カテゴリ:写真散歩(松戸days)( 58 )

初夏のお花をDP3で味わう

お出かけまでのちょっとした間、周辺でDP3だけを使って初夏のお花の風景を味わってみました。

(1)アガパンサス  (SIGMA DP3 Merrill 50mmF2.8,F6.3,1/400秒,ISO200)
   おとといの日曜日、朝から日差しは強くてDP3の標準ISO200では絞りを入れないとシャッター速度限界に行っちゃう。強い光に照らされて、アガパンサスの薄い紫が蛍光のように輝いていました。
c0223825_01043016.jpg
FoveonのX3ファイルは、やっぱりSIGMA PhotoProのX3 Fill Light の使い方。極端な+は好まれませんが。。。 
(SIGMA DP3 Merrill 50mmF2.8,F4,1/1200秒,ISO200)
c0223825_01112153.jpg
Foveonの現像は、どこかキャンバスに向かって水彩画の絵の具を溶かしていくような、、、 
(SIGMA DP3 Merrill 50mmF2.8,F4,1/1600秒,ISO200)
c0223825_01202046.jpg
赤の葉の産毛のような微細な毛が消えてしまわないように。。。
c0223825_01283770.jpg
上の写真、ピントが合っている部分だけを切り出すと、、、
c0223825_01331732.jpg
ピンク色のトーンがきちんと残るように。

c0223825_01435243.jpg
美しい景観の中、、、というのではなく、荒木経惟さんが、「都市のマンホール」と呼ぶような。都市ってデコボコがいい、うっかりするとひっかかったりして「おっとっと」となるような。そんな景観の中でするスナップというのが、私の写真の原点です。
c0223825_01474556.jpg
キキョウのお花がもう咲いていました。真ん中の星形が、オーディオ好きの私からするとホーンツイーターのディフューザーのように見えます。
(SIGMA DP3 Merrill 50mmF2.8,F8,1/160秒,ISO100)
c0223825_01513286.jpg
あじさいがまだ残っています。
(SIGMA DP3 Merrill 50mmF2.8,F8,1/160秒,ISO100)
c0223825_02365850.jpg
c0223825_01544039.jpg

コケティッシュな、ピンク
c0223825_02400853.jpg
赤は色飽和がしやすいので露出補正も有効に使いながら、画像からトーンが抜けてしまわないように気をつけています。
c0223825_02430371.jpg
ギリシャでもイタリアでもこんな感じのワインの瓶をお店がおいていましたね。
c0223825_02452609.jpg
c0223825_02515711.jpg

2016.6.27 市内周辺にて
SIGMA DP3 Merrill

by bjiman | 2016-06-28 02:49 | 写真散歩(松戸days) | Comments(0)

流山探訪~スナップに一眼レフはいらないのか?~

流山探訪の続きです。

(1) 呉服店 新川屋  (SIGMA SD1 Merrill/SIGMA 10-20mmF4-5.6)
明治23年築という土蔵造りの重厚な外観が目立つ呉服屋さんです。
c0223825_118364.jpg

平成16年に国登録有形文化財に指定されました。
c0223825_1205682.jpg

(2) 商売繁盛を願って、屋根の北側に恵比寿様、西側に大黒様の鬼瓦があります。
c0223825_1324952.jpg

(3) 私は一眼レフが好きですが、最近はある意味の割り切りをもって一眼レフに接しています。一眼レフを使うのはあくまで趣味で、使いたい用途にだけ使う。例えば今回は、流鉄展で狭い部屋の中でワイドに撮りたいという目的があったので10-20mmF4-5.6のワイドズームを主体に使うこととして、荷物になる望遠レンズは持って行きませんでした。仮に持って行ったとしても70-300mmF4-5.6は、町歩きに持って歩きたいとはいえない大きさのレンズです。そこで今回は、一眼レフは10-20mmを付けて歩き、望遠が必要な時はツマが持っている SONY Cyber-shot RX100を借りることにしました。大きくて重い一眼レフを広角に使い、小さいコンデジを望遠に使うなんてあべこべですが、これで十分なのが現在の実態だと思います。
ということで、RX100の最大倍率で撮った 西側屋根の大黒様です。  (SONY RX100,上:100mm相当+デジタルズーム活用/ツマ撮影、下60mm相当、オット撮影)
c0223825_1403771.jpg

c0223825_1435871.jpg

(4) ましや呉服店 (SIGMA SD1 Merrill/SIGMA 10-20mmF4-5.6)
江戸時代、安政6年創業という歴史ある呉服店です。
c0223825_1572837.jpg

c0223825_213135.jpg
 
一眼レフは趣味のもの、と書きました。実際私がSD1を使うのは純粋に趣味です。下のRX100の写真と比べても一目で違う解像感の違いがあり、SD1を使う楽しみもそこにあります。 (SONY RX100)
c0223825_1592092.jpg

c0223825_214246.jpg

(5) ましやの店舗は関東大震災後に建て替えられたもののようですが、土蔵は明治3年築。現存する土蔵では最古の部類だとか。  (SIGMA SD1 Merrill/SIGMA 10-20mmF4-5.6)
c0223825_2142217.jpg

c0223825_272239.jpg

c0223825_210717.jpg

(6) この辺りは、流山広小路といって、明治時代前後は土蔵造りの家屋や店舗が多くあった場所なのだそうです。
c0223825_2121172.jpg

この説明を読んだあとに見ると、こういう普通の民家も歴史ある町並みの景観に自然になじんでいるように見えます。見事な屋根瓦が整然と美しいです。
c0223825_2185828.jpg

(7) この街の一角に、最近、使われなくなった土蔵を改装してできたカフェギャラリー「灯環」があります。
c0223825_224218.jpg

c0223825_2261099.jpg

(8) 2Fがギャラリーになっています。狭い土蔵をワイドに撮れるのは10-20mmワイドズームならでは。一眼レフを使う楽しみがあります。
c0223825_2304660.jpg

c0223825_2322910.jpg

(9) しかしこういう土蔵の暗い中ではF4のズームでは撮影条件が厳しくなります。これはISO800で1/5秒という厳しさ。手持ちでは無理で手ぶれでブレブレです。
c0223825_2362756.jpg

こんな時、RX100なら、広角側の10.4mmはF1.8!ですからもう余裕。ISO500で1/30秒でシャッターが切れます。手ブレ補正もついて鬼に金棒。 (SONY RX100)
c0223825_2402384.jpg

流山PRイベント2012「みりりんぴっく」の際に期間限定でやっていたものが好評で通常メニューになったという「ほっこり♡みりん deスイートポテト」。 さつまいもにみりんの組み合わせでとても優しい味で、みりんの流山らしいメニューです。
c0223825_242716.jpg


私は、特段カメラ好きでなくても、いい写真を撮っておきたいという方には、RX100クラスのカメラを勧めたいと思います。私のGRD2にしても、2008年に購入してだいぶ経ちますがまだまだ普通に使えます。画質もそれほど問題ではありません。これってやっぱり大事なことだと思いますし、きちんとコストがかけられているからだと思います。RX100もおそらく長期間の愛用に耐えるだろうと思います。意外なことに、ちゃんとMade in JAPANでもあります。
一方、特段カメラ好きでなければ、RX100以上のカメラも特に必要ないように思えます。特に街中のスナップでは、これ一台で28mm~100mmまでカバーするレンズがついていて広角はF1.8で暗くても平気。望遠側の100mmもデジタルズームも併用して300mm相当までカバーできます。趣味の写真を撮るのでなければ、私も、町歩きであればRX100だけで十分です。
それだけに、シグマDP3を買って、趣味の写真の領域ってこういう事なんだなぁと最近しみじみ思っています。
小さくても、不便。上手く撮れれば大型一眼レフも真っ青。シグマの方向も、ニッチではあるけれど、趣味の一分野であることは間違いありません。

2013.2.17 流山市にて
SIGMA SD1 Merrill
SIGMA 10-20mmF4-5.6EXDCHSM
SONY Cyber-shot RX100
by bjiman | 2013-03-08 02:20 | 写真散歩(松戸days) | Comments(0)

江戸の面影を訪ねて~流山探訪(3)~

流鉄展を楽しんだ後は、江戸時代の面影を色濃く残す街、流山の顔を見ていきたいと思います。

(1) 一茶双樹記念館  (SIGMA SD1 Merrill/SIGMA 10-20mmF4-5.6)
流山は味醂の街。味醂といえば現在でも流山が発祥のマンジョウ(万上)みりんがありますが、ここ一茶双樹記念館は、流山の名家・秋元家とゆかりの深い場所。秋元家のみりんは「天晴(あっぱれ)味醂」というブランドでしたが、この場所は秋元本家に隣接するところで、俳人の小林一茶が秋元本家の五代目・秋元三左衛門(俳号:双樹)と親交があり度々この地を訪れたことに因むものです。庭には一茶が植樹したといわれる赤松があります。
c0223825_0545138.jpg

立派な建物です。風格があります。
c0223825_0555491.jpg

敷地の外側にさえ、こんな見事な枝振りが。ワイドズームじゃないと入り切りません。
c0223825_0585062.jpg

(2) 街のあちこちに、こういった庚申塔があります。
c0223825_111782.jpg

c0223825_134253.jpg

c0223825_129486.jpg

(3) 流山の顔でもあるマンジョウみりんの工場。現在は「流山キッコーマン」になっています。
c0223825_1272473.jpg

c0223825_1282515.jpg

(4) 新撰組 近藤勇陣屋跡  (上下、SD1,中、SONY RX100)
  新撰組の近藤勇が幕府に捕らえられるまで本陣を構え、最後に自首した場所です。ゆかりの土蔵が残されています。訪ねた際は、耐震工事なのか建設現場のようになっていました。
c0223825_1333322.jpg

c0223825_1351854.jpg

c0223825_1394060.jpg

(5) 和菓子 清水屋
   創業は明治30年代。この地でずっと和菓子店を営んできたお店です。名物は、近藤勇陣屋跡を模した「陣屋最中」。
c0223825_14572.jpg

(6) 寺田園茶舗 見世蔵
   寺田園はこの流山村の草分けのひとつといわれる江戸時代から続くお店のひとつで、この建物が建てられたとされる明治22年当時はお茶・乾物屋さんでした。昭和38年まで、店舗として使われていたとか。建物は国指定登録有形文化財で、現在は万華鏡ギャラリーとして再活用されています。 (SONY RX100,ツマ撮影)
c0223825_255284.jpg

c0223825_263892.jpg

流山好きな私は以前からこの通りをよく通っていました。SONYの小さなコンデジ・Cyber-shot DSC-U30を愛用し始めた頃の2003年、偶然この寺田屋の姿を撮っていました。当時は、SUZUKI WAGON-Rの現代の和モダンともいうべき日本的なインダストリアルデザインと、この旧家が妙にマッチしているような気がして撮ったものですが、今のように再活用されていなければ、この貴重な建物も価値をたくさんの方に見ていただく機会を得られなかったかもしれません。国の文化財になるような建物も、繋いでいくのは人の知恵なのかもしれないですね。
c0223825_2265650.gif

(7) 丁字屋
   古民家を活かして現在はイタリアンになっています。
c0223825_1542732.jpg


流山本町めぐり、明日に続きます。

2013.2.17 流山市にて
SIGMA SD1 Merrill
SIGMA 10-20mmF4-5.6
SONY RX100
SONY U30
by bjiman | 2013-03-05 01:40 | 写真散歩(松戸days) | Comments(4)

流鉄展 ~流山市を歩く~

(1)平和台駅を出ると駅前に「ながれやま文学の道」と題した散策路の案内図があります。平和台駅と流山駅を結ぶ江戸川周辺のエリアが、古くから続く流山の中心街。流山市は、この中心に大きく位置するマンジョウ(万上)味醂(現流山キッコーマン)とともに栄えました。この近辺といえば隣接する野田市はキッコーマンの醤油、流山はマンジョウ味醂で栄えた街なのです。  (SIGMA SD1 Merrill/SIGMA 10-20mmF4-5.6)
c0223825_1331952.jpg

(2) 平和台駅を降りると、まず目に入るのがモダンな感じの理容室ムトウ。2Fが「美容室フランセ」になっています。
c0223825_1363774.jpg

(3) 歩いて行くと、古くから続いている貫禄あるお店が見えてきます。季節料理「かねき」の看板には、「万上本みりん」のマークが入っていて、いかにもという雰囲気があります。
c0223825_1413952.jpg

私もまだ未経験ですが、流山を歩くなら、こんなお店で食事してみたいです。
c0223825_1421355.jpg

この記事を書いていたら、ツマが以前にここで食事した時の写真がケータイにあるというので送ってもらいました。ケータイなので小さい写真ですが、ちょっとだけ雰囲気を。
c0223825_211668.jpg

夏だったそうで鮎などの夏らしいメニュー。
c0223825_294874.jpg

だし巻き卵が美味しいそうです。
c0223825_295399.jpg

(4) 流山市活性化協議会の取り組みで、流山本町で江戸時代から続くお店などが、こうしてかつての姿を行灯にして表示しています。絵は市内在住の切り絵作家の方の作品です。
c0223825_1512621.jpg

c0223825_1522476.jpg

普通の洋品店に見えるこのお店も、、、
c0223825_15734.jpg

行灯によれば、「洋品のイワハシ」の隣に「宿 八木道」と書いてあるのでお宿だったのでしょうか。
c0223825_1574695.jpg

(5) 雰囲気ある食料品店。
c0223825_2131186.jpg

(6) 街のあちこちにこうして由来が表示されています。流山市は小さな市ですが、こうした取り組みは散策する者に親切だし、とても良いことだと思います。
c0223825_2152877.jpg

(7) 今日の流鉄展は、ここ「杜のアトリエ黎明」で開催されていました。杜のアトリエ黎明は、地元出身の画家の方から寄贈されて出来た施設です。今回は鉄道の展示会ということで踏切信号機の飾り付けがしてありました。
c0223825_218566.jpg

c0223825_2211639.jpg

(8) 入り口には、「なの花」号のヘッドマークが飾られ、流山市出身のサンプラザ中野さんの開催祝辞と流鉄も含め流山市への思いをを歌った作品「流山マイラブ」の歌詞が書かれていました。この会場入り口ではラジカセで「流山マイラブ」も流れていて雰囲気を盛り上げていました。
c0223825_2243189.jpg

(流山マイラブ)


(9) 会場は狭いながらも電車や駅舎などの古い写真や歴史の展示、ジオラマの展示など充実した内容でした。
c0223825_2275155.jpg

c0223825_23116100.jpg

(昭和30年代の流山駅舎と車両)
c0223825_311512.jpg

c0223825_258484.jpg

流山駅と車両がどんな風に変わっていったのかがわかりやすく展示されていました。
c0223825_259139.jpg

c0223825_2592844.jpg

(10) 圧巻だった、開業以来の車両の歴史が分かるモデルたち
c0223825_242227.jpg

歴代車両のヘッドマークや写真
c0223825_2442498.jpg

c0223825_2445629.jpg

力作のジオラマがたくさん展示されていました。
c0223825_246283.jpg

小さな世界に迷い込んだようですね。
c0223825_2482076.jpg

しばし鉄道三昧でした。
c0223825_2501190.jpg


明日は、流山の古い町並みを散策します。

2013.2.17 流山市にて
SIGMA SD1 Merrill
SIGMA 10-20mmF4-5.6EXDCHSM
by bjiman | 2013-03-03 02:24 | 写真散歩(松戸days) | Comments(0)

松戸花火大会2012

8月4日は、地元・松戸の花火大会「松戸花火大会in2012」でした。最近の浴衣ブームに触発され、今年から私も浴衣の装いにし、ツマ共々浴衣姿で参加しました。
(1) 今年はちょっと遅れてしまい、会場に着いた時はすでに始まっていましたが、何とか打ち上げ場所に近い位置で座れる場所を確保できました。。 (SIGMA SD1 Merill/SIGMA 17-50mmF2.8EX DC OS HSM)
c0223825_19205996.jpg

(2) レジャーシートを広げて、軽量タイプの三脚をセット。あまり難しいことは考えずに位置決めして、花火を楽しみながらところどころでシャッターを切ってみました
c0223825_19282910.jpg

(3)花火を現像する楽しみ、、、色彩の鮮やかさ。
c0223825_20512184.jpg

(4) 赤い閃光が打ち上げられる、この花火が印象的でした。
c0223825_20551774.jpg

(5) 青い閃光と夜空に広がる光の花
c0223825_2105498.jpg

c0223825_213922.jpg

(6) 黒地に鮮やかな赤や青、、、生地の柄にしたいような絵です。
c0223825_2152858.jpg

c0223825_2191882.jpg

(7) 宇宙で惑星が誕生するシーンのような。
c0223825_21131971.jpg

c0223825_2115125.jpg

(8) 夏の夜は、やっぱり花火ですね。
c0223825_2124093.jpg

c0223825_21301046.jpg

c0223825_21322913.jpg

(9) 今日はこの閃光がヒット
c0223825_213493.jpg

c0223825_21363519.jpg

(10) 鮮やかな光の共演に、江戸川河川敷は歓声に包まれました。
c0223825_21395349.jpg

c0223825_21422961.jpg

c0223825_2146271.jpg

(11) 夏の夜空に大輪の花を咲かせて、花火大会はフィナーレへ。
c0223825_2148472.jpg

c0223825_21512561.jpg

(12) 江戸川の夜空に、今年も光の花が咲きました。
c0223825_21563530.jpg


今年の花火大会では、震災復興への願いを込めて、東北地方産の花火も多数打ち上げられ、松戸の夜空を彩りました。松戸花火大会も年々参加者が増え、今年はとても大賑わいを見せていました。花火で元気。これが日本の夏ですね。

2012.8.4 江戸川河川敷にて
SIGMA SD1 Merrill
SIGMA 17-50mmF2.8EX DC OS HSM
by bjiman | 2012-08-13 21:57 | 写真散歩(松戸days) | Comments(4)

オオバン、メジロ、、、お散歩しながら撮りながら。

坂川はじめ、市内各地の水辺に黒色の「オオバン」が見られるのは冬の時期だけです。オオバンは、松戸市の隣の隣、我孫子市の「市の鳥」でもあります。
(1) オオバン  (SIGMA SD15/SIGMA 70-300mmF4-5.6DG OS,300mm,F5.6,1/80秒,iso200)
c0223825_231720100.jpg

(2) このへんは猫多発地帯(笑)です。一枚横顔を撮ったら気がついて、「ニヤーニヤー」と近寄ってきました(笑)
c0223825_23224996.jpg

    人慣れしているし、いくらかふくよかでもあるし、ご近所の方にたくさんエサをもらっているんでしょうね。
c0223825_23245163.jpg

(3) このへんの古い民家のお庭には大抵、おいしそうな柑橘類が実をつけています。 (SD15/70-300mmF4-5.6DGOS,250mm)
c0223825_2330538.jpg

c0223825_23285915.jpg

(4) いろんなところで紅梅がお花を付けてきています。嬉しいですね。  (SD15/70-300mmF4-5.6DGOS,300mm,F5.6,1/80秒,iso200)
c0223825_23321751.jpg

(5) なっている柑橘系の実を輪切りにしてあります。「野鳥にプレゼントしているのかな。」と思ってレンズで覗いてみたら、ちょうどお客さん(メジロ)が来ていました。  (SD15/70-300mmF4-5.6DGOS,70mm)
c0223825_23385471.jpg

c0223825_23453443.jpg

(6) 居酒屋きょうこ  (SIGMA DP2x,24.2mmF2.8)
   おっとだいぶ夕陽になってきてしまいました。急がないと、、、
c0223825_23502933.jpg

(7) 、、、と急いだところで猫と目が合う。市内散歩は油断できない(笑)  (SD15/70-300mmF4-5.6,95mm)
c0223825_2353988.jpg

(8) 江戸川河川敷に出ました。夕陽に包まれた河川敷の広大な景観はいつも魅力的。  (DP2x)
c0223825_23581450.jpg

c0223825_0161026.jpg

(9) 江戸川本流の脇を静かに人工の親水川の流れが流れています。シーンとした中をオオバンが鳴く声や羽の音だけが響いていて、ちょっとした自然散策ができます。
c0223825_23595233.jpg

(10) 江戸川の水辺で。日が沈んでいく様子を眺めていました。  (SIGMA DP2x)
c0223825_045028.jpg

(11) 河川敷を包む金色の光がキレイです。  (SD15/70-300mmF4-5.6DGOS,上200mm,下250mm)
c0223825_073094.jpg

c0223825_08281.jpg

(12) 金色に輝く川面に、シルエットになったオオバンを見ながら。 (SD15/70-300mmF4-5.6,300mm)
c0223825_0124124.jpg

(13) 沈む夕陽を眺めて、帰路につきました。  
c0223825_0133949.jpg


2012.2.5 松戸市内、坂川~江戸川河川敷にて
SIGMA DP2x,24.2mmF2.8
SIGMA SD15
SIGMA 70-300mmF4-5.6DG OS

昨日のSD1Merrill発表以降、今後のラインアップ編成に頭を悩ませています(笑)
70-300mmなどの望遠とDP1やDP2などの広角を組み合わせて撮っているのでSD1Merrillを導入した場合どうするか、、、SD15を残すことも選択肢にしています。SD1Merrill+17-50mmF2.8EXDCの組み合わせとSD15+70-300mmF4-5.6を一緒に持って行く、、、重そうだけど(汗)当面はとりあえずこんな感じかなぁ。いずれ、DP1Merrillが揃ってくれればDP1MerrillとSD1Merrill+100-300mmF4EXという組み合わせがここ数年の目標になりそうです。DP1MerrillはSDカード使用なので書き込み速度がどうなるか。
でもこの辺はDP1がDP1s,DP1xと進む中でかなり解決してきたことなので将来的な心配はしていません。
by bjiman | 2012-02-10 00:29 | 写真散歩(松戸days) | Comments(2)

そぞろ散歩、写真散歩

2月5日、夕方でしたが、SD15とDP2xを持って久しぶりに、のんびりご近所散歩をしました。

(1) 吉祥寺というお寺さんは、年間を通して境内のお花がきれいに整っていて、いつも感心させられます。 (SIGMA DP2x,24.2mmF2.8)
c0223825_1472759.jpg

   DPは最近DP1xをよく持ち出していたので2xの方は久しぶり。寒い時期を乗り切る美を。
c0223825_1491470.jpg

(2) お花の少ない時期ですが、寒椿がきれいに咲いていました。  (SIGMA SD15/SIGMA 70-300mmF4-5.6DG OS,300mm,F5.6,上1/50秒,中1/40秒,下1/30秒,ISO200)
c0223825_1522752.jpg

c0223825_1531023.jpg

c0223825_1534814.jpg

(3) ロウバイは、中が赤いものと黄色のもの、種類の違うものがありました。  (SD15/70-300mmF4-5.6)
c0223825_156547.jpg

c0223825_157401.jpg

    こちらは中が黄色い方。もうだいぶひしゃげていますが。
c0223825_1591426.jpg

c0223825_202636.jpg

(4) 吉祥寺を出て、鮮やかな赤を楽しみながら、いつもの坂川沿い~江戸川河川敷散歩に出かけます。。。 (SD15/70-300mmF4-5.6,180mm,F5,1/40秒,ISO200)
c0223825_21362.jpg


昨日、SIGMAから驚きの発表がありました。
SD1は価格を大幅に引き下げてSD1merrillとしてリニューアル、DP1とDP2もそれぞれSD1のセンサーを搭載してDP1merrill,DP2merrillに発展するということ。SD1mの方は近くに登場するようですから、今回は入手を検討してみようかと思います。レンズの整備が間に合いませんが、レンズについては、次のターゲットは望遠系の強化、なかでもよく使う70-300mmF4-5.6DGOSのグレードアップとして、100-300mmF4EXのOS版が出れば今までの使い勝手からいってこれが第一候補です。100-300mmF4のOSが出るかは分からないので、当面はボディの入手に集中したい、と考えているところです。
DP1mとDP2mはまだ開発発表のみなので発売までは間がありそうですが、注目はレンズ。19mmF2.8と30mmF2.8。先日ミラーレス用の交換レンズにと19mmと30mmの2本が出たけど、ミラーレス用の交換レンズをシグマが出しても意味があるのか、、、とちょっと首をひねっていたのですが、DP1とDP2用でもあったのか!と納得。もちろんDP1、2用にはそれぞれ最適化されてくると思いますが、DP1用の19mmがF2.8になったのはとても嬉しいニュースだと思います。沈銅式でなくなったのは私としては残念なのですが、フォーカスリングがレンズに付いたのはMFの使い勝手が良いので発売が楽しみです。予算配分が間に合わないので、のんびり長い目でSDとDP1&2のラインナップを徐々にアップデートしていきたいなと思います。

続きはまた明日。

2012.2.5 松戸市 吉祥寺にて
SIGMA DP2x,24.2mmF2.8
SIGMA SD15
SIGMA 70-300mmF4-5.6DG OS
by bjiman | 2012-02-09 01:41 | 写真散歩(松戸days) | Comments(4)

夏の夜を飾る花火・松戸花火大会2011

夏の夜を彩るイベントといえば、花火ですよね。
今日は、先週8月27日に開かれた地元・松戸市の花火大会での写真を何枚か。

(1) 夜を鮮やかに彩る花火  (SIGMA SD15/SIGMA 17-50mmF2.8EX DC OS HSM,40mm,F4,3.2秒,ISO100)
c0223825_273822.jpg

(2) 夜空に咲いたハート  (SD15/17-50mmF2.8EX DC OS HSM,40mm,F5.6,3.2秒,ISO100)
c0223825_2102157.jpg

(3) まるで天空に電飾が飾られているかのよう  (SD15/17-50mmF2.8EX DC OS HSM,40mm,F8,3.2秒,ISO100)
c0223825_2124085.jpg

(4) 宇宙で惑星が誕生した瞬間みたい。 (SD15/17-50mmF2.8EX DC OS HSM,上40mm,F5.6,3.2秒,下43mm,F20,2.5秒,ISO100)
c0223825_214176.jpg
 
c0223825_2153231.jpg

(5) きれいに役者が揃って。 (SD15/17-50mmF2.8EX DC OS HSM,上25mm,F6.3,3.2秒,中40mm,F7.1,2.5秒,下40mm,F11,2.5秒,ISO100)
c0223825_2224278.jpg

c0223825_2245272.jpg

c0223825_229719.jpg

(6) まるで星の雨が降り注ぐような、、、 (SD15/17-50mmF2.8EX DC OS HSM,上40mm,F4,2.5秒,下40mm,F4.5,2.5秒,ISO100)
c0223825_232853.jpg
c0223825_2361699.jpg

(7) 天空に描く色彩の美  (SD15/17-50mmF2.8EX DC OS HSM,上50mm,F13,2.5秒,下50mm,F11,2.5秒,ISO100)
c0223825_2393256.jpg

c0223825_2394786.jpg

(8) 職人ならではの見事なデザイン  (SD15/17-50mmF2.8EX DC OS HSM,上23mm,F6.3,2.5秒,下43mm,F6.3,2.5秒,ISO100)
c0223825_2432654.jpg

c0223825_2465755.jpg

(9) 大盛り上がりの一夜でした。  (SD15/17-50mmF2.8EX DC OS HSM,上43mm,F10,2.5秒,下43mm,F16,2.5秒,ISO100)
c0223825_2494918.jpg

c0223825_2512032.jpg
 

こちらは、SIGMA DP2xで撮った動画です。DP2xの動画なので、あくまでオマケ程度ですが、雰囲気をお楽しみ下さい。


2011.8.27 松戸市江戸川河川敷にて
SIGMA SD15
SIGMA 17-50mmF2.8EX DC OS HSM
SIGMA DP2x,24.2mmF2.8(動画)
by bjiman | 2011-08-31 01:33 | 写真散歩(松戸days) | Comments(6)

原風景

(1) 写真を撮る上で、別に立派なテーマや目的がある訳ではありません。 (SIGMA DP1s,16.6mmF4)
c0223825_1193219.jpg

(2) ただ何となく、、、やっぱり欲しい風景があって、それをイメージして近いものを見つけにいくということなのかなと思います。
c0223825_1225733.jpg

(3) それはごくごく平凡だったり、いつも同じだったりするのですけれど、、、
c0223825_1242289.jpg

(4) ダンコウバイを照らす光がきれいでした。
c0223825_1263798.jpg

(5) カメラを DP2s に持ち替えて。クローズアップレンズを併用すれば、DP1sとは違った世界が広がります。  (SIGMA DP2s,24.2mmF2.8+AML-1,MF )
c0223825_1285951.jpg

桃や杏の可憐な花が青空に映えていました。
c0223825_1293799.jpg

c0223825_1295052.jpg

(6) ひんやりとした土の感触が好きです。 (SIGMA DP1s,16.6mmF4)
c0223825_1333739.jpg

(7) 前回歩いたときは霜柱が立っていた場所。今はうっすらと緑が見えています。
c0223825_1363817.jpg

(8) 爽やかな青空とすくっと伸びる木。清々しい気持ちになります。 
c0223825_133269.jpg

(9) DP1sの28mmが大好きですが、41mmのDP2sは、力強い印象の写真を見せてくれ、写真にアクセントを与えてくれます。 (SIGMA DP2s,24.2mmF2.8)
c0223825_1431523.jpg

(10) 真っ白なコブシが輝くように咲いていました。
c0223825_1435725.jpg

(11) 子どもの頃、この辺りは里山でした。公園として保存され、あの頃の風景を今に感じさせてくれます。
c0223825_145371.jpg

c0223825_1451581.jpg

(12) 平凡でも、そんな原風景を撮り続けていきたいと思っています。
c0223825_1454361.jpg


2011.3.26 松戸市21世紀の森と広場にて
SIGMA DP1s 16.6mmF4
SIGMA DP2s 24.2mmF2.8
RAW,SIGMA PhotoProにて現像
by bjiman | 2011-04-06 01:47 | 写真散歩(松戸days) | Comments(4)

猫のまち、青空に輝く白モクレン

さて、今回の散歩シリーズも今日で終わりです。今回も昨日の続きからです。

(1) 塀の上で、ちょっとハンサムな黒猫。 (50-200mmF4-5.6DC OS HSM)
c0223825_10585150.jpg

(2) こちらは石の上で身をかがめてじっと暖まっている猫。寒い1日でしたから。
c0223825_1113590.jpg

(3) 上からみるとまん丸の、ちょっと茶がかった黒毛の猫。
c0223825_1123415.jpg

(4) これだけ猫が多いと、いろいろ悪さもするでしょう。各家庭も猫を意識したグッズや看板が目につきます。
c0223825_1144332.jpg

c0223825_1145541.jpg

(5) ということも気にせず、ゆったりと徘徊する猫。カメラを構えるこちらに気づいてしばらく注視。
c0223825_1172365.jpg

c0223825_1173864.jpg

  特に問題ないと思ったらしく、ゆったりとお手入れ。
c0223825_1183533.jpg

  路上ですよ(笑)
c0223825_1185435.jpg

(6) ここからちょっと角を曲がったお寺さんに、素敵な白モクレンが。
c0223825_11223223.jpg

  白モクレンの大きな白い花は、とても美しい感じがします。
c0223825_11252219.jpg

  青い空と純白の白モクレン。いいなぁ。
c0223825_11271627.jpg

  凛々しい感じがします。
c0223825_11292621.jpg

  春を爽やかに、力強く彩ってくれますね。(17-50mmF2.8EX DC OS HSM)
c0223825_1135253.jpg

(7) ロウバイのような淡い黄色い花も春の雰囲気。 (MACRO70mmF2.8EX DG)
c0223825_11483094.jpg

c0223825_11524747.jpg

c0223825_11534932.jpg

(8) 青空の春をたくさん味わった今回の散歩。これで終わります。
c0223825_12049100.jpg


2011.3.20 松戸市にて
SIGMA SD15
SIGMA 17-50mmF2.8EX DC OS HSM
SIGMA 50-200mmF4-5.6DC OS HSM
SIGMA MACRO70mmF2.8EX DG
by bjiman | 2011-04-03 12:10 | 写真散歩(松戸days) | Comments(6)