カテゴリ:市川市・長田谷津の四季( 26 )

長田谷津は初夏の色

久しぶりに市川市の長田谷津に行ってみました。

(1) いつもここへ降りていくとき、しっとりとした森の色に魅せられます。 (SIGMA DP3 Merrill)
c0223825_8335222.jpg

(2) 雨上がりの森に、ヒルガオの可憐なピンク色がシック。
c0223825_8404643.jpg

c0223825_8412519.jpg

(3) 長田谷津は、もう初夏の色相が感じられました。
c0223825_8443559.jpg

(4) 水辺では、マガモが何やらエサ探し。 (SIGMA SD1 Merrill/SIGMA 70-300mmF4-5.6,135mm)
c0223825_8452718.jpg

(5) 長田谷津のアジサイは、森の中にあるせいか、色が深いような気がします。 (DP3)
c0223825_8533161.jpg
c0223825_912158.jpg

(6) 同じお花でも、50mmF2.8のDP3と、70-300mmズームを付けたSD1で違った撮り方を楽しみます。 (上DP3/下SD1,70-300mm)
c0223825_8553656.jpg

c0223825_93419.jpg

(7) 薄暗い森の中だからこその鮮やかさがふっと浮き上がるような。 (SD1/70-300mm)
c0223825_972832.jpg

c0223825_985782.jpg

c0223825_973927.jpg

(8) ここに来ると、いつも狙うのがこの赤です。
c0223825_911288.jpg

c0223825_9123572.jpg

(9) 赤と白が混じって、素敵な雰囲気。
c0223825_9181444.jpg

(10) ぷくっとふくれたおたふくアジサイ。
c0223825_9205240.jpg

(11) 長田谷津の湿田は、付近に広がる梨畑が涵養する湧水によって支えられています。そんな湧水がもたらすしっとりした空気感が色々な生命を育んでいます。 (DP3)
c0223825_9274317.jpg

散策道が木道ではなくコンクリートなのは、湿田の湿気で木道が腐ってしまったためだとか。 (DP3)
c0223825_931582.jpg

(12) そんな谷津のあちらこちらで、交尾中のモンシロチョウがヒラヒラと飛んでいました。 (SD1/70-300mm)
c0223825_9334455.jpg

羽の黄色い方がオスだそうです。
c0223825_9383246.jpg

(13) 散策道沿いのアヤメが6月らしい。 (DP3)
c0223825_9412860.jpg

(14) DP3の解像感に慣れてくると、今度はSD1用にもいい望遠レンズを買わないといかんなぁと思っています。 (DP3)
c0223825_9452242.jpg

c0223825_946244.jpg

(15) お花の鮮やかさを撮ったつもりなのに、クモの不気味な足の方が目立ってしまう。
c0223825_9471518.jpg

(16) 今年最後まで残ったキショウブ一輪。間に合って良かった。DP3とSD1の17-50mmを撮り比べてみました。 (上DP3、50mmF2.8,F3.5,1/125秒,ISO200(露出補正-0.7),下がSD1/17-50mmF2.8,50mm,F4,1/200秒,ISO800)
c0223825_9504889.jpg

c0223825_10205176.jpg

(17) 鮮やかなツリフネソウが深い緑に包まれた谷津に華を添えてました。 (DP3)
c0223825_10351624.jpg

(18) しっとりした長田谷津。のんびり写真を撮っていたらあっという間にクローズの17:00近く。駐車場まで走って戻る事になってしまいました。 (DP3)
c0223825_1025197.jpg

(19) 長田谷津の周辺は一面の梨畑。市川市は都市に近いイメージがありますが、梨産地としては市町村別産出額では福島市に次いで全国2位の梨の大産地で、千葉県における梨生産発祥の地でもあります。
そんな市川の夏の風物詩ともいえる梨、夏の出荷開始に向け、タマがだんだん大きくなってきています。  
 (SD1/70-300mm)
c0223825_10153664.jpg
 
c0223825_10152087.jpg


2013.6.15 市川市大町 長田谷津にて
SIGMA SD1 Merrill
SIGMA 17-50mmF2.8EXDCOSHSM
SIGMA 70-300mmF4-5.6DGOS
SIGMA DP3 Merrill,50mmF2.8MACRO
by bjiman | 2013-06-23 10:18 | 市川市・長田谷津の四季 | Comments(2)

(後編)もみじ山2012 ~長田谷津の秋~

(1) もみじ山での紅葉狩り後編です。光が作る影も楽しんで。こういう場合には、70-300mmが効果的。  (SIGMA SD1 Merrill/SIGMA 70-300mmF4-5.6)
c0223825_154490.jpg

c0223825_1101736.jpg

c0223825_1123234.jpg

c0223825_182118.jpg

(2) 光を楽しんだ後は、17-50mmにスイッチ。広いところに出てきました。ここは普段も開放しているところ。ひときわ鮮やかな紅。 (SIGMA SD1 Merrill/SIGMA 17-50mmF2.8)
c0223825_116106.jpg

c0223825_1175628.jpg

(3) もみじってどうしてこんなにかわいい表情をしているのでしょうか。
c0223825_1215975.jpg

(4) もと来た場所に戻って。10-20mmと違う17-50mmならでは使い勝手の良さで撮り分けてみました。
c0223825_127683.jpg

c0223825_1285234.jpg

(5) 思いっきり低い姿勢でワイド感を。これでも焦点距離は28mm(42mm相当くらい)です。
c0223825_134245.jpg

(6) ここの魅力は、里山の上にあるので、湿地の長田谷津から上がってくるとき、下から見上げた雰囲気があること。あー、すごく良さそうって!
c0223825_1364477.jpg

(7) モミジを楽しんで里山から下りてきました。池の水面に反対側の里山の黄葉が映って素敵な雰囲気です。こちら側は普段は入れない場所。よくカワセミがチチっといいながら飛翔しています。
c0223825_1393984.jpg

c0223825_1423538.jpg

(8) この時期、陽が短いのですぐ暗くなってきます。青の影を楽しんで。
c0223825_1443919.jpg

(9) 駐車場まで戻って、今日の散策はお仕舞いです。
c0223825_1455849.jpg


2012.11.25 市川市長田谷津にて
SIGMA SD1 Merrill
SIGMA17-50mmF2.8EXDCOSHSM
SIGMA 70-300mmF4-5.6DGOS
by bjiman | 2012-12-07 01:47 | 市川市・長田谷津の四季 | Comments(0)

もみじの里 ~長田谷津~

(1) 市川市長田谷津では、年に一度、もみじの里が公開されます。 (SIGMA SD1 Merrill/SIGMA 17-50mmF2.8)
c0223825_7584248.jpg

(2) ここを訪れたのははじめででしたが、なかなか雰囲気がありました。ワイドズームで。 (SIGMA SD1 Merrill/SIGMA 10-20mm)
c0223825_7594411.jpg

c0223825_81639.jpg

c0223825_831246.jpg

c0223825_845844.jpg

c0223825_87637.jpg

(3) レンズを70-300mmにスイッチ。ほのかな光を追って。 (SIGMA SD1 Merrill/SIGMA 70-300mm)
c0223825_892981.jpg

c0223825_8111844.jpg

c0223825_8123914.jpg

c0223825_8134764.jpg


もみじ山でのひととき、明日に続きます。

2012.11.25 市川市長田谷津 もみじ山にて
SIGMA SD1 Merrill
SIGMA 10-20mmF4-5.6
SIGMA 17-50mmF2.8
SIGMA 70-300mmF4-5.6
by bjiman | 2012-12-06 08:16 | 市川市・長田谷津の四季 | Comments(2)

長田谷津の秋 2012

市川市大町の長田谷津へ。湿原の秋を楽しみました。

(1) 湿原への入り口 秋が静かに深まっています。 (SIGMA SD1 Merrill/SIGMA 10-20mmF4-5.6EXDC、以後同じです。)
c0223825_2101035.jpg

(2) ぐっと低地になっている長田谷津。湿原の空気感は別世界です。
c0223825_2122136.jpg

c0223825_212518.jpg

(3) すっかり秋色に色づいた里の森
c0223825_2152137.jpg

c0223825_216323.jpg

c0223825_217513.jpg

(4) ワイドズームの特徴を考えながら、谷津の広がり感を。
c0223825_223555.jpg

(5) 豊かに蓄えられた湿原の水が、しっとり感を添えています。
c0223825_2191336.jpg

c0223825_2211767.jpg

c0223825_222651.jpg

(6) そんな湿原を楽しんだ後、この日の目的に向かいました。それは、この時期だけ公開されるもみじ山「ふれあいの里」です。
c0223825_2252785.jpg


明日に続きます。

2012.11.25 市川市 長田谷津にて
SIGMA SD1 Merrill
SIGMA 10-20mmF4-5.6EXDC
by bjiman | 2012-12-05 02:06 | 市川市・長田谷津の四季 | Comments(2)

(後編)11月4日、長田谷津のバラ 

11月4日、長田谷津バラ園の続きです。

(1) 伊豆の踊子。鮮やかな黄色が楽しめる、とても素敵なバラです。  (SIGMA SD1 Merrill/SIGMA MACRO70mmF2.8、以後すべて同じです)
c0223825_7592825.jpg

c0223825_803459.jpg

(2) ブラスバンド。 気温の低い頃は橙色で温かくなると杏色になる、というお花。その変化を眺めてみたいと思いました。
c0223825_834660.jpg

c0223825_842146.jpg

(3) 深い鮮やかな黄色。
c0223825_894856.jpg

(4) もう帰り間際。このフリージアの素敵な香りを楽しみました。
c0223825_853372.jpg

(5) サハラ'98 派手な色のお花
c0223825_8121037.jpg

(6) ギュギュッと詰まった感じの種類は、何とも豪華な感じがあります。
c0223825_8154329.jpg

c0223825_8162180.jpg

(6) オウギュスト ルノアール 豪華で芳香も素晴らしいバラ。この写真がこの日の最後、136枚目でした。
c0223825_8145676.jpg


11月4日、長田谷津のバラを終わります。
2012.11.4 市川市 長田谷津にて
SIGMA SD1 Merrill
SIGMA MACRO70mmF2.8
by bjiman | 2012-11-15 08:18 | 市川市・長田谷津の四季 | Comments(0)

秋のバラ ~11月4日の長田谷津~

(1) 市川市大町の長田谷津といえばバラ園。 (SIGMA SD1 Merrill/SIGMA 17-50mmF2.8EXDCOSHSM)
c0223825_155238.jpg

c0223825_174031.jpg

レンズをマクロ70mmF2.8に持ち替えて、好きなこのレンズの描写を楽しみました。
(2) 黄色から赤色、色の変化が楽しめる華麗なバラ、チャールストン (以下すべて、SIGMA SD1 Merrill/SIGMA MACRO70mmF2.8EXDG)
c0223825_1133312.jpg

c0223825_1143933.jpg

(3) ほのかなピンクが初々しい、「ブライダルピンク」
c0223825_1162275.jpg

(4) 何度みてもこの鮮やかさには参った、という感想。まさにモナコのプリンセス。「ジュビレ・デウ・プリンセス・ドウ・モナコ」
c0223825_1183243.jpg

(5) 肉厚の花の厚みを表現したくて外側にピントを持ってきてみました。京成バラ園原産の「乾杯」
c0223825_1205512.jpg

この赤は「ナチュラル」で現像し、赤を控えめにしていますがそれでもすごく鮮やか。1983年ローマバラ国際コンクール金賞だそうです。
c0223825_1225520.jpg

(6) パローレというこの大輪のバラはムラサキ色がかったピンク色がキレイだと思いました。この色の感じを出すために、かなりアンダーで現像しています。
c0223825_125493.jpg

私はシグマのカメラの場合、すべての写真をRAWで、一眼レフのSDの場合はほとんどの写真はMFで撮っています。露出を自由にしたいから。ピントは好きな位置に好きな被写界深度で欲しいから。
c0223825_1292140.jpg

(7) プリンセスチチブ。秩父宮勢津子様に捧げられたというこのお花。外側の色合いのグラデーションを捉えたくて、これもピントは外側にしました。
c0223825_1325625.jpg

(8) 奥まで行くと、幸せ(甘さ)がありそうな。こんなお花を見ると日の丸構図で撮ってみたくなります。
c0223825_1373455.jpg

(9) フレンチレース、というこのお花。ほのかなアイボリーの色が素敵です。
c0223825_1394372.jpg

(10) 「ピース」。色々な色があると、どこに焦点を合わせて現像すれば良いのか考えてしまいます。
c0223825_145185.jpg

銘板に書かれた「クリーム黄色に紅色の覆輪」を読んだだけでも、そのすべての色を撮影できるかな、、、現像できるかな、、、と思いながら、たくさん写真を撮りました。
c0223825_1482647.jpg

c0223825_149558.jpg


今日は時間になりました。続きはまた明日に。

2012.11.4 市川市長田谷津にて
SIGMA SD1 Merrill
SIGMA 17-50mmF2.8EXDCOSHSM
SIGMA MACRO70mmF2.8EXDG
by bjiman | 2012-11-12 01:50 | 市川市・長田谷津の四季 | Comments(0)

11月4日秋色訪れる大町・長田谷津

11月4日、市川市大町の長田谷津です。
(1) 駐車場から見た空は、印象的な雲が出ていました。 (SIGMA DP1x,16.6mmF4) 
c0223825_0385072.jpg
 
(2) お天気の青空は、気持ちがいいものですね。
c0223825_041436.jpg

(3) 白樺のように見えて、北海道をちょっと思い出しました。この青空は、最近ファームアップで導入されたシグマの新カラーモード「FOVクラシックブルー」で現像。これはFoveonカメラ初期のSD9時代に定評のあったという青で、かなり個性的な色合いになります。 (SIGMA SD1 Merrill/SIGMA 17-50mmF2.8EXDCOSHSM)
c0223825_05505.jpg

これもFOVクラシックブルーで現像。ちょっと極端な、フィルムでいえばフジのフォルティアみたいな色ですが、使い方によってはおもしろいかもしれません。
c0223825_104984.jpg

(4) 着実に進む秋の色、最初はほのかでも、段々と色濃くなっていきますね。
c0223825_125359.jpg

(5) 木漏れ日に照らされて、すっかり紅が進んでいます。
c0223825_15529.jpg

 こういう紅は、スタンダードモードだと色飽和するのでナチュラルモードで、色合いをカラー調整で合わせながら現像します。
c0223825_18258.jpg

c0223825_183026.jpg

(6) 露出をずいぶんアンダーにして、コントラストと色合いが好みのところで。
c0223825_1102926.jpg

緑色から朱色~紅に変わっていく過程がとても素敵です。
c0223825_1114984.jpg

c0223825_113025.jpg

(7) 湿原を流れる小川には、コイがたくさん。
c0223825_1152673.jpg

(8) 夕陽の中、湿原の空気はとてもスッキリ澄んでいて街中とは別世界です。
c0223825_1172990.jpg

(9) このフィールドにクルマでひょいと来られるのでとても感謝しています。
c0223825_1194413.jpg

c0223825_1205376.jpg

(10) アメリカザリガニみたいな赤じゃないけど、日本ザリガニともちょっと違うような?
c0223825_1233924.jpg

(11) ミゾソバの写真、今年はじっくり撮れなかったです。
c0223825_124878.jpg

(12) 着実に秋が進む湿原、また歩きたくなります。
c0223825_1255081.jpg

(13) こういう写真なら、FOVクラシックブルーが結構イケます。
c0223825_1273051.jpg


2012.11.4 市川市 長田谷津にて
SIGMA DP1x,16.6mmF4
SIGMA SD1 Merrill
SIGMA 17-50mmF2.8EXDCOSHSM
by bjiman | 2012-11-11 01:28 | 市川市・長田谷津の四季 | Comments(2)

長田谷津のミソハギ ~市川市大町~

(1) 8月19日、市川市大町の長田谷津です。 (SIGMA SD1 Merrill/SIGMA17-50mmF2.8,以後同じです。)
c0223825_82401.jpg

(2) 谷津は秋に向かって景観が変わっていました。
c0223825_845829.jpg

(3) そんな中、彩りを添えていたのがミソハギ
c0223825_863020.jpg

c0223825_864139.jpg

(4) しっとりした湿原の中、ひとときの癒やしの時間です。
c0223825_874917.jpg

写真には撮れませんでしたが、ここの名物でもあるオニヤンマが、悠然と大きな体で飛んでいる姿がたくさん見られました。今年もきれいな水に恵まれ、たくさんのオニヤンマが無事産卵できますように。
c0223825_884254.jpg

c0223825_893339.jpg


2012.8.19 市川市大町 長田谷津にて
SIGMA SD1 Merrill
SIGMA 17-50mmF2.8EX DC OS HSM
by bjiman | 2012-08-29 08:11 | 市川市・長田谷津の四季 | Comments(0)

夏の谷津を散歩 ~市川市大町・長田谷津~

快晴のお天気。夏の谷津を散歩してみましょう。 (SIGMA SD1 Merrill/SIGMA 30mmF1.4EXDC)
c0223825_5255938.jpg

こちらはDP1x。スタンダードのデフォルトの色味はかなり違うのですが、フォトショップなども合わせて使えば色味はほぼ同じに出来ると思います。(SIGMA DP1x,16.6mmF4,以後同じです。)
c0223825_5122199.jpg

暑い夏。こんな日だからこそ、湿原のせせらぎがすずやか。
c0223825_518771.jpg

写真だけみると、「えぇ、これが市川市なの?」という感じなんですが、実際そうなんです。(笑)
c0223825_5192173.jpg

ところどころ、ベンチとスペースがあって、夏の湿原観察ができるようになっています。
c0223825_5221281.jpg

湿原を流れる小川。ふっと目をやるとアメリカザリガニが構えていました。 (SD1 Merrill/30mmF1.4)
c0223825_5325662.jpg

夏の高原という感じがします。 (DP1x,以後同じです。)
c0223825_5234640.jpg

外は暑いのだけれど、湿原の中は日陰が多くてひんやりしています。
c0223825_5352589.jpg

c0223825_536434.jpg

湿原の中をぐるっと1周できるコースが設けられています。てくてく歩いて行きましょう。
c0223825_5384591.jpg

c0223825_5393657.jpg

こうした遊歩道が1kmほどあります。
c0223825_542067.jpg

c0223825_54229100.jpg

ふっと顔を上げると適度な雲と青空と。夏の湿原ではこんな日がいちばん好きです。
c0223825_5473384.jpg

有田焼の湯飲みやお茶碗などによく使われる柄、「木賊(とくさ)」模様。木賊はこんな植物です。ちょっと(かなり)ブレちゃって恥ずかしいのですが。  (上SD1 Merrill/30mmF1.4,下RICOH GRD2)
c0223825_553745.jpg

(我が家の木賊(あるいは麦)模様のうつわ。私はとてもうつわ好きで、食事とこんなうつわたち、それと自然と融合したこんな日本の食文化が大好き。詳しくはないのですが、折々で発信していきたいのです。)
c0223825_5591532.jpg

大町長田谷津は斜面林の台地の形をしています。斜面林の山裾から地下水がしみ出しています。この湧水が谷津を形成しているのですが、何度か触れているように、この湧水は、市川市の名産である梨の梨畑の地面を通じて浸透する地下水によって支えられています。(SD1 Merrill/30mmF1.4,以下同じです。)
c0223825_6115049.jpg

わき出した清水がやがて小川を作ります。
c0223825_617183.jpg

長田谷津は都会では珍しくオニヤンマが多数見られるのですが、この清水を好んでいるだとか。
c0223825_6241794.jpg

貴重な生態系が保存されているとのことで、愛好家や研究者などの姿もよく見られます。ご迷惑かなと思いながらたまに声をかけ、お話を伺うことがあります。
c0223825_6264124.jpg

ハンゲショウ(カタシログサ)が群生しています。虫をひきよせるためか、葉が白く化粧して、、、自然は不思議ですね。
c0223825_6324164.jpg

モンシロチョウでしょうか。薄暗い湿原の中を白いモンショロチョウがひらひら飛んでいるとなにやら神秘的に見えます。
c0223825_6374322.jpg

蜘蛛の巣に注意して食事して欲しいですね。自然は危険が隣り合わせです。
c0223825_6381098.jpg

帰り道。湿原の左右に路があります。 (DP1x)
c0223825_6412248.jpg

コンクリの歩道。ほんとは木道がいいのですが、調べたところ、昭和47年設立当時は木道だったんだそうですが、湿地のせいかすぐに腐ってしまい危険ということでコンクリになったんだそうです。
c0223825_64536.jpg

長田谷津は蛍が群生しています。この小川にはヤゴがたくさん暮らしているのでしょう。
c0223825_6475281.jpg

この湿原いちめんに蛍が舞い飛ぶ姿は圧巻。夏は特別に夜も開放し、観察会が開かれます。
c0223825_6492153.jpg

戻ってきました。シロツメグサが一面に生える緑のじゅうたんがキレイ。奥の池にはカワセミが頻繁に訪れるため、カワセミ愛好家の写真家たちが多数、長~い望遠レンズで戦闘態勢を取っているので、軽装備の私はスタスタ通り過ぎます(笑)
c0223825_6535880.jpg

バラ園。今は見頃の時期ではありませんが、多数可憐なバラが見られます。 (SD1 Merrill/30mmF1.4)
c0223825_6594240.jpg

c0223825_71434.jpg

c0223825_73552.jpg

c0223825_74890.jpg

c0223825_752573.jpg

こんな夏のお散歩はいかがですか?夏の長田谷津、おすすめです。
c0223825_7101469.jpg


長田谷津特集を終わります。

2012.7.8 市川市大町 長田谷津にて
SIGMA DP1x,16.6mmF4
SIGMA SD1 Merrill
SIGMA 30mmF1.4EXDCHSM
RICOH GRD2(うつわの写真のみ)
by bjiman | 2012-07-19 07:12 | 市川市・長田谷津の四季 | Comments(2)

市川市大町・長田谷津の夏

梅雨が明けて、いよいよ夏本番ですね。私たちの手軽な避暑地は、市川市大町の長田谷津。
7月8日の休日、こんな森の中のテーブルとちょっと休憩。

(1) 長田谷津のちょっとした里山にあるテーブルとベンチで。(SIGMA DP1x,16.6mmF4)
c0223825_7344358.jpg

貸切の別荘のお庭にいあるような、ちょっとした静寂な空間。(SIGMA DP1x,16.6mmF4)
c0223825_737085.jpg

c0223825_7374951.jpg

c0223825_7534899.jpg

(2) ベンチに腰掛けて、ちょっとコーヒーとお菓子で。今日のカメラは、DP1xとSD1 Merrill+30mmF1.4
c0223825_7392137.jpg

c0223825_7411358.jpg

(3) 市川市という都市の中にありながら、梨畑に周囲を囲まれた長田谷津に降りていく路に入ると森の中はひんやりしています。 (上SIGMA SD1 Merrill/SIGMA 30mmF1.4EX DC HSM,下DP1x) 
c0223825_7462915.jpg

c0223825_749618.jpg

(4) 里山の周囲は、梨畑からもたらされる豊富な水源による池があり、あじさいがしっとりと色を添えています。 (上中DP1x,下SD1 Merrill/30mmF1.4)
c0223825_7565233.jpg

c0223825_757212.jpg

c0223825_7594782.jpg

(5) ここのあじさいは、真っ赤な色が毎年目を引くんです。 (SD1 Merrill/30mmF1.4) 
c0223825_823030.jpg

c0223825_825859.jpg

c0223825_854023.jpg

(6) ちょっと休憩した後は、よいお天気に恵まれた湿地のオアシス・長田谷津を歩きます。 (DP1x)
c0223825_89783.jpg


続きはまた今夜。

2012.7.8 市川市大町 長田谷津にて
SIGMA DP1x,16.6mmF4
SIGMA SD1 Merrill
SIGMA 30mmF1.4EX DC HSM
by bjiman | 2012-07-18 08:11 | 市川市・長田谷津の四季 | Comments(4)