NEC LavieTAB導入~VAIO PhoneA とともに~

NTT-Docomo のタブレット、NEC MEDIAS TAB(NEC N08D)を導入したのが2013年4月、それから4年半経って、ようやくタブレットの機種を新しくNEC LavieTab(10.1inch)とVAIO PhoneAへと更新しました。
c0223825_00305115.jpg
バッテリーが消耗し切ったNECのN08Dタブレットをここまで使ってきたのは、7インチタブレットがとても携帯しやすく、老眼の目にも優しかったので使い勝手がとても良かったからです。一方で、買い換えようにも、この間のIT系電子機器に対する新興国の参入による日本製機器の打撃により、選びたい選択肢がなかったという現実がありました。妻用にAQUOSのタブレットを導入した後、ドコモでは小型タブレットは国産メーカーがなくなってしまいました。こういうことも、国内製造業の一種の危機だと私は思います。
かつて白洲次郎氏は、自動車の国内産業保護のための外国車の参入規制を批判し、「自由化に自信を持て」との原稿の中で、「重要産業が他国に蹂躙される事態になるのを我が国民が黙ってみていると思うか。私は日本人はそんな腰抜けだとは思わない」と喝破しました。1969年のことです。それから50年近い時間が経ち、今後に関して、私はこれからの日本に期待しているし、そうでなければならないとも思うのです。
白洲氏は、良くなるとかならんとかじゃない、良くするしか途はないことを認識すべきだ、とも言っています。これなど、これまでの、今の、そしてこれからの日本製造業にこれほど相応しい指摘はないだろうと思っています。

私は、下にメディアスを買った当時の記事を再掲しておきますが、モバイルは、ウィンドウズ以前、モバイルギア時代からのNECユーザーなので、魅力的な商品さえ市場に出れば現実的な範囲ではつきあっていきたいと考えています。また、私の世代には多くあるであろうSONYファン、VAIOユーザーでもあったので、今回のVAIO PhoneAや、LAVIE Tabは、一時期の壊滅的な状況から、ようやく少しは市場に受け入れられそうな(今やニッチではあるけど)商品が出てきたことに共感して一気に更新に至りました。
c0223825_00461060.jpg
あれほどかつては隆盛を誇ったVAIO PCでさえも、今や別会社として切り離され、辛酸を嘗めてきましたが、最近ではようやく業績好調が伝えられるなど明かりが差してきています。このVAIO PhoneAも、MADE IN CHINA ではあっても、一生懸命アルミのケースを起こし、VAIOのレーザー刻印を打ってかつてのVAIOの香りを漂わせる製品になってきたと思うのです。しかも市場価格は2万円程度と、十分競争力もあるように思います。価格が安い分、品質もそれなりとの評価も見ますが、これだけ安ければそのように評価するのも酷というものでしょう。でも、市場でシェアを占めるには、価格も大事ですが商品性、付加価値、ブランドネームなどが必要です。やっぱり消費者をワクワクさせる何かがなければならないと思います。
c0223825_00515655.jpg
私がメディアスタブで、タブレットを初めて買った当時は、まだドコモなどのキャリアを通じて入手するケースが主流だったと思いますが、今やフリーWIFIや格安SIMなど、選択肢は数多くあり、国内メーカーも否応なしに、こうしたフリーな市場でシェアを取っていかなければ未来はありません。
幸い、大学に行っているツマによれば、最近の若い学生は、SONYのWALKMANを使っている例を良く見るそうです。かつてのカセットWALKMANなど知らない世代がハイレゾWALKMANをカッコいいと思って使ってくれているなら、これほど嬉しいことはありません。
私は、今回、昔から愛用してきたNECとVAIOで、今の時代の製品を手にすることができました。
こんな時代が未来に亘って続いていくことを願ってやみません。

2017.10.12 LAVIE TabとVAIO PhoneAを購入した記念に。
写真:RICOH GRD2(これも古い)ほか。

*******************************************************************
(2013年3月に書いた記事)

MEDIAS TAB UL N-08D ~モバイルギアからの継承~

(1) MEDIAS TAB UL N-08D を導入しました。 (SIGMA DP2x)
  特にスマホは要らないと思っていたので、ケータイはいわゆるガラケーのNEC N-05Cを使っていてネットもこれで見ていましたが、ツマのガラケーF904i が旧くなり、ガラケーを更新しようとしてドコモに行ったら、タブのキャンペーンをやっているので、タブを買えばガラケーは新しいものを付けてくれるというので、タブを選んでガラケーを付けてもらったという訳です。タブはサイズが手頃で軽量なNEC N08Dにしました。
c0223825_1416335.jpg

(2) 私はモバイル系の機種はDOS時代から、NECのモバイルギア(モバギ)を愛用していました。現代のような高速通信の時代ではなくて、電話線でつなぐPC通信の時代でしたが、これはこれで全国どこにいても公衆電話経由でメールが送れて便利でした。初代モバギのMC-MKシリーズは、タイピングがしやすいキーボードと、550gの当時としては軽い重量でもって歩いても嵩張らず気にならず、バッテリーも乾電池駆動で電池切れしても大丈夫と、モバイルマシンとしてはとても使いやすいものでした。写真は、愛用だった、NEC MC-MK32です。写真は同じく当時愛用のキャノン・コンデジ黎明期の機種、パワーショットA5(80万画素)によるものです。 (Canon Power Shot A5)
c0223825_1425548.jpg

(3) MC-MK32を長く愛用していましたが、最後の頃はネックだった液晶部分(テープで留められていた)とACアダプタ部分の接点不良が続き、今度壊れたならもう直せませんと言われ、やむなく導入したのがカラー液晶で、WindowsCE搭載のMC-R550。 (DP2x)
c0223825_14292610.jpg

この機種は、モバギならではの打ちやすいキーボードを継承してはいたものの、重量は770gと重くて、携帯するにはあまり快適な機種ではありませんでした。当時、通信はPHSケータイで快適になっていて、ネットサーフィンもサクサクでしたが、この機種の愛用期間はあまり長くなかったです。
c0223825_1431843.jpg

c0223825_14375650.jpg

SONY VAIO C1のケースとACアダプタケースにモバギとPHS端末を入れていた2002年頃のモバイル環境。
(Power-Shot A5)
c0223825_14315458.jpg

(4) 札幌にいた頃、メモ代わりにと中古で買ったのが、モバイルギアのドコモ版だったシグマリオンⅡ。
c0223825_14345091.jpg

当時流行っていたアルミアタッシェケースのゼロ・ハリバートンデザインがイカしていたモデルです。この機種は、MC-Rシリーズより一回り小型で、重量も軽かったので使うかなと思っていたのですが、この機種を買った頃は札幌にいて、移動中にPCを見るという事もなく、自転車やバスでの移動を楽しんでいたのであまり活用することがなかったので、ツマに無駄使いだと苦言を呈された反省の思い出があるモデルです。(汗)
c0223825_1437414.jpg

(5) 歴代モバイル端末を並べてみました。時代もずいぶん変わりましたが、偶然みんなNEC製端末でした。 (SIGMA DP1x)
c0223825_1427848.jpg

(6) こんどのメディアスタブをバッファローの専用ケースに入れて、かつてのシグマリオンを並べてみると、実はサイズがかなり近かったりします。この辺のサイズ感覚は、やっぱり同じメーカーだからでしょうか、ドコモの好みでしょうか。 (DP2x)
c0223825_14445781.jpg

c0223825_14451149.jpg

c0223825_14452193.jpg

(7) 違うのはディスプレイの美しさ、性能の高さ。圧倒的な軽さ。この軽さは、例えば裏ブタを東レ製のカーボンファイバーにするなどの地道な工夫でグラム単位での軽量化で達成されているそうです。
これでクロッシィの通信環境も内蔵で、地下鉄でも環境が整っていれば平気でネットが見られる。10年以上の時の流れを感じます。
c0223825_1447078.jpg


2000年頃から比べると、現在ではこうした通信機器での国産メーカーの苦境が伝えられます。しかしかつてのモバギ時代だってオリジナルはHPのジョルナダと言われたりして、国際的な地位が高かった訳ではありません。本物はあっちだよとジョルナダを使うユーザーも多かったものです。ジョルナダはサイズが小さかったので携帯には便利でしたがキーボードは手の大きい私には快適なものではなかったので、私はモバギが好きでしたし、そういうユーザーも多かったのです。
今はグローバルな時代だから、国際的に通用する価値観、国際環境で通用する製品が求められているのだと思いますが、そればかりにとらわれず、日本人の価値観で考えた使いやすさというものがあるのではないかと私は思います。日本製品の苦境等の情報や声を目にしたり耳にすることも多いのですが、私は、日本ならではの工夫をした使いやすい製品を期待していますし、またそんな製品は地道な工夫とかつての継続から生まれるのではないかと思っています。ミラーレスのカメラだって、ライカ的なレンジファインダーカメラの使い心地を知っている感覚がないとなかなか考えつかないのではないでしょうか。
温故知新の精神で、がんばって欲しいものだと思います。
がんばれニッポン!

2013.3.24 自宅にて
SIGMA DP1x
SIGMA DP2x
Canon Power-shot A5
(すべてMade in JAPAN)
# by bjiman | 2017-10-13 01:06 | その他のカメラ・レンズ機材関係 | Comments(2)

船橋県民の森にて

船橋県民の森は、そんなには広くないけど、県立らしいある程度粗放な管理が魅力的。
管理されてはいるんだけど、あるがままを少し感じさせる。きっと昔はこうだったんじゃないか、的な。
子供の頃、良く歩いた近所の森は、確かにこんな感じでした。
c0223825_02305173.jpg
どこにでもあったでしょうけど、私が育った町の景観も、確かにこういうものでした。それが今、一部ではあるけどそのまま残っているところがこのエリアの魅力。
c0223825_02341812.jpg
c0223825_02364268.jpg
駐車場の脇に咲いていた彼岸花。今載せるのはちょっと時期的に遅かったかな。
c0223825_02390715.jpg
2016.9.24 船橋県民の森にて
SIGMA DP1 Merrill

# by bjiman | 2017-10-11 02:39 | 松戸周辺の庭園、寺社仏閣等 | Comments(0)

人形町「俺のフレンチ」を楽しむ

RICOH GRD2がここ1年くらい、マクロモードが不調だったのが最近偶然復旧し、ちゃんと動くようになったので、現役に復帰しています。
そのGRD2を持って、人形町「俺のフレンチ」に行ってきました。

「俺のシャンパン」。なみなみと注いでくれます。
c0223825_01114366.jpg
コンテチーズ。これは止まらない美味しさでした。
c0223825_01125553.jpg
今日の「俺のシャンパン」は、「A.ロベール ブリュット」。 普段はスパークリングばっかりでシャンパンを頼むことはないけど、シャンパーニュ地方産の、ちゃんとしたシャンパンを飲むことが出来るのはやっぱり嬉しいですね。グラス1200円。
c0223825_01140495.jpg
3種の前菜。牛春巻き、海老、キッシュ。 キッシュは卵の味もふんわりと美味しい。フランスらしい前菜。
c0223825_01164687.jpg
今日は、2杯目の、この「俺の白」が旨かった。コクのある熟成された香りがあって、とてもいい感じでした。
c0223825_01184862.jpg
この「鴨のサラダ」はぜひオススメしたいメニュー。鴨のローストも脂が甘くて美味しいけど、その下にあるサラダ、バルサミコソースと下に入っているレンズ豆がとても美味しい!
c0223825_01205334.jpg
メインのひとつ、「一尾丸ごとカナダ産オマール海老のロースト オマール海老のフラン添え」もオススメしたいメニューです。オマール海老の甘い肉と、ソーズのバター風味がすごくよく合っていました。オマール海老のフラン添えは、海老の香りが濃厚。焼きたてのパンをじっくり染みこませて食べました。パンも美味しい!
c0223825_01253249.jpg
普通はこれで終わりですが、オマール海老がとても美味しくて、、、食欲が増進。
お肉は、「オーストラリア産子羊のココット仕立て インカの目覚めのロースト レモンの香り」
最初、運ばれてきたこれを見た時は、量が多いかなと思いましたが、鍋の底にあるレモンの香りが溢れるスープにお肉を浸しながら食べると非常に美味しくて、インカの目覚めのジャガイモの美味しさとともにわしわし食べて、あっという間に平らげてしまいました。
c0223825_01321968.jpg
俺のフレンチ 人形町店。今日は「食の感動」があったなぁー。
c0223825_01340988.jpg
普段の食事はインスタで発表しています。
クルマ関係のことはTwitterでつぶやいています。



# by bjiman | 2017-10-08 01:38 | おいしい幸せ | Comments(0)

レクサス・HS250h 12ヶ月点検を受けました

私のレクサス・HS250h の12ヶ月点検を受けにディーラーに行ってきました。
レクサス・LX (SIGMA DP1 Merrill)
c0223825_01255319.jpg
レクサスのメンテナンスプログラムは6ヶ月点検も込みなので、半年毎にディーラーに行く感じです。このくらいが丁度いいですね。6ヶ月というのは短いようで長く、半年前のレクサスは、LC登場で褒められまくっていた頃でしたが、最近はちょっと勢いがなくて心配しています。ディーラーの展示車もマイナーチェンジしたCTが中心でしたが、本当にこれでいいんでしょうか、と思ってしまいました。

(マイナーチェンジしたCT)ベースのプリウスがモデルチェンジした今、旧プリウスのシステムのままのCTは魅力不足だと思います。開発リソースの問題かもしれませんが頑張って欲しいですね。
c0223825_01222011.jpg
この日のお菓子。和菓子の芋羊羹はかなり美味しかったです。
c0223825_01243661.jpg
この日、魅力的だなと思ったのは認定中古車のGS 200t
c0223825_01285449.jpg
現行型のGS300 iパッケージは定価616.6万円なので認定中古車のGS200t(Iパッケージ)が620万円なのはちょっと微妙だけど、クリアランスソナーとかブラインドスポットモニター、ムーンルーフなどのオプション込みで、新品同様、2017年1月登録、つまりまだ8ヶ月くらいしか経ってない新車同様のものがこの価格で乗り出せるというのは捉えようによってはお得感があり、実際私が見ている側から商談していたので、もう売れてるかなとも思いました。
シトロエンの頃もそうでしたが、ディーラーに行っているとこういうお得なクルマがあって、こういうのに乗るというのも通好みですね。私の知人も最近GSを買ったのですが、やはり格好いいです。
c0223825_01362508.jpg
レクサスは一台一台オーダーなのでこうしたパネルは注文の際に複数あるパネルからセレクトするのですが、この縞木(しまもく)は、かなりいいです。さすがは天童木工このコラボレーションだなという出来です。こういう日本の伝統工芸とのコラボを、レクサスにはどんどんやって欲しいです。
c0223825_01392587.jpg
レクサスの内装の仕上げはかなり国際水準にあると思います。こういうのはライバルの質感もどんどん上がってくるから競争ではあるけれど、かなりいい感じにはなっていると思います。
c0223825_01410134.jpg
レクサスは国際競争で戦っていくクルマです。勢いが大事。RXやNXのようなSUVが売れているのが救いだけど、セダンでも頑張って欲しいです。
最近ゴルフ場に行くようになって、メルセデスやアウディなどのドイツ製高級セダンに混じってレクサスオーナーも多いことが分かります。そういう熱いユーザーの声に応えるには何よりも一にも二にもライバルに負けない魅力を持った製品づくりが大事です。頑張れレクサス!
c0223825_01453496.jpg
日常の出来事はインスタで発信しています。
クルマ関係のことはTwitterでつぶやいています。



# by bjiman | 2017-09-18 01:45 | CAR | Comments(2)

近況は、Twitter、Instagramで投稿中です!

ご無沙汰しております。近況は、
Twitterでは、主にクルマ関係の思うことを、
Instagramでは、主に食事や日常のあれこれを投稿しています。
良かったら覗きに来てやってください。
Twitter→BjimanTwitter
Instagram→BjimanInstagram
c0223825_01183404.jpg
2017.8.21 BJIMAN

# by bjiman | 2017-08-21 01:19 | ご挨拶・お礼 | Comments(0)

JBL2130ユニットを交換。~夏休みの工作~

3連休でしたね。私は時間のある時にやろうと思っていたスピーカーのちょっとした改造に取り組みました。
Sansui monitor2130 SIGMA DP1 Merrill

c0223825_00494390.jpg
私が6月に購入したSansuiのmonitor2130は70年代に発売されたものですから、もう40年以上は経っている訳です。そんなスピーカーのサウンドに完璧を求めるのは元々無理筋というもので私はそういう期待は最初からしていませんでした。専門的な事を言えば、monitor2130に搭載されている30cmユニットのJBL Professional2130は、強力なアルニコマグネット仕様ですが、アルニコマグネットには減磁しやすいという特性もあるし、年代が経過したネットワークのコンデンサーには容量ヌケという問題もあります。でもオーディオというのは趣味なので、ずっと憧れだった初期型D130の流れを汲む2130ユニットと、手作りの組格子がついたキャビネットは大きさといい、色といい私の理想と言ってもいいもので、毎日一度はキャビネットを触って癒やされています。その前提を置いてですが、気になっていた要改良点の一つは、特定の周波数域で発生する「歪み」でした。歪みがあるために、音が混濁してクリアに聞こえないという問題点を感じ取っていました。あくまでオーディオレベルの音量で、オーディオレベルの聴き方をした場合に、ですが。最初に疑ったのは、30cmユニットのヴォイスコイルが磁気回路とのギャップに当たっているのではないか?という疑問です。
下の写真にあるように、最初に買った状態の時についていた30cm2130には、センターキャップ下部のところに、接着剤がこぼれたのを拭いた後が見えます。これは製品出荷時にあったものとは考えにくく、発売後、コーン紙を取り替えた際などの処理が雑だったのではないか、と思った訳です。2130は民生用D131のプロバージョンで、耐入力が60wから100wまで引き上げられています。もちろんPA用途を考慮したからでしょう。そのためにヴォイスコイルのギャップは特に精密に設定されていると読んだことがあります。ヴォイスコイルが磁気回路に当たって歪みが出ているとしたら、最悪、コーン紙をもう一度張り替える必要が生じ、部品代を考えるとペアで10万円以上の出費は覚悟しないといけません。自分でやればパーツ代だけですが、そんな蛮勇はありません。
そこで、手軽な価格の2130の中古が出ていたら、一度入れ替えてみたいなと思っていました。D131ファミリーは、D131アルニコ仕様、D131H(フェライト仕様)、プロ用の#2130にもアルニコの#2130とフェライトの#2130H、楽器用途に特化したE12Oとか、豊富なファミリーがあり、70年代以降のものであればフレームは共通ですから簡単に入れ替えが可能です。最初は手軽なE120Hなどの気軽なものがあったら、とも思ったのですが、やはりSansuiのエンジニアが70年代に、なぜ民生用のD131ではなくてわざわざプロフェッショナル用途の高価な#2130をチョイスしたのかを考えると、当時の最上を選択したのだろうと想像し、その趣旨を踏まえて同じ#2130を選んだ方がいいように思えました。それで#2130の中古をオークションで何気なく見ていたら、ちょうどおあつらえ向きの保管未使用品が手軽な価格で出ているのを見かけたので何気なく入札したところ運良く落札できたので、早速入れ替えを実施してみました。

私が今回購入した、JBL Professional2130の1本。 Serial#4542 1970年代に売られていたものとしては信じられないほどフレームもキレイです。
c0223825_01161936.jpg
c0223825_01184119.jpg
素人にはおよそ分からない部分ですが、コーン紙裏に書いてある英数字の記号を見ていると、こういうのはオリジナルのコーン紙かなと思ったりします。C2の文字が見えるでしょうか。
c0223825_01293944.jpg
コーン紙表面もキレイ。センターキャップも新品のようです。もちろん接着剤の液ダレはありません。
c0223825_01384585.jpg
もう一本のSerial#4549。こちらも、フレームはとってもキレイです。
c0223825_01415336.jpg
こちらには小さな問題があって、コーン紙に1cmほどの破れがあります。でも、正直なところ完璧を求めるつもりはありませんし、こうした欠点があったからこそリーズナブルに落札できたと思います。それに、素人考えですがこの程度の裂けが音質に問題を及ぼすとはおよそ考えられません。それにこの傷には、裏面からスピーカーメンテナンスで使われるボンドで補修がされてありました。何しろコーン紙は「紙」ですからこれで十分だと思います。
c0223825_01502762.jpg
c0223825_01543009.jpg
交換作業といってもそんなに難しいものではありません。monitor2130の#2130ユニットはネジ4本で留まっているだけですからそのネジ4本を外して配線を付け替えてもう一度、装着すればいいだけ。1本15分もあれば作業できます。ユニットを外すとこんな感じ。奥にネットワークが見えます。

c0223825_02021372.jpg
コンサート会場などで使われる#2130ですから、交換は迅速にできるようにターミナルもプッシュ式ですぐ交換できるようになっています。ハンダは要りませんし、もともとも半田付けはされていませんでした。
c0223825_02045680.jpg
あっという間に作業完了。そわそわと音だししてみました。
c0223825_02082138.jpg
結果は、、、残念ながら非常に似た、いや同じユニットを交換しただけなので当たり前ですが、同じ音が出ました。気になる歪みの部分は同じでした。
ただし全体的には、中低音にバランスのあるふくよかな音質で、満足度は変わりません。美しいユニットが付いた、とりあえず今回はそれで満足しようと思いました。
c0223825_02121294.jpg
右側に付けたこのユニットの傷も、こうやってシステムに着いてしまえば全く気にはなりません。
c0223825_02141261.jpg

外した方の#2130ユニットの片方は磁気回路のプレートの部分がかなり腐食が見られます。フレームにも錆かなと思われる浮きがちらほら見られます。Serialも3000番代なので、今回私が買ったユニットより以前のものなのかもしれません。コーン紙はリコーンされているのかなと思っていましたが、こちらもコーン紙裏の「K」のロゴを見ているとオリジナルかな?と思ったりしました。まぁ素人には分からない部分だと思います。いずれにしても今回買ったユニットの方が全体の状態はいいと思います。
c0223825_02214456.jpg
そんな訳で夏休みの工作は終わりました。後はネットワークのコンデンサー容量ヌケによるツイッター077からの聴感上の歪みなのか、あるいは他の原因なのかを慎重に探りつつ、時間を掛けて手を入れていこうと思いました。monitor2130のネットワークは、7KHz、12dB/octの回路なので、LCコイル、コンデンサーの組み合わせ回路だと思いますが、仮にこちらに手を入れないでも7kHz、6dB/octのローカットでいいのであればコンデンサー1本Tweeterに噛ませればいいだけなので、何かの機会に試して見ようかなとは思ったりします。#2130の交換したユニットはしばらく交換パーツとして保管しておく予定です。

# by bjiman | 2017-08-14 02:30 | PCオーディオへの道 | Comments(0)