<   2010年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

tokyo disney sea(AMERICAN WATER FRONT)

アメリカン・ウオーターフロントといえば、タワー・オブ・テラー。
テーマパークとは思えない豪華な作りです。
c0223825_22474599.gif

タワー・オブ・テラーは恐怖のホテル。エスカレーターの凄い上下で揺さぶられる体験は、なかなか得難いもので、ディズニー・シーのアトラクションではNo1のオススメです。(にもかかわらず、今回は超人気のため私たちは入れませんでした(泣)
c0223825_22495213.gif

    アメリカン・ウオーターフロントは大都会ニューヨークと漁村ケープ・コッドがテーマ。ニューヨークのセクションでは立派なシアターで毎日、ビッグバンドのジャズが演奏されています。このBIG BAND BEATは、シャープス&フラッツのような本格的なビッグバンドを楽しむことができます。これも絶対のオススメです。
c0223825_2252744.gif

    オールド・ニューヨークの街並みが再現されています。
c0223825_22554131.gif

c0223825_22555756.gif

    オールド・アメリカンなデパートを再現
c0223825_22562083.gif

c0223825_2256467.gif

    漁村ケープコッドの眺めは、昨日に続きお遊びでイラスト風に表現してみました。
c0223825_22573134.gif

c0223825_22574463.gif

    本格的な大型船・コロンビア号の中では食事を楽しむことができます。
c0223825_22582534.gif


ディズニー・シー特集も今回で終わり。このお洒落なパークにのんびりとまた写真を撮りに行きたいなぁと思っています。
c0223825_22591212.gif


 ではいよいよこれからサッカー! 日本代表頑張れ!
 延長戦に突入!頑張れニッポン!!
 いよいよPKまで来ましたね。頑張れ川島!!!

  2010.6.27(SUN)
  SIGMA DP1s,16.6mmF4
  Raw,SIGMA PhotoProで現像
by bjiman | 2010-06-29 22:59 | ディズニーに夢中 | Comments(6)

tokyo disney sea(MEDITERRANEAN HARBOR)

メディテレーニアンハーバーは、陽気な南欧の港町がモデル。
c0223825_1542072.gif

        そこは、何年か前に夫婦で訪れたイタリアやギリシャの小さな小島で見た風景に、確かによく似ていました。
c0223825_1555561.gif

イタリアの小さな港町では、おじさんが一人で経営するスタンドバーで、レモンチェッロを頼んだりしたことを思い出します。
c0223825_1565651.gif

ギリシャの漁港では、レストランの席の脇にネコが寄ってきて、お裾分けを待つ姿がよく見かけられました。
c0223825_1584074.gif

         そんな写真も、いつかアップしていきたいと思っています。
c0223825_1591520.gif

         ディズニー・シーは6月30日までがスプリングカーニバル。パーク中が春らしいお花の飾り付けで一杯です。
c0223825_212312.gif

c0223825_213664.gif

         メディテレーニアンハーバー全景。ここからは、ちょっとお遊び。
c0223825_224381.gif

         ゴンドラが運河を行き交う水の都・ヴェネツィアをモデルにした、パラッツォ・カナル。
c0223825_242270.gif

         SIGMA DP1sには、現像ソフトのSIGMA PhotoProの使いこなしが必須ですが、特に特徴的なパラメーターに、x3FillLightがあります。
c0223825_264063.gif

         x3FillLightは、明部の明るさをそのままに、暗部の明るさを持ち上げるパラメーターですが、ちょっとでも+に使いすぎると、明暗差がなくなり、イラストのようになってしまいます。
c0223825_295671.gif

でも、シーンによっては効果的。ディズニー・シーのようなパークを表現するにはおもしろいな、と何枚かコントラストとシャープネスも使って、過剰な効かせ方を試してみました。
c0223825_210558.gif

         昨日の3枚目を今日と同じ方法で仕上げてみました。こういうのも、たまにはちょっと楽しいですよね。
c0223825_2125177.gif


    2010.6.27(sun) 東京ディズニー・シーにて
    SIGMA DP1s,16.6mmF4
    RAW,SIGMA PhotoProにて現像。
        
by bjiman | 2010-06-29 01:49 | ディズニーに夢中 | Comments(6)

tokyo disney sea

(Ristorante di Canaletto)
     リストランテ・ディ・カナレットは、本格的なイタリアンレストラン。リストランテとの名前ではあるものの、コース料理はパークらしく気軽に楽しめる感じです。
c0223825_125487.gif

     (Palazzo Canale)
     メディテレーニアン・ハーバーの「パラッツォ・カナル」はゴンドラが行き交うヴェネツィアがモデルとか。
c0223825_1141275.gif

     夢の国ですから、当方もその気になって、水の都・ヴェネツィアの雰囲気を気軽に楽しみます。
c0223825_1102253.gif

     メディテレーニアン・ハーバーからホテルミラコスタ方面を望む。ディズニー・シーらしい眺め。
c0223825_115851.gif

c0223825_111333.gif

c0223825_1394816.gif

     アメリカン・ウォーターフロントのタワー・オブ・テラーが青く光ってきれいです。
c0223825_1521970.gif


ディズニー・シーは、南欧風やアメリカ風などの景観と合わせ、写真を撮ると外国旅行に来たようでカメラを持って行くのも楽しい場所です。今回はSIGMA DP1sのコンパクトなボディを利して、小さなコンデジ用途のミニ三脚を活用して橋の欄干に置いたり、自分の体に押し付けたりしながら撮りました。カメラが小さいと三脚も小さくて良く、手ブレ補正機構のないDP1sでも夜景が撮れるので、使い勝手が良いです。

   2010.6.27(sun) tokyo Diney seaにて
   SIGMA DP1s、16.6mmF4
   SLIK ミニ三脚使用
   RAW,SIGMA PhotoProにて現像



     
by bjiman | 2010-06-28 00:45 | ディズニーに夢中 | Comments(6)

タチアオイ

c0223825_001715.gif

    タチアオイは初夏の花。鮮やかな色が、来る夏を思わせます。

c0223825_02352.gif

c0223825_011096.gif

    ここは陸軍工兵学校の跡地。そんな歴史を刻んだ碑石の脇でタチアオイと紫陽花が咲いています。
c0223825_043817.gif
    
土曜日の午前中、久し振りにちょっとしたクスリをもらいに近くのクリニックに来ただけで3時間待ち。予約しただけではつまらないので、近くの公園をちょっとだけ写真散歩。
c0223825_071610.gif

休日の病院ってどうしてあんなに混むんでしょうね。静かに咲くお花たちの写真を撮っていると、待ち時間のことも忘れてしまいますが、、、
c0223825_022784.gif

    この写真のアップを撮ろうと傾斜のガーデンで屈んだら、滑って転んでしまいました(笑)
c0223825_074274.gif


   2010.6.26(sat)松戸市にて
   SIGMA DP1s,16.6mmF4
   RAW,SIGMA PhotoProにて現像
   今日からSIGMA PhotoProはバージョンアップして4.1になりました。64bit版に対応とのことですが、特に早くなった等の印象はありません(笑)
by bjiman | 2010-06-27 00:15 | 写真散歩(松戸days) | Comments(6)

高圧線のある街~私写真~

生まれ育った街は、小さな私にとって、街のどこからでも高圧線が見える街でした。
c0223825_238983.gif

    たまに雷の落ちる櫓などがあって、”高圧線の下にいたら死んじゃうんだ”と子どもながらに考えたりして、私にとって街を出歩くことは怖さ半分でした。
c0223825_231389.gif

    ここには、あの頃に遭遇していた景色があります。
c0223825_23194315.gif

    小さかった自分には、ちょっと遠くに出かけるつもりだった公園。今歩いてみるとほんの僅かな距離でした。
c0223825_23181211.gif

c0223825_23232675.gif

c0223825_23234916.gif

    このブロック、きっとあの時と変わっていない気がする。。。
c0223825_23242622.gif

    泣き虫でした。その街角の脇から、メソメソしながら歩いて出てきそうな気がしました。
c0223825_2327262.gif

c0223825_23275145.gif

c0223825_2328420.gif

    懐かしい街、いつまでも元気でいて欲しいです。そして、たまに歩きたいと思いました。
c0223825_2330245.gif

c0223825_23321598.gif

c0223825_23152178.gif


    2010.6.26(sat) 松戸市内にて
    SIGMA DP1s,16.6mmF4
    RAW,SIGMA PhotoProにて現像
by bjiman | 2010-06-26 23:36 | 写真散歩(松戸days) | Comments(6)

富良野にて(snap)

今回で2009年6月の札幌旅行特集も終わりです。最後に、新富良野プリンスホテルのピクニックガーデン内に設置されている「風のガーデン」からのsnapを中心に。

(風のガーデン)
c0223825_2351071.gif

c0223825_2343739.gif

c0223825_234217.gif

c0223825_2342031.gif

c0223825_2381244.gif

(cafe blanc rouge)
c0223825_2331535.gif

(farm tomita)
c0223825_2292811.gif

c0223825_2294138.gif

(百合が原公園-札幌市北区)
c0223825_239753.gif


風のガーデンは、テレビドラマで使われた施設が一般公開されているもので、素敵なブリティッシュスタイルの庭園を楽しむことができます。最近は、帯広などの庭園と組んだ「ガーデンツアー」なる旅行パッケージも見た事があります。。。

   2009.6.21~22 富良野市・札幌市にて
   PENTAX K10D
   PENTAX DA☆16-50mmF2.8ED
   PENTAX DA☆50-135mmF2.8ED
   RAW,PENTAX PhotoLaboratoryにて現像(MIYABI)
  
by bjiman | 2010-06-26 02:47 | 北海道日記(富良野・美瑛) | Comments(2)

美瑛 丘の色彩

2009.6の北海道旅行の際、美瑛と富良野をドライブしました。
c0223825_042636.gif

    美瑛といえば丘の景色ですが、美瑛ではいつもお天気に恵まれず、丘の写真をゆっくり撮ったことがなかったのですが、この時、少しだけ晴れ間がのぞきました。
c0223825_065057.gif

    広々した牧歌的な景色。やっぱりいいものです。
c0223825_075127.gif

c0223825_0878.gif

    富良野では、ラベンダーが見頃のシーズンに備え、少しずつ咲き始めた頃でした。
c0223825_091329.gif

    富田ファームから見る富良野の景色もいいものです。
c0223825_09399.gif


 今日は、サッカー日本代表にとって決戦の日。この美瑛の空のようにすっきりした気分になれるよう頑張って欲しいものです。私も早起きして応援しようと思っています。

 日本代表決めましたね! おめでとうございます!

 2009.6.21(美瑛、富良野にて)
 PENTAX K10D
 PENTAX DA☆16-50mmF2.8ED
 PENTAX DA☆50-135mmF2.8ED
 RAW,PENTAX PhotoLaboratoryにて現像(MIYABI)
by bjiman | 2010-06-25 00:13 | 北海道日記(富良野・美瑛) | Comments(4)

神威岬・絶壁にそびえる女人禁制の地に立つ灯台

c0223825_1291086.gif

神威(かむい)岬は、積丹半島に突き出た岬。駐車場から小高い丘の階段を上ると尾根沿いに歩道が整備されています。神威=カムイはアイヌ語で”神格を有する存在”。山のカムイや森のカムイなどいろいろなカムイがあります。シマフクロウは森の賢者とされコタンコロカムイと言われます。最近はバスケットボールチームの名前(レラカムイ)に使われていますよね。
人々の立入を拒むような絶壁が、カムイを感じさせます。
c0223825_1373993.gif

c0223825_231175.gif

      この季節は北海道を代表する花、エゾカンゾウが見事に咲き乱れることで知られています。
c0223825_1385369.gif

      そして初夏に華やぎを添える、こちらも北海道を代表する「道の花」でもあるハマナスも可憐に咲き乱れています。
c0223825_1403554.gif

c0223825_1435685.gif

      はじめて見た鳥。何て言う名前でしょう。
c0223825_1413390.gif

      遊歩道に出て20分ほど歩くと岬の先端まで出られます。
c0223825_145315.gif

      帰り道、振り返ってみると、改めて来た道の壮大な風景に驚きます。初めてここを訪れた時は、中国で見た万里の長城を思い出した程です。
c0223825_274156.gif

      神威岬の見所の一つは、積丹ブルーと言われる透明で青い海です。この日は残念ながら時折小雨がちらつく天候の中、きれいな積丹ブルーは撮れませんでした。
c0223825_1591163.gif

      エゾスカシユリがあちこちに咲き乱れていて彩りを添えています。
c0223825_224749.gif

      そして小さな植物たちが、可憐な花を咲かせています。
c0223825_252249.gif


積丹半島を初めて訪れたのは札幌在住時の一年目の夏でした。関東に帰ってからなぜかもう一度、神威岬を訪れたいと思っていました。今でもなぜだか積丹半島に行きたい、見たいと思ってしまうのはなぜだか分からないのですが、最初に見た感動、壮大さに驚き、改めて北海道のすごさを思い知った場所だからかもしれませんし、3度も訪れたのに、天候に恵まれて積丹ブルーを眺められたのが一度だけだったからかもしれません。6月、ちょうどいまはがんぜの解禁、晴れ渡った日はさぞかし積丹ブルーの海もきれいでしょう。あぁ積丹に行きたいなぁと思うのです。

  2009.6.20 神威岬にて
  PENTAX K10D
  PENTAX DA☆16-50mmF2.8ED
  PENTAX DA☆50-135mmF2.8ED
  PENTAX DA FISH-EYE10-17mm
  RICOH GRD2
  RAW,PENTAX PhotoLaboratoryにて現像(MIYABI,風景)*GRDはJPEG      
by bjiman | 2010-06-24 01:26 | 北海道日記(積丹・古平) | Comments(2)

ウニ漁解禁(北海道古平町、積丹町~神威岬)

小樽から海沿いを走って小一時間、積丹半島のウニ漁は6月中頃から8月末日までが漁期。待ちに待ったウニ漁の解禁です。待ちに待った赤白の生ウニ丼が食べられます!
c0223825_321899.gif

私はお寿司が大好き、ウニは特に好きな寿司ネタでしたが、恥ずかしながら札幌に住むまでは、ウニにバフンウニやムラサキウニといった種類があるのを知りませんでした。
姿形が似ているということからちょっと、、、な名前のエゾバフンウニは赤ウニ(もしくはがんぜ)、それに対して関東でもよく見かける黄色っぽい色のキタムラサキウニは白ウニと呼ばれます。赤ウニの方が漁期が短く、漁獲量も少ないのでその分お高いのですが、味にはどちらも良さがあり、赤ウニが出ている時期のお楽しみが、赤白双方を味わえる赤白ウニちらし(ウニ丼)です。
c0223825_281593.gif

赤白ウニ丼は、バフンウニの漁が不安定で量が少ないことからその日の漁の出来によっては漁期であっても食べられないこともあり、私たち夫婦も、札幌在住時代の2年間で食べる機会がありませんでした。そんなこともあって、昨年6月20~22日に北海道旅行に出かけた際、積丹まで足を伸ばして食べに行きました。お店は、札幌在住時代に一度お世話になってお気に入りのお店、古平町の新家寿司さんです。赤ウニ入荷を示すように「がんぜ」のノボリが立っています。
c0223825_2231180.gif

お目当てのウニ丼が来るまでは、活ぼたん海老をいただきました。
c0223825_2202429.gif

ホントに生きている状態のまま食べます。かわいそうだけれどもおいしいったらもういいようがありません。ちなみに残った殻は唐揚げにしてくれました。これも素晴らしくおいしい!
c0223825_2204134.gif

ちなみに、この時期、回転寿司でもたいへんおいしいウニがいただけます。写真は札幌の回転寿司、花まるでいただいた軍艦の白ウニです。
c0223825_2342871.gif

さて、旅行の目的はもちろんウニだけではなく、久し振りに積丹半島の神威岬にいくことでもありました。
c0223825_2362431.gif

この時期、北海道を代表するお花、エゾカンゾウが見頃です。
c0223825_237354.gif

c0223825_2374986.gif

それでは神威岬とはどんなところでしょうか。今日はもう時間がないので続きはまた明日書きます。
c0223825_2382888.gif


赤ウニは濃厚な味が素晴らしく、白ウニは淡泊ですがその分フレッシュな感じで、甘みを感じるそうです。いずれにしても、この時期の本当の生ウニは特別においしいと感じます。回転寿司や居酒屋さんの場合、海水に浸かって流通する「塩水ウニ」というものが流行りで、塩水ウニは生に近いですからとてもおいしいですのですが、でもやっぱり漁のある街にいって、漁のある時期に塩水にもミョウバンにも浸かっていない、本当の「生」をいただく感激が一番ですよね。(ちょっと贅沢ですが)

   2009.6.20 古平町、積丹町にて
   PENTAX K10D
   PENTAX DA☆16-50mmF2.8ED
   RICOH GRD2
   PENTAX OptioW30(③~④:ツマ撮影)
by bjiman | 2010-06-23 01:47 | 北海道日記(積丹・古平) | Comments(0)

長田谷津(大町自然観察園・市川市)

長田谷津は、市川市大野にある自然観察園。S字型の谷の周囲は田んぼでしたが、周囲の水田が休耕された頃、ここの自然の価値に気づいた人たちがこの谷津を保護し、自然観察園として整備したのだそうです。
c0223825_1183990.gif

谷津内には複数の湧水地があるとのことで、ところどころ池があります。水生昆虫や魚も多いそうで、ちょうど私たちが訪れた時には、小魚を狙ってか、カワセミが近くの小枝に留まって、じっと水面を眺めていました。(DP1sしか持っていなかったので写真は撮れませんでした。)
c0223825_129166.gif

       アサザが咲いていました。
c0223825_1303641.gif

       木道だともっといいんですが、コンクリート製の歩道が湿地の上をずっと整備されています。
c0223825_1312264.gif

       途中にバラ園が整備されていました。
c0223825_132213.gif

       バラは時期的にギリギリでしたが、今年最初のバラ園散策が楽しめました。
c0223825_1331719.gif

c0223825_1333234.gif

       このバラは、赤に白い縁取りがいいなぁと思いました。
c0223825_1334582.gif

c0223825_134021.gif

       湿地で池も多く、しっとりした雰囲気があります。ホタルも見られるそうです。
c0223825_1374270.gif

       薄暗い森にふっと浮かぶ赤。紫陽花がきれいに咲いていました。
c0223825_1402953.gif

       ここからは遊歩道が出来ていました。時間がなくて今日はここまでしか歩けませんでした。
c0223825_117141.gif


ここには初めて来ましたが、札幌で好きだった西岡公園という公園に雰囲気が似ていて私たち夫婦はあっという間にここを気に入ってしまいました。全長2kmほどのコースとのことで、ちょっと歩くのに適当だし、クルマであればすぐ行ける上に近くには馴染みの温泉施設もあると、いいことづくめなのでこれから色んな季節に訪れてみようと思います。

  2010.6.20(sun) 市川市にて
  SIGMA DP1s,16.6mmF4
  専用クローズアップレンズ(AML-1)併用
  RAW,SIGMA PhotoProにて現像
by bjiman | 2010-06-22 01:45 | 市川市・長田谷津の四季 | Comments(0)