<   2013年 07月 ( 15 )   > この月の画像一覧

DP2 Merrill で食事写真を撮ってみた。

「DP1&2 Merrill,SD1 Merrillで楽しむ1日」の後編です。今回は、DP2 Merrillで食事を撮ってみたものです。

(1) 私の好きな松飛台のPIZZA&PASTA屋さん、「クローバー」で、もう長年愛している「フランク」。フランクソーセージとベーコンを中心にしたパスタです。 (SIGMA DP2 Merrill,30mmF2.8,F3.2,1/20秒)
c0223825_23542827.jpg

昭和レトロな雰囲気が何ともいえず魅力的。
c0223825_23572841.jpg

ここに初めてきたのは、たぶん16,7年前。ずっと変わらない味とメニューに魅力を感じています。
c0223825_011478.jpg

(2) 夕食は、松戸駅近くの、「タベルナ・デル・ビットリオ」。ここもずいぶん通っている定番のお店です。
(SIGMA DP2 Merrill,開放,1/13秒,ISO200)
c0223825_031462.jpg

このお店は南イタリア、地中海料理のお店。ワインもシチリアのものが中心のセレクトです。
c0223825_083857.jpg

(3) 暑い日でした。こんな日はスパーリングワインで。リーズナブルなものですが、とても美味しかったです。
c0223825_011485.jpg

(4) こんがりローストしたホタテを生ハムでくるんだ、何とも食欲をそそる前菜。DP3もそうですが、メリル世代のDPは、どうもAWBの調整が雰囲気重視というか明るく色調を整えるのではなく、その場の雰囲気を濃くしたような方向に振られていて私はあまり好みではありません。このシーンも、AWBで撮って、現像の際のカラー調整で、26C+24M(シアンを+26、マゼンタを+24)まで振ってようやくお皿の白い雰囲気が出た、という感じです。ここらあたり、SONY RX100ならバシっと白に調整されます。されてしまいます、というべきかもしれませんが。 (SIGMA DP2 Merrill,30mmF2.8,F3.2,1/13秒,ISO400)
c0223825_0192316.jpg

(5) 色々なショートパスタ。文字通り色々なショートパスタが入っていて楽しい。
  この写真は、WBを「白熱電球」にセットして撮ったものですが、画像調整は、上と同じ26C+24Mです。少し赤っぽい感じが残っています。
c0223825_0222526.jpg

(6) 4種のチーズのピザ。クワトロフォルマッジ。私は最近、このピザに凝っています。なんといってもゴルゴンゾーラチーズの香りが好きです。この画像は、上と同じ白熱電球ベースで現像したものを、アドビで自動カラー調整して、さらに手動で整えたもの。白を白らしく出せますが、いじりすぎて昼間みたいになってしまいますね。
c0223825_03012100.jpg

やっぱり夜はもとのこんな感じの方がいいかな、と思いました。
c0223825_031184.jpg


DP2 Merrill、食事のシーンでも活躍してくれそうです!

2013.7.28 松戸市内にて
SIGMA DP2 Merrill
by bjiman | 2013-07-31 00:32 | 使用機材シグマのカメラ・レンズ | Comments(7)

DP1&2 Merrill,SD1 Merrillで楽しむ1日(前編、水元公園でのオニバスほか)

新しくなった我が家のラインナップ、DPメリル3兄弟とSD1 Merrill を持ち出して、水元公園に出かけ、メリル三昧を楽しみました。

(1) 暑くなってきました。水元公園のオニバスもかなり咲いてきました。今日は6輪咲いていたということです。今日はうっかりチェストポッド用のミニ三脚を忘れてしまったので手持ちです。手持ち300mmの場合は、開放でシャッタースピードを稼ぐしかないので細かいところまでは捉えられませんでした。望遠の場合は開放というのもひとつのセオリーですが、手ブレ補正があり、三脚などの補助具も使えるなら私は最近望遠でも絞った方が描写が好きです。 (SIGMA SD1 Merrill,SIGMA 70-300mm,300mm,開放)
c0223825_047821.jpg

(2) 半分水中に沈んでいます。本当に変わったお花です。
c0223825_055364.jpg

(3) 花の周りはとげだらけの葉。
c0223825_055660.jpg

(4) 今日はこのお花がいちばん開いていました。中が黄色くなっていてエキゾチックなのでその表情が撮りたいのですが、遠くてまだ無理です。今年はもう一回チャレンジしたいと思っています。
c0223825_0573988.jpg

(5) SD1用のレンズラインナップはSD15以来ずっと変わりないのですが特に望遠側が宿題になったままです。というのも、このオニバスや睡蓮のようなお花を撮ろうとすると、300mmの場合、APS-CサイズのSD1Merrill の場合450mm相当になるのですが、それでもこれが精一杯。いいレンズを導入した場合は300mm以上のレンズは大きく重くなるのでしっかりした三脚を持ち込む必要が出てきて撮り方も変わってしまいます。そんな訳でいつまでもハイC/Pタイプの70-300mmF4-5.6を使い続けているのですが、もっと進歩していかないといけないなぁと思いつつ、このレンズの描写が十分良いこともあってそのままになっています。
c0223825_1102789.jpg

(6) オニバスはこんな風に咲いています。今日はこの2輪ががいちばん遠かった。。。近くでフィルムカメラ+しっかりした3脚+500mmくらいのレンズで撮っていたカメラマンも私の方を見て一言、「咲いてねぇなー」。
フルサイズだと、500mmくらいあっても、APS-Cの私の300mmとあまり変わらなかったでしょうし、近くのお花は今日は撮れなかったですね。最近は、「やぁやぁ」さんの使っていたOM-D+300mmを導入するのもいいなぁと考えている私です。フォーサーズなら600mm相当になりますし。
c0223825_1134998.jpg

c0223825_1185035.jpg

(7) オニバス池の近くで咲いていた南国チックなお花。
c0223825_1212753.jpg

(8) オニバスも撮り終わったので、SD1をカバンにしまって、DPを撮りだしてスナップです。ハス池はまだまだ楽しめます。DP1 Merrillの等倍での解像感、素晴らしいものがあります。圧縮しないといけないのが残念! (SIGMA DP1 Merrill)
c0223825_1243426.jpg

c0223825_1254347.jpg

(9) 今日はけっこう暑かったです。なかなかそういう雰囲気にはなっていなかったですが、セミも鳴き出して、それらしくなってきました。 (DP1)
c0223825_1274390.jpg

(10) 東京都とは思えない水元公園の湿地。素晴らしい自然をずっと保存して欲しいものです。 (DP1)
c0223825_1291565.jpg

c0223825_1302337.jpg

(11) 湖面は赤の水草でいっぱい。
c0223825_1312393.jpg

赤から緑に変わっていく水草の葉が独特のグラデーションで彩ります。
c0223825_1332178.jpg

(12) お次はDP2 Merrill。同じ場面でも、ちょっとクローズアップした感じがまったく違う構図を作ってくれます。 (SIGMA DP2 Merrill)
c0223825_1355262.jpg

(13) DP2 Merrill はとても描写が良いです。SD1 Merrill よりも手軽に、それでいて何の遜色もない、むしろこの方が良い感じ。DP2xは相当好きでしたが、非常に自然な描写で、格段によくなった印象です。
c0223825_140219.jpg

(14) ヒメジョオンみたいな小さなお花。名札があったのですがメモっておくのを忘れてしまい、、、DP2 Merrillはクローズアップレンズなしでここまで迫れます。
c0223825_1431747.jpg

c0223825_144921.jpg

(15) DP2 Merrillを連れていると、何か今までと違う写真が撮れるような気がします。
c0223825_1455870.jpg

(16) ヒルガオ
c0223825_147487.jpg

(17) ウチワヤンマ
c0223825_1484390.jpg

(18) このお花も南国的な、すごくエキゾチックなよい香りがしていました。
c0223825_1502064.jpg

きれいな円形のボケが柔らかい雰囲気に。
c0223825_1511889.jpg

夏の水元公園を、SD1とDPメリルで楽しみました。私はDP2 Merrillが相当気に入りました。DP3も気に入っていたのでどうしよう、、、という嬉しい悩みです。

続きは、DP2 Merrill でこの後のランチとディナーを撮ってみました。次回はそれを取り上げます。

2013.7.28 水元公園にて
SIGMA SD1 Merrill
SIGMA 70-300mmF4-5.6DGOS
SIGMA DP1 Merrill
SIGMA DP2 Merrill
by bjiman | 2013-07-29 01:54 | 使用機材シグマのカメラ・レンズ | Comments(0)

水元公園のオニバス

今年、水元公園のオニバスは順調に咲き始めたようでしたが、7月21日の日曜日、勇んで撮りに出かけたら広いオニバス池に一輪しか咲いていませんでした。

(1) 7月21日のオニバス  (SIGMA SD1 Merrill,SIGMA70-300mmF4-5.6DGOS,300mm,F8,1/320秒)
不思議に思って係の方に質問してみたところ、写真を撮りに来た皆さんに聞かれると苦笑しながら、どうも低温のせいではないかと思っているとのこと。外気温が30度以上ないと水温が上がらず、花芽が出てこないのではないか、そんな風に思っていると。熱帯夜にならず過ごしやすいのはいいのですが、環境というのは色々な形で影響を表すものです。今度、猛暑になったら見に行ってみようと思いました。
c0223825_139422.jpg

(2) そのまま帰るのも勿体ないので、今年はもういいかなと思っていたハスを何枚か楽しんでみました。
(SIGMA SD1 Merrill,SIGMA70-300mmF4-5.6DGOS,160mm,F8,1/800秒)
c0223825_1444750.jpg

(SIGMA SD1 Merrill,SIGMA70-300mmF4-5.6DGOS,180mm,F11,1/500秒)
c0223825_147872.jpg

(SIGMA SD1 Merrill,SIGMA70-300mmF4-5.6DGOS,300mm,F8,1/80秒)
OSがあっても、300mで1/80秒では手ぶれの影響でクリアさが落ちます。
c0223825_1485172.jpg

(SIGMA SD1 Merrill,SIGMA70-300mmF4-5.6DGOS,300mm,F8,1/500秒)
同じ300mm、F8でも、1/500秒あると、クリア感が違ってきます。Foveonを活かすもっとも良薬は、十分な光量ではないかと思うのです。
c0223825_1535010.jpg

(SIGMA SD1 Merrill,SIGMA70-300mmF4-5.6DGOS,300mm,F8,1/400秒)
たくさんの光をもらって、素敵なハスを味わいました。
c0223825_1562028.jpg


2013.7.21 水元公園にて
SIGMA SD1 Merrill
SIGMA 70-300mmF4-5.6DGOS
by bjiman | 2013-07-25 01:56 | 水元公園の四季 | Comments(0)

DP1 Merrill&DP2 Merrill をちょこっと試す

7月21日、諸用事があって夕方になってしまったのですが、おニューのDP1&2 Merrill をもって、近所の江戸川河川敷までちょこっと試し撮りに出かけました。
(1) 江戸川河川敷 (SIGMA DP2 Merrill,30mmF2.8,JPEG,STD,F6.3,1/320秒,ISO200)
初期設定も慌ただしく出かけて何気なく撮り始めたので、最初はRAWではなくJPEGの設定になっていたのに気づきませんでした。で、普段は撮らないシグマのJPEGの絵というのを始めてじっくり見ました。カラーモードSTDは見た目にナチュラルな感じですが、地味目にも見えます。色目は好みですが、ヌケの良さが感じられます。
c0223825_22553234.jpg

(2) こちらはDP1 Merrill。これもJPEG、STDです。色目の印象は、当然ですが、上のDP2と同じです。
(SIGMA DP1 Merrill,19mmF2.8,JPEG,STD,F7.1,1/200秒,ISO200)
c0223825_233667.jpg

(3) JPEG設定に気づいて、RAWに設定し直したところで。JPEGの「撮ってだし」とRAW現像での感じ方の違いを見てみました。まずはDP1 Merrillから。
(SIGMA DP1 Merrill,19mmF2.8,JPEG,STD,F8,1/80秒,ISO200)
c0223825_2391724.jpg

(4) RAWで現像したもの。上はオールフラットで現像。この状態だと、(3)のJPEGと色目の印象は同じですが、ポジションの違いも若干あるのか、画像としてはかなり明るめな感じになります。特にコンクリート部分のコントラストに違いが出ています。
(SIGMA DP1 Merrill,19mmF2.8,F8,1/60秒,ISO200)
c0223825_23175810.jpg

若干色目調整したもの。コントラストが出てクッキリさせられましたが、写真として見た場合の善し悪しは微妙なところ。
c0223825_23123515.jpg

(5) DP2 Merrill で見たもの。DP1より切り取り感がある分、印象が濃くなります。まずJPEG撮ってだし。
(SIGMA DP2 Merrill,30mmF2.8,JPEG,STD,F8,1/80秒)
c0223825_2326233.jpg

(6) 続いてRAWからオールフラットで現像。やはりDP1のJPEGのSTDからの違いと同じ印象で、色目は変わらないものの、かなり明るめになり、コンクリート部分のコントラストの付き方にかなり差がでます。リバーサルとネガの違いの印象と似ているので、RAWの方がラチチュードが広いのかもしれません。
(SIGMA DP2 Merrill,30mmF2.8,JPEG,STD,F8,1/60秒)
c0223825_232942100.jpg

現像時に色目調整。そのままの感じもナチュラルでいいなぁと却って思わされるところがあります。
c0223825_2323850.jpg

(7) テストした後は、自由にRAWで、空色などを楽しみました。 (上DP1 Merrill,下DP2 Merrill)
c0223825_23414886.jpg

c0223825_23455974.jpg

(8) 上がDP1、下がDP2。DP2のシャープ感が秀逸。
c0223825_23471414.jpg

c0223825_23482724.jpg

(9) DP1
c0223825_23501855.jpg

(10) 自宅で。食事メニューを撮ってみました。この日、義父が趣味の農園で収穫したてのミニトマトの赤が眩しい。ナチュラルがとってもいいDP2。
c0223825_23541153.jpg

(11) 土用の丑の日が7月22日だったので、鰻の特売セールがあちこちでありました。デパートでタイムセールになっていた豪華お弁当を500円引きでゲット。ガッツを自分に注入しました。さて、お弁当くらいの大きさになれば、こんどのDP1は、広角のDP1でも最短撮影距離が短くなったので十分な像倍率が確保できるようになりました。鰻弁当を撮り比べてみました。 
まずは、DP1から。
c0223825_23593736.jpg

続いてDP2、ちょっとだけ左端トリミング
c0223825_023525.jpg

DP3も。
c0223825_043416.jpg

(12) このお弁当、柴又帝釈天参道にある老舗、ゑびす家さんのです。とってもとっても美味しくて感激しました。せっかく柴又も近いので、近々お店の方にもお邪魔してみようかと思いました。 (DP2)
c0223825_071764.jpg


以上、ちょこっとテストでした。

2013.7.22 
SIGMA DP1 Merrill
SIGMA DP2 Merrill
SIGMA DP3 Merrill
by bjiman | 2013-07-24 00:08 | 使用機材シグマのカメラ・レンズ | Comments(0)

2つのMerrill  DP1 Merrill、DP2 Merrill 投入!

(1) 7月20日、我が家に待望の DP1&DP2 Merrill がやってきました。これでDP Merrill シリーズがすべて揃い、SD1 Merrill と合わせて、我が家のSIGMA がすべて Merrill Generation に変わりました。 (SIGMA DP3 Merrill,F8,2秒,ISO200)
c0223825_202181.jpg

c0223825_254520.jpg

(2) SIGMA DP1 Merrill。35mm版換算28mm相当の19mmF2.8。初代DP1~DP1xまでは16.6mmF4レンズでしたので、F2.8に一段明るくなったは良いニュース。加えて最短撮影距離が従来の30mmから20mmに短縮されたのがとても大切な改良だと思います。使い勝手がずいぶん向上したのではないでしょうか。 (SIGMA DP3 Merrill,F8,1.6秒,ISO200)
c0223825_2132466.jpg

(3) SIGMA DP2 Merrill。35mm版換算45mm相当の30mmF2.8。初代DP2~DP2xまでの24.2mmF2.8レンズは、35mm版換算41mm相当でしたので、どちらかといえば標準レンズというより、パンケーキ的な、やや広角よりの性格でした。今回は45mmになって、より標準レンズに近づいた感があり、どんな雰囲気に変わったのか注目です。 (SIGMA DP3 Merrill,F8,1.6秒,ISO200)
c0223825_2234198.jpg

(4) DP1 Merrill のアクセサリー・シューには、DP1x用に使っていたSIGMA の純正ビューファインダー・VF-11を使います。このVF-11は、DP1sを愛用していた時代に中古で購入したものです。画角が広く、被写界深度の深いDP1の場合は、液晶画面を確認せずにファインダーで撮っても、私はあまりパララックスも感じませんし、むしろ気分よく撮れる気持ちを大切にしています。ピントの面でもスナップするような使い方の場合は、あまり実用上の問題はないように思います。 (SIGMA DP3 Merrill,F8,1.3秒,ISO200)
c0223825_2285122.jpg

(5) DP2 Merrill にも同じく、DP2x用に使っていたビューファインダーVF-21を使います。このVF-21は、DP2sを購入した時に、同時に新品で購入したものです。ただ、標準レンズのDP2の場合は、パララックスの関係もあるので、無限遠を撮るような使い方の場合以外は、液晶画面での確認をする場合が多いです。
(SIGMA DP3 Merrill,F6.3,0.8秒,ISO200)
c0223825_2395198.jpg

(6) DP1 Merrill の実戦状態。電源ランプが緑色に点灯するのが印象的。DP1は、Merrill Generationになってかなりフードの形が変わりました。レンズが沈胴式ではなくなり、ボディから鏡筒が飛び出ていることもあって、フードの全長は短くなりましたが、相変わらず逆ハメは出来ないので運搬は別にしなければならない点がやや使い勝手の点で不便です。フィルター口径は49mmでネジ山はレンズ本体の方に切ってありますから、フィルターを使う場合は、フードの内側になりますね。 (SIGMA DP3 Merrill,F6.3,1.3秒,ISO200)
c0223825_2454461.jpg

(7) 同じくDP2 Merrill の実戦状態。DP1と同じく、DP2x時代のフードとは、かなり形状も異なります。遮光効果をずいぶん考えたような感じです。(SIGMA DP3 Merrill,F6.3,1.3秒,ISO200)
c0223825_2523875.jpg

(8) 今回購入のフルセット。DP1&DP2本体の他に、それぞれのフードと、クローズアップレンズAML-2、追加バッテリー1個、液晶保護フィルター、16GBのSDカード一枚。これはもっとスピードの速いものにした方が良かったかな、とやや後悔。 (以下SIGMA SD1 Merrill,SIGMA 17-50mmF2.8)
今回の2台同時購入は、SIGMAの太っ腹なキャッシュバックキャンペーンのお陰です。キャンペーンも今月限りということで、やや慌ててですが投入に踏み切りました。2年間愛用したDP1x、DP2x&専用クローズアップレンズAML-1は下取りに出し、30mmF1.4レンズも追加で下取りに出して予算の範囲内に納めました。
c0223825_302856.jpg

(9) DP1 Merrill、DP2 Merrill の箱を開封するとこんな感じです。カメラは左側に入っています。
c0223825_362138.jpg

c0223825_38475.jpg

(10) DP1&2ばかり撮っていたのではDP3が可愛そうと、愛用中のDP3 Merrill の写真も撮りました(笑)
c0223825_315318.jpg

(11) 我が家のDP-Merrill 3兄弟。28mm,45mm,75mmF2.8単焦点を3本並べて。何かフィルム時代の単焦点レンズの定番を並べているような感じもありますね。写真って実はこれだけでかなりの範囲をカバーできると思います。
c0223825_319284.jpg

c0223825_3215753.jpg

(12) ほんのさわりの試写。DP1 Merrill。 (SIGMA DP1 Merrill,F8,1/200秒,ISO200)
c0223825_3254922.jpg

(13) DP2 Merrill で。 (SIGMA DP2 Merrill,F8,上1/640秒,下1/160秒,ISO200)
c0223825_3281827.jpg

c0223825_3285836.jpg


DP3兄弟との生活、これからが楽しみです。

2013.7.20~21 
SIGMA DP1 Merrill
SIGMA DP2 Merrill
SIGMA DP3 Merrill
SIGMA SD1 Meriil
SIGMA 17-50mmF2.8
by bjiman | 2013-07-22 01:55 | 使用機材シグマのカメラ・レンズ | Comments(4)

ゆいの花公園のカサブランカ 豪華な紅白のゆりを。

ゆいの花公園のゆりは、ベージュのものが咲いた後、紅白の大きなカサブランカが咲きます。

(1) 訪れた7月15日はゆりの時期としては最終盤、なんとか間に合いました。 (SIGMA SD1 Merrill,SIGMA 70-300mmF4-5.6DGOS,上225mm,F11,1/250秒,ISO800,下135mm,F11,1/320秒,ISO800)
c0223825_835671.jpg

c0223825_8404866.jpg

(2) こちらは白。大型なので迫力があります。 (SIGMA SD1 Merrill,SIGMA 70-300mmF4-5.6DGOS,200mm,F11,1/400秒,ISO200)
c0223825_843493.jpg

(3) この時期、葉色の鮮やかなコリウスには、藤色の花が咲いていました。ただ、花が咲くと葉色は褪色するので観賞用にするなら、花は摘み取ってしまう方がいいのだそうです。(SIGMA SD1 Merrill,SIGMA 70-300mmF4-5.6DGOS,135mm,F11,1/400秒,ISO800)
c0223825_850355.jpg

(4) ラベンダーのコーナーでは、まだ残るラベンダーの花にクマバチがたくさんやってきていました。(SIGMA SD1 Merrill,SIGMA 70-300mmF4-5.6DGOS,300mm,F11,1/500秒,ISO800)
c0223825_852359.jpg

(5) 公園を一歩出ると、とても大きな芙蓉のお花。(SIGMA SD1 Merrill,SIGMA 70-300mmF4-5.6DGOS,上200mm,下110mm,F11,上1/400秒下1/250秒,,ISO100)
c0223825_904859.jpg

c0223825_9132.jpg


2013.7.15 東松戸 ゆいの花公園にて
SIGMA SD1 Merrill
SIGMA 70-300mmF4-5.6DGOS
by bjiman | 2013-07-20 09:04 | 松戸市・ゆいの花公園 | Comments(0)

ヤブカンゾウ、オニバス、チョウトンボ、水元公園の夏

水元公園もすっかり夏の様相。今日はそんな水元公園の夏たちを。

(1) ヤブカンゾウ (SIGMA SD1 Merrill/SIGMA 70-300mmF4-5.6DGOS,上300mm,F8,下200mm,F11)
c0223825_7512991.jpg

c0223825_7543361.jpg

(2) ヤブカンゾウのオレンジを見ると、あぁ夏だなぁと思うのです。
c0223825_7564887.jpg

c0223825_758582.jpg

c0223825_7595113.jpg

(3) センニチコウのお花で食事するシジミチョウ
c0223825_813238.jpg

(4) 対岸にアオサギ
c0223825_83239.jpg

(5) オニバスが咲き始めました。今年はかなりお花がたくさん咲いています。
c0223825_851044.jpg

c0223825_86587.jpg

(6) 水元公園では、すっかり稀少になったほんとの赤とんぼ、アキアカネを見られます。
c0223825_881743.jpg

c0223825_8103073.jpg

(7) あと水元公園の夏といえば、このチョウトンボ。鮮やかな羽の輝きは、一見の価値ありです。
c0223825_8112880.jpg


水元公園の夏、今が楽しみ時です。
直射日光がかなり厳しい時期ですので、暑さ対策をしっかり取った上でお楽しみ下さい。

2013.7.15 水元公園にて
SIGMA SD1 Merrill
SIGMA 70-300mmF4-5.6DGOS
by bjiman | 2013-07-19 08:13 | 水元公園の四季 | Comments(1)

水元公園のハス2013 ~ブログ記事1000本突破記念~

ブログの掲載記事が気づかないうちに1000本を超えていて、この記事が1008本目ということになります。最初の記事は2009年の10月28日でしたので、3年と8ヶ月ちょっと書いてきたということになります。書き続ける内にやりたい事などがどんどん出てきて、書くことには事欠かない(むしろ時間が足りない(笑))のですが、1000本記念に何か振り返ってまとめのような感想を書こうかなぁと思っている内に間が開いてしまい、どうもそういう事はできそうもないので、この何回か、普通に記事を書きながらこの3年8ヶ月ブログを綴ってきて思うことなども書き添えていこうかと思います。
ということで、ブログ記事1000本突破記念記事の最初は、7月15日に楽しんだ「水元公園のハス2013」です。

(1) 3連休の最後の日、水元公園のハスを楽しみに行きました。 (SIGMA SD1 Merrill/SIGMA 70-300mmF4-5.6DGOS,300mm,F11,1/500秒,ISO200)
c0223825_021032.jpg

(2) この日、水元公園のハス池はまさに見頃、美しいお花が我も我もと美を競っています。 (SIGMA DP3 Merrill,50mmF2.8,F8,1/400秒,ISO200)
c0223825_075519.jpg

(3) 水元公園のハスも毎年撮っているので、ここ数年は、今年はどんな風にしてみようかというテーマをもって臨んでいます。今年は、大賀ハスは大きいので画面いっぱいにお花が入ることをイメージして、できるだけパンフォーカスでカチっとした描写にトライしてみることにしました。  (SIGMA SD1 Merrill/SIGMA 70-300mmF4-5.6DGOS,300mm,F11,1/400秒,ISO200)
c0223825_014444.jpg

(4) 強い日差しを浴びたお花に反射する光ごと、立体を取り込んだような。 (SIGMA SD1 Merrill/SIGMA 70-300mmF4-5.6DGOS,300mm,F11,1/400秒,ISO200)
c0223825_0221432.jpg

(5) どうやって、描写の個性を出そうかと。 (SIGMA SD1 Merrill/SIGMA 70-300mmF4-5.6DGOS,300mm,F11,1/500秒,ISO200)
c0223825_0382783.jpg

(6) ハスの花は、どこか天上との世界のつながりを感じさせます。 (SIGMA SD1 Merrill/SIGMA 70-300mmF4-5.6DGOS,上225mm,F11,1/400秒,ISO400,中200mm,F11,1/200秒,ISO800下225mm,F5.6,1/500秒,ISO400)
c0223825_0533277.jpg
 
c0223825_0562022.jpg

c0223825_059126.jpg

(7) 水元公園の水辺では色々なトンボを見ることができます。これはウチワトンボ。尾の部分に突き出たウチワ上のものが特徴。 (SIGMA SD1 Merrill/SIGMA 70-300mmF4-5.6DGOS,225mm,F11,1/640秒,ISO800)
c0223825_1105345.jpg
 
ウチワは、左右に分かれて対になっています。
c0223825_1171693.jpg

(8) はじまりとかがやき。
c0223825_1254840.jpg

c0223825_1284889.jpg

c0223825_1285256.jpg

c0223825_1341229.jpg

(9) そしておわりのとき。
c0223825_1373814.jpg

c0223825_1402182.jpg

c0223825_1393690.jpg

はじまりの美しさとおわっていく儚さ、、、ハスの花は鮮やかに魅せてくれます。
c0223825_142383.jpg

c0223825_1433377.jpg

(10) 足元にふっと見つけた蕾。そしてまた始まる力強さを内包している感じがして、風の強い日でしたが、DP3で辛抱強く色々な表情を真上から狙ってみました。 (SIGMA DP3 Merrill)
c0223825_1481168.jpg

c0223825_149425.jpg

c0223825_1495667.jpg


水元公園の大賀ハス、今年もたっぷり楽しみました。

2013.7.15 東京都葛飾区 水元公園にて
SIGMA SD1 Merrill
SIGMA 70-300mmF4-5.6DGOS
SIGMA DP3 Merrill
by bjiman | 2013-07-18 01:51 | 水元公園の四季 | Comments(2)

138羽の鶴が舞う入江長八の傑作~旧岩科学校の「鶴の間」~

(1) 旧岩科学校の2階に上がってきます。 (SIGMA SD1 Merrill,SIGMA 17-50mmF2.8)
c0223825_1173685.jpg

(2) 特徴的なバルコニーに出てみます。 
c0223825_17024.jpg

カーブするバルコニーの手すりとその向こうに見える整然とした屋根瓦。まさに和洋折衷の美。
c0223825_1195339.jpg

松崎町ならではの「なまこ壁」も目に入ってきます。
c0223825_1241278.jpg

(3) 見上げると「岩科学校」の金色の書。
c0223825_1223937.jpg

(4) バルコニーからの眺め。まさに眼下にゆったりとした岩科の町の雄大な展望。子どもたちを包み込む豊かで優しい自然があります。
c0223825_1271853.jpg

(5) 屋根瓦の整然とした姿に強く惹かれます。
c0223825_129048.jpg

(6) バルコニーから戻って天井を見上げると、美しい青の背景に映える鏝絵の美があります。
c0223825_1315880.jpg

c0223825_1334342.jpg


c0223825_1354951.jpg

(7) そしてこの建物最大の見所といってもいいのではないかと思います。入江長八作の138の鶴が描かれた「鶴の間」です。
c0223825_1432745.jpg

裁縫室としても使われていたそうです。
c0223825_1443312.jpg

(8) 長八66歳の時の作という鶴たちが、若人達の未来に輝くように羽ばたいています。
c0223825_1494839.jpg

c0223825_1515552.jpg

c0223825_1545472.jpg

(9) この急な階段がいかにも時代を感じさせるディティールです。
c0223825_1585295.jpg

(10) 1Fに降りてきました。この町らしい、なまこ壁が覗いています。
c0223825_214397.jpg

(11) 見所満載の旧岩科学校、ぜひお近くを御旅行の際は寄っていただけると嬉しいな。
c0223825_244446.jpg

c0223825_274924.jpg

(12) 開花亭
 入り口脇には、旧岩科役場として使われていた建物も展示されています。
c0223825_2134697.jpg

c0223825_215478.gif

(13) ここの天井にも見事な鏝絵があります。入江長八の高弟・佐藤甚作氏の作とのこと。
c0223825_2212848.jpg

これも、片目は入っていません。半分つぶって、といいますが、世の中、余り見えすぎても良いことはありません。少しこんな余裕がある方がいいですね。
c0223825_223792.jpg


これで松崎町特集を終わります。

2013.5.6 松崎町 旧岩科学校にて
SIGMA SD1 Merrill
SIGMA 17-50mmF2.8EXDCOSHSM
by bjiman | 2013-07-11 01:52 | 関東・東海旅日記(伊豆) | Comments(4)

(後編の(1))旧岩科学校(静岡県松崎町)

(1) 旧岩科学校は、明治13年築の伊豆地区最古の小学校。松崎町ならではの美しいなまこ壁、2階のバルコニーなど洋風のスタイルと和風の折混ざった和洋折衷の建築スタイルが見所です。
それでは、岩科学校の中に入ってみましょう。 (SIGMA SD1 Merrill,SIGMA 17-50mmF2.8)
c0223825_114206.jpg

(2) 最初に施設全体の説明があります。通されたのは校長室。怖そうな顔の校長先生が執務中です。
c0223825_119494.jpg

先生の前に進むと、何か怒られるような気がするのは、自分の学生時代の行いのせいでしょうか(笑) (SONY RX100,ツマ撮影)
c0223825_121057.jpg

(3) 玄関にあった扁額と同じ三条実美による「岩科学校」の書があります。(SIGMA SD1 Merrill,SIGMA 17-50mmF2.8)
c0223825_1273831.jpg

(3) 明治23年に発布された教育勅語が飾ってありました。教育勅語というのも言葉では知っていましたが、こうして改めて内容を読んでみる機会というのもあまりないものですね。
c0223825_134217.jpg

(4) 隣の教室では、先生が授業中のようです。
c0223825_1372362.jpg

(5) 熱弁の様子が伝わってきます。「今でしょう!」とは言っていなかったと思うけど(笑)
c0223825_1415573.jpg

(6) 生徒にも色々な境遇の子がいたでしょう。子守をしながら勉強している子もいて、こういう風景を今の子どもたちに見せるというのも良い学習になるのではないかと思います。
c0223825_143591.jpg

当時使っていた教科書なども展示されていて、とてもわかりやすい良い展示だと思いました。
c0223825_146950.jpg

c0223825_1464810.jpg

(7) 岩科学校で実際使っていた給食の食器です。
c0223825_148108.jpg

(8) 明治時代、授業の合図は、この大太鼓で行っていたそうです。後年は脇にある鐘になったとか。
c0223825_1504122.jpg

(9) こちらの教室(?)では、女性がお裁縫を教えています。ヘリのない畳が当時を感じさせます。
c0223825_1555389.jpg

(10) こういう建物って、この廊下がいいんですよね。子ども達の歓声が聞こえてきそうです。
c0223825_1582293.jpg


こういう展示は当時の事もよくわかり、いい見学の機会になると思いました。後編の(2)では、2階に上がってみたいと思います。

2013.5.6 松崎町 旧岩科学校にて
SIGMA SD1 Merrill
SIGMA 17-50mmF2.8EXDCOSHSM
SONY RX100
by bjiman | 2013-07-10 01:49 | 関東・東海旅日記(伊豆) | Comments(0)