Sansui Monitor2130② ~山本音響工芸のインシュレーターを試す~

Sansui monitor2130 が我が家に来てからまだ4日目ですが、とっても音が良く、空気感溢れる中に溶けこんでいくような、ちょっと熟成されたお酒のような味わいを楽しませてくれています。
しかし、フロア型のスピーカーなので、底面にジュータンマットを引いて直置きしていたのですが、低音がボコボコとフローリングの床を振動させるのが気になったので、早速対策してみました。こういうのはトライ&エラーなんだと思うので、あまり一度に費用をかけることはしたくありません。
そこで選んだのが、山本音響工芸というメーカーの出している木製のインシュレーター。
c0223825_00271596.jpg
この製品は、本体がアサダ桜材、まん中の尖ったピン型ベースが黒檀で出来ています。とても固い材なので、ピンの突き出た部分でスパイクとして重量を受け止めて振動を軽減させる効果も期待できるし、サウンドも低音のフロアとの干渉が防げる、結果的に音がスッキリするということらしいので、とりあえず導入してみました。
c0223825_00320944.jpg
このモデルには(大)と(小)があり、大きさが若干異なるのでどちらにするか迷ってメーカーに問い合わせてみたところ、フロア型なら大の方がいいですねぇ、、、ということでしたが、セカンドオピニオンも大事と秋葉原のヨ○○○カメラで聞いてみたところ、この手の製品は高いからいいとも言えず、また、原因がはっきり除去できるという保証もないので最初に買う物としてはあまり大きく、高価なものはオススメできないと良心的なご助言もいただき、(小)の方にしてみました。4個で5千円くらいで、ポイントも溜まっていたので、1万円以下で8個揃いました。
c0223825_00345998.jpg
早速セッティングしてみました。この製品は、まん中のピン型ベースによって、アサダ桜材のベースよりも約3mm程度浮いた状態で安定するように出来ています。これがインシュレーターとなって制振するというのですが、効果はどうでしょうか。。。音を出して台を触ってみると、台にまで振動が伝わっていると感じられる場合とそうではない場合があり、特定の周波数には効いているのかなと思いました。正直、劇的な効果は感じられませんでしたが、まぁきっと制振してくれているのでしょう。
c0223825_00482744.jpg
店員さんによれば、これで駄目ならゴム型のシールをインシュレーターに貼るといいと思いますがゴムは良い音の振動も消してしまうこともあるのでよく考えてみてください、とのことでした。
しばらくこれで様子を見てみようと思っています。

2017.6.21 bjiman

☆☆2017.6.22追記☆☆
改めてきちんと音だしをしてみて驚きました。低音のブーミングがすっかり取れて、、、いや取れすぎかと思うほど音が変わりました。よく言えば非常にクリアに、悪く言えば軽い感じになりました。制振効果はかなり高いという感じです。

☆Twitterでも色々書いていますので遊びに来てください。☆


by bjiman | 2017-06-22 00:50 | PCオーディオへの道 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< レクサスHS250hの魅力とは (補足追記)Sansui mo... >>