<   2010年 08月 ( 27 )   > この月の画像一覧

2009年夏の札幌旅行(5)

2009年夏の札幌旅行も今回で終わりです。
この日の目的は、定山渓温泉。円山からだとすぐに藻岩を抜けて定山渓へ行く国道へ抜けることができます。
円山登山の後、ちょうどお昼時ということで、クルマでちょっと走って、札幌在住時代に行けなかったスープカレー屋さん、MEDICINEMAN(メディスンマン)へ。
c0223825_236354.jpg
c0223825_2401431.jpg

メディスンマンのスープカレーは、オーソドックスなスープカレーではなく、少しコンソメ風で軽い感じです。スープカレーにも色んな味があります。
c0223825_2451815.jpg

食事後は、札幌の奥座敷・定山渓温泉へまっしぐら。空いた国道を飛ばして1時間も掛からず、もうそこは深い温泉郷です。
c0223825_252565.jpg

ここ「白樺の湯」は定山渓エリアでは珍しい日帰り温泉専用の施設。小さな施設で内湯2つに露天1つしかありませんが、お湯に拘った源泉掛け流しで、実にしみじみといい温泉なんです。
c0223825_331867.gif

    おまけにこの日の定山渓は最高のお天気!
c0223825_341100.jpg

ここ白樺の湯は小さな施設ですが、静かな雰囲気が魅力のここは人気もあります。でもこの日はお客さんもまばら。静かな露天風呂ではしばし1人になれることも。
c0223825_344497.jpg

目の前は白樺を中心にした森。ここの露天風呂はベランダもあってデッキチェアーが置いてありますが、この日は好天につられ、このデッキチェアー-で白樺のこんな景色を見ながらうつらうつらと暫し夢見心地で寝てしまいました。その気持ちよさが未だに忘れられません。
c0223825_2573875.jpg

夢見心地のお風呂の後は、近くの喫茶店「崖の上」でゆっくりお茶です。
c0223825_351313.jpg

この喫茶店、文字通り渓流沿いの「崖の上」に立っているので、眼下の景観は素晴らしいものがあります。
c0223825_352694.jpg

c0223825_353623.jpg

c0223825_2242770.jpg
c0223825_2244724.jpg
c0223825_225129.jpg


札幌に戻り、クルマを返して(私たちは、駅周辺でお土産を買いたいのでいつも千歳ではなく、札幌駅周辺でクルマを借ります。札幌から千歳は電車で35分程度ですから、クルマで高速道路を行くより時間が読めるという利点があります。)買い物を済ませてから千歳空港へ。
最後の最後に、札幌駅でラーメンを。「時計台」の味噌ラーメンは何度食べても飽きないオーソドックスな味です。
c0223825_355713.jpg


長々と特集してしまいましたが、以上で2009年夏の札幌旅行を終わります。

2009.8.22 札幌市にて
   PENTAX K10D
   PENTAX DA18-250mmF3.5-6.3ED AL
   PENTAX DFA MACRO 100mmF2.8
   RICOH GRD2
PENTAX optioW30
   JPEG,AdobePhotoshopElements8にてレベル調整
 
by bjiman | 2010-08-31 01:51 | 北海道グルメ(cafe、食事) | Comments(8)

2009年夏の札幌旅行(5)

2009年夏の札幌旅行の最終日。最終日の午前中は、このbrogでも何度かアップしました、札幌市西区の円山(まるやま)登山です。
c0223825_1305973.jpg

登山口付近です。少し森に入るだけで、静謐な雰囲気に溢れています。
c0223825_1381966.jpg

登り始め。ずっとこのような緩やか目の傾斜ですし、きちんと階段が作られているので(最初は)スイスイ登っていけます。
c0223825_1424147.jpg

山には、少し秋の気配が感じられます。
c0223825_148524.jpg

そうこうしている内に、食事中のシマリスに遭遇。
c0223825_1502344.jpg
c0223825_1535185.jpg

   見つかったから、すぐに逃げる!
c0223825_1564223.jpg

   巣箱に逃げて、ひと安心
c0223825_1584176.jpg

   でも、一応警戒してみたりして。
c0223825_22261.jpg

   安心したら、早速お食事。
c0223825_244917.jpg

いっぱい食べたので、口がふくらんでいますね。
c0223825_262326.jpg

c0223825_2232952.jpg

10時半に登り始めて、11時9分に山頂到着。途中でシマリスとちょっと遊んでしまったので時間がかかりました。
僅か250mほどの頂上ですが、市内を一望できる素晴らしい眺めなんです。この日はちょっと薄曇りですが、雲が近くに見えますね。
c0223825_2164076.jpg

c0223825_2165650.jpg

帰り道。登山道の両脇は、割と急な傾斜ですので注意が必要です。
c0223825_2344167.jpg

分かりにくいと思いますが、上にシジュウカラ、下にコゲラがいます。300mm程度の望遠があれば届きます。(この時はレンズ交換が間に合いませんでした。)
c0223825_2345545.jpg
 
下山してきたら、いつものエサ場でシマリス君が食事中。
c0223825_2393061.jpg
c0223825_2425339.jpg

かわいいのはいいのですが、エサを与える市民が優しすぎるのか、ここのシマリス君は警戒感ゼロです。
c0223825_2473584.jpg
c0223825_2475269.jpg
             えさのタネをどんどん口に入れていきます。
c0223825_2524526.jpg

   入れられるだけ入れたら、こうして土に埋めていきます。雪が降った後、ちゃんと見つけられるのかな?
   ちなみにエゾリスは冬眠せず冬も活動しますが、このシマリス君は冬眠します。同じ山に暮らすリスなのに違っていておもしろいですね。
c0223825_2571094.jpg
c0223825_2573671.jpg

   (ちょっとエサを与えられているけど)たくさんのシマリスやエゾリスが暮らす豊かな円山の自然です。
c0223825_333366.jpg

    札幌では、8月末のこの時でも、こうしてきれいな紫陽花を見ることが出来ます。。
c0223825_354066.jpg


  大好きな円山について書いていると、どうしても冗長になってしまいます。
  今日で終わるつもりでしたが、続きはまた明日にいたします。

2009.8.22 札幌市にて
   PENTAX K10D
   PENTAX DA18-250mmF3.5-6.3ED AL
   PENTAX DFA MACRO 100mmF2.8
   RICOH GRD2
   JPEG,AdobePhotoshopElements8にてレベル調整
 
 
by bjiman | 2010-08-30 01:30 | 札幌日記(市内名所) | Comments(10)

2009年夏の札幌旅行(4)

長沼温泉を楽しんだ後、札幌在住時代ならそのまま帰宅するところですが、この日は貴重な2泊3日の旅行期間中。札幌旅行の際、いつも真剣(笑)に検討するのは、昼と夜の食事をどこにするかの「当てはめ作業」です。お寿司、ラーメン、ジンギスカン、スープカレー、、、と食べたいメニューを掲げて日程表にはめていくのですが、どうしてもはまらない場合どうするか。。。この日の結論は、「1日4食(笑)」。ハーベストで昼食を食べた後でしたが、温泉で少しお腹を空かせ、向かった先は、長沼町のお隣、由仁町のレストラン「KitchenFARM YARD」です。
c0223825_12163466.jpg

ファーム大塚という農家さんが経営するこのレストランも、建物は納屋で使っていた古材を組み直したという手作り。この部分は、2階のフロアからベランダに出るような作りになっていて、夏場はこちらで開放的な気分が味わえます。
c0223825_1223831.jpg

ファームヤードで好きなのは、いつもお花いっぱいのお庭です。
c0223825_12251615.jpg

c0223825_12252791.jpg

c0223825_12284486.jpg

c0223825_12291179.jpg

玄関脇に咲いていた、ホップの写真を撮っていたら、「あー、やわらかい、いい光だからいい写真になりそうですね」と通りがかりのお客さんに声をかけていただき、しばし写真談義しました。
c0223825_12353384.jpg

c0223825_12394676.jpg

c0223825_1240143.jpg

c0223825_1241238.jpg

そんなファームヤードで良く食べたのがスープスパイス。スープカレーとはちょっと違う、というのが店主さんのコダワリ。この日はスパイス手打ち麺をいただきました。
c0223825_12503125.jpg

ファームヤードの雪景色、店内の様子は、こちらに載せてあります。

さすがにお腹一杯の気分でファームヤードを後にして、ちょっと遠回りしながら札幌に帰ります。
途中、寄り道したのが長沼町の珈琲考房。寄ってみたかった、コダワリの自家焙煎のコーヒー屋さん。
c0223825_1342210.jpg

c0223825_1313437.jpg

c0223825_13291936.jpg

長沼町から札幌へ抜ける途中、きれいな見晴らしのいい丘があります。
c0223825_13312784.jpg

c0223825_13261268.jpg

c0223825_13371397.jpg

長沼町は丘陵の街でもあります。丘の上からの透き通った、静かな眺めは、私たち夫婦にとって北海道での豊かな休日の思い出の象徴的なものでした。

   明日に続きます。明日は最終日です。

2009.8.21 札幌市にて
   PENTAX K10D
   PENTAX DA☆16-50mmF2.8ED AL
   PENTAX DFA MACRO 100mmF2.8
   RICOH GRD2
   JPEG,AdobePhotoshopElements8にてレベル調整
by bjiman | 2010-08-28 13:42 | 北海道日記(長沼町・由仁町) | Comments(6)

2009年夏の札幌旅行(3)

昨年10月28日に本brogを開設以来、もうすぐ10ヶ月になろうとしています。
昨晩、本brogをご訪問いただいた方の累計が1万人を超えました。(今100,015人です。)
ページビューの方も集計してみたところ、昨日までの計で23,393hitいただいたことが分かりました。
こんな拙いbrogですが、たくさんの方にご訪問をいただき、また暖かいコメントをいただきましたことに感謝申しあげます。本当にありがとうございました。
札幌での2年間を振り返りながら1年を目処にまとめてみようと頑張ってきましたが、もうすぐ1年、札幌生活の四季を一通り巡ってくることができました。
あと少し、もうひと頑張りして札幌生活をまとめたら、少しゆっくりして、また違う展開を考えたいなと色々考えています。
引き続きよろしくお願い致します。どうもありがとうございました。
                                         2010.8.27    bjiman


*******************************************
それでは、2009年夏の札幌旅行(3)です。

野幌でちょっと運動したらお腹もぺこぺこ。そんな時は長沼町まで足を伸ばして、ファームレストラン・ハーベストへ。
c0223825_23281242.jpg

         とっても青い空。
c0223825_23225842.jpg

         お花が良く似合う、お洒落なファームレストラン。
c0223825_23445952.jpg

c0223825_2345127.jpg

c0223825_23501852.jpg

         野菜や加工品などを販売する直売所も併設されています。
c0223825_2359895.jpg

c0223825_021069.jpg

ここは、仲野農園という農家さんが経営しています。もともとは果樹農家さんで、りんご園経営が本業。りんごジュースはレストランでも味わえます。
c0223825_014476.jpg

c0223825_0141850.jpg

c0223825_0151522.jpg

c0223825_0153138.jpg

c0223825_0233614.jpg

ここのログハウスは、オーナーさんの手作り。もともとは丘の上にログハウスを作りたいという素朴な夢から始まったそうです。店内には手作りのスピーカーなどもあって、オーナーさんの性格が偲ばれます。
フォステクスのスピーカー・ユニットにアルテックA7のボックスの組み合わせは、私のような70~80年代にオーディオの洗礼を受けた者に取っては何とも懐かしいものです。グレーの塗装もオリジナルに忠実でいいです。
c0223825_0321677.jpg

そんなハーベストで、私が好きなのは「農園ポテトとハンバーグのセット」。
c0223825_039526.jpg

ハンバーグは手作りの優しい味でふんわりした農園ポテトは人気メニュー。パンはもちろん道産小麦。ツマは、ここの直売所で買った全粉粒の道産小麦でよくパンケーキを焼いてくれました。。。
c0223825_0445889.jpg

c0223825_0424198.jpg



**冬景色のハーベストは、こちらに載せていますので、併せてご覧いただけると嬉しいです!**


お腹いっぱいになったら、長沼に来た時の楽しみ、長沼温泉へと出かけます。
c0223825_0573342.jpg

ここは塩分の濃い温泉で口に含むとしょっぱい、薄い緑色のお湯。とてもカラダが暖まり、そして何だかしみじみ心が癒されます。初めて来た時だったか、内風呂の脇でそのまま寝転んでいる人もいて驚いたものですが、そのうち自分も、いつもここへ来ると、気持ちの良い内風呂に浸かった後は、ちょっと湯冷ましでベンチに座りながらウトウト。。。露天でもウトウトとつい寝てしまいました。
ここはお風呂を出た後の休憩所も広くて、大きなテレビでは、大相撲中継を見ながら寝転んでいる人が多くて。私も、よく個々で倉科牛乳を飲みながら寝転んでいました。
c0223825_14989.jpg

c0223825_142482.jpg




そんな訳ですっかり癒されて、札幌に住んでいた頃は、これでおしまいと家に帰るところですが、この日はタイトなスケジュールの旅行でしたので、ちょっと無理目の行程でした、、、(続きはまた明日)


2009.8.21 札幌市にて
   PENTAX K10D
   PENTAX DA18-250mmF3.5-6.3ED AL
   PENTAX DFA MACRO 100mmF2.8
   RICOH GRD2
   JPEG,AdobePhotoshopElements8にてレベル調整
by bjiman | 2010-08-27 01:13 | 北海道日記(長沼町・由仁町) | Comments(10)

2009年夏の札幌旅行(2)

8月の札幌旅行は、20日(木)の夜に札幌に入り、23日(日)は所用があり22日(土)には帰ってこないといけないというタイトな日程でしたので、余り欲張らず、札幌市内の通い慣れたところを回るという風にしました。初日の20日(木)は羽田20時台発の飛行機だったので、札幌初日の夜は、駅ビルの回転寿司(根室はな丸)を予定していました。ちょっと飛行機が遅れたので大慌てでお店に駆け込むとギリギリセーフ。ペコペコのお腹をおいしいお寿司で満たしました。
(写真は、この時は慌てていて撮れなかったので09年6月に行った時に撮った物です。)
c0223825_0212593.gif

生ホッキと生ホタテ。ツマに言わせると、千葉で食べられる生ホッキとは味が全然違うとか。
c0223825_023628.gif
c0223825_0231761.gif

宿泊は、中島公園の美しいパークホテル。伝統ある老舗のホテルで、ロケーションといい美味しい朝食といいオススメの場所です。
c0223825_0352325.gif

c0223825_0353641.gif

翌21日(金)は、市内でクルマを借りて、まず厚別区の野幌森林公園へ。いつもの大沢口の前にはかわいい喫茶店があります。
c0223825_0533564.gif

   今日の野幌森林公園は、とってもいいお天気。
c0223825_1114681.jpg

   でも、8月も後半の札幌は、どことなく秋の色に感じられます。
c0223825_1195137.jpg

c0223825_126773.jpg

c0223825_129980.jpg

   新聞記事で読んだのですが、森林を歩くと、人の脳は静かに落ち着く作用があるそうです。
c0223825_1414776.jpg

c0223825_1453946.jpg

c0223825_1475943.jpg

c0223825_151741.jpg

   私たちにとって、ここは、そんな森林セラピー効果の高い場所でした。
c0223825_1354391.jpg

   豊富なフィトンチッドが満ちあふれているような気がします。。。
c0223825_1375452.jpg

   夏の名残り、、、
c0223825_1533810.jpg

   私たち夫婦は、「さよなら、野幌森林公園」と口に出して公園にさよならをいいました。
   野幌は、札幌に暮らした2年間で、いちばん多く歩いた、思い出深い公園でした。
   いつも来られた場所だから、もう気軽に来られないということを受け止め難かったのが、私にとってはここでした。
   そしてこれが2009年最後の野幌になったのです。
c0223825_24618.jpg


   たっぷり森林浴を味わった後は、昼食へ出かけます。。。(明日に続きます。)

   2009.8.21 札幌市にて
   PENTAX K10D
   PENTAX DA18-250mmF3.5-6.3ED AL
   PENTAX DFA MACRO 100mmF2.8
   JPEG,AdobePhotoshopElements8にてレベル調整
by bjiman | 2010-08-26 01:32 | 北海道日記(野幌森林公園) | Comments(6)

2009年夏の札幌旅行

昨年4月に関東に戻って来たものの、地元へ帰ってきたというのに、暫く私たち夫婦は放心状態で、素晴らしかった札幌の2年間を忘れられずにいました。
そんなこともあって、2009年は、5月、6月、8月と3回も札幌に「戻って」行きました。
それだけでは満足出来ず、毎日のお酒は、札幌時代に愛飲した北海道酒を買い込んでみたり、、、
(左から、北の誉・鰊御殿(小樽)、北の錦(栗山町)、千歳鶴(札幌市)、北の誉・まる田、北の勝(根室))
c0223825_0523350.gif

(愛飲している國稀・鬼ころし(増毛町)は、増毛からお取り寄せして常備。)
c0223825_0524662.gif

   北海道展があるといっては出かけて、懐かしいラーメンを食べたり食材を買い込んだり、、
    (札幌・純連)
c0223825_134546.gif

    (旭川・山頭火)
c0223825_14291.gif

    (せたな町・サフォークジンギスカン)
c0223825_161455.gif

(今日ツマが、有楽町のどさん子プラザとむらからまちから館で買ってきてくれた食材を中心に。ふらのにんじんジュースはツマの大好物で、オットが迂闊に飲み干すとツマの目が細くなります。(笑)。)
c0223825_2211838.gif

病的な、病んだ日々(笑)を送っていました。
当時の私は、定期的な食材仕入れ(笑)と、お取り寄せで馴染みの北海道食材を切らすまいと思っていました。そんなことは物理的にも経済的にも出来ないことだって分かってはいたのですが、馴染みの食材に触れられなくなったという現実をまだ受け止められないでいたのです。

定食は安いしおいしいし、ボリュームもたっぷり。(札幌市北区「さかなや本舗/09年6月)
c0223825_1585180.gif

札幌ならではのスープカレーもおいしいし。(札幌市北区「ガラムマサオ」*現在閉店/09年5月)
c0223825_1594255.gif

自転車に乗れば数分で、美しい北大キャンパスを満喫でき、(北大モデルバーン前/09年5月)
c0223825_1542310.gif

クルマに乗れば、道は広いし空いていて。(札幌市北区北24条/09年5月)
c0223825_1564868.gif

20分も走れば、もう円山の森。(札幌市西区/09年8月)
c0223825_158259.gif

鳥たちの囁きが森中に溢れ、、、
c0223825_23167.gif

1時間も走れば、本格的な森林ウオーク。(札幌市厚別区他「野幌森林公園」/09年8月)
c0223825_211785.gif

カラダを癒してくれる温泉はすっかり森の中。温泉はもちろん源泉かけ流し。ここまで市内から1時間。(札幌市南区「白樺の湯」/09年8月)
c0223825_215983.gif


こんな環境、失うには素晴らしすぎました。
ぽっかり空いた心の隙間を埋めるには移り住むしかないのですが、そんなことが簡単にできるわけもなく、ただ焦っていました。
それでも5月、6月と旅行するうち、気持ちの整理が進み、8月の旅行のときは、これで一区切りにしよう、区切りだから道内の遠出ではなくて、札幌市内のよく歩いた道やお店を行ってこよう、それで整理しようと決めて、出かけることにしたのです。。。

(以下明日に続きます。)

   2009.8.20~22 札幌市にて
   RICOH GRD2
by bjiman | 2010-08-25 01:47 | 大好き札幌旅行 | Comments(6)

SIGMA DP2sをお茶の水で試す(3)

DP2sで巡るお茶の水も今回が最終回です。
さて、栃の木通りを水道橋方向に歩くと猿楽町エリア。ちょっとお洒落なカリフォルニア・キュイジーヌのお店があります。私はここが出来た時から知っていますが、行ったことはありませんでした、、、(と話していたら、ツマが、「あそこ、おいしいよ」と言っていました。)。
この界隈の新しいお店の先駆けです。
c0223825_1535337.gif

このお店を通り過ぎると、明治大学猿楽町校舎(旧・明治大学附属明治中・高等学校)があります。
c0223825_1564436.gif

そこにあるのが、「男坂」。男子高校だった明治高校にお似合いの坂です。
c0223825_1584765.gif

この坂を下って歩いて行くと、神田女学院があり、その正面にあるのが、カトリック神田教会聖堂です。
c0223825_203264.gif

スイス人建築家マックス・ヒンデル氏の設計になるこの聖堂は、1928年(昭和3年)に献堂式が行なわれたもの。バシリカ形式の三廊式聖堂で、国の登録有形文化財だそうです。
c0223825_21939.gif

神田教会自体は、明治7年、東京で最初に開かれた聖堂として長い歴史があるせいか、ここにいると、どこか異世界に迷い込んだような気持ちになります。
c0223825_2103157.gif

c0223825_2104545.gif

c0223825_2105788.gif

   突然ギリシャの古代都市に来たのかと、、、この電線がなければ!
c0223825_2124696.gif

   さて神田教会を夢中で撮影した後は、喫茶店で少しクールダウン。
c0223825_2153245.gif

   この喫茶店の隣にあるパン屋さんには買い食いによく来ていましたが、ここに来たのは初めてでした。30年以上、ここでやっているとか。
c0223825_2163456.gif

   元気になったので、猿楽町から神保町界隈方向へ歩いて行きます。ちょっと懐かしい風景。
c0223825_2144671.gif

c0223825_2181336.gif

   ニュータウンにあるようなお店も出来はじめたようです。
c0223825_2185952.gif

天ぷら「いもや」。長年、ずっとお腹を空かせた学生を満足させてきたお店。天ぷらを揚げ続けた続けた職人さんの手は、油はねの跡でいっぱいになっていて、ずっと続けていくことの意義を学生さんに黙って見せ続けているような気がします。時々、天ぷら定食は今いくらかな、と気にすることがありました。今は600円のようです。
c0223825_224773.gif

   神保町に抜けて、細い道に入っていくと、神田・神保町界隈のカルチャーを支えたお店達が軒を連ねています。
c0223825_225631.gif

   「喫茶さぼうる」 アラーキーさんの映画「東京日和」で竹中さんが演じたアラーキーと編集者役の松たか子さんが待ち合わせに使ったお店。
c0223825_2262253.gif

    学校の先輩でもあった、今は亡き恩師の通った「ラドリオ」
c0223825_2282777.gif

    学生時代は、あまりこういうところでビールを飲むことはなかったなぁ。「ミロンガ」
c0223825_2295639.gif

    狭い道に、Vespaが良く似合っています。
c0223825_2312489.gif

    お茶の水界隈の魅力を一言で言うのは難しいのですが、旧い新宿にも似た、異文化、若者文化がごちゃごちゃに混じっている街、どこか気品がある一方で、親しみやすい面もある街。
c0223825_2335370.gif

c0223825_2593490.gif

    ただ旧いだけでなく、かといって旧い店もずっとそのままでいてくれる街。
c0223825_23445100.gif

    そんなお茶の水・神保町界隈を、DP2sで切り取って見ました。
c0223825_2351916.gif


最後はかなり急ぎ足になってしまいましたが、これでDP2sで試すお茶の水を終わります。
DP2sの感想は、私自身、これを全て見終わった段階で感じられると思ったのですが、結果的にはとても使いやすい、いいカメラでした。41mm相当とはいっても焦点距離でいえば24mmF2.8ですから基本的には被写界深度が深い、シャープな写真が撮れます。画角の違いで標準レンズ的な性格となってはいるものの、35mmフルサイズの50mmF1.4レンズのような性格でも使い方でもなく、どちらかといえば35mmF2.8レンズのような雰囲気があるなぁと思いました。28mmF4相当のDP1sはDP2sでは捉えきれない建物の全体像などをフレームにすっと入れたいときにスムーズで、この2台は併用してもとても円滑ではないかと思います。
印象に残ったのはビューファインダー(VF22)の使いやすさ。明るく、見やすいファインダーは、DP1sよりこの2sにより魅力的に感じました。近接撮影ではパララックス(視差)が強めに出るので使いにくいと思いますが、絞りを入れるスナップでは全く問題ありませんでした。
今回の撮影では99%、ビューファインダーを使っています。

   
   2010.8.21(sat) お茶の水にて。
   SIGMA DP2s,24.2mmF2.8
   SIGMA DP1s,16.6mmF4(神田教会の2枚目のみ)
   RAW,SIGMA PhotoProにて現像。

*DP2sの現像では、仕上がりにカラーモードの選択ができますが、今日の現像では、これを随分試してみました。「VIVID」は、鮮やかですが派手過ぎる感じになることもあるので使い途を選びます。今回でいうと、神田教会の写真に使っていますがちょっと赤の強い仕上がりです。全体を落として、色のある部分を浮き上がらせたりすると面白いと思いました(ダーツの写真)。「風景」は、意外に落ち着いた色でこれが使いやすかったです。「さぼうる」のオレンジが自然な仕上がりです。「スタンダード」だとDP1sのデフォルトに近い感じで、カラーパレットを用いないと、発色が少し地味に感じることがあります。いずれにしても選択できることは便利で、使いやすいと思いました。
(おまけ)
太田姫稲荷神社(vivid)
c0223825_2358657.gif

リバティタワー(vivid)
c0223825_23585790.gif

錦華小学校(風景)
c0223825_23583210.gif

by bjiman | 2010-08-24 01:51 | 使用機材シグマのカメラ・レンズ | Comments(8)

SIGMA DP2sをお茶の水で試す(2)

お茶の水といえば学生街です。
          (明治大学リバティタワー)
c0223825_2112690.gif

          (日本大学歯学部)
c0223825_2124965.gif

          (中央大学駿河台記念館)
c0223825_2155488.gif

          学生といえば、当然、勉学が本分ですが(、、、)、青春を謳歌する学生のためのカルチャーもたくさん揃っています。今いちばん目立つのは楽器屋さんでしょうか。
c0223825_2202927.gif

実はDP2sの41mmレンズをどう使おうかと思った時、まっさきに浮かんだのがこういうギターの絵でした。
c0223825_2211796.gif

c0223825_2213023.gif

    もちろんレコード屋さん(CD屋さんですね。)はブックオフがない時代から中古も主力商品でした。
c0223825_2235149.gif

   このちょっと横に、「学割」の文字があったのですが、入れ損ねてがっかり(笑)
c0223825_2254572.gif

    オーディオを趣味にしている学生さんってもう今はあまりいないでしょうね。
c0223825_23792.gif

   「世界のスピーカー」という言葉が、なんか時代風。
c0223825_2374454.gif

明治大学リバティタワー前。ここは建て替えられる前は、記念館という校舎があったので、未だに「記念館」という方がしっくりきます。両端の円形の形状が、当時の記念館を模した形になっているので、少しだけ面影を感じます。
c0223825_2311185.gif

   今、明治大学といえばこの人。サッカー日本代表の長友選手は明治大学出身。さっそくアピールしていたので、ま、旬の人だもんなぁと納得。イタリアでも活躍して欲しいものです。
c0223825_229332.gif

   お茶の水といえば山の上ホテル(HILLTOP HOTEL)。昭和12年の建築で、アール・デコ調の優雅な姿が特徴です。  
c0223825_2324713.gif

c0223825_2405792.gif

   昭和12年建築のモダン・ホテルから未来に向けて羽ばたく学生を包む真新しいリバティタワーが見えています。
c0223825_2415680.gif

山の上ホテルの前にあるのが、明治大学10号館。タワーはきれいだけど、思い出のある旧校舎が一部だけですが昔のまま残っていたのが嬉しかったです。ここの先に自習室があって、貴重な冷房装備だったので、よく涼みに(いや勉強に)来ました。
c0223825_2445044.gif

c0223825_24559.gif

   10号館近くにある喫茶店、、、だったのですがギャラリーに変わってました。ここでクラブのキャプテンを決める会議(笑)をしたのが思い出。
c0223825_2455765.gif

坂を上がっていくと、正面は明大11号館。ここのエレベーターに乗っているとき、ゼミの教授が、エレベーターの壁に貼ってあった「ぴあ」の広告を見て、「ぴあって何が書いてあるのか」「それはおもしろいのか」「売れているのか」と聞かれたことを昨日のことのように思い出します。 
今から考えると高齢だった教授が、孫みたいな学生とコミュケーションを取ろうとしたんだなぁとか思います。もう20年以上前の話。。。
c0223825_2492574.gif

   11号館の近くにあるのが、文化学院。
c0223825_2514224.gif

   芸術に縁のなかった私ですが、この門には憧れました。
c0223825_2521910.gif

c0223825_2523671.gif

c0223825_2525682.gif


   今日は冗長になりすぎました。続きはまた明日。

   2010.8.21(sat) お茶の水にて。
   SIGMA DP2s,24.2mmF2.8
   SIGMA DP1s,16.6mmF4(リバティタワーの1枚目とスピーカーの写真のみ)
   RAW,SIGMA PhotoProにて現像。
by bjiman | 2010-08-23 01:56 | 使用機材シグマのカメラ・レンズ | Comments(4)

SIGMA DP2sをお茶の水で試す(1)

愛用のSIGMA DP1sには、DP2sという兄弟機があります。
DP1sとボディはほとんど同じで、違いはレンズ。DP1sが風景撮影などに好適な広角28mm相当の16.6mmF4であるのに対し、DP2sは、snap撮影やポートレイト撮影などにも適する41mm相当の24.2mmF2.8を搭載しています。
DP1sを購入した新宿のカメラ店で、DP2sを無料で1日貸してくれるという販促キャンペーンをやっているというので、早速試すことにしました。試写の場所は、外国の寺院の美しいsnap写真をイメージしたDP2sのカタログ写真からインスピレーションして、新宿からほど近い神田・お茶の水界隈のsnapにしようと決めていました。
(写真は、オプションの専用ビューファインダーVF22を装着したDP2s。前から見た場合、DP1sとの違いはレンズフードの形状程度です。)
c0223825_9185675.gif

新宿で簡単な手続きをしてDP2sを受け取り、やってきましたお茶の水。
お茶の水というと、神田川をまたぐ「お茶の水橋」から正面に聖橋、右側にお茶の水駅を臨むこの景観が代表的だと思います。右側に中央線、正面聖橋の下に地下鉄丸ノ内線が揃うのをちょっと待ちました。
c0223825_9292726.gif

こちらは、JR御茶ノ水駅の聖橋側改札。もうだいぶ年期が入った駅舎です。でもふっと考えると主要なJR駅舎が次々と近代的なビルに建て変わっていく中で数十年変わっていない景観でいてくれる事に、今や感謝すら覚えます。
c0223825_9385251.gif

お茶の水というと学生の街。駅を出ると、ここの通り沿いにはお腹を空かせた学生のために、ほっそーい飲食店が数店軒を連ねています。
c0223825_9501534.gif

立ち食い寿司の「とちぎや」。ビルが曲がっているのはレンズのせいではありません(笑)倒れそう、、、というか折れそう。ここのお寿司おいしいので頑張って欲しいです。
c0223825_9511036.gif

到着早々腹ごしらえ。今日は駅前の洋食屋、キッチン・カロリー。ここの看板料理「カロリー焼き」は、パスタと牛コマ肉を一緒に香ばしく炒めたもので、お茶の水の学生には定番の数十年変わらない味です。今日は豪華にハンバーグと海老フライをトッピング。(ツマに見せたら「うわ!凄いボリューム。。。」と顔をしかめていました(笑))
c0223825_9555623.gif

料理写真は、DP1sより寄れるのとレンズがF2.8と明るい分、DP1sよりずっと楽です。
(が、1cmまで寄れるGRDのようにはいきません。)キッチンカロリー駅前店の店内は、驚くほど狭い。他に広い店舗もありますが、でもなんかこちらの狭小店舗が好きでよく来ていました。
c0223825_1051519.gif

久し振りの味を味わった後は、街をそぞろsnapに。まずは、地下鉄千代田線の新御茶ノ水駅がある駅ビルの広場。広場では、喫茶店やマクドナルドなどでテイクアウトした食べ物を食べることが出来ます。
c0223825_10114240.gif

広場を通り過ぎると、すぐに左側にあるのが、お茶の水界隈を代表する景観のひとつである、「ニコライ堂」です。(全体を入れるためDP1sで撮影)
c0223825_10381720.gif

ニコライ堂(東京復活大聖堂)はロシア人修道司祭(のち大主教)の聖ニコライによって1891年(明治24年)に建てられたもの。関東大震災での一部倒壊を経て、昭和4年に補修を終えて現在の姿になったそうです。ジョサイア・コンドル博士らの手になるもので、日本では有数のビザンチン様式の建築物ということから、1962年には、国の重要文化財に指定されています。
c0223825_10265841.gif

軽快にsnapしてきたDP2sですが、さすがにニコライ堂の全体は41mmレンズでは入れられません。というより、そういう用途のために28mm広角のDP1sがあるので、DP2sの41mmを活かすためには、どのように印象的にシーンを切り取るか、ということだと思います。以下41mmを体感するために練習してみました。
         (上と同じ場所からDP2sで部分を切り取って見て。)
c0223825_10543391.gif

               (DP1sで全体をファインダーに納めて)
c0223825_10373413.gif

               (DP2sで部分を切り取ってみて。強調された印象に。)
c0223825_1015466.gif

               (側面。DP1s)
c0223825_10585887.gif

               (同じく。標準レンズに近い画角の41mmは歪みもなく素直な絵になり、撮りやすかったです。)
c0223825_1059344.gif

部分を切り取るDP2sは、印象を強くできてとても使いやすいです。といっても全体も撮りたいから、「DP1sかDP2sか」と言われても、「両方欲しい」としか言えないのですが(笑)。全体は撮って安心したし、慣れたところで以下DP2sだけで撮影しました。
c0223825_1134943.gif

c0223825_1144211.gif

内部は撮影禁止ですが、この日は特別公開をしていましたので、受付をしてろうそくをもらい、お祈りしたり、建物の説明などを伺ってきました。正面玄関には、きれいなガラスのレリーフがあります。
c0223825_1161397.gif

c0223825_1185486.gif

c0223825_1191763.gif

  以下もう一度DP1sでsnap。これはこれで使いやすい(笑)
c0223825_1134437.gif

c0223825_11102143.gif

   ということでニコライ堂を満喫した後は、学生街へ出かけてみます。。。
  (続きはまた明日)

   2010.8.21(sat) お茶の水にて。
   SIGMA DP2s,24.2mmF2.8
   SIGMA DP1s,16.6mmF4
   RAW,SIGMA PhotoProにて現像。

(*DP1sと2sで色目の違いが少しありますが、2sはカラーモードが新たに選択できるようになったので、それを使っている(Vividを使用)のに対し、1sはカラーパレットを使いながら色を自分なりに記憶色にしているよるものです。慣れているせいか、途中から2sの撮影分もパレットを使って現像してしまいました。)
by bjiman | 2010-08-22 11:13 | 使用機材シグマのカメラ・レンズ | Comments(2)

2010年夏、DP1sで新宿snap

~夏の空模様をDP1sで振り返る~の新宿編です。
2010年8月7日、とっても日差しの強い1日でした。
c0223825_100164.gif

c0223825_1041657.gif

    (新宿オークシティ)時間のできたとき、すこしだけ西新宿の街並みを歩きました。
c0223825_1034357.gif

    さすが東京副都心。さいたま新都心とは違って画面に収まりきれません(笑)
c0223825_1044647.gif

    ビルの造形のおもしろさ、夏の鮮やかさをSIGMAならではの誇張した仕上げで。
c0223825_1071684.gif

    (新宿三井ビル)ガラスの色やパネルのタッチ、、、ビルに「生々しい」という感触をもったのは初めてでした。
c0223825_109726.gif

ビル達が「おーい、おーい」と追いかけっこをしているように見えるのは、右奥のデザインビルが口を開けているように見えるせいでしょうか。。。
c0223825_10114996.gif

晴れているのですが、モノクロにするとなにやら威圧的な感じに。都庁庁舎のデザインがそう見せるのでしょうか。
c0223825_10164386.gif

ペンタックスフォーラムに寄った際に。流れる水が涼やか。
c0223825_1019554.gif

    (機関車トーマス)新宿といえば高速バス。最近のラッピングバスのデザインは、ずいぶん派手ですね。
c0223825_10182464.gif

    (上高地)こちらもずいぶんアピールを、、、なるほど上高地に行きたくなりますね。
c0223825_10202149.gif

     これは、ビューファインダーで撮ったもの。こういうシーンでは、液晶より感じを掴みやすいと思います。
c0223825_10204938.gif


   2010.8.7 新宿にて
   SIGMA DP1s
   16.6mmF4
   RAW,SIGMA PhotoProにて現像
by bjiman | 2010-08-21 09:13 | 使用機材シグマのカメラ・レンズ | Comments(4)