<   2010年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧

本土寺 2010 秋 ③ ~最終回。また来年を楽しみに~

秋の本土寺特集も最終回。今日は順路でいうと後半の半分を一気に回ります。

(1) 瓦の上は紅化粧         50-200mmF4-5.6DC OS HSM
c0223825_0103532.jpg

c0223825_0132076.jpg

(2) 多種多様 表情多彩       50-200mmF4-5.6DC OS HSM
c0223825_017974.jpg

c0223825_0185117.jpg

c0223825_0201443.jpg

c0223825_022459.jpg

c0223825_0241586.jpg

(3) 今回のハイライトは、ここでした    10-20mmF4-5.6EX DC HSM
c0223825_0332373.jpg

c0223825_0374216.jpg

c0223825_0403515.jpg

(4) 黄色一面        10-20mmF4-5.6EX DC HSM
c0223825_0472953.jpg

(5) 緑も楽しまないと。   10-20mmF4-5.6EX DC HSM
c0223825_0505088.jpg

c0223825_0572154.jpg

おっと、そういえば今回、標準ズームを使っていなかった、、、と取り出し。
(6) 今回のもうひとつのハイライト。道沿い一面、色とりどりの役者たち。       17-50mmF2.8EX DC OS HSM
c0223825_135197.jpg

(7) 秋の短い日差しはもう落ちていたけれど、、、十分楽しめました。         17-50mmF2.8EX DC OS HSM
c0223825_161255.jpg
 
c0223825_1846.jpg
 
(8) 本土寺は、広い庭園を周回して回ってくるようになっています。散策コースももうすぐ終わり。   10-20mmF4-5.6EX DC HSM
c0223825_1114640.jpg

(9) 燃えるような紅にお別れして帰ることにしましょう     17-50mmF2.8EX DC OS HSM
c0223825_1163331.jpg
 
(10) 「ばいばい、また来年」って言っているみたいに見えるのはいつもの妄想癖。 17-50mmF2.8EX DC OS HSM
c0223825_1164940.jpg

(11) 今回は標準ズームの出番があんまりありませんでした。   17-50mmF2.8EX DC OS HSM
c0223825_1221730.jpg

(12) ではこれで終わりです。   17-50mmF2.8EX DC OS HSM
c0223825_1233786.jpg


  秋の本土寺2010、楽しんで頂けたでしょうか。。。

  2010.11.27 本土寺にて
  SIGMA SD15
  SIGMA 10-20mmF4-5.6 EX DC HSM
  SIGMA 17-50mmF2.8 EX DC HSM
  SIGMA 50-200mmF4-5.6DC OS HSM
  Raw,SIGMAPhotoProにて現像
by bjiman | 2010-11-30 01:24 | 松戸市・本土寺(あじさい寺) | Comments(12)

本土寺 2010 秋 ② ~鮮やかな時間~

本土寺特集も2日目。今日は中をゆっくり歩いてみましょう。
(1) 昭和年代の小学校校舎 というイメージ。   10-20mmF4-5.6EX DC HSM
c0223825_163476.jpg

c0223825_181345.jpg

(2) '多少歪んでも全部入れたい' という気持ち    10-20mmF4-5.6EX DC HSM
c0223825_113454.jpg

(3) 質素な中にも品のある佇まい    10-20mmF4-5.6EX DC HSM
c0223825_1164010.jpg

(4) 「こんな隠れ家が欲しい」  追いかけられるようなご身分ではないけれど(笑) 10-20mmF4-5.6EX DC HSM
c0223825_1194311.jpg

c0223825_1222999.jpg

(5) レンズを持ち替えて、ここからは、ちょっと望遠の世界。   50-200mmF4-5.6DC OS HSM
c0223825_1264917.jpg

(6) まるでライトアップされているかのよう。  50-200mmF4-5.6DC OS HSM
c0223825_129797.jpg
 
(7) 同じ場所でも、レンズが変わるとまた視点が変わります。   50-200mmF4-5.6DC OS HSM
c0223825_1315775.jpg

(8) 屋根瓦の黒って、とっても魅力的な被写体    50-200mmF4-5.6DC OS HSM
c0223825_134410.jpg

(9) 一筋の光明    50-200mmF4-5.6DC OS HSM
c0223825_1383120.jpg
  
(10) 夢を見ているような鮮やかさ    50-200mmF4-5.6DC OS HSM
c0223825_141819.jpg

(11) 誰かが、'燃えるような紅' と言っていたけど、そんな感じ。   50-200mmF4-5.6DC OS HSM
c0223825_1455959.jpg

(12) いい位置に、大銀杏があるんです。  10-20mmF4-5.6EX DC HSM
c0223825_150121.jpg

(13) 望遠で覗くと、またひと味違う。   50-200mmF4-5.6DC OS HSM
c0223825_1591565.jpg

(14) 足元に、こんな鮮やか。   50-200mmF4-5.6DC OS HSM
c0223825_1523048.jpg



まだまだやりたいのですが、今日は時間になりました。また明日に続きます。明日で終わる予定です。

  2010.11.27 本土寺にて
  SIGMA SD15
  SIGMA 10-20mmF4-5.6 EX DC HSM
  SIGMA 50-200mmF4-5.6DC OS HSM
  Raw,SIGMAPhotoProにて現像
by bjiman | 2010-11-29 01:59 | 松戸市・本土寺(あじさい寺) | Comments(10)

本土寺 2010 秋

(1) そうだ、本土寺いかなきゃ。   10-20mmF4-5.6EX DC HSM
c0223825_783085.jpg

(2) ちょうど見頃みたいです。    10-20mmF4-5.6EX DC HSM
c0223825_794097.jpg

(3) それでは早速入ってみましょう。   10-20mmF4-5.6EX DC HSM
c0223825_7102848.jpg

(4) といいながら、門の脇のところへ。   10-20mmF4-5.6EX DC HSM
c0223825_7111742.jpg

(5) 屋根にかかった紅がとてもきれいです。   10-20mmF4-5.6EX DC HSM
c0223825_712216.jpg

(6) 同じところでたくさん撮ってしまいました。    10-20mmF4-5.6EX DC HSM
c0223825_721155.jpg

(7) 門をくぐって、横を見ると   10-20mmF4-5.6EX DC HSM
c0223825_7143158.jpg

(8) どんどん進んでいきます。    10-20mmF4-5.6EX DC HSM
c0223825_7172933.jpg

(9) お天気が良かったです。   10-20mmF4-5.6EX DC HSM
c0223825_7283195.jpg

(10) 見事な樹形です。    10-20mmF4-5.6EX DC HSM
c0223825_7304523.jpg

(11) 柔らかな陽光に気分もよく  10-20mmF4-5.6EX DC HSM
c0223825_7332544.jpg

(12) 大勢のカメラマンで賑わっていました。    10-20mmF4-5.6EX DC HSM
c0223825_7445277.jpg

(13) しかし見事なものです。なかなか先へ進めません。。    10-20mmF4-5.6EX DC HSM
c0223825_748349.jpg

(14) 紅・黄が寄り添い         10-20mmF4-5.6EX DC HSM
c0223825_751135.jpg


  時間がなくなりました。。続きはまた今夜に。

 2010.11.27 本土寺にて
  SIGMA SD15
  SIGMA 10-20mmF4-5.6 EX DC HSM
  Raw,SIGMAPhotoProにて現像
by bjiman | 2010-11-28 07:53 | 松戸市・本土寺(あじさい寺) | Comments(12)

松戸神社、坂川の秋 2010

レンズテストもひととおり終わったので、今回は、アトランダムに、思いついた画角で、思いのとおり、'松戸神社、坂川の秋' を楽しんでみました。良かったら見ていって下さい。

  (1) 冬支度、紅葉の輪舞   50-200mmF4-5.6DC OS HSM
c0223825_04492.jpg

  (2) 虫たちの芸術的な食後   50-200mmF4-5.6DC OS HSM
c0223825_0115556.jpg

  (3) 猫じゃらし   50-200mmF4-5.6DC OS HSM
c0223825_0142834.jpg

  (4) もう頑張らなくていい   50-200mmF4-5.6DC OS HSM
c0223825_0191512.jpg

  (5) そっとそっと 暖かなひかり   50-200mmF4-5.6DC OS HSM
c0223825_0222052.jpg

  (6) 午前10時45分のイルミネーション    17-50mmF2.8EX DC OS HSM
c0223825_0291023.jpg

  (7) さぁ僕らの季節だ!    17-50mmF2.8EX DC OS HSM
c0223825_034411.jpg

  (8) 和風な気分のバラ一輪    17-50mmF2.8EX DC OS HSM
c0223825_0454990.jpg

  (9) 散り際の美      17-50mmF2.8EX DC OS HSM
c0223825_0531377.jpg

 (10) 鮮やかさに目が眩む   17-50mmF2.8EX DC OS HSM
c0223825_124841.jpg

 (11) 枝にあって良し、落ち葉となっても、これもまた良し。    17-50mmF2.8EX DC OS HSM
c0223825_163291.jpg

 (12) たまには、ちょっとゴージャスに。    17-50mmF2.8EX DC OS HSM
c0223825_111630.jpg

 (13) 屋根化粧    17-50mmF2.8EX DC OS HSM
c0223825_1135144.jpg
   
 (14) 主役は僕。君たちは太刀持ち。    17-50mmF2.8EX DC OS HSM
c0223825_126671.jpg

 (15) 青空に映える潜龍橋      10-20mmF4-5.6EX DC HSM
c0223825_1324149.jpg

 (16) 大銀杏と神楽殿    10-20mmF4-5.6EX DC HSM
c0223825_1393365.jpg

c0223825_1422570.jpg

 (17) 伊勢丹と生きる街      17-50mmF2.8EX DC OS HSM
c0223825_1511276.jpg

 (18) しっとりと、、、秋     17-50mmF2.8EX DC OS HSM
c0223825_1545469.jpg

 (19) モダンさと、伝統と      17-50mmF2.8EX DC OS HSM
c0223825_158394.jpg


 いかがでしたでしょうか。松戸神社、坂川の秋をお楽しみいただけましたでしょうか。。。

  2010.11.21 松戸市にて
  SIGMA SD15
  SIGMA 10-20mmF4-5.6 EX DC HSM
  SIGMA 17-50mmF2.8EX DC OS HSM
   SIGMA 50-200mmF4-5.6DC OS HSM
  Raw,SIGMAPhotoProにて現像
by bjiman | 2010-11-27 02:01 | 私の原点・坂川めぐり | Comments(6)

新レンズをお気に入りの散歩コースで試す~④10-20mm F4-5.6EX DC HSM~

お気に入りの散歩コースで新レンズを試す、の第4回目。今日は、超広角ズームの10-20mmF4-5.6 EX DC HSMです。
c0223825_23392590.jpg

DP1s/2sを愛用していると、ちょっと足りないなぁと欲しくなるレンズが、超広角域か、70mm程度のちょっとした望遠でした。(21mmF4のDP1wとか、50mmF1.8のDP3とかあるといいなぁ。)
シグマの超広角ズームは8-16mmF4.5-5.6と10-20mmF3.5とこのレンズの3本があり、画角で選ぶなら8-16mmを、明るさで選ぶなら10-20mmF3.5をとなりますが、私は、超広角ズームは扱いが難しく、自分にうまく使えるかイメージが出来なかったのであまりお金をかけないようにしようと考え、いちばん旧く、値段がこなれている10-20mmF4-5.6にしようと決めました。
そう決めたところ、ちょうど程度の良い中古品が出て(しかも稀少なシグママウントの)お値段もリーズナブルだったため、SD15のボディを買う前(笑)に運命だと考えて即決、まずこのレンズを買って、覚悟を決めた後にSD15を買いました。
c0223825_2356230.jpg

それでは早速使ってみましょう。

   (1) 松戸旧景
 昭和の年代から変わらない風景があります。 
c0223825_01820100.jpg

   (2) のびゆく夢
 強烈なパースペクティブ。レンズに振り回されないように。
c0223825_0223417.jpg

   (3) タイムスリップ
c0223825_0301594.jpg

   (4) 河沿いを歩く
c0223825_027020.jpg

   (5) 変わりゆく街
 誇張した画角で近未来感も誇張して。
c0223825_0321811.jpg

   (6) 寄り添うから人なんだ
 超広角ズームって結構寄れるんですよね。最短撮影距離は24mm。
c0223825_0381615.jpg

   (7) 春雨橋通りは昭和の香り
c0223825_0494812.jpg

   (8) 右45度、旋回
c0223825_0525953.jpg

   (9) 東府屋 人形店
c0223825_0553439.jpg

   (10) 河の国への入り口
c0223825_1344617.jpg

   (11) おいでおいで
c0223825_1383445.jpg

   (12) 葉 影
c0223825_1412599.jpg

   (13) 伸びゆく未来へ~松戸市 ArtLineProject 2010 ~
c0223825_1434014.jpg

(14) 伊勢丹と暮らす河の街
c0223825_1474399.jpg

   (15) 泳げる川を目指して
c0223825_1512193.jpg

c0223825_1532539.jpg

   (16) 大銀杏
c0223825_1561299.jpg
 
  (17) 謳歌する紅
c0223825_20377.jpg

  (18) はい握手
c0223825_224059.jpg


 デジタル一眼レフで初めて超広角ズームを使ってみましたが、もうとにかく凄い。圧倒的な画角の情報量を前に、どう画面を構成したら良いか、、、ただただ圧倒されながらも「おもしろい!」と思って夢中で撮影しました。初めて故、やたらと広角なだけになってしまったかもしれませんが、この超広角ズーム、一眼レフシステムを構築する上では、やっぱり欠かせないレンズだなぁーと改めて認識しました。このレンズも持ち出す機会が増えそうです。
(世界発の8mmを持つ、8-16mmは私にはオーバースペック。10-20mmF4.5-5.6で十分ですし、その分リーズナブルでいい買い物でした。)

  2010.11.21 松戸市にて
  SIGMA SD15
  SIGMA 10-20mmF4-5.6 EX DC HSM
  Raw,SIGMAPhotoProにて現像
by bjiman | 2010-11-26 01:35 | 使用機材シグマのカメラ・レンズ | Comments(4)

新レンズをお気に入りの散歩コースで試す~③30mm F1.4EX DC HSM~

お気に入りの散歩コースで新レンズを試す、の第3回目。今日は、大口径単焦点の標準レンズ、30mmF1.4 EX DC HSMです。
c0223825_26536.jpg

この30mmF1.4をSD15に装着すると35mm換算の焦点距離は51mm。定番中の定番の標準レンズということになります。SD15に大口径が良く似合います。
c0223825_274812.jpg

今回30mF1.4をリストしたのは、DP2sの24.2mmF2.8を使っていて、焦点距離と明るさの組み合わせ故か、このレンズは「標準レンズ」といいながら、実際は広角的な性格が濃くて35mm版時代の50mmF1.4とは用途も性格も異なる(どちらかといえば35mmF2.8や40mmF2.8パンケーキのような感覚)と感じられたからです。24.2mmより少し長い30mm、そしてF2以下のF1.4という明るさを持つこの30mmF1.4は、よりフィルム時代の標準レンズ的な性格に近いかなと思った事が選択理由です。
それでは早速使ってみましょう。
  (1) NTTビル
 50mmらしい自然な画角。いいなぁと思いました。
c0223825_2182743.jpg

  (2) 坂川の橋を渡る 
c0223825_2211775.jpg

  (3) 軒先の花
私はフィルムカメラ時代から50mmF1.4やF1.7開放を使って、大口径開放の写真を撮るのが大好きでした。いい感じにぼけてくれます。(これはF2で撮影)
c0223825_2265516.jpg

  (4) 河の風景
絞りを開けば柔らかくぼけ、絞りを絞れば自然なスナップが撮れる。50mm単焦点ならではの世界、それもフィルム時代よりずっとクリアでシャープな画像に、「このレンズを買って良かった」と思いました。
この写真を現像しているとき、よくFoveonを評して言われる「空気感がある」という言葉を思い出しました。
c0223825_2312960.jpg

  (5) 見落とす美
c0223825_2362985.jpg

  (6) 冬を迎える
F1.4開放を使ってみました。自然なぼけと画角。50mm単焦点の世界があります。
c0223825_2405591.jpg

  (7) 散歩道
何度も何度も撮っているこの道。奥までシャープな画像で驚きました。
c0223825_2431354.jpg

  (8) カラフル
クリアで現代的な色。新しい設計のレンズならではです。
c0223825_2461559.jpg

c0223825_2483163.jpg

  (9) 静かな日々
c0223825_253074.jpg


標準ズームや望遠ズーム、マクロレンズ等と比べ、今や地味なレンズとなった標準単焦点ですが、今回買った5本の中で、自分の中ではこれが一番の '当たり' でした。
APS-C になってから35mm時代とは違う焦点距離にずっと違和感がありましたが、この30mmF1.4には、確かに、50mm標準レンズの世界が感じられます。
私の好きな写真家の大西みつぐさんが、ニコンの35mmF1.8が発売されたのに一念発起して、D300sにそのレンズだけを使って「標準視界」という写真集を出されたことに触発されていました。
私も、この30mmF1.4で、自分なりの「標準視界」を撮っていきたいと思っています。

  2010.11.21 松戸市にて
  SIGMA SD15
  SIGMA 30mmF1.4 EX DC HSM
  Raw,SIGMAPhotoProにて現像
by bjiman | 2010-11-25 01:55 | 使用機材シグマのカメラ・レンズ | Comments(6)

新レンズをお気に入りの散歩コースで試す~②50-200mm F4-5.6 DC OS HSM/MACRO70mmF2.8EX DG~

お気に入りの散歩コースで新レンズを試す、の第2回目。今日は、まず、望遠ズームの50-200mm F4-5.6 DC OS HSMです。
c0223825_132236.jpg

望遠ズームの選択は幅広く、どのレンズを選択するかは最も悩んだところです。70-200mmF2.8EX DGが欲しいのですが、最近このレンズは手ブレ補正付きの新型が出たものの価格が高く(16万円)て手が出ません。中途半端なものを揃えてもお金がかかるばかりで意味もないので、いちばんシンプルな50-200mmF4-5.6を選びました。このレンズは昨年新型に切り替わったところで手ブレ補正、HSM付きと現代的なレンズになっています。
(1) それでは早速、足元に咲いていたお花など近接撮影してみました。このレンズの最短撮影距離は1.1m、撮影最大倍率は0.22倍。特別寄れるレンズではありませんが、実用上十分です。
c0223825_1463343.jpg

(2) 手ブレ補正機能が付いているお陰でファインダー像がピシっと決まり、ピントが取りやすいです。
c0223825_1513448.jpg

(3) SD14までは赤が色飽和しやすいかったとの評価を見かけましたが、SD15では大丈夫なようです。
c0223825_1542484.jpg

(4) このレンズ、新品同様の中古で1.6万円でした。新品でも2万円そこそこ。価格を考えると全く問題なくお買い得なレンズだと思います。フードもクリックストップがカッチリしていて、この点では17-50mmEX DC OS HSMより好印象でした。よく出来ています。
c0223825_1572080.jpg


さて、とはいっても撮影倍率0.22倍では物足りないところですし、マクロレンズは必須です。
というところで、MACRO70mmF2.8EX DG を試してみます。
c0223825_2103767.jpg

(5) それでは早速、さきほど50-200mmF4-5.6で撮影したのと同じお花から。
c0223825_2153849.jpg

(6) さきほどの50-200mmも2万円そこそこのレンズとしては十分な性能でしたが、さすがにこちらはEXシリーズのマクロだけあって、コントラストが高く、画質が一段上がった印象がありました。ただ、このクラスの倍率になると、手持ちではピントが厳しいです。
c0223825_2181066.jpg

(7) とても小さくて、美しい世界を楽しめます。
c0223825_2231597.jpg

(8) ちょっとピントが甘くて恥ずかしいのですが、美しい色の免じてご容赦下さい。
c0223825_2253548.jpg

(9) 小指の先ほどの、とても小さなお花を撮っていたら、現像の時、もっと小さなバッタの子どもがいたことに気づきました。
c0223825_2283854.jpg

(10) 仲良しに見える2枚。ぼけ味もきれい。
c0223825_2303716.jpg

(11) 70mmマクロはSD15に装着すると120mm程度の中望遠レンズ。このクラスのレンズって、  スナップにも使いやすいですよね。
c0223825_2363628.jpg

(12) 直径3mm程度のツボミ。さすがにこれは手持ちでは無理か(笑)。手ブレ補正が付くともっといいですね。
c0223825_2393673.jpg

(13) お花が咲くとこうなります。純白の白がまぶしいくらい。
c0223825_2415231.jpg

(14) ペンタの時はボディ内手ブレ補正だったのでマクロには有利でした。このレンズを十分に楽しむには、三脚が必須ですね。今回は全て手持ちだったので、今度は3脚持って行こうと思います。
c0223825_2441273.jpg

このマクロレンズ、唯一の不満はフード。金属製のねじこみ式なので、逆ハメが出来ず、収納時や運搬時にとても不便です。シグマに注文できるとすれば、このフードは改善して欲しいなぁ。

  2010.11.21 松戸市にて
  SIGMA SD15
  SIGMA 50-200mmF4-5.6 DC OS HSM
  SIGMA MACRO70mmF2.8EX DG
  Raw,SIGMAPhotoProにて現像
by bjiman | 2010-11-24 01:56 | 使用機材シグマのカメラ・レンズ | Comments(6)

新レンズをお気に入りの散歩コースで試す~①17-50mmF2.8EX DC OS HSM~

さて、今日からは、私のお気に入り・松戸市にある坂川沿いの散歩コースで、新レンズ5本を試写してみた特集です。良かったら見て下さい。
最初は、主力レンズとなる、標準ズームの、「17-50mmF2.8EX DC OS HSM」です。
c0223825_1505321.jpg

私はこのブログにエントリーした370本の記事のうちペンタのDA☆16-50mmF2.8が74回、シグマの18-50mmF2.8EX DCが32回の計106回と全体の1/3はこのタイプのレンズで撮っているので、最重要レンズということになります。シグマには、標準ズームが廉価版のキットレンズタイプ、常用タイプとこのEXシリーズの3本ありますが、重要レンズということで、一番高価ですがこの17-50mmF2.8を選びました。ペンタで愛用した旧タイプの18-50mmF2.8と比べると、広角側が1mm伸び、手ブレ補正(os)や超音波モーター(HSM)タイプとなって随分装備が充実したので期待できます。では出かけましょう。(なお、途中まで気づかずにISO400のまま撮っていたので、ちょっとノイジーですが、初めてに免じてご容赦下さい。)

         (1) 連続する直線
c0223825_2153552.jpg

         (2) デコレーション
c0223825_2173561.jpg

         (3) 川岸の華
c0223825_2201027.jpg

         (4) マフラー
c0223825_2262945.jpg

         (5) 河と暮らす街
c0223825_2291080.jpg

         (6) 秋の落とし物
c0223825_2331827.jpg

         (7) 落とし主
c0223825_2373238.jpg

         (8) 洗濯物
c0223825_2403747.jpg

         (9) X'masデコレーション
c0223825_2422183.jpg

        (10) ゴージャス
c0223825_2444792.jpg

        (11) ゴージャスⅡ
c0223825_246178.jpg

        (12) 自転車に隠れて
c0223825_2482287.jpg

        (13) 焼肉三味園
c0223825_2512548.jpg


F2.8大口径タイプの標準ズームの良い点は、28mmなどの広角側での風景写真を絞りを入れて撮る良さに加えて望遠70mm側で開放F2.8が使えてお花の撮影などにも適している点があると思います。今回は、初めてということでISO400のまま撮ってしまうというミスをして、空の青にかなりノイズが出てしまいましたが、不思議なことに、却ってフィルムスキャンしたような空の青で、今リサイズ作業をしながらちょっと驚きました。
フィルムっぽい青だな、最後の(13)の青は、何だなベルビアの青みたいだなぁと思いました。。。
(今見たら今年8月のアサカメで写真家の竹中さんがSD15の空の青を表して、「フィルム的な空の青だ、プロビア100Fに近い」と表しておられました。ベルビアとぜんぜん違いましたね(笑))
17-50mmには、後半でISO100のチャンスをあげるので暫く様子見ということで次、望遠の50-200mm編に続きます。

  2010.11.21 松戸市にて
  SIGMA SD15
  SIGMA 17-50mmF2.8EX DC OS HSM
  Raw,SIGMAPhotoProにて現像
 
by bjiman | 2010-11-23 01:46 | 使用機材シグマのカメラ・レンズ | Comments(11)

SIGMA SD15

さて、今回我が家にやってきた一眼レフは、SIGMA SD15。
シグマが国内で自社生産しており、機種はこれ1機種だけ。初代のSD9からSD10、SD14と続きSD15で4代目。米国のベンチャー企業だったFoveon社が開発したFoveonX3という世界唯一のカラーセンサー(全画素からRGBを別々に取り出して合成することが出来る)を採用して行う独自の絵作りが特徴です。
c0223825_021125.jpg

メジャーなメーカーの高機能な機種と比べ価格競争力は劣りますが、DPシリーズを愛用していると、気の利かないボディデザインすらシックに見えてくるから「アバタもエクボ」です。私は元々ちょっと天の邪鬼で小学生の時に流行ったBCLラジオも私は東芝のTRY-X(笑)でした。
今回SDにしたのも、半分は、今年ドイツのフォトキナで発表された新センサーにまつわるFoveon社の完全子会社化の苦労話や、今後も国内工場で出来る範囲でやっていくというシグマ山本社長の会見記事に感銘を受けたこと、半分は、HOYAに吸収されて最近ちょっとメジャーになったPENTAXから離れたかった(笑)という気分があります。もちろんDPの絵が気に入っていたのが一番ですが。
c0223825_1155777.jpg

そんな訳で、この後、今回購入した5本のレンズを、私お気に入りの松戸・坂川の散歩コースで試写してみましたので、良かったら見ていって下さい。

   2010.11.21 
   bjiman
   (SD15の写真:SIGMA DP2s) 
  
by bjiman | 2010-11-23 01:45 | 使用機材シグマのカメラ・レンズ | Comments(2)

一眼レフラインナップ一新~2011年のカメラ計画~

c0223825_22325896.jpg

2010年はDP1s、DP2sのDP軍団を迎えたのがいちばんのニュースになると思ったのですが、DP1s、DP2sを愛用するうちに、PENTAX一眼レフのレンズ群に余剰感が出てきました。
28mm(DP1s)と41mm(DP2s)の単焦点2本が追加になったのですから当たり前なんですが、私はコレクションする趣味はなく、保管する場所もなく、中古カメラ、中古レンズの愛用者としては、防湿庫もない保管ではカビも怖いし、愛用しなくなったレンズはキレイな内に市場に出して使ってくれる方にリレーし、自分も何か新しい挑戦に役立てたいという思いがあります。
('2010年のカメラ計画' はこちらに載せています。)
一方、DP1s、DP2sを愛用し、現像ソフトのSIGMA PhotoProによる画像処理がすっかり気に入った私としては、一眼レフもSIGMAで揃えたいという思いが出てきました。
c0223825_2250356.jpg

PENTAX K20Dは、HOYAに吸収される前にPENTAXとして発売された最後のカメラであり、そういう意味での愛着がありましたが、K20Dにちょっと使わなくなったレンズを付ければSIGMAのSD15に代えられるなぁと思ったらもう止まらず(笑)、人生光陰矢のごとしであり、新しい挑戦を優先しようという思いになりました。
そこでシグマのレンズラインナップを検討した結果、以下のラインナップにしようと考えました。

(超広角ズーム)10-20mmF4-5.6EX DC HSM
(標準ズーム)17-50mmF2.8EX DC OS HSM
(望遠ズーム)50-200mmF4-5.6 DC OS HSM
(標準単焦点)30mmF1.4 EX DC HSM
(マクロレンズ)MACRO70mmF2.8EX DG

これは、DP1s,DP2sを中心(笑)にラインラップを検討した結果で、DP1s、DP2sではカバーできない範囲、例えばまず、超広角ズーム、次に望遠ズーム、次にF1.4の標準単焦点、次にマクロという順です。最後に当然標準ズームがないと困るので、標準ズームという形です。それぞれのレンズを選択した理由は、後ほど、テスト撮影の様子などの中で触れていきたいと思います。
なんといってもマイナーなシグママウントレンズ。中古市場への流通量が少ないので、このラインナップを一度に全部揃えるのはさすがに大変だろうから、順番にやっていこうと考えていたのですが、新宿のカメラ屋さんと相談しながら進めていたところ、2回の売買で全て程度の良い中古品で揃えることが出来ました。当然当方もペンタの一眼レンズのうち値段のつきそうなもの全てを持ち込み、結果2点のお断り(笑)以外は全て順調に売却できたお陰で、差額は3千円(笑)で済み、年末にDP2sの支払いを控え(汗)、追金なしの方針で臨んでいた私としては大変満足できる結果となりました。
早速今日、購入した5本のレンズとともに、ライフワークの松戸・坂川を撮影してきましたので、明日以降に順番に載せていきます。良かったらまた見て頂けるとウレシイです。

  2010.11.21 bjiman
  ラインナップの写真:1枚目:RICOH GRD2、2枚目:SIGMA DP2s
by bjiman | 2010-11-21 23:14 | 使用機材シグマのカメラ・レンズ | Comments(10)