カテゴリ:高尾山・筑波山巡り( 12 )

高尾山(稲荷山コース)②

それにしても凄い雨でした。我が家のある松戸市でも避難準備の情報が出たりしました。
自然災害というのはとても怖いものです。一刻も早く落ち着くことを祈ります。

さて、高尾山の稲荷山コースは、登りが厳しいところもありますが、ところどころ、こうした平坦で時々下りになっていたりするところがあって、息が上がっている時なんか、とても嬉しいコースなんですよね。登りやすいコースだと思います。 (SIGMA DP1 Merrill)
c0223825_22482950.jpg
魅力的なのは、こうした木の根の芸術が楽しめる道の景観です。
c0223825_22522273.jpg
2km地点でちょっとお休み。倒木の向こうは急な崖です。落ちないように。
c0223825_22550742.jpg
先日訪れていた神津島の天上山では有毒なヘビはいないと聞いていましたし、何匹か見かけたヘビは、向こうから慌てて逃げていくという風でありましたから安心でした。しかし、ここ高尾山ではヘビは一匹も見ませんでしたが、もし見かけたらタイヘンです。それは毒ヘビかもしれません。登山したらこの絵でよく観察しておいた方が良さそうです。
c0223825_23034126.jpg
いろんなキノコ類があって、ツマがたくさん撮っていたので私もまねしてみました。
いろんな種類があるものです。
c0223825_23595515.jpg
c0223825_00001733.jpg
c0223825_00004785.jpg
c0223825_00011159.jpg
c0223825_00055573.jpg

c0223825_00025456.jpg

まるで木の根が踊り出しそうな、、、絵本の世界に迷い込んだようです。
c0223825_00115556.jpg

c0223825_00133230.jpg

こうした林道もあるようです。高尾山といえどもこうした道を通るには一定の経験がいるでしょうね。
c0223825_00253121.jpg

c0223825_00270055.jpg

ここは、6号路からの連絡路が合流するところです。右側が連絡路。以前、6号路が通行止めになったとき、ここから稲荷山コースに出たことがあります。
c0223825_00301484.jpg

道の広いところも多い稲荷山コースですが、こんな狭いところもあります。
c0223825_00340414.jpg

トケイソウみたいなお花だなと思ったら、これはヤマホトトギスというお花のようです。今日はぜんぶDP1で撮ったのでちょっとトリミングしています。
c0223825_00553137.jpg

ようやく山頂周辺。もう一息です。
c0223825_00594995.jpg

c0223825_01014107.jpg

コースマップが出ていました。

c0223825_01075561.jpg

コースの全体像が分かるかと思います。植林されたヒノキ林の様子が楽しめると書いてあるので、私がいいなぁと思っていた木の根のところはヒノキ林なのかなと思いました。
c0223825_01112977.jpg

左側の距離ポストを見ると、3.0km/3.1km。あと100mです。
c0223825_01155738.jpg

そこで現れる最後の「壁」。私はこれを「心臓破りの坂」と呼んでいます。ツマは、大した斜度じゃないなぁと思ったと言っていましたが(笑)
c0223825_01212931.jpg

何しろ先が見えないのがツライ。
c0223825_01234731.jpg

だから、頂上がこうやって見えたときは疲れが吹き飛びますね。
c0223825_01253028.jpg

頂上に出た瞬間は、やっぱりホッとしますね。
c0223825_01303292.jpg

この日、山頂は小雨。景色は真っ白でした。目的は半分体力作りだからいいのですが。
c0223825_01353660.jpg

2010年3月21日に来た時は、見事な富士山が拝めました。ご参考まで。(Pentax K20D+DA18-250mm)
c0223825_01370666.gif

この日の登頂時間は、ぴったり90分でした。標準時間どおりではありますが、前回登ったときは80分で登っているなぁとちょっと気になりました。。。でも、ま、50代のうちは、高尾山には気軽に登ってこられるような体力を維持したいと思っています。60代はまだ想像つかないけど。。。
c0223825_01413955.jpg

c0223825_01471246.jpg

帰りは、地元へ戻る時間がギリギリだったので、ケーブルカーを利用してふもとまで降りました。
ケーブルは、10分で下まで降りました。あっという間で驚きました。便利ですね。

高尾山特集を終わります。

2015.9.6 高尾山にて
SIGMA DP1 Merrill

by bjiman | 2015-09-11 05:00 | 高尾山・筑波山巡り | Comments(0)

高尾山(稲荷山コース)

実に久しぶりに高尾山にやってきました。
50歳を過ぎてから、年季を経たせいでしょうか、なるべく休日は緑の中で過ごしたいと思うようになりました。30代の頃のような無理は出来ないものの、まだまだ身体も動かしたい。それでいて何かと日常は忙しく、この日も夕方6時から地元での予定がありました。そんな忙しい日々の休日に、アクセス抜群の高尾山は最高です。
久しぶりに来たら、高尾山口駅がキレイになっていてビックリ。私たちはクルマで来て駅隣の駐車場にパークして歩き始めました。
〈高尾山口駅〉SIGMA DP1 Merrill

c0223825_01170876.jpg
ウッドクラフトのようなイメージで高尾山の玄関口によく似合っていますね。
c0223825_01202123.jpg
高尾山の特に好きなところは、湧き水の豊富さ。歩き始めるとすぐにキレイな清水が豊富な水量で流れていて付近全体にしっとりした空気感を与えているように思います。
c0223825_01245904.jpg
だから、川沿いのお花がきれい。
c0223825_01330260.jpg
c0223825_01362986.jpg
今日は、歩きやすい稲荷山コース(3.1km、90分)を歩きます。
c0223825_01391737.jpg
c0223825_01440086.jpg
一歩足を踏み入れるだけで、都内とは思えない、「山の中に来た」感が、高尾山の魅力。
c0223825_01413239.jpg

c0223825_01455098.jpg
自然の造り出した芸術のような木の根が織りなす景観。ここを歩いて行きます。
c0223825_01490519.jpg
200mおきに距離を示すポストがあるので、休憩などの目安になります。
c0223825_01543265.jpg
ちょうど1km歩いた頃、「ようこそ高尾山国有林へ」のご挨拶。
c0223825_01564508.jpg
1.2kmを過ぎた辺り。岩のごろごろした細い道を上がっていきます。
c0223825_02004555.jpg
1.4km地点にくると、こうした休憩小屋があります。水分補給に嬉しいところ。
c0223825_02045811.jpg
ここからの眺めは、天気が良ければとっても良いのですが、この日はクモリ。景観をあてにしてきた訳ではないので良いのですが白いのはちょっと残念でした。

c0223825_02144629.jpg
ちなみに、こちらは(たぶん)同じ場所で。2009年11月15日。ペンタックスK10D+da18-250mm きっと望遠側で撮っているのでしょう。
c0223825_02155144.gif
明日に続きます。
2015.9.6 高尾山にて
SIGMA DP1 Merrill

by bjiman | 2015-09-10 05:00 | 高尾山・筑波山巡り | Comments(0)

(後半)10月の高尾山・下山~下山後の楽しみ

10月10日の高尾山山頂。それでは下山しましょう。
(1) 山頂からメジャーな1号路で下山。山頂にこんな食堂があるというのも「都会の山」高尾山ならでは?  (SIGMA SD15/SIGMA 10-20mmF4-5.6EX DC HSM)
c0223825_2354450.jpg

   色濃く残る昭和の香り。こんな雰囲気が堪らない(笑)
c0223825_23563427.jpg

(2) 豪快な杉の根を見ながらすいすい下山  (SD15/10-20mmF4-5.6)
c0223825_235921.jpg

(3) 薬王院本社 (SD15/10-20mmF4-5.6)
   薬王院の名前は、開山当初、薬師如来をご本尊としたことに由来するのだそうです。真言宗智山派として成田山新勝寺、川崎大師とともに三大本山なのだとか。
c0223825_091139.jpg

(4) 本社から本堂へ降りてくるときに見える本堂の堂々した姿が好きなのです。
c0223825_0123154.jpg

(5) 八大龍王像
   龍王さまはもともと雨や水の神様だそうです。最近リニューアルされたとかでピカピカ。足元の水でお金を洗うと資本が増える縁起が良い神様ということで一緒に記念写真に収まる方でいっぱい。
c0223825_0223941.jpg

(6) 天狗様
   天狗様は民衆を助けてくださる力を持っているということで高尾山は天狗信仰の霊山でもあります。これは大天狗(鼻高天狗)と小天狗(烏天狗)像。
c0223825_0384169.jpg

(7) 六根清浄石ぐるま
   目、鼻、耳、下、、、人間の大切な感覚器が清らかになる願いを神様にお願いするため、「懺悔懺悔!六根清浄」と唱えながら石ぐるまを回し、神様にお祈りして明日からの活力をいただきます。
c0223825_0484957.jpg

   生活は毎日大変。参拝の方が列を作ってお祈りしていました。
c0223825_0493334.jpg

(8) 俊源大徳像
   薬王院開山後、永和年間に、薬王院を栄えさせたという俊源大徳の像。このお姿が修験者の姿なのだそうです。
c0223825_056148.jpg

(9) そんな薬王院にくると不信心な私でもパワースポットといわれるオーラを感じます。いつも心配性な私でも、いやそんなだからこそ、こうした神聖な場所に通い、心を清めてパワーをいただき、日々に励みたいと思うのです。
c0223825_115366.jpg

  そういえばこの十善戒は、以前にも掲載しましたね。夫婦の間でもいつもこのようでありたいと思います。
c0223825_132629.jpg

(10) たこ杉
    高尾山1号路での見どころのひとつ、樹齢450年にもなるという「たこ杉」
c0223825_173165.jpg

    450年のパワーにはあやかりたいけれども、触っちゃいけません。
c0223825_119942.jpg

(11) ここでちょっとお茶。どこまでも気持ち良く広がる山間の風景。ここが新宿からわずかな時間で来られるなんて!
c0223825_123459.jpg

c0223825_1262240.jpg

(12) この日、1号路は9月に東京を直撃した台風の影響での閉鎖から解除になったばかりで、まだまだ道々に倒木の跡が見えました。
c0223825_1313952.jpg

   登山される方は事前にホームページなどで十分情報を確認してください。
c0223825_1352594.jpg

(13) 下山後の楽しみ、、、それは高尾山から新宿に出た後のこのお店。 (以後DP2x)
c0223825_139962.jpg

c0223825_1452381.jpg

    北海道郷土料理・ユックは、札幌市・定山渓温泉一の老舗旅館・鹿の湯が経営する居酒屋です。
c0223825_1413421.jpg

    北海道の地酒が勢ぞろい。
c0223825_1431156.jpg

    まずはサッポロビール。
c0223825_1474732.jpg

    シャケのお造り、イカのゴロウ。。。まるで定山渓温泉の旅館に泊まったような気分。
c0223825_150819.jpg

    シャケのルイベ、松前漬、イカ刺し、甘エビ、、、嬉しいお刺身セット
c0223825_1524934.jpg

    お酒はもちろん、大好きな國稀。
c0223825_1555398.jpg

    大きな大きなホッケは、たぶん羅臼産。
c0223825_1575563.jpg

北海道の郷土料理店は数多くあると思いますがなんといってもここは地元、それも老舗旅館が経営するお店。ユックは千歳空港にもありますが、千歳では特別とは思わない味でも、東京で同じお店に行けるという点が嬉しいですね。新宿に行くとよくここへ寄ります。

という訳で高尾山特集を終わります。

2011.10.10 高尾山、新宿ユックにて
SIGMA DP2x
SIGMA SD15
SIGMA 10-20mmF4-5.6EXDCHSM
by bjiman | 2011-10-26 01:40 | 高尾山・筑波山巡り | Comments(2)

10月の高尾山

10月10日といえば体育の日(最近は休日法の関係でこの日がずれてしまうので連休が増えて便利だけど休日の意味が分かりにくくなりましたね。)。
(1) この日は晴天が多いというデータ通り、青空が広がりました。 (SIGMA SD15/SIGMA10-20mmF4-5.6)
c0223825_7922100.jpg

(2) ほんのり秋の香り。
c0223825_7111756.jpg

(3) 陽の光が差し込む山道を歩くのは素敵な気分
c0223825_7133443.jpg

(4) 高尾山の6号路は渓流沿いに上がるのでずっとしっとりした川のせせらぎを楽しめます。
c0223825_7153420.jpg

c0223825_7164171.jpg

(5) ところが9月の台風の被害が大きく、この先、普段は渓流の飛び石の上を跨ぎながら歩けるコースがこの日は倒木でコース閉鎖になっているので、この日はここから先へは進めず、脇をとおるコースへ迂回します。
c0223825_721479.jpg

(6) 迂回コースを歩いたのは初めて。どんどん高くなっていきます。
c0223825_7225365.jpg

(7) 6号路と併走している「稲荷山コース」に合流。このコースは、6号路とはまったく違う雰囲気。それぞれの持ち味があるので楽しみを使い分けたいですね。
c0223825_7264937.jpg

   この時点で山頂まではあと600m。もうすぐです。
c0223825_7285683.jpg

(8) 稲荷山コースのハイライトは山頂直前のこの心臓破りの坂。上がったところが山頂だと分かっていても、毎回ここで足が止まります(汗)
c0223825_731820.jpg

(9) それでも、こうして青空が迎えてくれるから嬉しい。山頂に着いた気分は最高。
c0223825_7341849.jpg

   この日は80分くらいで登頂。ちょうどいい運動量です。
c0223825_737147.jpg

   こうして写真を見ているだけでまた行きたくなってきました(笑)
c0223825_739282.jpg

c0223825_7403055.jpg


高尾山登山はいつも楽しくて人気ぶりもよく分かります。
下山と下山後のお楽しみはまた今夜。

*台風の影響によるコース閉鎖状況はホームページに詳しく載っていますので、登山される方はホームページでご確認下さい。また高尾山登山口駅前のインフォイメーションでも詳しく地図が見られます。

2011.10.10 高尾山にて
SIGMA SD15
SIGMA 10-20mmF4-5.6EX DC HSM
by bjiman | 2011-10-25 07:42 | 高尾山・筑波山巡り | Comments(0)

10月のしっとりした高尾山を歩く(タマアジサイ)

10月の高尾山はとてもしっとりした雰囲気。

(1) 高尾山琵琶瀧水行道場。
   高尾山6号路の入口は、6号路の途中にある琵琶瀧での水業道場の入口でもあり、修験道が心静かに心の鍛錬に訪れる雰囲気があります。 (SIGMA DP2x,24.2mmF2.8)
c0223825_13183769.jpg

(2) 山の裾野を流れる川沿いには可憐な花がしっとりした空気に華を添えています。 (SIGMA SD15/SIGMA70-300mmF4-5.6DGOS)
c0223825_13225352.jpg

(3) 中でも目をひくのがタマアジサイ。
c0223825_1325564.jpg

   この一見奇妙なタマの塊の中から小さな花げ芽吹くように出てきます。(条件が厳しくてピントが、、ブレてしまって恥ずかしいのですが説明上ご容赦を)
c0223825_13291858.jpg

   段々に塊の皮がごろんと剥げ、花が大きく開きます。
c0223825_13401681.jpg

c0223825_1345179.jpg

   お花が開ききると、こんな素敵な雰囲気に変わります。
c0223825_1336339.jpg

c0223825_13385227.jpg

c0223825_134315100.jpg

c0223825_13333216.jpg

(4) こうしたしっとりした山間には、ツリフネソウの紫が美しく映えます。  (SD15/70-300mmF4-5.6)
c0223825_13463675.jpg

(5) しっとりした山の雫溢れる雰囲気の山道には、美しい色々がありました。
c0223825_13492347.jpg

c0223825_1352572.jpg

   ミソソバはまだ開花前。もうちょっと。
c0223825_1351437.jpg

   暗い背景に純白の花が美しく映えるアマニュウのお花。
c0223825_13535389.jpg

   私たちが北海道で初めて出会い、その雰囲気が大好きだったオオウバユリの実がありました。来年は初夏に行ってお花を見よう♪
c0223825_13574915.jpg

(6) 森の中の道を歩いていると、白神山地のブナの森を思い出します。 (SD15/10-20mmF4-5.6)
c0223825_13593125.jpg


続きはまた今夜。

2011.10.10 高尾山にて
SIGMA DP2x
SIGMA SD15
SIGMA 10-20mmF4-5.6
SIGMA 70-300mmF4-5.6
by bjiman | 2011-10-23 14:01 | 高尾山・筑波山巡り | Comments(6)

夏の高尾山 1号路は花の路

c0223825_825088.gif

     帰路は1号路。薬王院の美しい寺社に紫陽花の紫が映えます。
c0223825_851722.gif

     歩いていると、頭上に飛行機雲。自衛隊のようでした。
c0223825_853324.gif

     境内のあちらこちらに、桔梗が咲いています。
c0223825_861354.gif

     今の時期、美しいヤマユリがとてもたくさん咲いています。
c0223825_87789.gif

     白や薄い紫に惹かれます。
c0223825_87336.gif

c0223825_874437.gif

     薬王院はとても美しい寺社建築が見られます。目の覚めるような鮮やかな朱色。
c0223825_883090.gif

     暑かったですが、とてもいい天気でした。
c0223825_8101845.gif

     「良縁結び」を見つけました。
c0223825_8111639.gif

     良いご縁でありますように。
c0223825_8141444.gif

     濃い緑に包まれた境内に、ヤマユリの鮮やかな色が彩りを添えています。
c0223825_8144579.gif

c0223825_8153620.gif

     1号路はずっとなだらかな坂を下っていきます。山の上のせいか、まだ紫陽花がたくさん見られました。
c0223825_817295.gif

     お腹が空いたら、高尾山名物のゴマ団子。
c0223825_8201198.gif

     中腹にある「たこ杉」はいつ見ても見事なものです。
c0223825_8214653.gif

     下山してきました。家々の庭に植えられたお花たちが疲れを癒してくれます。
c0223825_8233465.gif

c0223825_8234584.gif

     高尾山口から京王線に乗ると、新宿まではあっという間。副都心のビル群を鮮やかな夕焼けが彩っていました。
c0223825_8251539.gif


   2010.7.20(mon) 高尾山、新宿にて
   PENTAX K20D
   PENTAX DA18-250mmF3.5-6.3ED AL
   RAW,K20Dボディ内現像。(MIYABI,ファインシャープネスon)
 
   
by bjiman | 2010-07-24 08:27 | 高尾山・筑波山巡り | Comments(4)

7月の高尾山は、6号路でしっとりと。

久々に高尾山へ。高尾山口駅を下車して歩き始めると、駅脇の川が涼しげな音を立てていました。
c0223825_23585289.gif

        暑い今の季節は、何と言っても涼しい6号路がオススメです。
c0223825_23543431.gif

        このコース途中には、修行の場である、琵琶滝水行道場があります。
c0223825_065546.gif

        6号路を歩き始めると、そこは深い山中の森の中です。
c0223825_0153063.gif

        時折、深い緑の中に陽の光が差し込みます。
c0223825_0201620.gif

        上手く撮れていませんが、「なんて美しいんだろう」って溜息が出ました。
c0223825_0231875.gif

        外国の方ってどうして、ただ寝ているだけなのに絵になるんでしょうか。きっと私たちは、こんなところで、こうして一人でゆったりと寝たりしないからだろうと思います。
c0223825_0265878.gif

        コースの進行方向にぽっと陽の光が射して。「こっちこっち」と導かれているような。。。
c0223825_0414735.gif

6号路はコース脇にずっと沢があり、沢づたいに登っていくようなコースで、登っていくとしっとりとした瑞々しさに包まれます。
c0223825_0454511.gif

        さらに歩いて行くと、コース自体が水っぽく濡れてきます。
c0223825_0551920.gif

        コース上に、湧き水が流れ出ているところもあります。
c0223825_124257.gif

        こうした橋がよく整備されています。
c0223825_155417.gif

        下山の方とすれ違うのがやっと、というところが少なくありません。
c0223825_1101576.gif

        沢の上を歩くようになります。ここの入り口で、一瞬驚きます。「ここへ行くの?」
c0223825_1152692.gif

        沢を抜けるといよいよ頂上近く。最後に待ち受ける心臓破りの坂(階段)です。
        正直に申しあげまして、私はここでバテて、ちょっと休んでから再出発しました。
c0223825_1191715.gif

        ようやく頂上。モミジが迎えてくれました。
c0223825_1255887.gif

6号路は全長3.3km、標準登山時間は90分です。私たちは80分程度で登りました。汗はびしょびしょ。お茶のボトルは2人で、500mlと350mlを1本ずつ飲み干しました。
暑い夏はさすがに汗をかきますが、6号路は大半が日差しを浴びないで済み、沢の涼しく、心地よいせせらぎを聴くことができるオススメのコースです。

  2010.7.19(mon) 高尾山にて
  PENTAX K20D
  PENTAX DA18-250F3.5-6.3ED AL
  RAW,K20Dカメラボディ内現像。
  (MIYABI,ファインシャープネスON)
by bjiman | 2010-07-23 01:37 | 高尾山・筑波山巡り | Comments(4)

高尾山 薬王院の楽しみ

  晴天の高尾山山頂
c0223825_2102257.gif

     下山しながらの楽しみは、山中に広がる薬王院の素晴らしい建造物を見ること。
     いちばん上にある「奥の院」
c0223825_212160.gif

     東照宮を思わせる唐風の造りの本社(飯縄権現堂)
c0223825_2143371.gif

     物語りになっているようです。
c0223825_215657.gif

     とても凝った彫りがなされています。東京都指定有形文化財で重要美術品です。
c0223825_2153337.gif

     重厚な木造建築の本堂
c0223825_2161887.gif

c0223825_2163368.gif

     くぐれば幸せになれるかな。仁王門
c0223825_2165816.gif

     宇宙の始まりと終わり
c0223825_2191781.gif
c0223825_2193356.gif

     オーラがあったので触れてきました。
c0223825_2214370.gif

     雰囲気の良い書院
c0223825_2224652.gif

     たこ足のような、「たこ杉」
c0223825_2264946.gif

     安らぎに満ちた生活を送るための道しるべ、、、できてないことばっかり。
c0223825_2295272.gif
 
     高尾山はふもとまで降りてきても、こうした落ち着いた建物が多く、落ち着ける場所。ここが新宿から50分ちょっとのところなんて、とても思えないほど。人気があるのも頷けます。
c0223825_2335749.gif


    2010.3.21(sun)
    PENTAX K20D
    PENTAX DA18-250mmF3.5-6.3
    RAW,Adbephotoshopで現像
            
by bjiman | 2010-03-27 02:35 | 高尾山・筑波山巡り | Comments(4)

春の高尾山

久し振りの高尾山登山。今日は山頂からきれいに富士山が見えていました。
c0223825_0424875.gif

        鍛錬のため、毎月来ようと思っている高尾山ですが、久し振りになってしまいました。今日の高尾山口駅は、春の景色。
c0223825_0315099.gif

        桜が咲き、メジロも大忙し。
c0223825_033282.gif

c0223825_0343220.gif

c0223825_0344239.gif

        他にも今日はたくさん鳥たちに会いました。
c0223825_0351947.gif

        さて登りましょう。今日は稲荷山コース(全長3.1km)です。
c0223825_0363014.gif

        暫く歩くと、コンコンコンと音が。見上げるとコゲラが穴を開けています。まさか、上の大穴は君じゃないよね?
c0223825_0392590.gif

        さらに登っていきます。
c0223825_0394832.gif

        するときれいな鳴き声。こんどはヤマガラです。(よくみえなくてすみません)
c0223825_042394.gif

        今日の稲荷山コースは登山客も少なく、静かに森林浴が楽しめました。
c0223825_054962.gif

        上に上がって行くにつれ、天気が良くなってきました。青い空に、やった!
c0223825_0544916.gif

        稲荷山コースのハイライトは、残り200m弱でのこの階段。あと少しと分かっていても足が前に出ない。。。
c0223825_0562375.gif

        しかし、その先にはこんなご褒美が待っているのでした。富士山は、やっぱりいいですね!        
c0223825_0444856.gif


今日は、DA18-250mm1本しか使いませんでした。いちおう、マクロ100mmとシグマ135-400も持って行きましたが、登山中は、レンズ交換はちょっと手間。こんな時、高倍率ズームは便利です。

     2010.3.21(sun) 高尾山にて。
     PENTAX K20D
     PENTAX DA18-250mmF3.5-6.3
     RAW,AdbePhotoshopにて現像
       
by bjiman | 2010-03-22 00:44 | 高尾山・筑波山巡り | Comments(4)

次の日曜、山へ行こう。

             いつも一緒に。
c0223825_063641.gif

c0223825_081491.gif

c0223825_0104792.gif


(筑波山山頂展望台、女体山山頂付近にて。PENTAX K10D,DA☆16-50mmF2.8)
by bjiman | 2009-11-24 00:14 | 高尾山・筑波山巡り | Comments(6)