2013年 03月 22日 ( 1 )

ファイターズタウン・鎌ヶ谷(新鎌ヶ谷駅) ~新京成電鉄沿線の旅・第4回~

新京成電鉄沿線の旅シリーズも第4回。今回は、変貌する鎌ヶ谷市の新しい顔・新鎌ヶ谷に行きます。

(1) 出発はいつものとおり松戸駅。今日は、ユーモラスな顔つきで「習志野の狸」と評された8000系がお出迎え。この8517は、オリジナル状態からワイパーがやや左側に移設されて、大型のタイプに変更されているので、ちょっと顔つきに印象の変化があります。 (SIGMA DP2x,24.2mmF2.8)
c0223825_23584513.jpg

8517は、京成電鉄千葉線乗り入れ改造がされているもの。京成電鉄へ乗り入れできる車両には、新京成電鉄沿線の自治体である松戸市、鎌ヶ谷市、船橋市、習志野市の4つをイメージして茶帯が白帯で4つに区切られています。(SIGMA DP2x,24.2mmF2.8)
c0223825_032721.jpg

(2) 今日乗っていくのは、この車両、8805-1。最近の改造で8000系も8800系も共通の排障器がつくようになりました。 (SIGMA DP2x,24.2mmF2.8)
c0223825_073983.jpg

(3) 今日は新鎌ヶ谷駅で降ります。新鎌ヶ谷駅は、新京成電鉄ではもっとも新しい駅で、平成4年開業。ここを交差する東武線とはこの駅が開業するまで乗り換えることが出来なかったのですが、京成チームの北総電鉄が京成電鉄と直通になったことに伴い、新京成とは乗り換えという京成チーム内の分担が出来て、新鎌ヶ谷駅を作って乗り換え駅に設定し、そこに東武線が相乗りする形で駅を作ったこと、京成電鉄のエース電車である特急スカイライナーを京成本線からこちらの北総線経由に変更し、「成田スカイアクセス線」として整備したことで、一気にこの新鎌ヶ谷駅が4線が交差するターミナル駅に変貌。梨畑とぶどう畑しかなかったこの場所が、あっという間にニュータウンになってしまいました。地元近くの私でも、久しぶりに通りかかって相当驚いたというのが正直な感想です。 (SIGMA DP2x)
c0223825_0365363.jpg

(4) 駅前には、アクロスモールという新都市にはよく見られるようなチェーン店の集まった商業施設が出来ました。
c0223825_0391941.jpg

(5) 観光案内図が整備されており、鎌ヶ谷大仏や、小金牧に関する遺跡などの案内があります。
c0223825_0421396.jpg

(6) 鎌ヶ谷大仏や小金牧に関する記事は前回までに記載したとおりです。小金牧以後、開拓入植によって鎌ヶ谷は、牧場から農地へと姿を変え、梨・ぶどうを中心にした農村になりました。これが今までの鎌ヶ谷の歴史だとすれば、鎌ヶ谷の新しい顔が、この新鎌ヶ谷周辺のニュータウン、それから、鎌ヶ谷市中沢に整備された、北海道日本ハムファイターズのファーム本拠地「ファイターズタウン」としての顔です。(SONY Cyber-shot RX100,以後同じです。)
c0223825_0475516.jpg
 
(7) それがこのファーム専用のスタジアム、「ファイターズタウン鎌ヶ谷(通称「鎌スタ☆」)です。
c0223825_054347.jpg

(8) 普段はファームの公式戦や教育リーグなど明日のスターを育ている場所ですが、この日、3月16日は、春のお祭りで、1軍のオープン戦を主催。鎌スタでは滅多に見られない一軍戦ということで大盛り上がり。
c0223825_10629.jpg

(9) 球春を楽しもうと、大勢のお客さんが鎌ヶ谷に結集しました。
c0223825_155919.jpg

c0223825_165664.jpg

(10) 特にこの春、3月10日に完成お披露目されたばかりという米メジャー球場仕様という大型LEDの「鎌スタ☆ビジョン」が鎌ヶ谷の熱気を盛り上げていました。
c0223825_1114463.jpg


久しぶりに楽しんだプロ野球の様子や新鎌ヶ谷・アクロスモールでの夜の様子は次回に続きます。

2013.3.16 新鎌ヶ谷及び鎌スタ☆にて
SIGMA DP2x,24.2mmF2.8
SONY Cyber-shot RX100
by bjiman | 2013-03-22 01:14 | 新京成電鉄沿線散歩(new!) | Comments(2)