カテゴリ:札幌日記(市内名所)( 17 )

「円山原始林」の写真が情報誌「りそなーれ」に掲載されました

2010年5月9日の札幌旅行の際に寄った円山原始林ハイキングの際に掲載した本ブログの写真が、(株)りそな総合研究所発行の情報誌「りそなーれ」に掲載されました。
c0223825_701112.jpg

情報誌「りそなーれ」8月号です。
c0223825_70359.jpg

全国のパワースポットを紹介するという趣旨の特集記事でした。
c0223825_711264.jpg

このような形でブログのHPアドレスも掲載していただきました。
c0223825_715013.jpg


記事掲載のお陰か、最近「円山原始林」での検索も増えてきましたので、本ブログの円山関係の記事を以下にリストします。良かったらご覧いただけると嬉しいです。

2012年5月2日 円山原始林 ~私の散歩コース~円山登山 ~札幌市内を一望できる気軽なトレッキング~
2010年5月9日 私たちの愛した円山原始林(1)写真掲載記事私たちの愛した円山原始林(2)
2009年8月22日2009年夏の札幌旅行(5)
2007年8月12日森のアイドル達に会いに


2012.7.30
SIGMA DP2x
by bjiman | 2012-07-30 07:28 | 札幌日記(市内名所) | Comments(0)

北海道知事公館の紅葉②~スキャン画像から~

昨日に引き続き、北海道知事公館のお庭を撮りに行った時の写真です。
c0223825_1010210.jpg

    コンデジのGRDをまだ買っていなかったこの頃は、お昼休みに写真を撮るときは、フィルムカメラを職場に持って行って撮っていました。
c0223825_10103755.jpg

    この日は、コンパクトなフィルムの小型一眼レフ・PENTAX *ist に、やはり小型軽量の35mm単焦点、FA35mmF2.0をつけて持って行った記憶があります。
c0223825_10123291.jpg

    35mmフィルムカメラで撮った写真散歩では、多分最後のものだと思います。
c0223825_1014149.jpg

    燃えるような紅。35mmフィルムなので645と比べると少し色が軽い感じなので、スキャン画像処理の際、少しアンダーにしてみました。
c0223825_10155572.jpg


*ist は、ペンタックス最後のフィルム一眼レフです。とてもコンパクトで使い勝手が良く、今のデジタルでいえば、K-x,k-r のような位置づけのカメラでした。
MFレンズの M35mmF2 や M28mmF2.8 を装着して、ほとんど 'MFカメラ' として使っていた MZ-3 とは違い、ズームレンズのFA28-105mm等とともにAFレンズ専用で使っていました。

新品で購入したものを長く使っていたのですが、その後手放した後、コンパクトで携帯に便利なので、海外旅行に行く時に、中判GA645のサブカメラに持って行こうと中古で買い直したりして2台所有した思い出のカメラです。

   2007.10月末頃 北海道知事公館にて
   PENTAX *ist
   PENTAX SMCP FA35mmF2.0AL
   FUJI RVP100(velvia)
   CanonCanoscan9000Fにてスキャン(2400dpi)
by bjiman | 2010-10-30 10:20 | 札幌日記(市内名所) | Comments(6)

1年間ありがとうございました! ~知事公館の庭園(札幌市)~

ブログを開設して、ちょうど丸1年を迎えました。
1年間で記事は 344本書くことができ、ご訪問いただいた方の累計は、15,150 人になりました。ページ・ビューは昨日現在計で 34,564 hitとなっています。

最初は誰にも見てもらえなくて、どうしたらいいんだろう、、、と途方に暮れることもありましたが、お陰様でたくさんの方に見て頂くことができ、とても嬉しい日々でした。
北海道に2年間在住した2007年4月~2009年3月の日々ももう2年前のことになり、思い出の中に入ってしまいました。新鮮な記憶が薄れない内に書き留めたいと思った事がこのブログを書き始めた動機でしたが、お陰様で1年間、札幌在住の日々を四季のうつろいとともに書き続けることができ、もう残りのファイルも僅かになりました。

北海道時代のファイルを載せ終わったら、少し落ち着いて、今後はマイペースで現在撮り続けている写真をゆっくり載せていきたいと思っていますので、改めてまたよろしくお願い致します。

2010.10.29 bjiman


ということで、今日は、2007年10月25日、北海道知事公館の庭園で秋の紅葉をFUJI GA645Wで楽しんだ際のファイルをお楽しみいただけたら嬉しいです!

c0223825_1363862.jpg

                           (F4,1/45秒)
c0223825_153783.jpg

                           (F4,1/60秒)
c0223825_1494338.jpg

                           (F4,1/15秒)
c0223825_1592489.jpg

                           (F4,1/30秒)
c0223825_264734.jpg

                           (F4,1/45秒)
c0223825_2111724.jpg

                           (F4,1/30秒)
c0223825_213311.jpg

                           (F4,1/60秒)

2007.10.25 北海道知事公館にて 
FUJI GA645W FUJINON SuperEBC 45mmF4
FUJI RVP100(Velvia)
Canon Canoscan9000F(2400dpiでスキャン)
Adobe Photoshopにてレベル調整
by bjiman | 2010-10-29 01:46 | 札幌日記(市内名所) | Comments(10)

秋の小樽、定山渓・札幌旅行③~北海道開拓の村~

秋の小樽・定山渓・札幌旅行も最終回。今日は「北海道開拓の村」にやってきました。
「北海道開拓の村」は北海道100年を記念して1983年に設置された、道立の野外博物館です。開拓の過程における歴史的建造物等を移設、復元して保存しており、開拓当時の情景を感じられる場所として、(個人的には)北海道観光に欠くことのできないオススメスポットだと思っています。
c0223825_22554493.jpg

村の入り口には、1908年(明治41年)に建てられた札幌停車場(現札幌駅)の縮小レプリカが入場口として迎えてくれます。写真は、上が村の外側から、下が内側から見た札幌停車場。洋風木造建築で、お洒落なデザインは今の目で見てもとても素敵です。
c0223825_23101162.jpg

札幌停車場で入場券を購入して駅をくぐると、最初に見えてくるのが、「旧開拓使札幌本庁舎」。
c0223825_23162234.jpg

開拓使札幌本庁舎は、明治6年(1873)に建てられ、築後5年目の明治12年に火災のため焼失しました。この建物は復元(レプリカ)です。当時の札幌に見られた馬車鉄道を背景に見ると、開拓時代が蘇ってくるようです。
c0223825_2321118.jpg

(旧浦河支庁庁舎)
 大正8年(1919)に建てられた道庁の支庁(出先機関)。今の日高支庁に当たります。上2つの建物は復元でしたが、ここからは当時建てられたホンモノを移築修繕したものです。
c0223825_2324227.jpg

建物内部には、こうした人力車や当時の生活用具などが展示されていて開拓ムードが盛り上がります。
c0223825_2331275.jpg

我が家にも国勢調査の調査員さんがやってきましたが、これは大正9年の国勢調査のポスター。
「国勢調査(こくせいてうさ)は、社会(よのなか)の実況(ありさま)を知る為に行ふので課税(ぜいきん)の為でも犯罪(ざいにん)を捜すためでもありません。」なるほど。
c0223825_23292681.jpg

当時の活字を用いたハガキの印刷体験をやっていました。この活字の箱を見ていると、私は神田・お茶の水の近くで印刷業を営んでいた母方の祖父を思い出します。祖父の作業場はいつも活字とインクの匂い、輪転機の廻る音で溢れ、私が祖父を訪ねると、祖父はいつもこの写真と同じ活字の箱の前で老眼の目を近づけて一字一字、活字を捜して印刷用の版を組んでいました。この時は母を連れていたので、ちょっと懐かしい気持ちに浸ることができました。
c0223825_23554383.jpg

     (旧福士家住宅)
幕末から明治期にかけて、北海道開拓に貢献した福士成豊さんという方が、明治半ばから大正11年まで居住した建物で、洋風建築と和風住宅を接続した、現代風にいうなら和洋折衷の住宅です。
畳の和室から、洋室が見えています。考えてみると、こんなに素敵じゃありませんが、我が家のマンションもこのスタイルです(笑)が、明治時代にこの暮らしは、すごくモダンだったでしょうね。
c0223825_23412249.jpg

     (旧小樽新聞社)
明治27年(1894)に創立された小樽新聞社社屋。木造の骨組みに札幌軟石を積み上げた構造が特徴。
c0223825_2347534.jpg

     (旧開拓使工業局庁舎)
明治6年(1873)に設置された開拓使工業局の庁舎。開拓使関係庁舎としては現存する唯一のものとか。
c0223825_06625.jpg

    これモノクロで仕上げたら、当時の札幌っぽくなったかな、と。
c0223825_0113566.jpg

     (旧山本理髪店)
北海道神宮裏参道沿いに実際にあった床屋さん。大正期の洋風建築の特徴がよく出ているそうです。
c0223825_018931.jpg

内部は、こうして丁寧にモデルが置かれ、会話の再現テープも流れています。おもしろいですよ!
c0223825_0215358.jpg

     (旧島歌郵便局)
北海道で近代郵便の取り扱いが始まったのは明治5年だったとか。この旧島歌郵便局は明治19年頃のもので、現在は開拓の村郵便局として、実際に業務を行っています。
c0223825_02884.jpg

     (旧浦河公会会堂)
神戸から入植した開拓移民たちの指導者は多くがキリスト教徒で、この会堂は、明治27年(1894)に建てられたものとか。
c0223825_0333648.jpg

     (旧来正旅館)
宗谷本線の永山駅前にあった旅館兼待合所。駅の待合室の機能と旅館の機能が合体した複合施設。今でいう駅ナカみたいな、ちょっとした売店やお茶休憩などがあり、泊まるときは旅館へ通されるという合理的な作りです。大正8年建築のもの。2階の旅館部分には人形が設置されていて、道庁の役人とおぼしき人形が出張での様子を語っていてとてもリアルです。
c0223825_03942.jpg

     (旧札幌農学校寄宿舎)
札幌農学校(現北海道大学)の寄宿舎(恵迪寮)。「恵迪寮」の名は現在も北大キャンパス内にある学生寮に引き継がれています。内部には、寮歌が流れ、当時のバンカラな学生の生活の様子や洋食を中心にしたモダンな食事の内容などを見学することができます。ツマのご両親が来道された際もここにご案内したのですが、義父が「これは懐かしいなぁ」と喜んでくれました。
c0223825_0474634.jpg

     (旧青山家漁家住宅)
一昨日と昨日に掲載した、小樽の網元・青山家のこちらが漁家住宅(いわゆる「鰊御殿」)です。
c0223825_0552283.jpg

鰊御殿といわれる漁家住宅のおおよその作りは大体共通で、左右対称になっており、どちらか一方が網元の住居部分、片方が雇用労働者である「ヤン衆」の寝所、台所、食堂などとなっています。外観は同じでも内部は左右で作りが全然違うところが経営者と雇用者の立場の違い。こちらは、網元の住居部分。ヒグマの敷物が豪華ですね。
c0223825_059395.jpg

親方(網元)の部屋ですね。たばこ盆と鉄のヤカンが雰囲気あります。
c0223825_103267.jpg

これは「モッコ」。船から陸揚げする際に、この背負子に鰊を入れて運ぶためのもの。主に女性の仕事だったようですが、とても重いんだそうです。「高島郡祝津村」の字がはっきり読み取れます。
c0223825_162276.jpg

ここには、番屋をはじめ網倉、船倉等多くの施設が保存されており、とても貴重なものだそうです。
c0223825_193975.jpg


、、、と駆け足で、「北海道開拓の村」の様子を見てみました。ここには54ヘクタールの敷地に52棟の歴史的建造物があるそうなので、見所を挙げたらキリがありません。ここをゆっくり見学するには最低1日必要となるのでそうそう行く時間は取れないと思うのですが、機会があったらぜひオススメしたい施設です。
、、、ということで、駆け足でありましたが、秋の小樽、定山渓・札幌旅行のシリーズはこれでお仕舞いです。今日も冗長になってしまいましたがご容赦下さい。

 2008.9.6 札幌市厚別区 北海道開拓の村にて
 PENTAX K10D
 PENTAX DA18-250mmF3.5-6.3ED
 (写真の一部に、開拓の村を説明するため、2007.5.6に出かけたファイルを併用しています。)
 2007.5.6
 PENTAX *ist-DS
 PENTAX FA28-105mmF3.2-4.5AL
by bjiman | 2010-09-24 01:19 | 札幌日記(市内名所) | Comments(6)

2009年夏の札幌旅行(5)

2009年夏の札幌旅行の最終日。最終日の午前中は、このbrogでも何度かアップしました、札幌市西区の円山(まるやま)登山です。
c0223825_1305973.jpg

登山口付近です。少し森に入るだけで、静謐な雰囲気に溢れています。
c0223825_1381966.jpg

登り始め。ずっとこのような緩やか目の傾斜ですし、きちんと階段が作られているので(最初は)スイスイ登っていけます。
c0223825_1424147.jpg

山には、少し秋の気配が感じられます。
c0223825_148524.jpg

そうこうしている内に、食事中のシマリスに遭遇。
c0223825_1502344.jpg
c0223825_1535185.jpg

   見つかったから、すぐに逃げる!
c0223825_1564223.jpg

   巣箱に逃げて、ひと安心
c0223825_1584176.jpg

   でも、一応警戒してみたりして。
c0223825_22261.jpg

   安心したら、早速お食事。
c0223825_244917.jpg

いっぱい食べたので、口がふくらんでいますね。
c0223825_262326.jpg

c0223825_2232952.jpg

10時半に登り始めて、11時9分に山頂到着。途中でシマリスとちょっと遊んでしまったので時間がかかりました。
僅か250mほどの頂上ですが、市内を一望できる素晴らしい眺めなんです。この日はちょっと薄曇りですが、雲が近くに見えますね。
c0223825_2164076.jpg

c0223825_2165650.jpg

帰り道。登山道の両脇は、割と急な傾斜ですので注意が必要です。
c0223825_2344167.jpg

分かりにくいと思いますが、上にシジュウカラ、下にコゲラがいます。300mm程度の望遠があれば届きます。(この時はレンズ交換が間に合いませんでした。)
c0223825_2345545.jpg
 
下山してきたら、いつものエサ場でシマリス君が食事中。
c0223825_2393061.jpg
c0223825_2425339.jpg

かわいいのはいいのですが、エサを与える市民が優しすぎるのか、ここのシマリス君は警戒感ゼロです。
c0223825_2473584.jpg
c0223825_2475269.jpg
             えさのタネをどんどん口に入れていきます。
c0223825_2524526.jpg

   入れられるだけ入れたら、こうして土に埋めていきます。雪が降った後、ちゃんと見つけられるのかな?
   ちなみにエゾリスは冬眠せず冬も活動しますが、このシマリス君は冬眠します。同じ山に暮らすリスなのに違っていておもしろいですね。
c0223825_2571094.jpg
c0223825_2573671.jpg

   (ちょっとエサを与えられているけど)たくさんのシマリスやエゾリスが暮らす豊かな円山の自然です。
c0223825_333366.jpg

    札幌では、8月末のこの時でも、こうしてきれいな紫陽花を見ることが出来ます。。
c0223825_354066.jpg


  大好きな円山について書いていると、どうしても冗長になってしまいます。
  今日で終わるつもりでしたが、続きはまた明日にいたします。

2009.8.22 札幌市にて
   PENTAX K10D
   PENTAX DA18-250mmF3.5-6.3ED AL
   PENTAX DFA MACRO 100mmF2.8
   RICOH GRD2
   JPEG,AdobePhotoshopElements8にてレベル調整
 
 
by bjiman | 2010-08-30 01:30 | 札幌日記(市内名所) | Comments(10)

森のアイドル達に会いに(札幌・円山)

2007年8月12日、札幌のお天気は快晴。
当時の自宅そばにあったハルニレの大木。見るだけで心が和む、北海道らしい雄大な木でした。
c0223825_251585.gif

    札幌はこの時期、きれいな芙蓉の花が咲きます。
c0223825_27497.gif

c0223825_293379.gif

        お天気も良いし、、、ということでお出かけ。といってもクルマで20分ほど。
c0223825_2104762.gif

        濃い緑の小道を抜けて、この鳥居をくぐると、、、
c0223825_2115914.gif

        北海道の一宮(いちのみや:最も社格の高い神社)、北海道神宮です。
c0223825_2184354.gif

c0223825_2192964.gif

        洋館の多い札幌にあって寺社を目にすることはあまりないのですが、さすがここ北海道神宮は、格式の高さを感じさせます。
c0223825_2203913.gif

c0223825_2205412.gif

        北海道神宮の地区は、風致地区に指定されていて保全されています。
c0223825_2253024.gif

        神社の境内から、静かな散策路を歩いて行くと、お隣の円山(まるやま)に行けます。
c0223825_2242724.gif

        円山に入ると、さっそくエゾリスが走ってきました。
c0223825_226456.gif

        エゾリスを見たのは初めてだったので、とても感激しました。
c0223825_2282487.gif

c0223825_2291831.gif

        山に入っていくと、いました、今度はシマリスくん。
c0223825_2313938.gif

シマリスくんたちは、この円山に沢山住んでいます。とっても小さくて、つぶらな瞳。可愛いので、通りかかる人たちがたくさん写真を撮っていき、まさに円山のアイドル。周囲の人たちが餌をあげているせいか、すっかりヒトになれてしまっているところがちょっと微妙ですが。。。(笑)
c0223825_2325939.gif

        ヤマガラがやってきました。
c0223825_2404843.gif

あんまり森のアイドル達がかわいくて感激したので、翌週の8/19にもまた来てみたら、再度ヤマガラに会えました。前回はDA50-200mmF4.5-5.6EDで、ちょっと暗いレンズでしたから高感度にせざるを得ず、ノイズが出てしまったので、今度はFA☆200mmF2.8EDで撮ってみました。
c0223825_2444114.gif

        ずっとクリアに撮れました。かわいい顔をしていますね。
c0223825_245388.gif


円山エリアに来たのはこの時が初めてでした。すっかり魅了され、以後、札幌生活の2年間の間はもちろん、関東に帰ってきてからも札幌に行った時は、森のアイドル達に会いに、よくここを訪れています。

   2007.8.12、8.19 札幌市 円山にて
   PENTAX *ist-DS
   PENTAX DA50-200mmF4.5-5.6ED
   PENTAX FA☆200mmF2.8ED
   SIGMA 18-50mmF2.8 EX DC MACRO
   Jpeg,AdobePhotoshopElements8にてレベル調整

(おまけ)です。
    木登りするエゾリスくん。
c0223825_05163.gif

    木の上でお食事中のエゾリスくん。
c0223825_2322448.gif

c0223825_23251981.gif


   2008.8.16 円山にて
   (おまけの②と③。おまけ①は2007.8.12)
   PENTAX K10D
   PENTAX DA18-250mmF3.5-6.3ED AL
by bjiman | 2010-08-14 01:39 | 札幌日記(市内名所) | Comments(4)

幌見峠~札幌市内を一望できるラベンダー園~

札幌の高級住宅街・円山からスキー場で有名な盤渓の方へ抜けていく道の途中に、幌見(ほろみ)峠があります。
c0223825_7433943.gif

   この峠は、市内の夜景を一望できる夜景スポットとして有名なのですが、市内近郊のラベンダー園としても隠れた人気があります。
c0223825_7522594.gif
c0223825_7532970.gif

   ラベンダーは摘み取って持ち帰ることができます(有料)。私たちも摘み取りを楽しみました。
c0223825_7511222.gif

   ミツバチの邪魔をしないように気をつけないと、、、
c0223825_747208.gif

   「富良野までは時間がなくていけない」という時でも、ここならラベンダーの香りをすぐに楽しむことができるスポットとしてオススメです。
c0223825_743327.gif


*2010年は、昨年の天候の影響でラベンダーが枯れてしまったため、ラベンダー園は閉園しているそうです。来年以降のお楽しみですね。(夜景駐車場は今年もやっているそうです。)

   2008.7.27 札幌市 幌見峠にて
   PENTAX K1OD
   PENTAX DA18-250mmF3.5-6.3ED AL
   Jpeg,AdobePhotoshopElements8にてレベル調整
by bjiman | 2010-07-31 07:57 | 札幌日記(市内名所) | Comments(2)

私たちの愛した円山原始林(2)

この日の飛行機にはまだ時間がありましたが、札幌駅で食べることになっていたラーメンの時間がなくなってきていました。急いで下山します。
c0223825_12112145.gif

c0223825_1219894.gif

        円山原始林には2つのルートがあります。片方は傾斜はあるが距離が短い。もう一方は傾斜は緩いが距離が長い。私たちは、往路に前者を、復路に後者を選ぶことが多かったです。
c0223825_12214212.gif

        下山時は慌てると膝に来ます。ツマは下山の方が苦手でした。
c0223825_12222216.gif

        黒紫がシック。何ていうお花でしょう。
c0223825_12234870.gif

        鳥獣保護区です。自然を大事にしましょう。
c0223825_12242614.gif

雪の積もる冬にも歩きました。この辺で滑って転びそうになりました。ツマはピンのついた長靴で装備していたので楽ちんに下りていきました。私のも滑り対策のしてあった長靴でしたがピン付きには勝てませんでした。笑いながら下りていた日のことを昨日のことのように思い出します。
c0223825_12245833.gif

c0223825_12312957.gif

        キタコブシが見頃です。
c0223825_1231583.gif

c0223825_1232745.gif

        自生しているヤマザクラは、まだ3分咲き。
c0223825_12322327.gif

        今日はゴジュウカラとシジュウカラに会いました。ヤマガラやアカゲラにもよく会えますよ。
c0223825_12334036.gif

        下が見えてきました。そろそろ終わりです。
c0223825_12362093.gif

        今日は終日いい天気でした。ありがとうございます。
c0223825_1237767.gif

        雪解け水のせせらぎが林内に響きます。
c0223825_12373239.gif

        GOALです。復路は急ぎ足だったので25分で下りてきました。ここから左側のスロープを上がっていくと円山動物園近くの駐車場に抜けられます。
c0223825_12394416.gif

私は円山登山をするといつもあることを思い出します。それは今回の旅行記でも書いた小金湯の露天風呂での親子の会話です。子どもは小学校4年くらいだったかな。
        息子:今度富士山に登ってみたいな。
        父 :富士山かぁ。スゴイ目標だなぁ。
        息子:大丈夫だよ。俺行けるよ。だって円山みたいなもんだろ。
        父 :(ぷっと吹きだし)まるやまぁ!お前だいぶ違うぞ。
        息子:どのくらい?円山何個分?
        父 :どのくらいかなー。。。そうだなぁ10回以上だ!(円山は225m)
        息子:10回以上かぁー・・・
私はこの会話を聞いていてトナリで吹き出しそうでした。でも小金湯の湯は定山渓エリアの山の中。せせらぎに包まれての会話は聞いていても実にいいものでした。円山は市民の日常に寄り添った、実に身近な山なんです。私はここで過ごした楽しい日々を忘れません。ありがとう円山。そしてさようなら。また来るね。。。
c0223825_1242291.gif

        札幌駅近くのラーメン共和国へ行く予定でしたが時間がなくなり、結局駅にある「味の時計台」で今回の旅行最後の食事といたしました。
c0223825_12461265.gif

        「味の時計台」の味噌ラーメンは、チェーン店としては十分おいしいラーメンです。東京にもありますが、ちょっと味が違うような気が、、、します。
c0223825_12475947.gif


長々と連載してきましたが、以上でGWの札幌旅行記を終わります。
小樽や定山渓、円山など、今回の旅行は3泊4日の短いものでしたが、私たち夫婦の大好きなコースを辿る、2年間好きだった思い出を凝縮したようなものになりました。ただひとつ違うことは、当たり前ながら、本当の魅力は、四季折々の季節の変化の中で、日々の新しい発見をしていくことでした。「そろそろ円山の桜が咲くね」、「ライラック祭りがあるから見に行こう」etc、、。観光でも魅力の一端には触れることができますが、住んでいるのとはやっぱり違う。当たり前ながら、そんなことを思った旅行でした。札幌は、とても魅力に溢れた街です。また行きたいな-。。。


     2010.5.9(sun)札幌市にて
     PENTAX K20D
     PENTAX DA18-250mmF3.5~6.3
     RICOH GRD2(ラーメンのみ。jpeg)
     RAW,PENTAXPhotoLaboratoryにて現像。                  
by bjiman | 2010-05-22 13:06 | 札幌日記(市内名所) | Comments(4)

私たちの愛した円山原始林(1)

旅行最終日の最後の行程。ちょっと無理めだったけど、どうしても入れたかったもの。それは円山原始林を歩き、円山を登ること。
札幌に住んで初めてこの道を歩いた時、道ばたから走ってきたエゾリスにすごく感動しました。それは何回か来ている内に、よくあることと慣れてしまいましたが初めて来た時の感動は忘れません。
c0223825_0484284.gif

    円山公園から一歩中に入るだけで、深い森の世界に迷い込んだよう。高山植物のようにお花も変わります。
c0223825_0534325.gif

c0223825_0545794.gif

    登山口を抜けると、細いながらもしっかり整備された山道があります。
c0223825_0562767.gif

    少し上がるだけで、すっかり登山気分。
c0223825_0584083.gif

    登り初めて3分。シマリスがちょこちょこっと走ってきました。「ようこそ円山へ!」
c0223825_102856.gif

    振り返るとすっかり山の中。
c0223825_12122.gif

    青空を見上げて深呼吸。あー気持ちいい!
c0223825_144243.gif

    これはキタコブシ。青空に輝くように光ってきれい。
c0223825_173642.gif

    これ、食べられるのかなぁ。
c0223825_1962.gif

    このお花、ツマともども初めて見た気がしました。ブルーが透き通るようで、、、
c0223825_110731.gif

    さぁ頑張って登りましょう。
c0223825_1183722.gif
 
    中腹付近に、鳥がたくさん飛び交っている場所があります。なぜだか集中しています。
c0223825_1105339.gif

    すばしっこいゴジュウカラくんをちゃんと撮るには時間が足りなかったなぁ。
c0223825_1114739.gif
 
    鳥の楽園の中腹を過ぎると、頂上はもうすぐです。
c0223825_1145589.gif

    この看板が見えたらもう大丈夫。
c0223825_1152688.gif

    頂上近く。山神がいます。
c0223825_1201547.gif

    頂上についた~!円山は標高225.4m。今日は登山口を抜けてから32分で着きました。
c0223825_1204833.gif

    30分ちょっとで着いたのに、素晴らしい眺め。これは、札幌ドーム球場方向。
c0223825_1252479.gif

    これは札幌駅からはるか銭函、小樽方面を見た方向。大都会札幌市を一望でき、望遠レンズで覗けば海も見えます。
c0223825_1262354.gif
  
    円山原始林は、天然記念物なんです。子どもの頃からの自然学習にも、大人になってからのストレス解消にも最高です。
c0223825_1275830.gif


    明日は下山します。

    2010.5.9(sun) 札幌市にて
    PENTAX K20D
    PENTAX DA18-250mmF3.5~6.3
    PENTAX DA☆16-50mmF2.8ED
    RAW,AdbePhotoshopにて現像。
   
by bjiman | 2010-05-21 01:30 | 札幌日記(市内名所) | Comments(7)

北海道神宮 桜と青空・・・とくれば

この日の北海道神宮・円山エリアはなんといっても好天。
c0223825_1475447.gif

          北海道神宮の駐車場は満杯です。
c0223825_1483626.gif

          それもそのはず。青空に桜がお出迎え。
c0223825_149235.gif

          長い冬。みんなこの日がくるのを待っていたのです。きっと。
c0223825_1493045.gif

          だって素晴らしい眺め!
c0223825_1495384.gif

          春だ春だ
c0223825_1501531.gif

          梅と桜が一緒に咲くんですよ。
c0223825_1504018.gif

          今年は梅園の方が遅かったようです。
c0223825_151498.gif

          こうなると、名物・ジンパ(ジンギスカンパーティー)
c0223825_1523617.gif

          桜がないところにもスゴイ人。
c0223825_1532399.gif

          公園で火を使っていいの?もちろん普段はだめです。この時期だけの、特別な楽しみなんです。
c0223825_153574.gif

          だって、こんなにいい天気♪
c0223825_1545241.gif

          高校球児たちは野球で青春を燃やしていました。(円山球場)
c0223825_155209.gif

          北海道神宮の神様に感謝しつつ、午後は円山原生林に向かいます。
c0223825_205725.gif


      2010.5.9(sun) 北海道神宮及び円山公園にて
      PENTAX K20D
      PENTAX DA☆16-50mmF2.8ED
      PENTAX DA☆50-135mmF2.8ED
      RAW,PENTAX PhotoLaboratoryにて現像(鮮やか)
by bjiman | 2010-05-20 01:46 | 札幌日記(市内名所) | Comments(2)