カテゴリ:北海道スキー日記( 4 )

ニセコでスキーする幸せ

雄大な羊蹄山(蝦夷富士)を眼前に、誰もいないゲレンデでゆったりとスキーをする。ニセコのスキーはとても幸せです。
c0223825_00570.gif

ニセコには三山ありますが、いろいろなゲレンデから羊蹄山が見えます。リフトのカップルも羊蹄山の方を見ているようです。
c0223825_02141.gif

プリンスホテル系のレストハウス。さすが北海道だけあってスープカレーがありました。しかもここニセコ周囲の地域は有数のジャガイモ産地だけあって、このジャガイモがおいしかった!、、、でも残念ながらプリンスホテル撤退のあおりを受けて、ここも今はもうありません。。。
c0223825_0394117.gif

私たちの世代はウィンター・スポーツといえばスキー、「私をスキーに連れてって」を喜んで見ていましたが、この頃はスキーをする若者が減ってちょっと残念に思っています。
ところでニセコといえば有数のゲレンデ、さぞかしシーズンも長いと思うとさにあらず。ニセコ行きの特急「ニセコエクスプレス」が2月一杯の運行ということからも分かるように、3月はシーズン終盤の香りが漂っています。いちおう4月終盤までは出来るそうですが、ベストシーズンは2月まで。
ちなみに私たちは初めてのこの時は、2両編成の各駅停車で、2回目はバスで行きました。各駅停車の方が思い出に残りましたが、バスの方がホテル玄関前まで送迎してくれて圧倒的に楽でした。

  2008.3.16 ニセコにて
  PENTAX OptioW30(ツマ撮影)
  SONY cybershot U30
JPEG,Adbephotoshopでレベル調整
  
by bjiman | 2010-03-14 00:24 | 北海道スキー日記 | Comments(6)

荒天のニセコ(2)

猛雪に見舞われ、スキーどころではなかったニセコですが、ほんの一瞬、晴れ間が覗くことがありました。
c0223825_0163026.gif

c0223825_017655.gif
c0223825_0172217.gif
c0223825_0173210.gif


 山の表情は驚くほど変わり、微笑んでくれたと思ったらすぐに吹雪。お天気に翻弄されたツアーでしたが、ニセコは、晴れていれば雄大な羊蹄山(蝦夷富士)を前方に見ながら滑り降りる快感を存分に感じることができるゲレンデとして、個人的には一番好きなところです。

(2009.2.20~21 RICOH GRD2)

*AdbePhotoshopでレベル調整
by bjiman | 2010-02-01 00:28 | 北海道スキー日記 | Comments(6)

荒天のニセコ

c0223825_0322247.gif


 北海道のスキー場の中で、個人的にオススメなのがニセコスキー場。知名度も抜群ですが、雄大なスケール感が北海道ならではの醍醐味を味わわせてくれると思います。しかし、2009年2月21~22日のスキーツアーは荒天に見舞われ、ゴンドラも止まる中、ほとんどクローズという状況で降りてくるという貴重な体験となりました。漂う暗雲が、このツアーを象徴しているようです。(2009.2.21 GRD2)
by bjiman | 2010-01-31 00:40 | 北海道スキー日記 | Comments(4)

藻岩山でスキー!

c0223825_2413564.gif

          札幌藻岩山スキー場は、私の中では、北海道生活の中で最も印象に残った、好きなゲレンデです。
c0223825_2441555.gif

          2007年12月30日、雪不足でこの日のゲレンデも一部クローズという状態でしたが、北海道に転勤して初めてのスキーが、ここ藻岩山でした。
c0223825_2455387.gif

          自宅から30分という近さ、リフトで上に上がると、眼下には札幌の街がよく見えています。
c0223825_2475850.gif

          一見狭いゲレンデに見えますが山の斜面の両側を上手に使って10本ものコースがあり、十分たっぷり楽しめます。なにしろ、どのコースも空いている!
c0223825_2504648.gif

          ナイターも十分楽しめます。とにかく空いていて気持ちいい!駐車場は満杯でしたが、コースが広いせいか、分散していてそれぞれのコースでは広さを満喫しながら気持ちよく滑れます。

初めて藻岩スキー場に行ったとき、私たち初心者は、関東からいくゲレンデをイメージして普段着で出かけ、ゲレンデに着いてからセンターハウスで着替えようと思っていました。ところが駐車場に着くやいなや、周囲を見ると周りの人は全員スキーウエア。クルマのドアを開けるとおもむろにスキーブーツを出して履き替え、板をかついでそのままコースへ上がっていってしまいます。駐車場の人に「着替え室がないんですか?」と驚きの観光客モードで聞くと、「あ、、、ありますよ」と困惑の答え。このスキー場は、ボードお断りのスキー専門のゲレンデ。子供たちのスキースクールが盛んに行われているので、スクールの生徒さん用の個人ロッカーまで備えたスキーロッジがありますが、楽しみで来ている一般の人は皆さん、駐車場からダイレクトにゲレンデに出ます。関東から来た素人さんというだけなのですが、このスタイルはとても新鮮で、2回目からは学習して、ちゃんと着替えてから行きました。でもそうやって着替えてから行けば、ここは私の札幌時代の自宅からわずか30分。クルマに乗ってでかければ、すぐにゲレンデ。ゲレンデは空いていて練習には最高だし、リフト代は3時間券、5時間券と細かく分けられていて合理的であるし、さすが生活に密着したゲレンデだなぁととても好きなゲレンデでした。職場の地元出身の人に聞けば、一般的には札幌といえば札幌国際スキー場がなんと言ってもオススメのゲレンデですし、藻岩といえば、「あー小学生のとき行ったっけなぁー」というところなんですけどね(笑)。今年は雪不足でまだオープンできていないようですが、また機会があったら滑りたいなぁと思っています。

(②、③、④2007.12.30 sony cyber-shot u30,①、⑤2009.2.11 ricoh GRD2)
by bjiman | 2009-12-17 02:12 | 北海道スキー日記 | Comments(4)