カテゴリ:松戸の重要文化財・戸定邸( 31 )

戸定邸(旧徳川昭武邸)の秋 2013

(1) 戸定邸の秋を歩いてみましょう。いつもここの大銀杏はこの時期のお楽しみ。 (上中SIGMA DP1 Merrill、下DP3 Merrill)
c0223825_2112289.jpg

c0223825_2134352.jpg

c0223825_2144373.jpg

(2) 茅葺きとの組み合わせがイイです。 (DP3)
c0223825_2155182.jpg

(3) 下から見上げるとこんな感じ。 (DP1)
c0223825_21743100.jpg

(4) 静かな輝き、穏やかな光  (上中上DP1、中下DP3、下SIGMA DP2 Merrill)
c0223825_2232069.jpg

c0223825_229686.jpg

c0223825_2291479.jpg

c0223825_2265818.jpg

(5) 光 を楽しみました。 (上DP1,下DP3)
c0223825_2315791.jpg

c0223825_2324283.jpg

(6) 鮮やかな、紅 (上DP1,下DP3)
c0223825_2342678.jpg

c0223825_236523.jpg

(7) ススキを前景に (DP2)
c0223825_2373747.jpg

(8) DP2は、こんなシーンに使いやすい。 (DP2)
c0223825_2391045.jpg

(9) 綺麗なツバキを狙うなら、マクロのあるDP3で。
c0223825_2415751.jpg

c0223825_2425087.jpg

c0223825_2433682.jpg

c0223825_2441790.jpg

(10) 寒空に可憐に咲く10月桜。アップで狙うには50mmマクロのDP3で無理なので、全体の雰囲気を。(DP3)
c0223825_246542.jpg


ほんと、楽しい散歩でした。

2013.11.30 松戸市戸定邸 (旧徳川昭武邸)にて。
SIGMA DP1 Merrill
SIGMA DP2 Merrill
SIGMA DP3 Merrill
by bjiman | 2013-12-02 02:09 | 松戸の重要文化財・戸定邸 | Comments(0)

戸定が丘歴史公園の桜

戸定が丘歴史公園は、徳川昭武の松戸別邸、戸定邸の前庭部分を公園に整備したものです。もともとはこの周辺一帯はすべて戸定邸の部分をなすもので、隣接する千葉大学園芸学部の敷地とあわせてすべて徳川家の敷地でしたが、寄付や売却等もあって、戸定邸、戸定が丘歴史公園、千葉大学園芸学部にそれぞれ整備されました。それでも現在でも一体で利用されているので、イベントなどではすべての通路がそれぞれつながって出入り自由になることもあります。

(1) 戸定が丘歴史公園の枝垂れ桜。この日が見頃としては最後の頃。 (SIGMA DP3 Merrill)
c0223825_7304020.jpg

(2) 公園内に併設されている「松雲亭」は茶室等としてイベントに用いられます。 (DP3)
c0223825_7351485.jpg

(3) 竹林に山吹の黄色が映えていました。 (DP3)
c0223825_7375672.jpg

c0223825_7383719.jpg

(4) 3月中だったというのに、もうシャガの花が咲いていました。 (DP3)
c0223825_7401915.jpg

シャガのお花って綺麗ですよね。写真を撮るまでは知らなかったのですが、はじめてシャガに出会ったのも、この敷地内にある千葉大学園芸学部裏の林でのことでした。DP3の手持ちでは、このくらいの像倍率がいっぱいいっぱいでしょうか。3脚があればもっと寄れますが。
c0223825_7415967.jpg

(5) 公園内は、桜で彩られ、華やかな日でした。 (上DP2x,中下DP3)
c0223825_7473170.jpg

c0223825_7482190.jpg

c0223825_7495051.jpg

(6) DP3より少し広角のDP2xで、庭園内をスナップ (SIGMA DP2x,24.2mmF2.8)
c0223825_7532227.jpg

c0223825_7534433.jpg

c0223825_7553035.jpg

c0223825_7562793.jpg

(7) この向こうが千葉大学園芸学部キャンパス (DP2)
c0223825_7571090.jpg

(8) 桜の花道 (DP2)
c0223825_7575519.jpg

(9) 札幌でよく見かけたような、紫色のツツジ (上DP3、下DP2)
c0223825_7592218.jpg

c0223825_811865.jpg

(10) 近くの大正寺で、枝垂れ桜やソメイヨシノなどを楽しみ、桜散歩を終わりました。 (DP2)
c0223825_842317.jpg

c0223825_854323.jpg

c0223825_865472.jpg

c0223825_875936.jpg


2013.3.30 松戸市 戸定が丘歴史公園、大正寺にて
SIGMA DP2x
SIGMA DP3 Merrill

DP3 Merrillに次ぐメリルシリーズは、DP2 Merrillにしようかなと思っています。
by bjiman | 2013-04-17 08:09 | 松戸の重要文化財・戸定邸 | Comments(0)

徳川昭武の別邸・戸定邸をDP3 Merrillで切り取ってみて。

SIGMA DP3 Merrillが気に入っています。この50mmF2.8だけで切り取ってみた世界で印象的な絵が撮れるかどうか、自分に対する宿題を楽しみながら写真を撮っています。
3月30日、松戸市の国指定・重要文化財の徳川昭武別邸・戸定邸をSIGMA DP3 Merrillの50mmF2.8だけで切り取ってみました。

(1) ユキヤナギと戸定邸  (SIGMA DP3 Merrill,50mmF2.8,以後すべて同じです。)
c0223825_732812.jpg

(2) 石灯籠と椿
c0223825_7331563.jpg

(3) 金箔と葵
c0223825_7351556.jpg

(4) 葵の欄間
c0223825_7361969.jpg

(5) 母子衣装掛
c0223825_7382394.jpg

(6) 葵の灯り
c0223825_7395629.jpg

(7) 中庭と桜
c0223825_7411997.jpg

(8) 今を生きる木戸
c0223825_742418.jpg

(9) ほのかな光、影の世界
c0223825_7451191.jpg

(10) 美しい木枠か、はたまたその奥に広がる庭園か
c0223825_7463266.jpg

c0223825_747205.jpg

(11) 中庭の桜
c0223825_7485634.jpg

c0223825_7501755.jpg

(12) 影を楽しむ 欄間
c0223825_7513785.jpg

(13) ツバキ
c0223825_752335.jpg

(14) 波打つ整然 美しく規則正しい屋根瓦
c0223825_7541190.jpg

(15) 欄間の影と葵
c0223825_7551124.jpg

(16) 時を重ねる柱と葵の御紋
c0223825_7565389.jpg

現代に生きる江戸時代、水戸徳川家の証が残ります。
c0223825_758251.jpg

(17) 美しい日本家屋にユキヤナギが映える
c0223825_7594968.jpg

(18) 木目の整った雨戸
c0223825_81821.jpg

(19) 雨戸と屋根瓦 整然の美
c0223825_825193.jpg

(20) 蔵に眠る金箔の葵
c0223825_841372.jpg

(21) 玄関から見る中庭。脇にあるこの部屋は、主人に付きそう付添人の通される部屋
c0223825_852835.jpg


松戸戸定邸は、水戸徳川家の徳川昭武(15代将軍・徳川慶喜の異母弟)の別邸です。
昭武は、この家に若隠居して過ごし、趣味の写真撮影を楽しんでいました。
兄の慶喜も度々ここを訪れ、昭武と一緒に写真撮影を楽しんでいたことが分かっています。
慶喜は明治維新の折、江戸城を開城した後も松戸に宿泊しているので、この戸定邸に宿泊したものと思います。

旧い日本家屋は、静寂で、整然と美しく、光と影の映し出す美と暮らしているようです。
日本人はほのかな光、静寂の中に美を見いだして生活してきたのではないか、そんな気がします。
現代的な建築も良いのですが、このような美の中で鍛えられる審美眼を、どのように現代の家に活かしていくか、そんな課題もあるのではないかと思います。

2013.3.30 松戸 戸定邸にて
SIGMA DP3 Merrill
by bjiman | 2013-04-16 08:11 | 松戸の重要文化財・戸定邸 | Comments(0)

戸定邸の可憐な梅、枝垂れ桜をDP3 Merrill で楽しむ。(後編)

昨日に続き、戸定邸の春花巡りを続けたいと思います。

(1) 紅梅と白梅が混ざったような薄ピンクの梅のお花。桜もそうですが、梅のお花ってどうしてこんな風にかわいらしく咲くのでしょうか。幹から直接こんな風に咲いている姿を見ると、まるで木がかわいいリボンをつけているかのように感じます。  (SIGMA DP3 Merrill,50mmF2.8,上F4.5,1/160秒,下F3.5,1/125秒,ISO200)
c0223825_2272487.jpg

c0223825_2282655.jpg

(2) 純白の白梅。太い木の幹からこんなお花がポッと咲くなんて、なんて可愛いのかと思います。   (SIGMA DP3 Merrill,50mmF2.8,F3.5,1/125秒,ISO200)
c0223825_22173827.jpg

(3) まるで雪の花は咲いたよう。   (SIGMA DP3 Merrill,50mmF2.8,上F4.5,下F6.3,1/400秒,ISO200)
c0223825_22213818.jpg
c0223825_22254349.jpg

(4) お花の写真は、「花図鑑」にならないように、風景というか、「その場所らしさ」を写し込められるように気をつけています。「戸定邸の梅園」が感じられるかな、、、 (SIGMA DP3 Merrill,50mmF2.8,F6.3、1/320秒,ISO200)
c0223825_22323790.jpg

(5) それでもたまに、DP3の50mmF2.8MACROレンズのマクロ域に挑戦してみたくなります。DP3の50mmF2.8MACROは、専用のマクロレンズという訳ではないので、像倍率は1/3倍までです。でも実際、1/3倍の倍率で手持ちで撮るのは難しい事だと思います。私は、DP3のマクロ域のような場合、もうすべてMFで撮っています。MFの場合、十字キーのOKボタンを押すと液晶モニターの確認画面は中心点の拡大モードになり、拡大率はコマンドダイヤルで選べるようになるので、それを操作しながらピントを確認して撮っています。この写真くらいが手持ちでは限界だと思いますが、DP3のこの解像力には驚くばかり。中心左にゾウムシのような小さな虫が写っているのが分かりますでしょうか。これなど花の大きさから推測するに1mm前後の大きさだと思いますがゾウムシのような鼻、小さな足のひとつひとつにそれなりにピントが来ています。(クリックして画像表示画面で+をクリックしていただけると拡大画像になりますのでぜひ大きくして見ていただけると嬉しいです。)  (SIGMA DP3 Merrill,50mmF2.8,F5.6,1/320秒,ISO200)
c0223825_2241292.jpg

(6) 上の写真は50mmレンズの被写界深度の浅さとマクロ域であることの危険を考慮して絞りを5.6まで絞ってリスクを避けていますが、DP3の50mmレンズで私が唯一改善を要望するとすれば、円形絞りにして欲しいということです。35mmフィルムの時代、中望遠85mmF1.4なんていうレンズの被写界深度は紙みたいに薄かったし、DP3の場合も50mmとはいえ、DP2の標準レンズよりはかなり被写界深度が浅いと思われるので、私も安全を見込んで絞りを深く取ることが多いですが、その時に、ちょっとこのカクカクした背景のボケが気になります。
(ピントの安全を見込んでF5にして全体にシャープな感じを得ていますが、背景のボケはカクカクして少々気になります。)
c0223825_22501968.jpg

(同じ姿勢のまま開放にしたものです。絞りを入れていないので背景のボケのカクカクはなくなり円形できれいですが、中心点のシャープに来て欲しい部分もやや甘くなっています。)
c0223825_2250272.jpg

(7) 枝垂れ桜を描いて。ちょっと極端な撮り方・仕上げ方ですが、露出補正を+1.0以上かけて撮り、現像の上でも平面的になるのは我慢した上で明るさのバランスを好みに整えています。 (SIGMA DP3 Merrill,50mmF2.8,上下F4,1/250秒,ISO200)
c0223825_2259986.jpg

c0223825_2315320.jpg

(8) 50mm(75mm相当)の中望遠といってもちょっと距離を取ればスナップ的に撮ることもできると思います。戸定邸の庭の門と、脇に咲いた馬酔木を撮ってみました。 (SIGMA DP3 Merrill,50mmF2.8,上F5.6,1/125秒,下F5.6,1/80秒,ISO800)
c0223825_2311463.jpg

c0223825_23123090.jpg

(9) 最後に河津桜と桃色の共演を楽しんで、戸定邸を後にしました。。 (SIGMA DP3 Merrill,50mmF2.8,F5.6,1/320秒,ISO200)
c0223825_2317154.jpg


次回は、河津桜が満開になった坂川沿いに進みます。

2013.3.17 戸定邸にて
SIGMA DP3 Merrill,50mmF2.8
by bjiman | 2013-03-27 00:00 | 松戸の重要文化財・戸定邸 | Comments(0)

戸定邸の春 DP3 Merrill と巡る松戸の春花巡り(2)

DP3 Merrill と巡る松戸の春花巡り その(2)です。今日は大正寺を出て戸定邸へ向かいます。

(1) 道々で見かける春の色 レンギョウの黄色は心を華やかにしてくれます。 (SIGMA DP3 Merrill,50mmF2.8,F3.5,1/100秒,ISO200)
c0223825_745235.jpg

(2) サクラソウ  (SIGMA DP3 Merrill,50mmF2.8,F8,1/640秒,ISO200)
c0223825_7494084.jpg

(3) 戸定邸の門横にある白梅が満開でした。 (SIGMA DP3 Merrill,50mmF2.8,上F4,1/160秒,ISO200,下F3.5,1/160秒)
c0223825_7544443.jpg

c0223825_7545351.jpg

(4) 前庭のところでは、河津桜が青空に向かってまっすぐ春を楽しんでいました。 (SIGMA DP3 Merrill,50mmF2.8,上F7.1,1/640秒,ISO200,下F5.6,1/320秒)
c0223825_7595890.jpg

c0223825_831068.jpg

(5) 枝垂れ桜は、この時は咲き始めた頃。お花の方は何枚も撮ってようやくアップが撮れました。とてもかわいいのです。絞りを絞って少しピントの安全を見ました。 (SIGMA DP3 Merrill,50mmF2.8,上F7.1,1/400秒,ISO200,下F5.6,1/320秒)
c0223825_854380.jpg

c0223825_885986.jpg

(6) 次回は、可憐な梅園のお花を巡ります。 (SIGMA DP3 Merrill,50mmF2.8,上F4.5,1/200秒,ISO200,下F4,1/160秒)
c0223825_812218.jpg

c0223825_8133657.jpg


2013.3.17 松戸市 戸定邸及びその周囲にて
SIGMA DP3 Merrill,50mmF2.8
by bjiman | 2013-03-26 08:16 | 松戸の重要文化財・戸定邸 | Comments(0)

雪の残る戸定邸を歩く(後編)

(1) 雪の残る戸定邸(後編)です。今回も、のんびり珍しい機会を楽しみたいと思います。 (SIGMA SD1 Merrill/SIGMA 17-50mmF2.8EXDCOSHSM)
c0223825_1143029.jpg

c0223825_1204133.jpg

(2) 雪の冷たい感じをどう表現するか、、、
c0223825_1173556.jpg

c0223825_1222847.jpg

(3) そんな感じを、雪と寒椿で表現してみたいと思いました。
c0223825_1245721.jpg

c0223825_1255981.jpg

c0223825_1264510.jpg

c0223825_1274738.jpg

(4) 日陰はなかなか雪が溶けないので、またそれがこんな景観を。
c0223825_1293073.jpg

(5) 冬の陽射しは低くて影が長い。そんな影の楽しみを雪が演出してくれます。
c0223825_1311838.jpg

c0223825_1322353.jpg

(6) 寒椿はキレイですね。
c0223825_1354182.jpg

(7) こうやってみると北海道で見た白樺みたいです、、、ちょっと褒めすぎかな。
c0223825_1383073.jpg

これ、実はサルスベリの木です。サルもすべるツルツルの木肌。
c0223825_1403544.jpg

(8) 名残惜しく雪の梅園を後にしました。
c0223825_1423867.jpg

(9) 後は来た道を戻りながら。
c0223825_145915.jpg

c0223825_1442323.jpg

(10) 昭和の家の面影。こんな家に住みたい、、、松雲亭の玄関。
c0223825_147109.jpg

(11) 戸定邸の屋根のあちこちに溶けていく雪。風情があります。
c0223825_1481954.jpg

c0223825_1491435.jpg

(12) 雪の戸定邸を後にしました。
c0223825_150917.jpg


明日はこの後、好きな喫茶店でお茶。RX100との撮り比べを楽しんでみた時の様子を取り上げたいと思います。

2013.1.20 戸定邸にて
SIGMA SD1 Merrill
SIGMA 17-50mmF2.8EXDCOSHSM
by bjiman | 2013-01-28 01:52 | 松戸の重要文化財・戸定邸 | Comments(0)

松戸・雪の戸定邸 戸定が丘歴史公園

(1) 2013年1月20日、まだ雪の残る戸定邸です。 (SIGMA SD1 Merrill/SIGMA 17-50mmF2.8EXDCOSHS,以下すべて同じです。)
c0223825_21544859.jpg

(2) 吹き替えが終わったばかりの真新しい茅葺きに、雪がほんのりと。
c0223825_21564396.jpg

(3) 戸定邸前の庭園にも、まだ少し雪が残っています。
c0223825_21583229.jpg

c0223825_21593597.jpg

c0223825_221431.jpg

(4) 抜けるような青空。FOVクラシックブルーで。
c0223825_032369.jpg

(右上は飛行機です(笑))
c0223825_2254276.jpg

(5) 戸定邸の玄関は、いつも堂々としています。
c0223825_2272552.jpg

(6) お茶やお稽古ごとに使われる松風亭
c0223825_22532219.jpg

c0223825_22541782.jpg

c0223825_22551181.jpg

(7) 寒いけど、雪のある風景ってやっぱりいいものです。
c0223825_22571430.jpg

(8) 戸定邸のお庭につながる門
c0223825_2258398.jpg

屋根に生えた草がいい感じです。
c0223825_22595430.jpg

(9) 雪のキラキラした感じって現像は難しいんですよね。
c0223825_2314598.jpg

(10) 梅園の方に進んでいきます。
c0223825_2332755.jpg

(11) 梅園はいちめんの雪
c0223825_2345599.jpg

(12) 素敵な梅園の雪景色を、FOVクラシックブルーで演出してみました。
c0223825_2363046.jpg


戸定が丘歴史公園の雪景色、明日に続きます。

2013.1.20 戸定邸、戸定が丘歴史公園にて
SIGMA SD1 Merrill
SIGMA 17-50mmF2.8EXDCOSHSM
by bjiman | 2013-01-26 23:09 | 松戸の重要文化財・戸定邸 | Comments(4)

大正寺から戸定邸へ 初冬に華を添えて

2012年12月12日、松戸はとてもお天気の良い日でした。
着物姿での散歩だったのであまり荷物を持ちたくないと、久しぶりにコンパクトなDP2xだけを持って単焦点標準の画角を楽しんでみました。

(1) 松戸、大正寺では、青空に10月桜が可憐に華を添えていました。 (SIGMA DP2x,24.2mmF2.8、以下すべて同じです。)
c0223825_2325567.jpg

c0223825_2334976.jpg

(2) 建物が変わっても、瓦だけがこうして古くからの時を刻み続けています。そんな時の長さに華を添えるように黄色が可憐に花開いています。
c0223825_2361872.jpg

(3) 大正寺を彩ったモミジの紅はすっかりなくなって、季節はすっかり冬の筈なのに、こうして木蓮の木には枝という枝にびっしりと木蓮の花のつぼみが出来て、春への準備がすっかり整っている姿を見ると、とても勇気づけられます。大正寺には、もう「春の予感」が満ちているのです。
c0223825_23112549.jpg

c0223825_23122419.jpg

c0223825_2313754.jpg

(4) その足で戸定邸へ向かうと、「燃えさかる紅」が最後の美を魅せてくれていました。
c0223825_2315936.jpg

c0223825_23164759.jpg

(5) モミジの紅の向こうに小さな10月桜のほのかなピンク。この時期ならではです。
c0223825_23184998.jpg

(6) 見事な黄葉のトンネルの一角
c0223825_23231015.jpg

c0223825_23233850.jpg

c0223825_23242456.jpg

c0223825_23261271.jpg

c0223825_2329189.jpg

(7) もう見納めの燃える黄色を極端な仕上げで楽しんでみました。
c0223825_23275848.jpg

(8) 反射光で外側から見るとまたまったく違う雰囲気になるのが紅葉のマジックです。
c0223825_23304860.jpg

(9) お茶のお稽古などに使われる「松雲亭」の表玄関は旧い昭和の家の面影を感じさせ、その脇の燃える紅がいっそう素敵に見えます。
c0223825_2335548.jpg

c0223825_23373785.jpg

(10) 戸定が丘歴史公園も鮮やかな色々。
c0223825_23461638.jpg

(11) 落ち着いた戸定邸の雰囲気の中に、初冬の静かな美がありました。
c0223825_23494271.jpg

c0223825_2352492.jpg

c0223825_2353757.jpg

c0223825_23571931.jpg

(12) ふと足下を見ると、もう霜が降りてる!
c0223825_23534579.jpg

c0223825_2355573.jpg

(13) 戸定邸では、この日も美しい季節の時間がゆっくりと流れていました。
c0223825_23582756.jpg


2012.12.12 松戸市 大正寺および戸定邸にて
SIGMA DP2x,24.2mmF2.8
by bjiman | 2012-12-18 23:59 | 松戸の重要文化財・戸定邸 | Comments(2)

(前編の2)戸定邸の秋2012

戸定邸の秋 今回はちょっと早めだったな、ということで(前編)としております。その2回目です。

(1) 秋の色、しっとりと。  (SIGMA SD1 Merrill/SIGMA 17-50mmF2.8EXDC)
c0223825_0555535.jpg

(2) この日、戸定邸歴史公園の中にある松風亭では、お茶会が開かれていました。
c0223825_111370.jpg

(3) 秋の色が感じられる庭園を少し見学。
c0223825_124883.jpg

c0223825_143757.jpg

c0223825_152824.jpg

c0223825_1844.jpg

(4) 松風亭の外側も秋らしい趣
c0223825_1141494.jpg

c0223825_129216.jpg

(5) のんびりした秋の休日
c0223825_1175719.jpg

(6) 秋はしっとりしたお花のムラサキ色が似合います。
c0223825_1195357.jpg

(7) 戸定が丘歴史公園の一角では、ホトトギスのお花が一斉に咲きそろって秋らしいムラサキを演出
c0223825_1314296.jpg

c0223825_134195.jpg

(8) 春には素敵な梅の花が楽しめる梅園。秋には銀杏の黄色などの色づきがひっそりと。
c0223825_139574.jpg

c0223825_1421617.jpg

c0223825_1433116.jpg

(9) さざんかの白。初冬に向かう純白がきれいに。
c0223825_1511755.jpg

c0223825_1532589.jpg

(10) 明日はこの道の先、千葉大学園芸学部に向かいます。
c0223825_1552957.jpg


2012.11.24 松戸市戸定が丘歴史公園にて
SIGMA SD1 Merrill
SIGMA 17-50mmF2.8EXDC
by bjiman | 2012-11-30 01:57 | 松戸の重要文化財・戸定邸 | Comments(0)

戸定邸の秋 2012 前編

(1) 11月24日、戸定邸の正門脇にある大銀杏の色づきは、見頃一歩手前。  (SIGMA SD1 Merrill/SIGMA 17-50mmF2.8)
c0223825_14455.jpg

c0223825_1493214.jpg

(2) 今戸定邸の門は、茅葺きの吹き替え工事中です。
c0223825_151574.jpg

c0223825_1534752.jpg

(3) 駐車場脇のモミジがいい感じに色づいてきています。
c0223825_1585937.jpg

(4) 門が工事中なので脇の入り口から入るのですが、ツワブキがきれいに咲いています。
c0223825_20255.jpg

c0223825_205956.jpg

(5) 中に進んでいくと、パッと目に入る鮮やか。FOVクラシックブルーで。
c0223825_232582.jpg

(6) モミジの見頃はあと何日か先かなと思いますが、行き過ぎても難しいですしね。
c0223825_255868.jpg

c0223825_274158.jpg

c0223825_294042.jpg

(7) 下から見上げて、しばし鑑賞。
c0223825_2114310.jpg

(8) もちろん、横から見てもいいものはいい。
c0223825_2132646.jpg

(9) 狭い中を、透過光の素敵な光を探して、いつも同じような写真を撮ってしまう。
c0223825_2155471.jpg

(10) 秋というよりは初冬を感じさせる低い光の中、輝く一瞬を撮りたいといつも思うのですが。
c0223825_219848.jpg


戸定邸の秋 2012前編。明日に続きます。

2012.11.24 松戸市 戸定邸にて
SIGMA SD1 Merrill
SIGMA 17-50mmF2.8EXDCOSHSM
by bjiman | 2012-11-27 01:42 | 松戸の重要文化財・戸定邸 | Comments(0)