<   2015年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

「アナと雪の女王」~ 'Let it go' を楽しんで~②

第2幕 戴冠式 ~That perfect girl is gone~
戴冠式。閉ざされていた城の門が開く緊張のとき。アナとエルサは対照的な気持ちでこの時を迎えます。
私が考える ’第2幕’ は、お城の門が開く戴冠式から、王だったお父様から期待された「完璧な長女=女王」の役割を果たせずに、心の中で ’Let it go’ と叫びながらNorth Mountain に氷の城を築いて閉じこもってしまうところまで。
この気持ちの揺れが、この映画の主題のひとつではないかと思います。

Conceal, don't feel, don't let them know
’Let it go’ という曲がどんな曲なのかな、と考えようとすると、その前にある 'For the First Time in Forever' と、その後にある 'For The First Time In Forever (Reprise)' を対比して見た方がより興味深いと思います。
'For the First Time in Forever' の中で、エルサは、彼女を支配していたお父様との約束を呪文のように繰り返します。「誰も入れてはいけない、誰にも見せてはいけない、いつもいい子でなくてはいけない、隠さなくては、感情も、、、」なぜならば、「Make one wrong move and everyone will know」。一つ間違えば、皆(国民)に知られてしまうから。
'For the First Time in Forever' の最後、戴冠式の始まり、開門を命じるのは女王である彼女自身にしかできないことだから、そのストレスの高まりを、「誰も入れてはいけない、誰にも見せてはいけない、いつもいい子でなくてはいけない、隠さなくては、隠さなくては、感情も、知られてはならない」と繰り返すことで表しているように感じました。
また、それは長女として彼女が抱えてきたストレスでもあるのでしょう。彼女は、そんな気持ちを、But it's only for today(今日だけだ)と言い聞かせています。

Well now they know let it go, let it go
しかし、彼女は、only for today を無事に終えられませんでした。彼女がずっと守ってきたこと=Don't let them in,
don't let them see/ Be the good girl you always have to be/ Conceal, don't feel は、すべて 「’don't let them know’=知られてはいけない」のためだったのに、国民の目の前で氷を作るパワーを見せてしまい、「モンスターだ」と言われてしまいます。王様であった父との約束を守れなかった、長女として期待された役割を演じきれなかった、、、雪と氷を作り出す自分のパワーが本当は好きだったのに、その気持ちさえも抑えてきた、、、「don't feel」は、感情=氷と雪のパワーをも意味するのだと思いますが、彼女にとっては、パワーをコントロールできないこともストレスになったということだと思います。その思いが、Let it go というワードになったのでしょう。
そう考えると、Let it go は、「もういい、もうできない!」というニュアンスではないかと思います。

’Can't hold it back anymore’=もう我慢できない
’Turn away and slam the door’=背を向けてドアを閉めるのよ。
’I don't care that they're going to say’=誰が何を言っても、もう気にしない
は、彼女のストレスが極限に達してしまった気持ちを感じさせます。Let it go は、一種のescape 。
彼女は、
’That perfect girl is gone’ 完璧な女の子(=理想の長女、という感じでしょうか)はもういない。
The cold never bothered me anyway! と言って氷の城のドアを固く閉ざします。心も。

c0223825_09585991.jpg
エルサの魔法について
エルサの持つ「力」をどのように理解すれば良いのか、ずっと考えていました。
Let it go の歌詞のうち、特に訳しがたいのは、’Let the storm rage on’ なんじゃないかと思います。
この設定は、サーミ人の精霊信仰が背景になっているんだと思いますが(知見がないので、こちらで参照して下さい。)、精霊=あらゆる力、という風に捉えるのではないかと思いました。
私の好きなギリシア神話の神々たちは、ゼウスのように大神として擬人化される場合もありますが、「ある存在」を表す意味もあります。例えばゼウスは大神でもありますが、「稲妻」でもあります。特にティタン神族の中には、「エオス=曙」「ヘリオス=太陽」「セメレ=月」というように、「その存在そのもの」の神もいます。また、「ムーサ」は「MUSIC」の語源ですが、音楽の妖精たちです。音楽を司る神といういい方もありますが、「音楽そのもの」「音楽という存在」という風に捉えた方が理解がしやすい。心地よい音楽のそばには、いつもムーサ達がいる、、、私はいつもそんなように感じています。ゼウスは、人間の恋人にそのままの姿を見せてとねだられ、その姿を見せたところ、ゼウスは「稲妻」なので、恋人は感電して死んでしまいます。
エルサのパワーはそういうもの、私は、エルサは「氷」、あるいはエルサの内側に、「氷という存在(精霊)」が同居しているというふうに捉えています。

I am one with the wind and sky=私は風になり空になる
My power flurries through the air into the ground=私の力が大地への空気を通じて突風となる
My soul is spiraling in frozen fractals all around=私の魂は、凍った多面体となってらせん状に昇っていく
And one thought crystallizes like an icy blast=ひとつの想いが、氷の爆風のように結晶化する
という部分(訳は合っていないかもしれませんが。)、は、エルサの想いが氷の城を築きあげるところですが、彼女が「氷という存在」を内在していることを表しているように思います。
’Let the storm rage on’ を考えるヒントは、次の'For The First Time In Forever (Reprise)'の中の
’No escape from the storm inside of me!’
という歌詞の中にあったように思いました。

第3幕は、次回。

2015.1.31 bjiman


by bjiman | 2015-01-31 23:09 | ディズニーに夢中 | Comments(2)

「アナと雪の女王」~ 'Let it go' を楽しんで~

1年近く遅れて「アナと雪の女王」を楽しみました。まだブーム中です。クルマのシリーズ中ですがが、ちょっとだけ休憩して、私の楽しんだ「アナ雪」の感想を書きます。
きっかけは、年末の歌合戦で聞いた Idina Menzel さんの'Let it go' の印象がとても強かったからですが、youtube で 'Let it go' と、松たか子さんの素晴らしい歌声の~ありのままで~を楽しんでいるうち、ネットの中で多くの皆さんがディスカッションしているのと同じように、私も「これはちょっとニュアンスが違うのでは?」ということと、歌声と映像の口のカタチが合っていて、「(まさかとは思うけど)日本用に絵まで描き換えたのか?」(そんな訳ないのですが。)という二つの思いが出来て、ブルーレイのレンタルをして週末に楽しみました。
最初は吹き替えで見て、次に英語音声+日本語字幕、最後に英語音声+英語字幕で鑑賞し、もちろんそれぞれ楽しかったけれど、言葉の強さが異なるので、英語字幕+英語音声がいちばん印象に残りました。最初の疑問に戻れば、日本語の歌ともともとの英語の歌では違うものとして楽しむもの。それを前提にすれば、日本語Verは、語感がきれいでとても素晴らしいプロの仕事だなと感心しつつ、、、とはいってもやっぱりちょっとしたニュアンスの違いが違和感として残りました。改めて思ったのは、言葉の力、言葉のおもしろさ。

「自分を好きになって」
多くの方が議論されているのと同じように、最も違和感があったのは、’The cold never bothered me anyway!’ を「少しも寒くないわ」としていることです。間違いではないと思うのですが、肯定的なニュアンスが強いように感じます。それが、「これでいいの自分を好きになって これでいいの 自分を信じて」とどんどん方向がずれていくように感じました。

「Let the storm rage on」
もうひとつは、たくさん議論になっている 'Let the storm rage on' 。「風よ吹け」「嵐よ吹き荒れて」と置き換えてもそれがどうしてなのかがピンと来ません。

「プロローグ+エピローグ付き3部構成のオペラ」
さんざん考えて辿り着いたのは、プロローグ+エピローグ付きの3部構成のオペラを構成の基本にしたのではないかという仮定です。 Let it go の歌詞は、この前後にある"For the First Time in Forever" と"For the First Time in Forever"(Reprise)を一緒のパッケージだと考えないと上手く理解できないと思ったのです。

「プロローグ Vuelie~大地の歌~Frozen Heart」
このノルウェーのア・カペラ・コーラス「カントゥス」の独特のヨイクの曲と、それに続く "Frozen Heart" の曲で、この物語がフィンランドの北部に住む先住民のサーミ族をモチーフにした舞台設定であること、クリストフがサーミ人で、氷運搬の仕事であることが紹介されます。

「第1幕 雪だるまつくろう」
最初、この子供時代から成人まで成長する間を「雪だるまつくろう」で表現するこの曲は、オペラの「序曲(OverTure)」かなと思ったのですが、そうするとその前の「Vuelie~Flozen Heart」が説明できないので、やっぱりこれは第1幕だと思い直しました。
ただ、この第1幕は、 'Let it go' の’The cold never bothered me anyway!’ につなげる予告のようなものだと思います。
最初、エルサはアナにゆり起こされても起きたくないとアナを突き飛ばしますが、アナに「Do you wanna build a snowman?」と振られるとニヤリと笑って起きます。これは、エルサが「雪と氷を作り出せる自分の魔法が好きだった」という感情を表現したかったのではないかと思いました。

また、雪と氷の魔法によってアナを傷つけてしまったことで、「自分が好きな魔法」を封印しなければならなくなったこと、この作品全体に使われる象徴的な「Conceal, don't feel」という言葉をエルサがお父さんと復唱するシーン、二人を隔てる「door」というワード、トロールによってサーミ人の精霊信仰が表現されるなど、物語全体の導入部のように作られていると感じました。
第1幕は、ご両親の葬儀を経て、先の見えない状況に不安になっているところで終わります。
ここに、幕間が見えるような気がするのです。

第2幕以降は、明日に。

2015.1.27 bjiman






by bjiman | 2015-01-28 02:20 | ディズニーに夢中 | Comments(0)

誰のための自動車評論なのか④~TOYOTA CAMRY と米国流③~

2014年のアメリカ乗用車ベスト5は以下のようになっている。
資料:GOOD CAR BAD CAR
c0223825_01252731.gif
カムリが13年連続で1位になったのも凄いが、1~5位までがすべて日本メーカーのセダンというのも凄い。
アメリカが非常に開かれた市場ということであると同時に、日本のメーカーがアメリカ市場を理解し、またそれにフィットさせているからだともいえる。
1位と2位のカムリとアコードはその典型であり、カムリのサイズアップは昨日書いたとおりだが、アコードはカムリ以上であり、今のアコードのサイズたるや、全長4,915mm×全幅1,850mmにも達し、クラウンよりも全長で2cm、全幅で5.5cm大きい。1982年当時の2代目アコードが4,410mm×1,650mmだったから初代FFカムリ(4,440mm×1,690mm)と比べてもカムリ以上にサイズアップしたことが分かる。アコードは、日本国内では月400台程度しか売れていない。クラウンよりも大きいアコードを受け入れられないということもあるだろうし、実際大きすぎる。カムリもそうだが、アコードも日本で売ることのプライオリティは米国でのそれとは比べられないとメーカーが考えていることが分かるサイズ設定だ。
また、日本では既に売られていないホンダ・シビックが活躍していること、カローラのセールスも2013年比で+12%と絶好調であることも特徴的だ。この米国用カローラは、日本で売られているカローラ「アクシオ」とはシャシーもボディも異なるアメリカ用に開発された車種だ。厳密に言えば、米国用のカローラはレクサスHSと同じMC(ミッド・コンパクト)シャシーを使っているが、日本用のカローラアクシオは国内用にサイズダウンし、ヴィッツ用のBプラットフォームを共用するように変わった。つまりシビックも、カローラも、アメリカで3位と5位になっている日本車は、日本では「未発売」なのである。

(TOYOTA COROLLA '北米仕様’ @TOYOTA MEGA WAVE 2015年1月 / SIGMA DP2 Merrill)
c0223825_01501097.jpg
では、アメリカのサイズクラスとはどんなものなのかは次回。

2015.1.26 bjiman
CAMARA SIGMA DP2 Merrill


by bjiman | 2015-01-27 01:51 | CAR | Comments(0)

誰のための自動車評論なのか③~TOYOTA CAMRY と米国流②~

自分が青春時代を過ごした'70年代後半~'80年代頃のCGを何冊かストックしている。
CGは初代FFカムリを高く評価していた。'82年10月号では、当時の小林編集長がカムリが販売不振であることが不本意の極みであるとして、このクラスが国際的には最も重要なクラスであるだけに、日本でももっと売れないと国際競争力の点でも不利であると懸念し、クラウンよりもカムリに乗るように戦略していくべきだと書いておられた。
その後、カムリは世界9カ国で生産、100カ国以上で販売され、アメリカで13年連続乗用車販売1位になるというとんでもない金字塔を打ち立てる文字通りの大黒柱に育ち、まさにCGの指摘通りになった。さすがの慧眼だと思う。

(TOYOTA CAMRY '北米仕様’ @TOYOTA MEGA WAVE 2015年1月 / SIGMA DP2 Merrill)

c0223825_01233862.jpg
しかし、2014年現在、国内販売台数ベスト30に入っているセダンは、4位のカローラ(11万4千台、ワゴン込み)と15位のクラウン(4万9千台)だけである。カムリは11月までに約8千台しから売れていない。カムリは、今日の日本においても販売台数は限定的なものだ。
カムリは米国では2014年だけで42万台も売り上げている。こうなると、経済誌などでは、米国でベストセラーのカムリやホンダアコードなどが日本では売れないということが悪いことのような書き方をするアナリストもいる。クラウンとサイズもほとんど同じなのだから米国人の選んだカムリの方が合理的だというような記事を読むと本当に困ってしまう。単純な善し悪しの問題ではない。個人の見解の相違といってしまえばそれまでだが、分析要素に「地域特性」と「歴史」を入れて考えるべきだと思うし、そうでなければ事実としての販売台数の違いを説明できない。

(TOYOTA CROWN ATHLETE @TOYOTA MEGA WAVE 2015年1月 / SIGMA DP1 Merrill)
c0223825_01502434.jpg
1982年当時のCGが、初代カムリを押す理由は、ファミリーカーとしてはカムリのような全長4,500mm程度までのFF車で十分(実際、当時のカムリが売れない理由のひとつに、「広すぎて落ち着かない」というコメントが見られたほど)であって、これ以上大きなクルマは標準的な家庭には不要だというものがあった。
しかし、カムリは、1982年からの成長の過程でとても大きくなった。
c0223825_02241399.gif
カムリは、1982年の初代FFカムリと比べて、この23年で全長が+41cm、全幅が+13.5cmも大きくなっている。これに対してクラウンは、サイズアップの幅がずっと抑制的であり、1982年の2000cc車(5ナンバーサイズ車)ではカムリと比べて25cm大きかったが、2015年現在では、全長の差は僅か4.5cmに過ぎず、全幅は、カムリよりも25mmも狭い1,800mmジャストである。今やカムリは、全幅ではクラウンより大きなサイズのクルマなのだ。
このサイズアップは、もちろん北米でベストセラーを続けていくための変化であり、また、逆に言えば、クラウンのサイズは、国際的に見れば例のない、日本独特の縦長である。これが、まず第一にクラウンとカムリの今日における性格の違いだ。
(続きは次回。)

2015.1.25 bjiman
SIGMA DP1 Merrill,DP2 Merrill






by bjiman | 2015-01-26 01:38 | CAR | Comments(0)

誰のための自動車評論なのか②~TOYOTA CAMRY と米国流~

レクサス HS250h に購入を決めたとき、CROWN、HS250h、MARK X、CAMRY の順番に試乗した。
CROWN は価格と車挌の双方で時期尚早と早々に判断、HS250h はクルマの雰囲気が最もタイプだったが、レクサスということですぐには決めかねた。MARK X は自分よりも若い年代向けのクルマに思えた。そんな中で最後に心が残ったのが CAMRY だった。
FFセダンの特徴を活かしきったゆとりが十分の車室、2.5L 2ARエンジンを使ったハイブリッドシステムは、HS250hの2.4L 2AZ エンジンよりも一世代新しく、燃費も良い。その上に、クラウンよりもHSよりも価格がリーズナブル。スタイルは、これといって目立ったところはないが、かといってどこにも目障りなところがない。「非常に合理的」な選択。クールで、何よりモノの分かった大人のクルマといった雰囲気だ。MC前は島耕作を、MC後は松田聖子さんをキャラクターにしているところから見ても狙っている年代が明らかだし、間違ってもいないと思う。私がこのクルマを選ばなかった理由は、全幅が1,800mmを超えていて、サイズが大きすぎることと、内装に選択肢がなかったこと、敢えて言えば、米国流の仕立てが自分には保守的に過ぎるように感じたこと。ツマは一言「大きすぎて論外」。
しかしこれらは、私個人の事情であって、米国でベストセラーを続けてきたカムリの責任ではない。日本でも販売数のスケールは違うがユーザーの好感度は高いとの記事も目にする。

(TOYOTA CAMRY Hybrid (MC前) /SIGMA DP2 Merrill)
c0223825_00565742.jpg
CAMRYの初代は、セリカのセダンバージョンということでCELICA CAMRY として登場したが、このモデルは初代だけで消滅し、実質的な初代は、初代のFRからFFにスイッチし、兄弟車のビスタとともに1982年に登場した2代目である。
この「初代」FF CAMRYの登場と同時にトヨタは、北米への輸出車をコロナからカムリにスイッチ。FFカムリは、最初からトヨタの世界戦略車として構想されたクルマだ。
2005年には、カローラ、ハイラックスに次いで3番目に世界販売台数が1,000万台を突破。米国では毎年のように乗用車販売台数1位を獲得、2014年も年間42万8,606台を販売し、13年連続して米国最量販乗用車となるなど、もの凄い実績だ。

(ハワイで見かけた、先代カムリ 2014年8月 PENTAX OptioW80)
c0223825_02284858.jpg
前回も書いたように、2007年には、米国の大手新聞である、「 USA TODAY 」が過去25年間に最もインパクトのあった自動車として、1992年型カムリを1位に選出。その紹介記事でも「日本企業の生み出した、最初で、本当のアメリカン・セダン」としている。(実質的にも今や米国で販売されるカムリはすべてMADE IN USA である。)
日本人としては複雑な心境であっても、カムリは米国人にとって「アメリカン・セダン」なのである。
しかし国内におけるカムリは、初代FFカムリの時から国内販売は不振だった。2014年の国内販売実績は1月~11月までの計で8,104台であって、米国の年間42万台とは比較の対象ではない。
カムリから派生したレクサス版であるESは、2014年もレクサス・セダン販売1位であるが、日本では販売すらされていない。
しかし、米国での実績を考えればカムリは素晴らしいクルマだという評価がもっとあっても良いと思う。
米国と日本の嗜好、文化、実際の体格その他の違いがあり、販売数のスケールは異なるが、それはメインとなる市場の考え方によるのは当然のことだ。また、だからこそ、違う考え方のクルマも評価されてしかるべきだ。
欧州のセグメントの考え方と米国のサイズ設定の考え方だって違う。
次回は、このことについて考察してみたい。

2015.1.12 bjiman
CAMERA SIGMA DP2 Merrill,Pentax Optio-W80




by bjiman | 2015-01-13 02:40 | CAR | Comments(2)

初詣

毎年、年末年始は私とツマの実家を訪問する事が最も比重が大きい行事となる。
面倒だとも思うが、普段は会わない甥っ子や義兄に会うことも楽しみの一つだ。
今年は、自分の実家では、子供のころから初詣に出かけていた地元の神社に大島の着物を着て初詣に出かけたことが思い出に残った。私がいつかは着物を着たいと思っていたのは、父親が正月、元旦の朝には必ず藍色の着物を着て、家族一人一人と新年の挨拶をする習慣を持っていたその姿に憧れていたからだ。今年のお正月は、その姿を胸に甥っ子と神社にお参りすることが出来た。新年早々の嬉しい出来事である。
ツマの実家では、義兄が購入したテレビゲームマシンのテニスゲームが望外に面白く、ツマも一緒に夫婦対決や義兄対決に深夜まで興じ、楽しいひとときを過ごした。
そんな行事が終わると、我が家では毎年、地元の松戸神社に初詣に出かける。

c0223825_23314880.jpg
少し空くのを待ってからにしようと出かけたが、結局夕方になってしまった。
いつものように、1年間の健康と、無事に過ごせるように祈念するとともに、1年の健康や無事に感謝しつつ、昨年のお札やお守りをお返しし、新しい今年のお札、お守りをいただき、おみくじを引いて今年一年の無事を願う。
いつもの繰り返しであるが、毎年毎年、このような行事が好きになる。不思議なものである。
c0223825_23435206.jpg
着物はシンプルな紬が好きで、最近はリサイクルで購入した結城紬のアンサンブルを好んで着ている。真綿を使う結城紬は着心地が柔らかく、特に冬は暖かいのも嬉しい。男性の着物といっても、秋から春までを着る袷(あわせ)、春先と秋口の単衣(ひとえ)、夏の薄物と季節や用途に応じて色々な着物があり、素材も正絹の紬、お召しなどの織物や、江戸小紋などの染め物などとても幅が広い。
紬といっても実際には紬ではない大島と紬の代表格である結城では着心地がまるで異なり、両者それぞれに味がある。
正絹に限らず、夏物の小千谷縮などの麻、普段着に綿の会津木綿、同じ綿でも着心地の異なる久留米絣は、今とても気に入っている着物である。
最近は「着物男子」という言葉もあるようであるし、着物姿の男性も見かけるようになった。
リサイクル店では、ふと目のあった着物姿の男性とお話しさせていただいたこともある。
私は、着物は日本の大切な文化だと考えており、今年も、あまり着こなしは上手ではないが着物姿で出歩く回数を増やし、着物のPRをしたいと考えている。
そんなことを考えた、終わってみればあっという間の冬休み最終日であった。

camera: SIGMA DP1 Merrill


by bjiman | 2015-01-05 00:02 | 松戸周辺の庭園、寺社仏閣等 | Comments(2)

あけましておめでとうございます

c0223825_02300008.jpg
新年あけましておめでとうございます。

昨年は、あまりブログの更新ができませんでしたが、今年こそは心機一転、記事を増やしたいと思っておりますのでよろしくお願い致します。

今年の抱負としては、身近なところから、まだ知らない近郊の名所・旧跡を訪ねて見聞を広げること、趣味の取り組みとしての和服・着物について、今年はより積極的に発信することの2点について、特に取り組んでいきたいと思っています。

本年もどうぞよろしくお願い致します。

2015年1月 bjiman

写真は、上段左が会津・鶴ヶ城、右がハレイワビーチのサンドバー、下段は、左が秋の昭和記念公園、右が香取神宮です。

by bjiman | 2015-01-04 02:29 | ご挨拶・お礼 | Comments(4)