カテゴリ:スポーツ観戦・音楽鑑賞( 4 )

新年行事①千葉交響楽団のニューイヤーコンサート

1月9日は、恒例の新年行事のひとつ、千葉交響楽団のニューイヤーコンサートに行ってきました。
c0223825_00531224.jpg
 札幌から千葉に帰ってきて、札幌には札響という素晴らしいオーケストラが、kitaraというこれまた素晴らしいホールでニューイヤーをやっていたけど、千葉に帰ってきたのだから千葉でも、との思いで、(当時の)ニューフィル千葉のニューイヤーを聴き始めたのは2011年でした。当時のニューフィル千葉のニューイヤーは、チケットを取ろうと年末に事務局に電話をすると、「当日券もたくさんあるので、当日いらしていただければいいですよ」なんて言われて、コンサート当日に出かけても、席は空席が多くて前の方に座れて、ゆったり楽しめるのでこういうのもいいのかも、と思っていましたが、もちろんそんなことはなく、定期会員になり、コンサートに通うようになると、当時のニューフィルは県からの補助金に過度に依存し、楽団員の給料も満足に払えないなどの問題を多く抱えていて必死に改善に取り組んでいるところだったということが徐々に分かりました。楽団を公益財団にし、常任指揮者をちゃんと迎え、若手ではありましたが新進気鋭の大井さんという常任指揮者が腰を据えて取り組み、演奏力向上と話題づくりも含めて、ベートーヴェンチクルス(交響曲の全曲演奏)に挑むなどをしているうちに徐々に客席が埋まっていくのを肌で感じていました。「田園」の頃はまだ空席も目立ちましたが、「第九」の時には満員のような盛況ぶりでした。
 昨年、音楽監督に山下一史氏を迎え、「おらがまちのオーケストラ」を合い言葉に楽団名を「千葉交響楽団」に変え、もともと客演の時から元気があっていいなぁと思っていたスタイルのままオーケストラに活気をもたらしたと思っていましたが、今年のニューイヤーは、とうとうチケット完売、満員御礼という状況にまで至り、2011年の時から見てきた短い間ではありますが、あの牧歌的な時代を思うと感慨深いものがありました。楽団がいい音楽、いい演奏を届けてきたことと、県と事務局のバックアップが一体となった努力の成果だと思います。
c0223825_12314465.jpg
 チーバ君も来ていました。
c0223825_12343488.jpg
シュトラウスの「美しく青きドナウ」にしても、ラデツキー行進曲にしても、あくまでもオーストリアの、戦争に絡むエピソードに連なるもので、ニューイヤーは、オーストリア人のためのものという歴史的経緯などは2013年のニューイヤーの記事で書いているので繰り返しませんが、そういうものなので、私は地元のオーケストラを応援する意味で千葉交響楽団の演奏会に拘って聴き続けて来ました。でも今年は、純粋に、シュトラウスの大好きなワルツが町に溢れ出るような、そんなウィーンの空気感が感じられる年の初めというのはいいなぁと思いながら聴いていました。オーケストラの生演奏は、やっぱりいいものです。定期演奏会のほか、いろいろな演奏会もたくさんHPに出ているので、ぜひ一度演奏会に足を運んでいただければファンとして嬉しいです。今年のニューイヤーでは千葉県の地酒の数々も出展されて、千葉を盛り上げようという活気がありました。この調子で進んでもらいたいものです。
c0223825_12460027.jpg
演奏会が終わると、きれいな夕焼けが出ていました。
c0223825_12515293.jpg
シャープなシルエットの千葉県文化会館です。
c0223825_12531059.jpg
c0223825_12562661.jpg
帰り道、かわいいマンホールのフタ。大賀ハスがフューチャーされてますね。
c0223825_12581682.jpg
千葉県庁のビルに夕焼けが反射して。
c0223825_12594907.jpg
c0223825_13010892.jpg
ニューイヤーの後は、千葉中央駅前の京成ホテル・ミラマーレでの食事を楽しみにしています。
c0223825_13033580.jpg
食事の内容は次回に続きます。

by bjiman | 2017-01-15 13:03 | スポーツ観戦・音楽鑑賞 | Comments(0)

言葉の美しさ、音の美しさ、美しさを大切にして欲しい

12月に入りました。年の瀬になると何かとせわしなく、私もこれから今年初の忘年会です。
年末になると、その年に流行った歌とか流行った言葉、流行語大賞にあまり美しくない言葉が選ばれたりして話題になったりします。問題提起ということもあるのでしょうが、それが流行語なのか、と思うことも少なくありません。
音楽は、ツマと趣味の合わない唯一のもの(笑)ですが、子供のころから70年代フォークに親しんできた私には、最近気になることが2つあります。
ひとつは若い人たちが美しくない言葉遣いをすること。
きれいな音の世界、きれいな言葉を大切にしてもらいたいな、と思います。
私はよくカラオケでこの曲を歌います。もうあまり歌う人もいませんが、音も言葉も美しい名曲だと思います。
「かぐや姫」加茂の流れに(1972年)
私が「石野田奈津代」という方を知ったのは2000年頃だと思いますが、彼女は路上シンガーとして有名になりました。
デビューしてしばらくは、自分が輝きたいという強い意志を感じさせる歌が多くありましたが、それが強さでもあり、一方で「自分が自分が」という気持ちばかりにも感じました。しかし、きっと一人でやっていくなかで多くの方に支えられたのでしょう、周囲への感謝を込めた歌が聴かれるようになり、ヒットもしたようです。私が好きなのは、神津島の旧い曲を歌ったこの曲。観光協会に依頼されて故郷のために歌ったこの曲は、言葉も美しく、またそれを歌う彼女の声も優しく美しいと思います。仕事が何かへの感謝、何かへの貢献につながるというのは素敵なことだと思うのです。
神津島へ、いこう(神津節)/石野田奈津代

女の子達が、やたらとグループを組んでユニットなるものになることもあまり良いことだと思っていません。
なるほどたくさんで集まってダンスをすれば楽しいとも思いますが、才能とは本来稀少なものです。また、社会に出れば誰でもそうですが、一人で生きていかなければならないし、仕事は、正解のないものだと思います。しばし苦労を前にして呆然とすることもありますが、それでも人は生きていかなければなりません。
私はこの曲が子供の頃から好きでした。フォルクローレを取り入れた曲調も素敵です。
ふきのとう 「風来坊」

年の瀬です。お体ご自愛下さい。

by bjiman | 2016-12-03 16:44 | スポーツ観戦・音楽鑑賞 | Comments(2)

SONY RX100 と過ごした1月~ニューフィル千葉・ニュイヤー~

2013年1月のいちばんの出来事は、14日の大雪。
最近は何かあると、すぐにツマのRX100を借りてしまいます(笑)

(1) こんな降ったの、何年ぶりかなというほどの雪でした。 (SONY Cyber-shot RX100、以下すべて同じです。)
c0223825_002274.jpg

c0223825_004083.jpg

(2) 前日の13日は、とってもいいお天気でした。この日は千葉県のオーケストラ、「ニューフィル千葉」のニューイヤーコンサート。松戸から千葉は、新京成電車で直通で行けるようになったので、ずっと座って乗り換えなしで行けるから便利です。
c0223825_023494.jpg

千葉中央駅は、京成ホテルと直結しています。
c0223825_031130.jpg

こじんまりしたホテルですがシックな内装に改装され、現在はディズニーランドのパートナーホテルにもなっているようです。そのせいかミラマーレなんて名前がついていますが、昔から知っている名前の京成ホテルの方がシンプルで好きですが(笑)
c0223825_03581.jpg

c0223825_04626.jpg

(3) ホテルを出るとあらいい天気。消防署が目に入ってきます。
c0223825_055799.jpg

(4) 千葉市中心部では、このモノレールが景観上の特徴のひとつですね。
c0223825_091785.jpg

上の写真のピクセル等倍。RX100は2000万画素もあるから、安心してトリミングが出来ます。
モノレールの終点の様子がよく分かります。終着駅というのはどのようなものでもある種のノスタルジーがあるのではないかと思います。
c0223825_0111792.jpg

(5) ウチのシトロエン君も13年生なので 「次」 はいつも考えていますが、最近はこの レクサス Ct が気になっています。プリウスのレクサス版ということのようですがしっかりした作りで人気も上々とか。私はずっとシトロエンに憧れていましたが、これからはなるべく 「メイドインジャパン」を応援しようと思っています。私たちの時代は輸入品に憧れ、一度は使ってみたいと思ってきた世代でした。国産といえば、VWみたいな、ポルシェみたいなクルマ、マーチンみたいなギター、ブルックスみたいなブレザー、、、といつも「○○みたいな」製品を愛用しながら、いつかは本物を、とどこか卑屈な気持ちを持ちながら、それでもどこか憎めないという愛着もあり複雑な思いでいました。しかし、Japan as No1の時代以降は、少し自信がついてきたのではないかと思います。私も愛用したユーノス・ロードスター以後は、メルセデスやBMWがこぞって2座ロードスターを発表し、あぁ欧州車でも日本車の影響を受けるのか、とはじめて思ったものです。ユーノス自体はイタリアのバルケッタやイギリスのロータスなどの系譜にあったとしても、あの時代、誰もやらなかった2座ロードスターを手間のかかるFRシャシーをわざわざ起こして実際に作ってビジネスにするという発想が大胆でした。あの頃、初代セルシオや4WDのスカイラインGT-R、HONDA NSXなど日本車全体が活気のあった時代でした。しかし最近は、あの頃のような勇気や元気が今ひとつだなぁと思うこともしばしば。そのような中、トヨタは熱気の感じられるクルマを送り出しているように感じます。大胆なクラウンのモデルチェンジなども好感を持ちましたし、また、それが市場に受け入れられている事にも勇気づけられます。今日本は、お互いがお互いを熱気で結んでいく必要がある時代なのではないかと最近は思っています。
c0223825_0313497.jpg

(6) 千葉県文化会館は、なかなかシャープで個性的な外観です。
c0223825_043840.jpg

c0223825_0432322.jpg

(7) この一角は、千葉県を支配した千葉氏の本拠地のあった場所です。千葉氏の居城はいわゆる館形式でお城ではなかったようですが、なぜか今ではここに天守閣があります(笑)。これは千葉市の郷土博物館です。お城は好きですが、何だかなぁとも思います(笑)
c0223825_04508.jpg

(8) 千葉県文化会館は、札幌のkitaraのような有名なホールではありませんが、私たちには十分楽しめる素敵なホールです。
c0223825_047481.jpg

c0223825_0492076.jpg

c0223825_0504991.jpg

(9) 本場ウイーンでのウィーンフィルのニューイヤーは和服の日本人が多いことでも有名だそうです。ということは特に無関係なのですが、ハレの日といことで私も大島で出かけました。
c0223825_052736.jpg

(10) ニューフィル千葉のニューイヤーは2011年から3年連続で来ていますが、若い指揮者の方のセンスなのかフレッシュでとても楽しめるコンサートです。今年は小林沙羅さんの見事なソプラノが楽しめました。遠いウィーンの本物をテレビで見るのもいいけれど、やっぱり音楽は生で楽しみたい。それも地元でゆっくり楽しむのが私は好きです。地元のオーケストラがあるのは素敵なことだと思いますし、いつもは小学校などを巡回して音楽教室を開いていたりと地元にとっては大切な音楽の宝です。
c0223825_0563277.jpg

私がシュトラウスのニューイヤーに親しんだのはここ数年のことですが、最初にクラシックに詳しい友人にシュトラウスのワルツはいいと思ったけれど、と助言を求めたとき、その友人は、シュトラウスなら(オリジナルである)クレメンス・クラウスを聴くべきで、あとは(クラウスの香りを引き継いだ)ボスコフスキーを聴いておけば最近のはいいんじゃない?といい、あとオペレッタのこうもりならクライバー指揮を聴いた方がいい、と助言してくれました。実際聴いてみると彼のいいたいことが説明を聞かなくても分かったような気がしました。ニューイヤーコンサートを始めたのはクレメンス・クラウスの時代、現在でも1954年のコンサートをCDで聴くことができますがこれが凄い。ニューイヤーコンサートでは美しく青きドナウの冒頭、演奏が始まると拍手でいったん演奏が止まり、指揮者と楽団員が挨拶をするというのが最近の「形式」になっていますが、1954年のクラウスのニューイヤーはそんな形式的なものではなく、なにしろ短いポルカなどの曲は最初の前半の頃からどんどんアンコールされて同じ曲を繰り返してまた演奏するという文字通りの「アンコール」が続きます。最後のラデツキー行進曲の時など、実際に最初の冒頭が演奏されたときにもの凄い拍手で演奏が止まってしまう。今ではラデツキー行進曲のときは指揮者が会場の手拍子を指揮するのが慣例ですが、当時のニューイヤーはもちろんそんなことはない。「ニューイヤーコンサート」が商品として国際的に輸出されている現在とは違い、当時のニューイヤーは純粋にオーストリア人のためのコンサートだというのが感じられます。そしてクラウス指揮でファーストバイオリンだったボスコフスキーの時代(ボスコフスキーはクラウスばりに(ということはシュトラウスばりに)バイオリンをもって指揮をしたそうです)を聴くというのが基本なんだなと。
あと、クライバー指揮の「こうもり」も凄いものでした。「こうもり」序曲はニューイヤーではたくさん取り上げられるので私も何種類も聴いていましたが、クライバー指揮のバイエルン国立管弦楽団のこれは、まるでバイエルン・ミュンヘンのBMWのエンジンが唸っているような迫力で立ち上がり、ぐんぐん加速していく(実際にテンポも速い)ような感じで、あぁこれほど同じ曲でも違う雰囲気になるんだと感じさせてくれたものになりました。
友人のセンスも素晴らしいと思いましたが、さりげなく、そんな助言ができるような教養が身につけられるようになるのはいつの事やら、、、とため息をついた出来事でもありました。
と書いていてもキリがないのですが、ニューイヤーは(今は輸出品でも)これはオーストリア人のものです。。ラデツキー行進曲の手拍子をどんなに指揮者が指揮したところで、この曲は、オーストリアのラデツキー将軍が北イタリアの独立運動を鎮圧した際に、将軍を讃えるために作曲されたものですし、美しく青きドナウも戦争に大敗して落ち込むオーストリア人を励ますために書かれたものです。なによりこの曲は第二のオーストリア国歌と呼ばれ親しまれているもの。ニューイヤーコンサートの初開催は1939年。その前年の1938年はオーストリアがドイツに併合された年です。ラデツキー行進曲に熱狂し、美しく青きドナウを聴くということがどういうことか、分かることだと思います。私はシュトラウスのワルツ・ポルカが大好きですが、だからといって、ニューイヤーコンサートのようなものを日本で、日本人が大仰に構えるのは不自然かなとも思います。外国の歴史や伝統の一つとしてその系譜を知っておくことは必要だと思います。また、ずっとこのような伝統と歴史を持ち続け、その誇りを失わない姿勢も見習うべき点もあると思います。ただ、日本人である私たちにとっては、これからは歌舞伎や文楽、日本の伝統を覚えて体験していくことも心がけていこうと思っています。
c0223825_1384977.jpg

今日は文字が多すぎましたね。

2013.1.13~14 千葉にて
SONY Cyber-shot RX100
by bjiman | 2013-02-03 01:40 | スポーツ観戦・音楽鑑賞 | Comments(0)

夏は夜風に吹かれて野球観戦

夏といえば野球観戦ですね。

(1) ようこそ花の都・千葉へ。千葉といえば、LOTTE MARINES (Pentax OptioW10)
c0223825_6364256.jpg

(2) 幕張は、メッセの街、そしてマリーンズの街 (Pentax OptioW10)
c0223825_6397100.jpg

c0223825_6412216.jpg

c0223825_643468.jpg

c0223825_645578.jpg

(3) 千葉ロッテマリーンズの本拠地、QBCマリンフィールドまでは、海浜幕張駅から直行バスで数分、徒歩でも15分程度と至近です。
c0223825_6484150.jpg

   昨季、日本一に輝いた西村監督のスローガンは「和の力」。今季も、頑張れニッポンも込めて、「今こそみんなで「和の力」」。
c0223825_6521460.jpg

(4) 今日は自由席ですがバックネット裏の眺めのいい席を確保。広い球場の開放感溢れる眺めは夏にピッタリですね。 (SIGMA SD15/SIGMA 17-50mmF2.8EXDC,F4,1/125秒,ISO100)
c0223825_659521.jpg

(5) 今日の相手は、北海道日本ハムファイターズ。数年前は札幌に暮らし、札幌ドームでファイターズを応援した私たちにとってはどちらも応援したいチーム。 (SIGMA SD15/SIGMA 70-300mmF4-5.6DGOS,145mm,F5,1/125秒,ISO200)
c0223825_753215.jpg

(6) ですがマリーンズは現在4位。好調2位のファイターズ相手に負ける訳にはいきません。まして、今日のマリーンズはエース成瀬。必勝を応援したいと思います。ユニフォームはチーム創立時の復刻ユニフォームです。
c0223825_7121992.jpg

   夜風に吹かれながら、エース成瀬投手の力投に声援を送りました。
c0223825_7135893.jpg

(7) 一瞬の夏、一生の記憶 
   そんなマリーンズを応援しようとスタンドはほぼ満員の入り。マリーンズファンの声援で球場はいっぱい。球場も、メッセージボードなどファンサービスで応えているようです。
c0223825_7202093.jpg

c0223825_7221245.jpg

(8) 先頭の伊志嶺選手が出塁、最近のオーロラビジョンはすごくきれいなんですね。
c0223825_727216.jpg

c0223825_7285616.jpg

(9) 1回裏の見事な攻撃。この頃、スタジアムはきれいな夕陽に包まれました。やっぱり野球観戦は空を見上げながらがよく似合います。  (SIGMA SD15/SIGMA 10-20mmF4-5.6EXDCHSM,10mm,F4,1/125秒,ISO200)
c0223825_7343384.jpg

c0223825_7344712.jpg

(10) 花火のファンサービス、ダンスなど球場は華やかな雰囲気で素敵でした。
c0223825_7384926.jpg

c0223825_7422322.jpg

    風船は華やかだけど片付けるのが大変ですね。
c0223825_7434675.jpg

(11) この日、チームは4点を先制し、成瀬投手はスケールズに1発を浴びたものの1点のみに抑え上々の出来。
c0223825_7475370.jpg

   9回は、抑えの藪田投手がビシっと締めて、勝利を得ました。
c0223825_7483013.jpg


野球観戦は札幌のファイターズ応援以来でしたが、夏の夜、とても素敵な思い出ができました。
ファイターズも好調なようですし、この日はマリーンズが勝たせて頂きましたが、またCSを争うことができたらいいなと思います。

この日、Pentax Optioを持って行ったのはもちろん動画を撮るためで、実際撮ったのですが掲載の時間がありませんでした。そのうち、ここにペタッと貼っておきたいと思います(笑)

2011.8.16 千葉・幕張にて
SIGMA SD15
SIGMA 10-20mmF4-5.6EXDCHSM
SIGMA 17-50mmF2.8EXDCOSHSM
SIGMA 70-300mmF4-5.6DGOS
PENTAX OptioW10
by bjiman | 2011-08-17 07:52 | スポーツ観戦・音楽鑑賞 | Comments(2)