DreamComeTrue! プロローグ(私のオーディオ史)

最近、スピーカーを買いました。それは、少年の頃から私が夢見ていたものでした。今回、偶然、かなり理想に近いものに出会うことが出来、入手することができました。そんな夢物語を書く前に、プロローグとして、少年時代のオーディオの夢を書いてみたいと思います。かなり私的な話です。
小学生の頃はBCLに夢中で、当時流行っていたナショナルのクーガとか、ソニーのスカイセンサーとかを電気店に行っては飽きずに眺めていた少年でした。でも天邪鬼的なところがあって、みんなが好きなクーガでもスカイセンサーでもない、東芝のTRY-Xの1500とか1600とかに何故か惹かれてしまい、トライX2000を愛機としていました。77年頃のヘタな写真が少し残っています。

c0223825_00404945.jpg
中学校の途中まではBCLもやっていたと思いますが、段々マセてくると、音楽が好きになってきました。小学生の頃から荒井由実とかオリビア・ニュートン・ジョンとかは好きでしたが、中学の頃は、尾崎亜美、大貫妙子、吉田美奈子さんに惹かれてきて、ラジオカセットが愛機になっていきました。その頃に使っていたのがSONYのICF1990MarkⅡです。
c0223825_00584468.jpg


その頃、ステレオ装置なんて自分では買えないので、自宅にあった古いサンヨーの4チャンネルステレオでレコードを聴くようになりましたが、4チャンネルのスピーカーのうち、特にリアスピーカーの貧弱さが不満でした。それで、そのスピーカーのバッフルを改造して、スピーカーユニットを自分で交換してみることにしたんです。それでCORAL FLAT-5II を入手して「自作のスピーカーシステム」を作ってみたんです。FLAT5Ⅱは廉価なユニットですが、当時の貧弱の4チャンネルスピーカーに付いていたユニットからすれば夢のようにカッコ良いユニットでした。これに満足した私はスピーカー工作の魅力にはまってしまいました。中学から高校に行く頃にはもうオーディオに夢中でした。
c0223825_01132000.jpg
といってもスピーカーユニットは高価ですので、もっぱら使えるのは中古品で、安いフルレンジを探して、長岡式バックロードホーンを作ったりしました。写真はもう高校時代末期のもので、偶然もの凄く安く入手したCOLALのプロ用ドライバーユニットをTweeter代わり(お金がないのでホーンは買えなかった)にしていて、フルレンジは、FOSTEXのFE203を使っていましたが、高校の文化祭の際に自分のFE203を外して高校に持ち込んでいたので、自宅のシステムは、バスレフエンクロージャーに入れていた同じFOSTEXの古いUP203をとりあえず付けておいた時のもの。
c0223825_01210420.jpg
高校時代にはスピーカーの「設計」に夢中になっていました。高価なユニットを買って作ることはできないので、もっぱら図面を書くだけというという趣味でしたが、書くだけなので、およそ買えないような38cmウーファーを使ったシステムとかアルテックにあったような複雑なホーンシステムを設計したりしていました。情報量だけはもの凄く吸収していましたので想像力だけはたくましかったのです。発売されていた各メーカーのスピーカーユニットのラインナップはほとんど全部頭に入っていましたが特に好きだったのが(ありきたりですが)JBLとALTECのユニットでした。その過程で、ジェームス・バロー・ランシング(James Bullough Lansing ) さんがとても好きになってしまいました。なぜなら彼の業績はもの凄いけれども、経営的には失敗続きで最後は今日の栄光を見ることなく自殺してしまうという悲劇のコントラストもありました。スピーカーを設計しているとき、もちろん好きなユニットのタイプというのがあって、軽量なコーン紙に強力な磁気回路を組み合わせて高能率のものが好みでした。こういうユニットはバックロードホーンとか大きなエンクロージャーに入れてやらないと低音が出ません。しかし、高能率な点がスピード感を感じさせて、当時の私にはそれが正義であるように感じられました。高校時代のオーディオ体験で、最もショックを受けたのが、ALTECのMODEL19(ALTEC A7のユニット構成のまま家庭用にアレンジしたモデル)のサウンドだということもありました。ALTECを代表する38cmユニット、 515には、彼の業績に敬意が払われて、彼が会社を去った後も、515ユニットには「ALTEC」のラベルではなく「Lansing」の彼のロゴが書かれたままでした。こういうところもにもアメリカの文化に惹かれたというのもあります。そしてALTECといえば同軸2WAYの604シリーズ 。ジェームスBランシングさんは、ALTECには自分が起業した会社の業績不振から引き取られた経緯もあって5年間しか在籍しませんでしたが、この間に、505ユニットと288ドライバーを使ったザ・ボイスオブ・ザ・シアターシステム を完成させ、世界中のスタジオで使われた「銀箱」 と呼ばれたモニタースピーカーを作り上げたんですから。彼が去った後のALTECは、ある意味彼の遺産を活かしながら経営していたようなものだと思うのです。そんな彼が、ALTECのような業務用ではなく、家庭用のスピーカーシステムを作りたいと起こした会社が、後にJ.B.L社となるジェームス・B・ランシングサウンド社なんです。この会社で彼が最初に添えたラインナップが、D130、D131、175DLHといったユニット群でした。このフルレンジのユニットとホーンドライバーの2WAYは、私の中で神格化された憧れとなりました。(次回に続きます。)

# by bjiman | 2017-06-16 01:55 | PCオーディオへの道 | Comments(2)

4月2日雪の軽井沢④近衛文麿公別荘他

4月2日雪の軽井沢特集の最後です。
旧三笠ホテル見学の後、ランチをしてから訪問したのが、「近衛文麿公の別荘」です。

近衛文麿公別荘 SIGMA DP1 Merrill
c0223825_01465437.jpg
この建物は、近衛公が大正15年に別荘として購入したものだそうです。近衛公は軽井沢がお好きで度々訪れ、前回紹介した三笠ホテルにも来られている写真が残っていましたが、こんな別荘で避暑を過ごすという生活に憧れます。
c0223825_01495246.jpg
近衛文麿公のような身分の高い方が愛された別荘に、こうして訪問できる、内部も見学できるというのは凄いことだなと感慨に耽りつつ見学させていただきました。私が近衛文麿公に興味を持ったのは、敬愛する白洲次郎氏が親交があり、白洲次郎氏を扱った著作にもよく登場するので、、、、というのがきっかけです。(内部は写真撮影禁止でした。)
c0223825_01553626.jpg
近衛文麿公の別荘のすぐ近くには、軽井沢の開発者としても知られる雨宮敬二郎の邸宅(旧雨宮邸)が外観のみ見学できます。
c0223825_02023554.jpg
ランチは、旧軽銀座の、「パオム」というお店。
c0223825_02041108.jpg
この時のランチのオススメは、信州牛サーロインステーキ!
c0223825_02053745.jpg
このアピールが凄い
c0223825_02065686.jpg
実際、これは何というか、、、凄く美味しかったです。
c0223825_02082397.jpg
これはまた食べたいです。この時は春でしたから、ふきのとうのソースがちょっぴり苦いところなども春らしくて、、、
c0223825_02095249.jpg
とても感じのいい店内で。
c0223825_02112998.jpg
デザートにいただいたブルーベリーのヨーグルトも美味でした。
c0223825_02132800.jpg
たっぷり楽しんだ軽井沢。この後は駅前のアウトレットでちょっとお買い物を楽しみました。
そんな軽井沢の4月の旅特集。これで終わります。

2017年4月2日 @軽井沢にて
SIGMA DP1 Merrilll
Twitterもよろしくお願いします。


# by bjiman | 2017-05-07 02:15 | 軽井沢が好き! | Comments(0)

4月2日雪の軽井沢③旧三笠ホテルは見応え十分!

4月2日、雪の軽井沢での旧三笠ホテル見学。このフロント・ロビーの景観に魅せられました。
SIGMA DP1 Merrill

c0223825_14103694.jpg
c0223825_14091720.jpg
c0223825_15033566.jpg
西洋の様式・習慣を、こうやって学んだのでしょう。
c0223825_15070227.jpg
13号室がないキーボックス。
c0223825_15115762.jpg

今では伝統ある軽井沢彫の家具ですが、このホテルが建設された頃は、まだ初期の取り組みだったとか。そんな初期軽井沢彫のテーブルと椅子が使われたそうです。
c0223825_14140239.jpg
カーテンボックスの頂部に、三笠ホテルのMの文字。
c0223825_14541404.jpg
c0223825_14564523.jpg
窓枠は、二重のスライド式になっていますが、これが分銅の力で任意の位置に止まるように出来ているんだそうです。
c0223825_15151109.jpg
窓越しに見える雪景色がきれいでした。
c0223825_15011729.jpg
客室はいろいろなタイプがありますが、いずれもシンプルな意匠で好感が持てます。
c0223825_15171902.jpg
各部屋に暖炉があります。実際、雪景色のこの日でも、(すでに暖房は機能していませんから)寒くて寒くて、、、。
c0223825_15240761.jpg
忙しく、ゆとりのない日常を送っていると、こんな非日常の落ち着いた空間に逃げ込みたくなります。
c0223825_15324006.jpg
c0223825_15285653.jpg
シンプルでかわいらしいランプシェード。今でも十分モダンですね。
c0223825_15310881.jpg
c0223825_15380611.jpg
c0223825_15450751.jpg

ピンクに塗られた室内ドア。全体がソフトなベージュ、薄いピンクがモチーフにされてコーディネートがかわいらしいですね。
c0223825_15343856.jpg
客室の外に集中して設けられているお手洗い。ドアは、同じピンク系の色でコーディネートされて、かわいらしい。タイルや洗面台はイギリスから輸入したんですね。
c0223825_15401272.jpg
廊下の雰囲気も、一言で言ってシンプル。ランプシェードはコケティッシュ。
c0223825_15424274.jpg
廊下の端々の日当たりの良いところに、こうしてサンルームがあります。お部屋から出てきて、ご友人同士、こうした日当たりの良いコーナーで、穏やかな語らいの時間が過ぎていったことを感じさせます。いいなぁ。。。

c0223825_15523041.jpg
c0223825_15543856.jpg
ガラスの不均一さで、窓際の風景がゆがんで見えるってこういうこと。レトロな味がありますね。
c0223825_15572700.jpg
どのサンルームも、デザインの基本テーマにシンメトリーが伺えます。我が国のデザインでは、特に庭園のデザインなどシンメトリーというのではない美意識がありますが、西洋式は、あくまでもこうしたシンメトリーさが基本ですね。
c0223825_16015394.jpg
イタリアのレッチェで見かけたアパートでの景観。全てがシンメトリカルに配置された、同じ雰囲気のモチーフですよね。
c0223825_16063152.jpg
三笠ホテルの、1階から2階に上がっていく正面の景観。優雅なデザイン。
c0223825_16101947.jpg
お風呂は、今のような給湯施設がありませんので、、、
c0223825_16141649.jpg
、、、なので、ここから、ボーイがお湯を満たしに来るという仕組み。
c0223825_16163146.jpg
旧三笠ホテルの家具類には、一彫堂さんのものが多く納められているとのことです。今でも、一彫堂さんのほか、大阪屋家具店、シバザキさんの家具が展示されています。これはシバザキさんのです。シバザキさんのところの製品は今でもトチノキを使ったものが多く、塗料も一彫堂さんや大阪屋家具店さんとは雰囲気の違う塗料(一彫堂さんで伺ったら、今はウレタン塗装が多いようです。)を使っているそうです。
c0223825_16253800.jpg
c0223825_16284345.jpg
この見事なつづらとテーブルは、一彫堂さんのでした。
c0223825_16271212.jpg
c0223825_16302324.jpg
あやめがフューチャーされた丸い座卓。これも一彫堂さんの。
c0223825_16334910.jpg
これは大阪屋家具店製。みんな昭和初期~中期のものなのに、とても良好な保存状態です。
c0223825_16365098.jpg
まだまだ見ていたかったけど、次があるので、名残惜しく、ホテルを後にしました。旧三笠ホテル、見応え十分です。
c0223825_16403440.jpg
お土産には、この手ぬぐいを買いました。手ぬぐいは、日帰り温泉に行くときに常用しているので、いくらあってもいいのです。
c0223825_16480247.jpg
三笠ホテルのマークがフューチャリングされています。
c0223825_16491444.jpg
三笠ホテル特集を終わります。

2017.4.2@旧三笠ホテルにて
bjiman
SIGMA DP1 Merrill
bjimantwitter


# by bjiman | 2017-05-03 16:50 | 軽井沢が好き! | Comments(0)

4月2日雪の軽井沢②旧三笠ホテルは見応え十分!

軽井沢の旧三笠ホテル、私は初めて見学しましたが、見応え十分でした。
雪景色の旧三笠ホテル:SIGMA DP1 Merrill
c0223825_01363464.jpg
入り口をくぐると、この偉容に圧倒されます。これは良さそうだなぁ!と。
c0223825_01410711.jpg
この日は、青空に雪景色が映える素晴らしいお天気でもありましたし。
c0223825_01424582.jpg
正面玄関の赤い屋根もかわいいですね。
c0223825_01442418.jpg
雪で寒い時期だったのに見学者がたくさんいらっしゃっていましたよ。GWはさぞかし混んでいるかな?
c0223825_01462168.jpg
旧三笠ホテルは、明治38年(1905年!)に建築・開業された西洋式ホテルで、創業したのは、明治製菓や日本郵船などで重役を務めたという山本直良(1870~1945)氏。音楽家の山本直純さんの祖父にあたられる方なんだそうですが、その方が、万平ホテルの佐藤万平氏の助言を受けながら作り上げたんだそうです。万平氏もライバルに塩を送るというというより、共に格式の高いホテルを揃えることで、軽井沢のブランド価値を創造しようとしたのかもしれませんね。
c0223825_01532352.jpg
ご興味がある方は、こちらを読んでいただければと思いますが、この貴重な建物は、昭和55年に国の重要文化財に指定されています。
設計も施工も日本人が行っており、洋風の、西洋であれば金属を使うような曲げ加工も木材を加工して西洋式のデザインを取り入れている点などが特徴だそうです。
c0223825_01564459.jpg
窓枠の優雅な丸いデザイン、天井を支える腕木などに見られるきれいに曲げられた加工。職人さんの高い技術を感じさせます。
c0223825_01595956.jpg
湾曲したブラケットが優雅さを演出していますね。
c0223825_02061166.jpg
正面玄関をくぐりましょう。歴史を感じさせる「ルテホ笠三」の看板が大事に掲げられています。きっと創業当時のものなのでしょう。
c0223825_02151773.jpg
c0223825_02161104.jpg
すると最初に目に付いたのが天井に渡された多くの木材。自然の風合いをそのまま活かしています。お洒落だなと思いました。
c0223825_02185476.jpg
カーテンレールも木材で優雅に作られています。これはいい!
c0223825_02211791.jpg
重要文化財の指定書が飾られていました。当時の文部大臣・谷垣専一氏は、今の谷垣禎一氏のお父様ですね。
c0223825_02245953.jpg
ホテルの100年に亘る歴史が書かれています。ホテルは、近衛秀麿、渋沢栄一、大隈重信氏など、誰もが知る政財界を代表する方々の愛されたそうです。
c0223825_02281995.jpg
ホテルの宿帳が展示されていましたが、ふっと見ると、「M.S.Noghi」って、、、乃木希典だ!奥様とご一緒に宿泊されたんですね。そういう施設だと分かっていても、いざお名前を見ると驚いてしまいます。
c0223825_02345746.jpg
これがホテルのロビー。なんて優雅なんでしょうか。。。三笠ホテルは、軽井沢の鹿鳴館と言われたそうですが、まさに政財界の代表者達が集う社交場の雰囲気があります。
c0223825_02383955.jpg
さて、続きは次回。

2017.4.2 @軽井沢 旧三笠ホテルにて。
SIGMA DP1 Merrill

(twitter用には、DP1撮って出しのJPEGを使いました。ブログ用はX3FのRAWからTIFFを作ってアドビでWeb用のJPEGを作っています。)


# by bjiman | 2017-05-02 02:40 | 軽井沢が好き! | Comments(0)

4月2日雪の軽井沢①

明けて4月2日の朝は、快晴でした。朝食はメインダイニング。朝のブレックファストは、何種類かのメイン、ジュースの種類を選びます。
SIGMA DP1 Merrill
c0223825_07542606.jpg
c0223825_08061501.jpg
信州りんごジュースとコーヒー。
c0223825_07555505.jpg
c0223825_07581572.jpg
パンは普通に英国式の山形パンです。
c0223825_07593605.jpg
ホテルオリジナルのジャム類が豊富にあります。
c0223825_08021020.jpg
私は、メインはベーコン。卵はスクランブルエッグでいただきました。
c0223825_08040050.jpg
1階と2階の間に見えるステンドグラス。亀は、万平ホテルとなる前身時代に、亀屋という屋号で営業していたことに因みます。
c0223825_08102890.jpg
私たちが朝食を終えると、既にチェックアウトしているお部屋も多数。このベッドスペースと窓際に仕切りがあるお部屋は、いつか私たちが泊まってみたいと思っているお部屋です。
c0223825_08164555.jpg
外は快晴。やった。
c0223825_08205325.jpg
お部屋にも、清々しい空気感が漂っていました。
c0223825_08222432.jpg
c0223825_08231489.jpg
名残惜しいけどチェックアウト
c0223825_08240520.jpg
雪景色の万平ホテル。味わい深い宿泊になりました。
c0223825_08272211.jpg
c0223825_08282476.jpg
また来ようって思いながら後にしました。 (SIGMA DP3 Merrill)
c0223825_08313773.jpg
c0223825_08322805.jpg
さて、今回は、軽井沢駅前のトヨタレンタカーで、カローラ・アクシオを借りました。カローラのレンタカーは初めて。1300ccですが、小回りは効くし、運転しやすい車でしたよ。(DP1)
 
c0223825_08345834.jpg

向かったのは、ホテルからすぐ近くの、旧三笠ホテル。駐車場にカローラを滑り込ませると、なんと隣は、クラウン・マジェスタのレンタカーでした。
c0223825_08383881.jpg

c0223825_08404664.jpg

ほんといい天気。有名な白糸の滝は、この道の先になります。
c0223825_08424580.jpg

この山道をほんのわずかに戻ると、三笠ホテルに着きます。
c0223825_08445357.jpg

素晴らしい外観!これは見応えがありそう!!!
c0223825_08481336.jpg

ということで、続きは次回。

2017.4.2 @軽井沢にて
SIGMA DP1 Merrill
SIGMA DP3 Merrill
ちょこっとTwitterしました。


# by bjiman | 2017-04-30 08:51 | 軽井沢が好き! | Comments(0)

4月1日雪の軽井沢③

4月1日~2日の軽井沢。宿泊は、万平ホテルでした。このときの旅は、万平ホテルの割安な特別宿泊プランのご案内があっての企画でした。

雪景色の万平ホテル SIGMA DP1 Merrill
c0223825_13345258.jpg
泊まったのは、現在の万平ホテルの中でも最も歴史のある昭和11年築のアルプス館。2階の左側の部屋です。
c0223825_14133882.jpg
落ち着いた、非常に雰囲気の良い部屋です。
c0223825_14202853.jpg
ベッドとソファの洋室ですが、反対側には床の間風の設えと掛け軸があって、和風の趣。書は、明治時代、軍医制度の基礎を築いた陸軍軍医総監だった石黒况翁(きょうおう)氏のもので、軽井沢の清々しさを表現したものでした。
c0223825_14465177.jpg
こういうビロード生地のソファが懐かしいです。
c0223825_14495965.jpg
夏の避暑の時は、石黒况翁のいう清々しさが感じられる景観だと思いますが、4月1日のこの日、窓越しの景色は雪景色。これはこれで静寂さがあっていいものです。
c0223825_15052471.jpg
c0223825_15070407.jpg
部屋の調度品は、軽井沢伝統の軽井沢彫のもので統一されています。見事なものです。
c0223825_15105241.jpg
この椅子もかわいいです。
c0223825_15171537.jpg
ルームキーも、もちろん軽井沢彫
c0223825_15185256.jpg
c0223825_03271391.jpg
テレビ台も軽井沢彫。これ、欲しいなぁ。
c0223825_03353824.jpg
姿見と箪笥。
c0223825_03255674.jpg

軽井沢彫の図柄は、外国人のために作られたという歴史から、日本を感じさせる桜が最もポピュラーだと思いますが、他に葡萄柄なども多いようです。万平ホテルの軽井沢彫は、一彫堂さんのもので統一されているようです。
c0223825_15291327.jpg
ひまわり柄はめずらしい。
c0223825_15303823.jpg
バスタブは、いかにもレトロな洋館ホテルらしく、猫足の西洋式。
c0223825_15364700.jpg
美しい廊下を抜けて、食事のためにロビーに降りていきます。
c0223825_15410457.jpg
2階から1階に降りていく景観さえ、美しく、絵になる。
c0223825_15491739.jpg
万平ホテルでの華とも言えるのが、この素敵なメインダイニングでの食事だと思います。
c0223825_16095104.jpg
c0223825_16112362.jpg
c0223825_16133239.jpg
この夜は、お得な宿泊プランを選んでいたので、メニューはレギュラーとは別の少し簡易なものでした。折角の機会だったので、普通のにしておいた方が良かったかなとちょっと思いました。これはこれで美味しかったのですが。
c0223825_16174114.jpg
ワインでゆっくり過ごしました。
c0223825_16194028.jpg
すずらんのかわいらしい取り皿
c0223825_16230245.jpg
信州サーモンと、葉野菜のサラダ
c0223825_16254837.jpg
もちろんパンはホテルメード。
c0223825_16274654.jpg
野菜のクリームスープ
c0223825_16295146.jpg
白身魚のポワレと薄切りビーフのポワレは盛り込みで。白身魚までで予算が尽きた感じでした(笑)が。ここはエキストラを払っても信州牛に行きたかったところでした。
c0223825_16344394.jpg
デザート。これは美味しかったですね。
c0223825_16380981.jpg
連泊する人や、何度も来るというリピーターの方も安心。中華もあります。
c0223825_03312098.jpg

素敵な軽井沢での夜が更けていき、私もゆっくり寝られました。

2017.4.1 @軽井沢にて
SIGMA DP1 Merrill

# by bjiman | 2017-04-29 15:41 | 軽井沢が好き! | Comments(0)