カテゴリ:札幌日記(日々の暮らし)( 16 )

7月7日 札幌時代、七夕の日の夕景

2007年7月7日、札幌時代、家の近くだった北大の農場から手稲山を望んで。
  (FUJIFILM GA645w,FUJIFILM RXP,ISO400,F16,1/90)
c0223825_1025307.jpg


2007.7.7 札幌市にて
FUJIFILM GA645W,45mmF4
FUJIFILM RXP(PROVIA 400X),ISO400
by bjiman | 2011-07-03 10:34 | 札幌日記(日々の暮らし) | Comments(4)

札幌ぶらり散歩 ~ 西18丁目あたり ~

思い出のGA645Wシリーズの3回目は、札幌市中央区の西18丁目あたりのぶらりスナップ。

(1) この日は2007年6月8日 北の札幌市内でも、道沿いの花壇にアヤメが咲きました。 (FUJIFILM GA645W,FUJINON Super-EBC45mmF4,RDPⅢ.以後同じです。)
c0223825_6465394.jpg

(2) 札幌市内の魅力のひとつに、各所に見られるハルニレ(エルム)の木があります。
c0223825_6524993.jpg

(3) ちょうどこの辺り、北海道知事公館と道立近代美術館があります。
c0223825_657139.jpg

  近代美術館の庭園で。白樺が札幌らしい景観です。
c0223825_715529.jpg

c0223825_761664.jpg

(4) 札幌管区気象台には、大きな煙突のようなものがありました。
c0223825_791541.jpg

(5) 紅い花をつけるこの木。何という名前だったか調べていませんでしたが印象に残っています。
c0223825_7203751.jpg

(6) シックな外観の北都画廊。 興味はありましたが、とうとう一度も入れませんでした。
c0223825_7252728.jpg

これまでのフィルムはポジフィルムのプロビアでしたが、この日、プロビアの前は、ネガフィルムのFUJIFILM PRO400で撮っていました。ネガフィルムのPRO400は、ポジフィルムより特に肌色の発色が自然でしたし、何より露出に寛容でしたから失敗の効かない旅行の際などに保険の意味でも愛用していました。スキャンすると青空にノイズが入るのがイマイチですが、ネガフィルムの方も良かったら見て下さい。
(7) この丸く整えられて歩道の街路樹は、かわいい形が印象的でした。
c0223825_12184640.jpg

(8) 近代美術館前の交差点で
c0223825_1220228.jpg

   しだれ柳の後の建物が道立近代美術館。中には一回も入る機会がありませんでした。
c0223825_12253083.jpg

(9) 北海道知事公館庭園の入り口脇には、大きな大きなポプラが2本並んでいました。
c0223825_12274491.jpg



札幌1年目、こうした日々のスナップはGA645Wか、35mm一眼レフのPentax*istで撮っていましたが、日々のカバンに入れるにはサイズが大きく負担になるので年度末にRICOH GRDⅡに変えました。その流れが今のSIGMA DP1s,DP2sに繋がっています。
FUJIFILMのプロビアは、彩度が抑えめで大人しい発色でしたが、こうして今スキャンしてみると少し青みがかった色がちょっとDP1sの傾向に似ているな、と思いました。
PRO400の方はネガフィルムなので露出が寛容だったのが良い点で、スキャンしてみると青空にノイズが入るのが良くないのですが、他はコントラストも効いて良い感じにスキャンできました。

2007.6.8 札幌市中央区にて
FUJIFILM GA645W,FUJINON Super-EBC45mmF4
FUJIFILM RDPⅢ(PROVIA)
FUJIFILM PRO400
Canon Canoscan9000Fでスキャン(1600dpi),TIFF.
Adobe PhotoshopElements8でレタッチ

*いつもデジタルで撮ってばかりいるとなんだか自分の目もデジタルに慣らされてしまうような気がします。たまにこうしてフィルムの色を見て、自分なりの矯正が出来たらいいな、なんて思っています。フィルムのGA645W、これからも新しい写真も撮ってみようかと思っています。
*前回、2400dpiのTIFFで作業していたらPCのパワーが足りずアドビもフリーズしてしまったので、今回は1600dpiのTIFFで作業しました。
by bjiman | 2011-06-05 07:33 | 札幌日記(日々の暮らし) | Comments(0)

サッチョン族は2度泣く

 「サッチョン族(札幌へ単身赴任したサラリーマン)は2度泣く」と良く言われます。
 私は単身赴任ではありませんでしたが、赴任した当初は引っ越し荷物もなかなか片付かず、部屋のカーテンなどもなかったので仮住まい生活のような焦りや精神的な気疲れがありました。ようやく月末には段々落ち着いてきました。
c0223825_135786.gif

 はじめての写真散歩をしたのが4月28日。落ち着いて周囲を見てみると、美しい景色やモダンなスタイルの街並、北国らしい風景など色々な景色がファインダーを通して見えてきました。
   
c0223825_1443220.gif

         ツツジの色が違うなぁ~と思ったり。
c0223825_1511588.gif

         ホッケが干してある!と思ったり。
c0223825_1513928.gif

         北国らしいスタイルの家だなぁと感心したり。
c0223825_152142.gif

 慣れてしまえば目に入らなくなる景色、色、、、この当時だからこその視点があります。
c0223825_1552348.gif

         梅の花が芽吹いてきました。
c0223825_156580.gif

         私の心にも、このツクシのように希望が芽生えてきた頃だったかもしれません。
c0223825_1585585.gif

         「もしかして、とても楽しい生活になるんじゃないか」って。
c0223825_1595117.gif

         広い空。
c0223825_201572.gif

         赴任した日は雪が降っていました。でも1ヶ月もすれば、家々の庭は、鮮やかなお花たちで彩られます。
c0223825_233230.gif

         これ、ぜんぶ ふきのとう!
c0223825_241534.gif

         お洒落なパン屋さん見つけた。
c0223825_255549.gif

         公園は広いし。
c0223825_245621.gif

         夕陽もきれい。
c0223825_252170.gif


 「サッチョン族は2度泣くっていうからね~」。赴任した当初、タクシーの運転手さんに言われたことを良く覚えています。何でそんな話になったのかは覚えていませんが、当時、道民の方から見れば違和感のある重装備の冬の格好をしていたのですぐに「道外の人」とばれ、お客さん観光?と言われていましたのでそんな話になったのかもしれません。1年もするとスーツを着ている時はそんな事を言われることもなくなり、逆に子どもの頃こうだったよね~みたいな話をされてついていけなくなったり、千葉県から来たので、、、と切り出してしらけてしまったりということがありましたが、春先の休日など私服で防寒している時は2年経っても観光客と間違われました。
 今思えば、札幌生活でいちばん辛かったのは最初の数週間だけで、後は良い思い出ばかりでした。2年経って暮らしやすさに慣れると今度は離れがたく、こちらに帰ってきてから暫くは呆然としていましたし、ツマも泣いていました。4月末のこのsnap写真を見ていたら、最初のつらさを通り抜け、これからの希望が出てきた気持ちが写真に出ているな、と思いました。
 
  2007.4.28 札幌市にて
  PENTAX *ist-DS
  PENTAX FA28-105mmF3.2~4.5
  JPEG,Adbephotoshopにてレベル調整
by bjiman | 2010-04-24 01:56 | 札幌日記(日々の暮らし) | Comments(4)

札幌、4月

札幌では4月に雪が降ることもありますが、関東でも肌寒い日が続き雪が降るとか、、、
2008年の4月20日は、そういえば、札幌から1時間ほど国道を走ったところにある「中山峠スキー場」でシーズン最後のスキーをしていました。
c0223825_2193882.gif

     でも街中ではそろそろ暖かくなってきて、クロッカスが嬉しそうに各家庭の庭を彩る頃
c0223825_221423.gif

     これは?当時買ったばかりのGRD2でピンクのモクレンをマクロモードで撮ってみた1枚。モクレンのピンクってとてもきれい。
c0223825_2225130.gif

 雪や凍結など路面条件に厳しい札幌。マーチやヴィッツでも4WD仕様の新しいクルマが多い反面、意外に古いクルマもよく見かけます。その中でもこれは、おおーっと思わされた「セリカダブルX」それも初代。マルーンの色もお似合いのこれは、いかにもアメリカンなGTカーです。
c0223825_2283285.gif


  GRD2を買ったばかりで嬉しくて毎日使っていた日々を思い出します。最近はちょっとくたびれてきたGRD2ですが、もう少し使わなきゃと思っている日々です。

  ①2008.4.20,②4.16,③4.19,④4.10
  RICOH GRD2
  JPEG,Adbephotoshopでレベル調整
by bjiman | 2010-04-17 02:02 | 札幌日記(日々の暮らし) | Comments(2)

札幌の春  福寿草

札幌時代の通勤途中、職場近くのフランス料理店の庭に、小さな福寿草が咲きかけていました。
   2008年4月8日  8時頃
c0223825_2840100.gif

次の日、また見てみたら、きれいに開いていました。
   2008年4月9日  8時頃
c0223825_2104114.gif

   同じ日、帰るときに見てみたら、花を閉じていました。
   2008年4月9日  18時頃
c0223825_2125877.gif


 札幌の春、、と聞いて、まず思い出すのは、ふきのとう、クロッカス、そしてこの福寿草です。関東では春というと、梅や桜を思い出しますが、札幌では、梅も桜も5月の黄金週間の頃です。
雪解けの4月、まず顔を見せる福寿草が、春を感じさせてくれました。

  2008.4.8~9 札幌市にて
  RICOH GRD2
  JPEG,AdbePhotoshopでレベル調整
by bjiman | 2010-03-31 01:52 | 札幌日記(日々の暮らし) | Comments(4)

力強い青 静かな朝

空の力強い青をみるとき、
あるいは、静かな朝陽に染まる山肌をみたとき、
札幌に暮らした日々を昨日のことのように思い出します。。。
c0223825_056484.gif

c0223825_0564914.gif

PENTAX K10D
(1)2009.2.1
 DA☆16-50mmF2.8
(2)2009.2.9
 DA☆50-135mmF2.8
*AdbePhotoshopで現像

 
by bjiman | 2010-02-11 00:52 | 札幌日記(日々の暮らし) | Comments(2)

猛吹雪の夜 その後(2)

吹雪の翌日、道はきれいに除雪され、よけられた雪はうずたかく積まれています。
c0223825_124474.gif

      北大脇の国道沿い。よけられた雪が山になっています。
c0223825_133180.gif

      新雪に覆われた街は、真っ白に包まれています。雪明かりで夜でも明るいです。
c0223825_14257.gif

      排水溝を流れる水が湯気になり、大きな穴が開いています。自然の造形ですね。
c0223825_15921.gif


たまに静かな夜、こうして歩いて帰るのも楽しいものでした。

(2009.2.9 RICOH GRD2)
by bjiman | 2010-02-05 01:06 | 札幌日記(日々の暮らし) | Comments(2)

猛吹雪の日 その後

2009年2月8日、この日は私が札幌にいた2年間でもいちばん凄い吹雪の夜でした。
c0223825_04865.gif

         さすがに歩いている人は少なかったです。
c0223825_049573.gif

         吹雪が収まったあとは、こうなっていました。
c0223825_0561655.gif

         発砲スチロールみたいに、軽くて、粉みたいな雪です。
c0223825_0504530.gif

         (すいません。キレイじゃない私愛用の長靴でした。)

      (2009.2.8 RICOH GRD2)
by bjiman | 2010-02-04 00:52 | 札幌日記(日々の暮らし) | Comments(4)

長靴の必要な日々

1月も半ばを過ぎると、通勤はともかく散歩には長靴が必需品です。
c0223825_0223856.gif

表通りは歩道がきれいに整備されていますが、道路を1本中に入ると、膝くらいまでの雪が積もっているので油断するとズボッと来ます。
c0223825_0252882.gif

この道は少し歩きやすそうですね。
c0223825_0265032.gif

でも空を見上げると、ところどころ珍しく晴天。青空は気持ちいいです。木の枝の先はまるで「ほうき」を逆さにしたみたいです。
c0223825_0284480.gif

公園の入り口。公園への導入路を作ってくれています。感謝しつつ、登っていきます。
c0223825_0295844.gif

でも公園の中はあちこちでずぼずぼと足が埋まってしまいます。またそれが楽しいのですが!
c0223825_0333222.gif

この展望台は、春までお休みでしょうか。。
c0223825_0342898.gif

ハマナスの実もしおれて、寒そう。でも鳥たちには貴重な食べ物になるかな?
c0223825_036097.gif

鳥のえさになりそうな実。自然の貴重な恵みですね。
c0223825_036403.gif

ツララ見学をして帰りましょう。ちょっと怖いくらいですよね。
c0223825_0374397.gif

c0223825_0375784.gif


長靴は、高価なアウトドア用品メーカーのモノもありますが、私はスーパーで購入したごく普通の、スポーツメーカーのロゴでお化粧している程度の実用品を使っていました。靴底には色々な工夫がされていますが、私のはホタテの貝殻を粉砕して混入したものが入っていて効果を謳っていましたが効果のほどはよく分かりませんでした。ツマのは足底に金具がついているもので、普段は金具がソールの中に入り込むようになっていて、つかうときだけ引っ張り出すと金具が露出してよくグリップしてくれるというタイプのものでした。こちらは雪の円山登山などで絶大な効果を発揮しました。長靴は高価なモノではなかったのですが、生活に密着した、よく使ったものなので思い出に関東に持って帰ってきましたが、当然ながら一度も使っていません。

     (2008.1.19 PENTAX *ist-DS,DA50-200mmF4~5.6,SIGMADC18-50mmF2.8EX)
by bjiman | 2010-01-26 00:50 | 札幌日記(日々の暮らし) | Comments(4)

山が見える暮らし

自分の住む街のどこからでも、いつでも山が見られたら幸せです。
c0223825_082536.gif

気に入った景色は、まるで覚えていたかのように、気がついて見ると1年たって、同じ構図で撮っていたりします。
c0223825_0928100.gif

ちょっと望遠で覗くと、手稲スキー場のゲレンデ(左上)が見えます。
c0223825_0165017.gif


家の中からも、近所どこからでも、いつでも山が見られる暮らしというのは初めての経験でした。
以前、長野に住んでいた同僚から聞いた話では、南アルプスがきれいに見えるその街では、どの家でもみんなアルプスがきれいに見えるように家の窓を設計するのだそうです。札幌に住んで初めての頃、すぐに山が見える暮らしってとても良いと思いました。山を見ると、自然と気持ちがゆったりと落ち着くのを感じます。
こんな暮らしがまたしたいと、いつも思っています。

1枚目
2008.1.16 PENTAX ist-DS,DA50-200mmF4~5.6(125mmで撮影)
2枚目
2009.2.9 PENTAX K10D,DA☆50-135mmF2.8(135mmで撮影)
3枚目
2008.1.16 PENTAX ist-DS,DA50-200mmF4~5.6(200mmで撮影)
by bjiman | 2010-01-21 00:22 | 札幌日記(日々の暮らし) | Comments(6)