4月2日雪の軽井沢②旧三笠ホテルは見応え十分!

軽井沢の旧三笠ホテル、私は初めて見学しましたが、見応え十分でした。
雪景色の旧三笠ホテル:SIGMA DP1 Merrill
c0223825_01363464.jpg
入り口をくぐると、この偉容に圧倒されます。これは良さそうだなぁ!と。
c0223825_01410711.jpg
この日は、青空に雪景色が映える素晴らしいお天気でもありましたし。
c0223825_01424582.jpg
正面玄関の赤い屋根もかわいいですね。
c0223825_01442418.jpg
雪で寒い時期だったのに見学者がたくさんいらっしゃっていましたよ。GWはさぞかし混んでいるかな?
c0223825_01462168.jpg
旧三笠ホテルは、明治38年(1905年!)に建築・開業された西洋式ホテルで、創業したのは、明治製菓や日本郵船などで重役を務めたという山本直良(1870~1945)氏。音楽家の山本直純さんの祖父にあたられる方なんだそうですが、その方が、万平ホテルの佐藤万平氏の助言を受けながら作り上げたんだそうです。万平氏もライバルに塩を送るというというより、共に格式の高いホテルを揃えることで、軽井沢のブランド価値を創造しようとしたのかもしれませんね。
c0223825_01532352.jpg
ご興味がある方は、こちらを読んでいただければと思いますが、この貴重な建物は、昭和55年に国の重要文化財に指定されています。
設計も施工も日本人が行っており、洋風の、西洋であれば金属を使うような曲げ加工も木材を加工して西洋式のデザインを取り入れている点などが特徴だそうです。
c0223825_01564459.jpg
窓枠の優雅な丸いデザイン、天井を支える腕木などに見られるきれいに曲げられた加工。職人さんの高い技術を感じさせます。
c0223825_01595956.jpg
湾曲したブラケットが優雅さを演出していますね。
c0223825_02061166.jpg
正面玄関をくぐりましょう。歴史を感じさせる「ルテホ笠三」の看板が大事に掲げられています。きっと創業当時のものなのでしょう。
c0223825_02151773.jpg
c0223825_02161104.jpg
すると最初に目に付いたのが天井に渡された多くの木材。自然の風合いをそのまま活かしています。お洒落だなと思いました。
c0223825_02185476.jpg
カーテンレールも木材で優雅に作られています。これはいい!
c0223825_02211791.jpg
重要文化財の指定書が飾られていました。当時の文部大臣・谷垣専一氏は、今の谷垣禎一氏のお父様ですね。
c0223825_02245953.jpg
ホテルの100年に亘る歴史が書かれています。ホテルは、近衛秀麿、渋沢栄一、大隈重信氏など、誰もが知る政財界を代表する方々の愛されたそうです。
c0223825_02281995.jpg
ホテルの宿帳が展示されていましたが、ふっと見ると、「M.S.Noghi」って、、、乃木希典だ!奥様とご一緒に宿泊されたんですね。そういう施設だと分かっていても、いざお名前を見ると驚いてしまいます。
c0223825_02345746.jpg
これがホテルのロビー。なんて優雅なんでしょうか。。。三笠ホテルは、軽井沢の鹿鳴館と言われたそうですが、まさに政財界の代表者達が集う社交場の雰囲気があります。
c0223825_02383955.jpg
さて、続きは次回。

2017.4.2 @軽井沢 旧三笠ホテルにて。
SIGMA DP1 Merrill

(twitter用には、DP1撮って出しのJPEGを使いました。ブログ用はX3FのRAWからTIFFを作ってアドビでWeb用のJPEGを作っています。)


by bjiman | 2017-05-02 02:40 | 軽井沢が好き! | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 4月2日雪の軽井沢③旧三笠ホテ... 4月2日雪の軽井沢① >>