カテゴリ:水元公園の四季( 45 )

水元公園 晩秋

今日は寒かったですね。昨日、日曜日の水元公園もすっかり晩秋の気配でした。
そんな表情を、SIGMA DP1 Merrillでスナップしてみました。

都内とは思えない寂寥感、素朴な沼地の自然が、水元公園の魅力。
c0223825_01150021.jpg
寒々とした中にも、自然の凜とした張り詰めた空気感があります。
c0223825_01133145.jpg
c0223825_01180826.jpg
ところどころ、わずかに残った紅が、晩秋を感じさせます。
c0223825_01195269.jpg
c0223825_01260968.jpg
北海道のようなポプラ並木で、少し青を遊んでみました。
c0223825_01210569.jpg
沈む陽が、季節の変わり目を教えてくれているようでした。
c0223825_01113489.jpg
c0223825_01233969.jpg
寒くなりました。皆さん体調など崩されませんように。ご自愛下さい。

2017.11.19 @水元公園にて
SIGMA DP1 Merrill

by bjiman | 2017-11-21 01:27 | 水元公園の四季 | Comments(0)

水元公園 秋

(1) 11月16日、夕方にちょっと読書を兼ねて水元公園に。だいぶ秋が深まってきたようです。 (上SIGMA DP2 Merrill,下DP3 Merrill)
c0223825_0395522.jpg

c0223825_0404644.jpg

(2) 駐車場でクルマを止めると、隣はクルマ買い替えの際、最初に試乗したハイブリッドのクラウン。特にこの白のアスリートは大人気のようですね。並べてみて初めて気づいたのですが、同じホワイトパール・クリスタルシャインという名前でもトヨタブランドの白とレクサスの白は色合いがだいぶ異なり、クラウンはアイボリーがだいぶ入った感じです。
c0223825_0475234.jpg

レクサスの方は青みがかった白です。トヨタはレクサスの構築の過程で、トヨタブランドの位置づけをずいぶんはっきり整理した感じがします。例えば、このホワイトパール・クリスタルシャインを含めて、レクサスはすべてのグレードに用意されている全色をオプション価格なしで設定できますし、パネルの色もグレードによってはいくつかの選択肢から選択できるようになっています。これはレクサスが全車受注生産であるからでもあります。一方、トヨタブランドの場合は、ホワイトパール・クリスタルシャインはそれが最上級のマジェスタであってもオプション料金設定です。パネルの色も一タイプのみです。かつてはランチアとフィアットでもそのような使い分けがされていましたし、今でもシトロエンは、レギュラーシリーズのCシリーズと受注生産のDSシリーズで同じような使い分けをしています。良い悪いではなく、ブランドの違いとはそういうものだし、トヨタの考えるブランド戦略もわかりやすいものだと思いました。
c0223825_0484694.jpg

(3) クルマの上には、鮮やかな秋が訪れていました。 (DP2)
c0223825_0505884.jpg

(4) 静かな秋の公園です。 (上DP3,中下DP2)
c0223825_054477.jpg

c0223825_0553830.jpg

c0223825_0562781.jpg

(5) 9月16日、だいぶ前に水元公園の駐車場でDP1 Merrillで撮ったきれいな夕焼け。 (SIGMA DP1 Merrill)
c0223825_1141688.jpg

ニッサンがスカイラインをモデルチェンジしました。今度のスカイラインはグリルをインフィニティにするということですが、私はどうもニッサンのブランド戦略がよく分かりません。フロントグリルはインフィニティのバッジで、後ろに回るとSKYLINEと書いてあるなんておかしい。インフィテニィの高級なイメージは取り入れたいが、スカイラインという名前も捨てられず、という事だと思いますが、「二兎を追う者は一兎をも得ず」という事になるのではないかと危惧します。インフィニティだけ見ても、従来スカイラインはインフィニティGでしたが、今度のスカイラインはインフィニティQになっています。Qは、インフィニティでは最上級グレードだったはずで、今はフーガがMですから、フーガの上にくる格好になります。なんだかさっぱりわかりません。それにスポーティイメージの強いスカイラインなのに、今度の日本版は全車ハイブリッドだとか。記者会見で、「ニッサンのある限りスカイラインはやめない」と言っていたのも違和感がありました。これまでサニー、ブルーバード、セドリック、とどれだけ日産ゆかりのブランドをなくしてきたか。それにスカイラインとグロリアはプリンス自動車由来じゃないかと思いますし。日産ならではのブルーバードをなくしてサニー車挌の後継車になったブルーバード・シルフィにセドリックの代表的なグレード名だった「ブロアム」を設定した時にもたまげたけど、今もサニー後継のノートというクルマに、どういう訳かローレルの代表的なグレード名だった「メダリスト」を付けたりして「またか」と驚きました。メダリストといえばローレルでしょう、と私なら思います。トヨタでいえば、マークⅡの「グランデ」をカローラに付けているようなもので、ブランドを自分で分からなくしているようなものです。私はかつてアベニールというワゴンを所有していましたし、ニッサンも好きです。今回のクルマ選択も、初期の頃はブルーバードシルフィやスカイライン、ティアナも検討しました。でも、興味を持てばもつほど、残念に思うことが多かった。今のシルフィはブルーバードの名前も外しましたが、北米ではセントラ名で輸出されているらしい。セントラは、いうまでもなくサニーの輸出名だから、これはやっぱりサニーなんでしょ、と思ってしまう。ブルーバードのSSSのような伝統あるグレード名も捨てて、この会社は、グレードとかブランドとかいうことが全然整理できてない、自分がいちばんニッサンのブランド価値を分かっていない気がします。

2013.11.16 東京都 水元公園にて
by bjiman | 2013-11-18 01:05 | 水元公園の四季 | Comments(2)

水元公園のオニバス

今年、水元公園のオニバスは順調に咲き始めたようでしたが、7月21日の日曜日、勇んで撮りに出かけたら広いオニバス池に一輪しか咲いていませんでした。

(1) 7月21日のオニバス  (SIGMA SD1 Merrill,SIGMA70-300mmF4-5.6DGOS,300mm,F8,1/320秒)
不思議に思って係の方に質問してみたところ、写真を撮りに来た皆さんに聞かれると苦笑しながら、どうも低温のせいではないかと思っているとのこと。外気温が30度以上ないと水温が上がらず、花芽が出てこないのではないか、そんな風に思っていると。熱帯夜にならず過ごしやすいのはいいのですが、環境というのは色々な形で影響を表すものです。今度、猛暑になったら見に行ってみようと思いました。
c0223825_139422.jpg

(2) そのまま帰るのも勿体ないので、今年はもういいかなと思っていたハスを何枚か楽しんでみました。
(SIGMA SD1 Merrill,SIGMA70-300mmF4-5.6DGOS,160mm,F8,1/800秒)
c0223825_1444750.jpg

(SIGMA SD1 Merrill,SIGMA70-300mmF4-5.6DGOS,180mm,F11,1/500秒)
c0223825_147872.jpg

(SIGMA SD1 Merrill,SIGMA70-300mmF4-5.6DGOS,300mm,F8,1/80秒)
OSがあっても、300mで1/80秒では手ぶれの影響でクリアさが落ちます。
c0223825_1485172.jpg

(SIGMA SD1 Merrill,SIGMA70-300mmF4-5.6DGOS,300mm,F8,1/500秒)
同じ300mm、F8でも、1/500秒あると、クリア感が違ってきます。Foveonを活かすもっとも良薬は、十分な光量ではないかと思うのです。
c0223825_1535010.jpg

(SIGMA SD1 Merrill,SIGMA70-300mmF4-5.6DGOS,300mm,F8,1/400秒)
たくさんの光をもらって、素敵なハスを味わいました。
c0223825_1562028.jpg


2013.7.21 水元公園にて
SIGMA SD1 Merrill
SIGMA 70-300mmF4-5.6DGOS
by bjiman | 2013-07-25 01:56 | 水元公園の四季 | Comments(0)

ヤブカンゾウ、オニバス、チョウトンボ、水元公園の夏

水元公園もすっかり夏の様相。今日はそんな水元公園の夏たちを。

(1) ヤブカンゾウ (SIGMA SD1 Merrill/SIGMA 70-300mmF4-5.6DGOS,上300mm,F8,下200mm,F11)
c0223825_7512991.jpg

c0223825_7543361.jpg

(2) ヤブカンゾウのオレンジを見ると、あぁ夏だなぁと思うのです。
c0223825_7564887.jpg

c0223825_758582.jpg

c0223825_7595113.jpg

(3) センニチコウのお花で食事するシジミチョウ
c0223825_813238.jpg

(4) 対岸にアオサギ
c0223825_83239.jpg

(5) オニバスが咲き始めました。今年はかなりお花がたくさん咲いています。
c0223825_851044.jpg

c0223825_86587.jpg

(6) 水元公園では、すっかり稀少になったほんとの赤とんぼ、アキアカネを見られます。
c0223825_881743.jpg

c0223825_8103073.jpg

(7) あと水元公園の夏といえば、このチョウトンボ。鮮やかな羽の輝きは、一見の価値ありです。
c0223825_8112880.jpg


水元公園の夏、今が楽しみ時です。
直射日光がかなり厳しい時期ですので、暑さ対策をしっかり取った上でお楽しみ下さい。

2013.7.15 水元公園にて
SIGMA SD1 Merrill
SIGMA 70-300mmF4-5.6DGOS
by bjiman | 2013-07-19 08:13 | 水元公園の四季 | Comments(1)

水元公園のハス2013 ~ブログ記事1000本突破記念~

ブログの掲載記事が気づかないうちに1000本を超えていて、この記事が1008本目ということになります。最初の記事は2009年の10月28日でしたので、3年と8ヶ月ちょっと書いてきたということになります。書き続ける内にやりたい事などがどんどん出てきて、書くことには事欠かない(むしろ時間が足りない(笑))のですが、1000本記念に何か振り返ってまとめのような感想を書こうかなぁと思っている内に間が開いてしまい、どうもそういう事はできそうもないので、この何回か、普通に記事を書きながらこの3年8ヶ月ブログを綴ってきて思うことなども書き添えていこうかと思います。
ということで、ブログ記事1000本突破記念記事の最初は、7月15日に楽しんだ「水元公園のハス2013」です。

(1) 3連休の最後の日、水元公園のハスを楽しみに行きました。 (SIGMA SD1 Merrill/SIGMA 70-300mmF4-5.6DGOS,300mm,F11,1/500秒,ISO200)
c0223825_021032.jpg

(2) この日、水元公園のハス池はまさに見頃、美しいお花が我も我もと美を競っています。 (SIGMA DP3 Merrill,50mmF2.8,F8,1/400秒,ISO200)
c0223825_075519.jpg

(3) 水元公園のハスも毎年撮っているので、ここ数年は、今年はどんな風にしてみようかというテーマをもって臨んでいます。今年は、大賀ハスは大きいので画面いっぱいにお花が入ることをイメージして、できるだけパンフォーカスでカチっとした描写にトライしてみることにしました。  (SIGMA SD1 Merrill/SIGMA 70-300mmF4-5.6DGOS,300mm,F11,1/400秒,ISO200)
c0223825_014444.jpg

(4) 強い日差しを浴びたお花に反射する光ごと、立体を取り込んだような。 (SIGMA SD1 Merrill/SIGMA 70-300mmF4-5.6DGOS,300mm,F11,1/400秒,ISO200)
c0223825_0221432.jpg

(5) どうやって、描写の個性を出そうかと。 (SIGMA SD1 Merrill/SIGMA 70-300mmF4-5.6DGOS,300mm,F11,1/500秒,ISO200)
c0223825_0382783.jpg

(6) ハスの花は、どこか天上との世界のつながりを感じさせます。 (SIGMA SD1 Merrill/SIGMA 70-300mmF4-5.6DGOS,上225mm,F11,1/400秒,ISO400,中200mm,F11,1/200秒,ISO800下225mm,F5.6,1/500秒,ISO400)
c0223825_0533277.jpg
 
c0223825_0562022.jpg

c0223825_059126.jpg

(7) 水元公園の水辺では色々なトンボを見ることができます。これはウチワトンボ。尾の部分に突き出たウチワ上のものが特徴。 (SIGMA SD1 Merrill/SIGMA 70-300mmF4-5.6DGOS,225mm,F11,1/640秒,ISO800)
c0223825_1105345.jpg
 
ウチワは、左右に分かれて対になっています。
c0223825_1171693.jpg

(8) はじまりとかがやき。
c0223825_1254840.jpg

c0223825_1284889.jpg

c0223825_1285256.jpg

c0223825_1341229.jpg

(9) そしておわりのとき。
c0223825_1373814.jpg

c0223825_1402182.jpg

c0223825_1393690.jpg

はじまりの美しさとおわっていく儚さ、、、ハスの花は鮮やかに魅せてくれます。
c0223825_142383.jpg

c0223825_1433377.jpg

(10) 足元にふっと見つけた蕾。そしてまた始まる力強さを内包している感じがして、風の強い日でしたが、DP3で辛抱強く色々な表情を真上から狙ってみました。 (SIGMA DP3 Merrill)
c0223825_1481168.jpg

c0223825_149425.jpg

c0223825_1495667.jpg


水元公園の大賀ハス、今年もたっぷり楽しみました。

2013.7.15 東京都葛飾区 水元公園にて
SIGMA SD1 Merrill
SIGMA 70-300mmF4-5.6DGOS
SIGMA DP3 Merrill
by bjiman | 2013-07-18 01:51 | 水元公園の四季 | Comments(2)

SIGMA DP3 Merrill で楽しんだ紫陽花

今年はとても紫陽花の写真を楽しんだ感じがあります。それというのも、50mmMACROF2.8レンズを持つSIGMA DP3 Merrill があったから。最近は、SD1 Merrill とDP3 Merrill という組み合わせで写真を撮りに行くことがすっかり習慣になっています。どんな時も持って行きたいのがDP3。50mm(35mm換算75mm相当の中望遠単焦点というラジカルなモデルでありながら、いつも、「何か違う写真が撮れるかも」という期待を持たせてくれるカメラです。そんなDP3 Merrill で、紫陽花をゆっくり撮ったらどんなだろう、そんな風に思って撮った紫陽花写真、よかったら見て下さい。

(1) 東京都葛飾区の水元公園、ここは花菖蒲で有名な公園ですが、沿道の紫陽花もとてもキレイなんです。 (SIGMA DP3 Merrill(以後同じです。)、50mmF2.8,F8,1/40秒)
c0223825_23222176.jpg

(2) 紫陽花の魅力は、咲き始めの方がより感じられるような気がしました。 (F5,1/320秒)
c0223825_23313526.jpg

(3) 中心部の丸いつぶつぶの蕾が一つ、また一つと咲いていくさま。 (F8,1/100秒)
c0223825_2337496.jpg

(4) そんなつぶつぶの蕾をイキイキと表現できたら、と思いながら撮りました。 (上F5,1/320秒,中F5,1/250秒,下F2.8,1/100秒)
c0223825_23395780.jpg
c0223825_23422344.jpg

c0223825_23461696.jpg

(5) 花が主役か、ガクが主役なのか。きっと双方なのでしょう。 (上F3.2,1/320秒,下F4.5,1/160秒)
c0223825_23513737.jpg

c0223825_08515.jpg

(6) このままずっと愛でていたい、でもほんの一時期だから良いのでしょう。 (F4.5,1/200秒)
c0223825_23575268.jpg

(7) 白に赤の縁取り、とてもかわいい。 (F4,1/200秒)
c0223825_23542993.jpg

(8) 墨田の花火。そっと、華やかに。 (F5,1/320秒)
c0223825_23595913.jpg

(9) すっと咲いたほんの一輪。この一輪をどうやって撮ろうかと、ずいぶん考えました。 (F5,1/320秒)
c0223825_021785.jpg

(10) そこにふっとあるようなリアリティを。 (F3.2,1/100秒)
c0223825_0103418.jpg

(11) 赤が素敵 (F4,1/250秒)
c0223825_0131952.jpg

(12) 夕方だったので露光条件は厳しかったけど、できる限り絞って。 (上F5.6下F8,1/50秒)
c0223825_0163580.jpg

c0223825_023383.jpg

(F4.5,1/160秒)
c0223825_0191760.jpg

(13) こんなかわいいムラサキに白の縁取りの羅列。 (上F4下F3.5,1/125秒)
c0223825_0252698.jpg

c0223825_029956.jpg

(14) このお花のつぼみは、また何とも独特の色合い
c0223825_0302027.jpg

(15) 柏葉紫陽花は、日本のものじゃないだけに、紫陽花とはちょっと違う雰囲気。 (F8,1/320秒)
c0223825_0331289.jpg

(16) 紫陽花と花菖蒲。水元公園の味わいです。 (F6.3,1/60秒)
c0223825_0353033.jpg

(17) 紫陽花をとっても楽しんだひとときでした。
c0223825_037385.jpg

(18) DP3 Merrill のマクロを使う時、慎重に楽しみたい時は、このSLIK MiniⅡ を装着して首から提げてチェストポッドとして使っています。
c0223825_0432264.jpg


2013.6.2 東京都葛飾区 水元公園にて
SIGMA DP3 Merrill,50mmMACROF2.8
by bjiman | 2013-06-27 00:43 | 水元公園の四季 | Comments(4)

アサザ ~水元公園の夏~

水元公園は、準絶滅危惧種に指定されているアサザの自生地でもあります。
この日は、旧水産試験場の池で花を咲かせているアサザが見られました。

(1) 可憐なアサザのお花 (SIGMA SD1 Merrill/SIGMA 70-300mmF4-5.6DGOS)
c0223825_737509.jpg

c0223825_7423588.jpg

(2) 水元公園では、オニバスやアサザなど、稀少な植物の自生地であることも活かし、こうした保存活動も熱心に行っているところに好感を持っています。
c0223825_7452092.jpg

(3) 管理が上手なのか、小さな池の中でアサザが気持ちよさそうに咲いている姿が印象的でした。
c0223825_7472956.jpg

c0223825_7482567.jpg

c0223825_7491815.jpg

(4) こちらはヒメコウホネ。スイレン科の植物。水元公園は、こうした水生のお花がよく似合う公園です。
c0223825_7513452.jpg

現像の仕上げの色合いの違い。上がスタンダード、下がビビッド。彩度の設定でかなり近づきますが、どちらをベースにするかはお好みで。私は普段はスタンダードを愛用しています。
c0223825_7522373.jpg

(5) しょうぶ。子どもの頃は、端午の節句の時期、しょうぶ湯に入ったものです。
c0223825_7551880.jpg

(6) 夏には大輪の大賀ハスでいっぱいになる池で、コサギが小魚を狙っていました。
c0223825_7563821.jpg


水元公園の6月は、お花がとても楽しめました。

2013.6.2 東京都葛飾区 水元公園にて
SIGMA SD1 Merrill
SIGMA 70-300mmF4-5.6DGOS
by bjiman | 2013-06-19 07:58 | 水元公園の四季 | Comments(2)

水元公園葛飾菖蒲まつり2013 ~中編・睡蓮の純白~

(1) 水元公園の睡蓮もとても素敵。水面の一面に広がったお花のひとつひとつが可憐に輝いています。
(SIGMA DP3 Merrill)
c0223825_194024.jpg

(2) そのひとつひとつの輝きを、追いかけてみました。 (SIGMA SD1 Merrill/SIGMA 70-300mmF4-5.6DG OS,300mm,F8,1/1000秒)
c0223825_120386.jpg

(2) 純白に鮮やかな黄色からオレンジのグラデーション。なんて素敵なんでしょう。 (SD1 Merrill/70-300mmF4-5.6,300mm,F8,1/500秒) 
c0223825_126430.jpg

(3) マクロっぽい雰囲気で撮ってみました。 (SD1 Merrill/70-300mmF4-5.6,300mm,上、開放,1/2000秒,下,F11,1/500秒) 
c0223825_141935.jpg

c0223825_1431985.jpg

(4) 赤もあるのですが、湖面全体で2,3輪しかなく、300mmをもってしてもここまでが限界。 (SD1 Merrill/70-300mmF4-5.6,300mm,F9,1/500秒) 
c0223825_1505189.jpg

(5) これは白と赤のハーフ。花びらの外側は真っ白ですが中心部がピンク色から赤になっていく様子がとてもキレイです。これは非常に遠かったので、この程度までしか寄れませんでした。 (SD1 Merrill/70-300mmF4-5.6,300mm,開放,1/500秒) 
c0223825_1563946.jpg

(6) 睡蓮はとても美しいのですが、キレイなお花を探すのは案外大変です。これはファインダーを覗いている時から、あぁキレイだなぁと思いながら楽しんで撮っていました。シャープに写したくてF9まで絞っていますがISO800になってしまってNRが必要になるのでちょっとセッティングが中途半端でした。(SD1 Merrill/70-300mmF4-5.6,300mm,F9,1/500秒,ISO800) 
c0223825_232557.jpg

(7) キラリと光り輝く雰囲気をイメージして、これはややイメージ的な仕上げ。14日に掲載したもののアナザーカットです。 (SD1 Merrill/70-300mmF4-5.6,145mm,F11,1/400秒,ISO800) 
c0223825_293875.jpg

(8) たっぷり睡蓮の撮影を楽しみました。写真を撮ること、現像することは楽しいですね。 (DP3)
c0223825_216030.jpg


明日は、アサザ池に行ってみたいと思います。

2013.6.2 水元公園にて
SIGMA SD1 Merrill
SIGMA 70-300mmF4-5.6DGOS
SIGMA DP3 Merrill,50mmF2.8
by bjiman | 2013-06-18 01:51 | 水元公園の四季 | Comments(0)

水元公園葛飾菖蒲まつり2013 ~前編・素敵な花菖蒲~

毎年6月は、水元公園がとっても忙しい季節、あじさいから始まって、睡蓮、花菖蒲、アサザ、、、とどんどんお花が咲き、次には夏の大賀ハスやオニバスも控え、写真を撮りに行くことが多くなります。

(1) 今年の6月前半は空梅雨でしたね。この日は6月2日で良いお天気。もう夏のようでした。 (SIGMA DP3 Merrill)
c0223825_2356642.jpg

(2) 今年の葛飾菖蒲まつりは6月1日~25日の期間の開催。この日はまだ始まったばかりということで花菖蒲は部分的な開花状況でしたが、とてもキレイでした。新聞によると今日辺りはちょうど見頃だそうです。 
c0223825_032350.jpg

c0223825_05434.jpg

(3) 水元公園の花菖蒲もとても種類が豊富なので、この日はDP3 Merrill を中心に花菖蒲の色合いを楽しみました。ムラサキ色がとってもキレイ。 (DP3 Merrill,50mmF2.8,上F9,1/500秒,中F9,1/640秒,)
c0223825_021652.jpg

c0223825_0235088.jpg

c0223825_0251161.jpg

マクロで写真を撮っていると、こんな風にハチが飛んできて驚くことも。でも彼らも仕事中なので攻めてはこないですけど。
c0223825_028582.jpg

(4) 色々な模様や色柄。同じムラサキ系統というだけでもいろんな展開があり、見ていて楽しい。 (DP3 Merrill,50mmF2.8,上F8,1/800秒,下F8,1/1000秒)
c0223825_035315.jpg

c0223825_035396.jpg

(5) 同じお花でも撮り方でどんな風に変わるのか、いろいろ試しながら。 (F8,1/1000秒)
c0223825_038172.jpg

できる限り寄ってみて。F11まで絞って全体をシャープに。 (F11,1/500秒)
c0223825_0413577.jpg

(6) 濃いムラサキは色合いの調整具合にちょっと苦労。明るくするとパサパサしてしまう。(F11,1/250秒)
c0223825_0444833.jpg

(7) この日は陽射しが強かったので光量は豊富でした。お花のシャープ感を出せたらとシャッター速度に余裕があるのでF11までずっと絞っていました。純白や、薄ピンクなど素敵な色合いです。 (上F11,1/640秒,下F11,1/500秒)
c0223825_047456.jpg

c0223825_052418.jpg

(8) SD1/70-300mmの組み合わせでは、望遠らしい遠近感のシンプルな絵を楽しんでみました。 (SIGMA SD1 Merrill/SIGMA 70-300mmF4-5.6DGOS,上F7.1,1/500秒,下F8,1/400秒)
c0223825_0551843.jpg

c0223825_0575097.jpg

(9) 花菖蒲にもいろいろな系統があり、いわゆる江戸系といわれるものは、葛飾区堀切の堀切菖蒲園に集められ、発達してきたものなのだそうです。ちなみに葛飾菖蒲まつりは、堀切菖蒲園との同時開催です。
c0223825_161989.jpg

よく間違われるかきつばたと花菖蒲の見分け方が書いてありました。
c0223825_18397.jpg

(10) 素敵な色とりどりの花菖蒲が絵心を刺激するのか、熱心に絵を描いている人を多く見かけました。
c0223825_110476.jpg

c0223825_1124469.jpg

(11) 花菖蒲に惹かれてくるのは人間ばかりではありません。こんな大きなアオサギがヌッと現れると、こちらの方が面食らってしまいます。 (SD1/70-300mm)
c0223825_1201630.jpg

もちろんこちらの狙いはお食事。さっさとエサを捕って、ごくんと飲み込みつつすました顔で行ってしまいました。こんな大きなアオサギが自然に営巣しているのが水元公園の豊かな自然です。
c0223825_123183.jpg

c0223825_124241.jpg

c0223825_1253556.jpg


素敵な水元公園、明日は睡蓮やアサザのお花と遊んでみたいと思います。

2013.6.2 東京都葛飾区 水元公園にて
SIGMA SD1 Merrill
SIGMA 70-300mmF4-5.6DGOS
SIGMA DP3 Merrill
by bjiman | 2013-06-17 01:27 | 水元公園の四季 | Comments(2)

水元公園の睡蓮

水元公園はあやめの季節。この時期、睡蓮もとてもキレイです。
明日からは、そんな水元公園を取り上げたいと思います。  (SIGMA SD1 Merrill/SIGMA 70-300mmF4-5.6DG OS,145mm,F9,1/320秒,ISO400)
c0223825_854296.jpg


2013.6.2 東京都葛飾区 水元公園にて
SIGMA SD1 Merrill
SIGMA 70-300mmF4-5.6DGOS
by bjiman | 2013-06-14 08:06 | 水元公園の四季 | Comments(0)