん生)やサーモン、数の子、カニもありますね。
               
c0223825_224549.gif

                最初から出てくる突き出しからもうおいしいんです。この日はホタテ。
c0223825_225148.gif

                お酒に1品。こうした貝類のおいしさったら、どんどんお酒が進みます。
c0223825_227610.gif

                この日は、すごいトロがありました。店主さんは鮪をはじめお魚の扱いがとても綺麗で鮪はきれいにサラシに巻いていました。「いい鮪が手に入りづらくなった」と嘆いておいででした。
c0223825_229746.gif

                関東から北海道に来て、いちばん驚いた鮨ネタは、ウニかもしれません。ウニにはバフンウニ(赤ウニ)とムラサキウニ(白ウニ)がありますが(写真は白ウニ)、バフンは濃厚な味わい、ムラサキウニはプリプリした食感や甘さが印象的でそれぞれの味わいが楽しめます。本当においしい時期は短いのですが、それだけに漁の時期は紅白ウニを食べるのがとても楽しみになります。
c0223825_232409.gif
c0223825_233119.gif

c0223825_2514333.gif

c0223825_252145.gif

このお店が愉しいのは、お寿司の味が最高なのはもちろん、器がきれい、盛りつけもきれい、ちょっとした花瓶などもオシャレと、とても和の美があるように感じられることです。洗練されていて、それがより一層楽しい気分にさせてくれていました。お酒のセレクトもとても良くて、いつも初めて名前を聞く地酒を頼んでいましたが、外れたことはありませんでした。2人でお寿司と少し小鉢をとって、お酒込みで7、8千円という感じです。
c0223825_2494484.gif

店主さんです。「写真を撮ってもいいですか」と声をかけると気軽に「お、リコーだね。リコーはレンズがいいんだよね」って、、、いやーなかなか言えない気が利いた台詞だと思いませんか?
c0223825_2511651.gif

このお店、残念ながら跡継ぎがいらっしゃらないとのことで1代限りで閉店されるとお話されていました。私たちが札幌に在住していた2年間で、ここを含め近所のお寿司屋さんが3軒なくなることになりました。代わりに増えているのは(札幌でさえ)宅配のお寿司チェーンです。私たちもここにはめったに行けませんでしたが、こうしたお店にもきちんと存続できる環境になって欲しいと願っています。

(2009.3.20 RICOH GRD2)



                
# by bjiman | 2009-12-12 02:00 | 北海道グルメ(cafe、食事) | Comments(6)

東京~札幌間のロマンティックな汽車旅(北斗星)

c0223825_1283053.gif

札幌への旅は、飛行機であれば羽田からわずか1時間半。そこをあえて、一晩かけて汽車で行くというのはとてもロマンティックな感じがします。
c0223825_1345344.gif

北斗星は、上野19:03発。この時間、上野駅を通りかかるとついつい出発の様子を見学してしまいます。
c0223825_1385154.gif

今晩発の北斗星。外観から様子を伺う限り、ほぼ満員状態でした。最後尾は発電車。機関車が牽引する北斗星号は、車内の電気類をこの発電車で自家発電しているんです。発電はディーゼルエンジンで行っているので気動車独特のガラガラ音がして、この時ばかりは気動車の多い札幌駅を思い出します。
c0223825_1415251.gif

札幌在住時代の2年間、東京と札幌を何度も往復しましたが、すべて飛行機でした。いよいよ東京(千葉)に帰るという最後の日だけ、記念に北斗星号に乗りました。上野発の北斗星の切符は席によっては5分で完売と伝えられるプラチナですが、札幌発上野行きは下りよりは予約が取りやすいと思います。
c0223825_1521188.gif

c0223825_1522668.gif

c0223825_205530.gif

人生初のブルトレ。B寝台の予約が取れなかったということもあり、豪華なA寝台個室。2段ベットのスタイルで、下段はソファーがベッドになる仕組み。反対側にはデスクやテレビ、ロッカー等があって豪華なしつらえです。今年の5月にも一度、B寝台個室を利用しましたが、やはりこのA寝台のベッドの方が寝心地は良かったです。A寝台の部屋の鍵はカードキー式です。(B寝台個室は暗証番号をプッシュするボタン式です。)
c0223825_24829.gif
c0223825_242337.gif

ブルトレの楽しみはやはり珍しい車内食堂での食事。ディナータイムはコース料理のみですが、ディナータイム後のパブタイムであればハンバーグ等の単品メニューも楽しめます。ワインでほろ酔いです。
c0223825_227823.gif

            これは朝食。和食と洋食が選べますが和食は限りがあります。これは洋食です。
c0223825_2133839.gif

ブルトレに初めて乗って改めて驚いたことは、寝たまま目的地に着いてしまうということです。すごくラクな感じがしますし、贅沢で、どこか後ろめたい気もしました。でもこうした汽車旅も特別な思い出になってくれます。札幌行きはより快適なカシオペア号も大人気ですが、北斗星は車齢も重ねてきており、北海道新幹線が出来ればなくなってしまうのではとの心配もあります。JR列車最長となる東京→札幌1,214.7kmの汽車旅も、楽しめるうちに楽しんでおいて良かったと思った旅でした。

(RICOH GRD2、PENTAX K10D+DAFISHEYE10-17)
# by bjiman | 2009-12-11 01:25 | 北海道日記(ブルトレ北斗星) | Comments(4)

海鮮食堂さかなや本舗(札幌市北区)

札幌在住時代、私たち夫婦がもっとも多く通った食堂が、「海鮮食堂 さかなや本舗」(札幌市北区)です。
c0223825_184029.gif

               この日、ツマが食べたのは「三品丼」。豪華なボタンエビがおいしそう~。
c0223825_111495.gif

               私の定番は、刺身とフライの定食(通称「コラボ」。これにご飯、味噌汁、小鉢等がつきます。刺身で食べられるようなエビやホタテの海鮮フライがすごく美味です!)
c0223825_113349.gif
c0223825_1134234.gif

                 これは「くつろぎセット」(アルコール1杯+お刺身、小鉢(2品)、焼き魚)
ここのメニューは、ほとんが1000円以下。くつろぎセットは950円。夫婦2人で定食×2+お酒1合で2,200円という日がとても多かったことを思い出します。いつも気軽においしくほろ酔いにさせてくれるお店でした。日本酒は、増毛の「國稀」か根室の「北の勝」ですが、どちらも辛口で刺身によく合います。また行きたいなぁ~。

c0223825_121594.gif


(2008.4.19 RICOH GRD2)

※2012.5.4に近所を通った際、お店が変わってしまっているのを確認しました。当地で最も多く通ったお店だったので残念の極みです。一言、お世話になりましたとお礼を申し上げたかったです。(2012.5.6追記)
# by bjiman | 2009-12-10 01:22 | 北海道グルメ(cafe、食事) | Comments(4)

雪の西岡公園を歩く

c0223825_1431333.gif

西岡公園は、札幌市豊平区にあります。月寒川をせきとめて作られた水源池を中心に、周囲に遊歩道があって森林浴をしながらの散歩ができます。
c0223825_1482887.gif

              薄く雪が積もったばかり。でもとても寒い1日。クマザサにも雪、、、
c0223825_150653.gif

              雪の遊歩道を歩くには、防水で起毛処理のしてある暖かいゴム長がいちばんです。
c0223825_1512710.gif

              湖面を見ると、早くも一部凍結しています。寒そう~。
c0223825_1545135.gif

                   厳しい寒さが凛とした美しさを見せてくれます。
c0223825_1563283.gif

西岡公園の水源池は、明治41年に旧陸軍が軍用水道として作ったものなのだそうです。この取水塔は平成13年に国指定の登録文化財になっており、西岡公園の代表的な景観を形作っています。
c0223825_211783.gif


(2008.12.6 PENTAX K10D,DA☆16-50mmF2.8)

              
# by bjiman | 2009-12-08 01:42 | 札幌日記(西岡公園の美) | Comments(4)

2008年12月7日 雪の降る1日(2)

この日は結局終日、夜まで降り続けていました。濃紺に雪の白が浮かび上がって綺麗だなと思いながら。
c0223825_1503665.gif

            モノクロな感じも、白い雰囲気が伝わるかなと。
c0223825_1525893.gif

            自転車で通り抜ける強者も。札幌の自転車店には自転車用のスノータイヤも売られています。効果のほどは試していないので分かりませんが、、、
c0223825_1542899.gif

            夜、気温の低下とともに路面も踏み固められ、、、ブレーキもアクセルも「ゆっくり、慎重に」がイチバンです。
c0223825_1573583.gif


(2008.12.6 PENTAX K10D,DA☆16-50mmF2.8)
# by bjiman | 2009-12-07 01:49 | 札幌日記(日々の暮らし) | Comments(8)

2008年12月7日 雪の降る1日

c0223825_2104337.gif

                 今夜の札幌は雨、しかも暴風というお便りが届いておりますが、昨年の12月7日、札幌は終日雪でこんな感じでした。
c0223825_285043.gif

                 この日はとても寒い日でした。
c0223825_2142479.gif

                 思い切って散歩に出ると、高校球児も頑張ってトレーニング中です。
c0223825_2162247.gif

                 近所だったエルムの森公園。ベンチも春まで座れないね。
c0223825_2174832.gif

                 雪の中でも、犬は元気に跳ね回っています。
c0223825_2182167.gif

                 南天も雪を被って寒そうです。
c0223825_2225351.gif

                 エルムの森公園にはよく散歩に行きました。また行きたいな。。。

(2008.12.7 PENTAX K10D,DA☆16-50mmF2.8)
# by bjiman | 2009-12-06 01:56 | 札幌日記(日々の暮らし) | Comments(6)