4月2日雪の軽井沢③旧三笠ホテルは見応え十分!

4月2日、雪の軽井沢での旧三笠ホテル見学。このフロント・ロビーの景観に魅せられました。
SIGMA DP1 Merrill

c0223825_14103694.jpg
c0223825_14091720.jpg
c0223825_15033566.jpg
西洋の様式・習慣を、こうやって学んだのでしょう。
c0223825_15070227.jpg
13号室がないキーボックス。
c0223825_15115762.jpg

今では伝統ある軽井沢彫の家具ですが、このホテルが建設された頃は、まだ初期の取り組みだったとか。そんな初期軽井沢彫のテーブルと椅子が使われたそうです。
c0223825_14140239.jpg
カーテンボックスの頂部に、三笠ホテルのMの文字。
c0223825_14541404.jpg
c0223825_14564523.jpg
窓枠は、二重のスライド式になっていますが、これが分銅の力で任意の位置に止まるように出来ているんだそうです。
c0223825_15151109.jpg
窓越しに見える雪景色がきれいでした。
c0223825_15011729.jpg
客室はいろいろなタイプがありますが、いずれもシンプルな意匠で好感が持てます。
c0223825_15171902.jpg
各部屋に暖炉があります。実際、雪景色のこの日でも、(すでに暖房は機能していませんから)寒くて寒くて、、、。
c0223825_15240761.jpg
忙しく、ゆとりのない日常を送っていると、こんな非日常の落ち着いた空間に逃げ込みたくなります。
c0223825_15324006.jpg
c0223825_15285653.jpg
シンプルでかわいらしいランプシェード。今でも十分モダンですね。
c0223825_15310881.jpg
c0223825_15380611.jpg
c0223825_15450751.jpg

ピンクに塗られた室内ドア。全体がソフトなベージュ、薄いピンクがモチーフにされてコーディネートがかわいらしいですね。
c0223825_15343856.jpg
客室の外に集中して設けられているお手洗い。ドアは、同じピンク系の色でコーディネートされて、かわいらしい。タイルや洗面台はイギリスから輸入したんですね。
c0223825_15401272.jpg
廊下の雰囲気も、一言で言ってシンプル。ランプシェードはコケティッシュ。
c0223825_15424274.jpg
廊下の端々の日当たりの良いところに、こうしてサンルームがあります。お部屋から出てきて、ご友人同士、こうした日当たりの良いコーナーで、穏やかな語らいの時間が過ぎていったことを感じさせます。いいなぁ。。。

c0223825_15523041.jpg
c0223825_15543856.jpg
ガラスの不均一さで、窓際の風景がゆがんで見えるってこういうこと。レトロな味がありますね。
c0223825_15572700.jpg
どのサンルームも、デザインの基本テーマにシンメトリーが伺えます。我が国のデザインでは、特に庭園のデザインなどシンメトリーというのではない美意識がありますが、西洋式は、あくまでもこうしたシンメトリーさが基本ですね。
c0223825_16015394.jpg
イタリアのレッチェで見かけたアパートでの景観。全てがシンメトリカルに配置された、同じ雰囲気のモチーフですよね。
c0223825_16063152.jpg
三笠ホテルの、1階から2階に上がっていく正面の景観。優雅なデザイン。
c0223825_16101947.jpg
お風呂は、今のような給湯施設がありませんので、、、
c0223825_16141649.jpg
、、、なので、ここから、ボーイがお湯を満たしに来るという仕組み。
c0223825_16163146.jpg
旧三笠ホテルの家具類には、一彫堂さんのものが多く納められているとのことです。今でも、一彫堂さんのほか、大阪屋家具店、シバザキさんの家具が展示されています。これはシバザキさんのです。シバザキさんのところの製品は今でもトチノキを使ったものが多く、塗料も一彫堂さんや大阪屋家具店さんとは雰囲気の違う塗料(一彫堂さんで伺ったら、今はウレタン塗装が多いようです。)を使っているそうです。
c0223825_16253800.jpg
c0223825_16284345.jpg
この見事なつづらとテーブルは、一彫堂さんのでした。
c0223825_16271212.jpg
c0223825_16302324.jpg
あやめがフューチャーされた丸い座卓。これも一彫堂さんの。
c0223825_16334910.jpg
これは大阪屋家具店製。みんな昭和初期~中期のものなのに、とても良好な保存状態です。
c0223825_16365098.jpg
まだまだ見ていたかったけど、次があるので、名残惜しく、ホテルを後にしました。旧三笠ホテル、見応え十分です。
c0223825_16403440.jpg
お土産には、この手ぬぐいを買いました。手ぬぐいは、日帰り温泉に行くときに常用しているので、いくらあってもいいのです。
c0223825_16480247.jpg
三笠ホテルのマークがフューチャリングされています。
c0223825_16491444.jpg
三笠ホテル特集を終わります。

2017.4.2@旧三笠ホテルにて
bjiman
SIGMA DP1 Merrill
bjimantwitter


by bjiman | 2017-05-03 16:50 | 軽井沢が好き! | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 4月2日雪の軽井沢④近衛文麿公別荘他 4月2日雪の軽井沢②旧三笠ホテ... >>