空気のように溶け込んでいくアナハイムサウンドと渡辺貞夫さん~MorningIsland~

中学高校時代、放送機器にのめり込んでいきました。オーディオ機器の中でもとりわけ録音機器やスピーカーなどに凝って、アンプは自作、スピーカーも自作という風になっていきました。そんな時代、スピーカーで最も好きなメーカーはアルテックでした。
アメリカのトーキー文化を彩ったWE(ウエスタン・エレクトリック)の流れを汲んだALTEC(オールテクニカルの略だったと思いますが)が出来て、そこのエンジニアに新進気鋭のジェームス・B・ランシングさんが加入してくる、ランシングさんは、自分のランシングコーコレ-ションの経営を旨くすることが出来ずにアルテックに迎えられる形で吸収されていくので、ALTECを代表するスピーカー・ユニット38cmウーファーの515のラベルには「ランシングコーポレーション」と書かれたままだったんです。そのアルテックで、あまりにも有名な604シリーズモニターを展開したランシングさんが、家庭用のシステムを作りたいと行って独立したのが有名なJBL社の設立経緯。そんな歴史を本で一生懸命読んでいました。
(そしてその時代にランシングさんが開発したユニットが今、我が家で鳴っている30cmフルレンジユニット2130の元であるD131なんです。)私にとっては、この過渡期、移行期が最も好きで、ランシングさんが設計したアルテックのユニットは好きなものばかりでした。そんなアルテックの特徴は2Wayでシステムを作ることで、JBLのように3Wayや4Wayはやりませんでしたし、私もそこに惹かれていました。ワイドレンジのタンジェリン・ドライバーを用いて高域を拡大した802-8Gを使った2Wayシステムだったモデル19というシステムが大好きで、秋葉原の専門店に通っては聴かせてもらっていました。アメリカといっても実際に行ったこともないカリフォルニア・アナハイムの空気感を想像して体感しようと持っていました。
ある時、モデル19から流れてきた曲、渡辺貞夫さんの「MorningIsland」の軽やかな透明感あるフルートが空気に溶けていくように、まるで目の間の空気のようにそこにあったサウンドを忘れることはできません。あれが、私にとっての最高のオーディオ・サウンドでした。


# by bjiman | 2017-12-15 00:20 | 青春の詩 | Comments(0)

五番街へ行ったならば~五番街のマリーへ/ペドロ&カプリシャス

この曲もラジカセで録音して何度も何度も聞いていた思い出の曲です。
マリーという娘と遠い昔に暮らし
悲しい思いをさせた
という言葉からシーンがふっと浮かぶ、70年代を代表する名曲だと思います。
前作の「ジョニィへの伝言」もそうですが、戦争に負けて、日本が否応なしにアメリカナイズされてきた歴史を、ある意味象徴しているような気がします。
南こうせつさんの「マキシ-のために」も似た雰囲気がありますが、今、お互いのあだ名をマリーとかジョニィとか呼んだりしないですよね。でも、70年代は70年代として、クルマも音楽もオーディオも、いろんなカルチャーが必死にアメリカの進んだ文化を勉強していた熱い時代だったと思います。今では懐かしい感じがします。




# by bjiman | 2017-12-14 00:32 | 青春の詩 | Comments(0)

その涼しい目で包んで ~原田真二/キャンディ~

中学生時代、ラジカセはソニーのCF1990を使っていました。
カセットテープはいろんな種類が出始めた頃で、ソニーやTDK、マクセルがポピュラーでしたが、たまに使うScotchのカセットテープがお洒落で好きでした。
そのスコッチの確かMasterで録音したのがFM東京が中継した原田真二のライブだったと思います。キャンディ、タイムトラベラー、てぃーんずぶるーすなどをやったと思いますが、特に印象に残ったのがキャンディでした。吉田拓郎さんがフォーライフの社長になって新人オーディションをやった時に発掘され、一度で気に入った拓郎が松本隆を連れて缶詰の合宿をしながら作った曲の中の一つ。いつ聴いてもいい曲です。

# by bjiman | 2017-12-12 02:19 | 青春の詩 | Comments(0)

ねぇミルク またふられたわ ~コッキーポップで中島みゆき~

中学生の頃、すっかりラジカセに興味が移り、エアチェックとかを始めた頃。テレビでヤマハ提供のコッキーポップという番組が始まり、テレビのイヤフォンジャックからラジカセに入力して、テレビのボリュームを調節しながら録音をしたりしました。
その頃、この番組で好きになった曲が、中島みゆきさんの「ミルク32」でした。
ねぇミルク またふられたわ、、、で始まる語りのような雰囲気の曲を聴いたのは初めてで、今でもその時の印象を強く覚えています。

# by bjiman | 2017-12-12 02:04 | 青春の詩 | Comments(0)

鎮守の森はふかみどり ~夏なんです・はっぴぃえんど~

中学生になって少し生意気になる頃。
最初に惹かれたのが大瀧詠一さん、そして「はっぴぃえんど」です。
はっぴぃえんどは、解散コンサートのアルバムから聴き始めるという風に順序が逆でしたが、好きな曲はもういっぱいあるのですが、心にググッと来たという意味では、細野晴臣さんの「夏なんです」でしょうか。
「鎮守のもりは ふかみどり」という言葉がとても心に焼き付きました。
木訥とした細野さんのヴォーカルと、少し大人びた耳に聞こえるエレキギターの音が、当時の心に沁みました。
懐かしい曲です。


# by bjiman | 2017-12-09 23:53 | 青春の詩 | Comments(0)

人生はまわる白いらせん階段~庄野真代・ルフラン~

BCLからラジカセに、音楽に興味が移っていった1976年、ラジカセでカセットに音楽を撮りため始めた頃。その頃好きになったのが庄野真代さんでした。
庄野真代さんを知ったのは、ヒットした「飛んでイスタンブール」からだけど、レコードを聴くようになって特に好きだったのがこの「ルフラン」と「アデュー」でした。

今日が終わって、時が静かに変わる

過ぎたことなど海に投げ捨てて、、、

という歌詞の感じるところが、当時10代前半だった私には分かりようもないと思うのですが、なぜか惹かれたのはこの曲でした。

「ルフラン」

「アデュー」


# by bjiman | 2017-12-09 23:30 | 青春の詩 | Comments(0)