4月1日雪の軽井沢③

4月1日~2日の軽井沢。宿泊は、万平ホテルでした。このときの旅は、万平ホテルの割安な特別宿泊プランのご案内があっての企画でした。

雪景色の万平ホテル SIGMA DP1 Merrill
c0223825_13345258.jpg
泊まったのは、現在の万平ホテルの中でも最も歴史のある昭和11年築のアルプス館。2階の左側の部屋です。
c0223825_14133882.jpg
落ち着いた、非常に雰囲気の良い部屋です。
c0223825_14202853.jpg
ベッドとソファの洋室ですが、反対側には床の間風の設えと掛け軸があって、和風の趣。書は、明治時代、軍医制度の基礎を築いた陸軍軍医総監だった石黒况翁(きょうおう)氏のもので、軽井沢の清々しさを表現したものでした。
c0223825_14465177.jpg
こういうビロード生地のソファが懐かしいです。
c0223825_14495965.jpg
夏の避暑の時は、石黒况翁のいう清々しさが感じられる景観だと思いますが、4月1日のこの日、窓越しの景色は雪景色。これはこれで静寂さがあっていいものです。
c0223825_15052471.jpg
c0223825_15070407.jpg
部屋の調度品は、軽井沢伝統の軽井沢彫のもので統一されています。見事なものです。
c0223825_15105241.jpg
この椅子もかわいいです。
c0223825_15171537.jpg
ルームキーも、もちろん軽井沢彫
c0223825_15185256.jpg
c0223825_03271391.jpg
テレビ台も軽井沢彫。これ、欲しいなぁ。
c0223825_03353824.jpg
姿見と箪笥。
c0223825_03255674.jpg

軽井沢彫の図柄は、外国人のために作られたという歴史から、日本を感じさせる桜が最もポピュラーだと思いますが、他に葡萄柄なども多いようです。万平ホテルの軽井沢彫は、一彫堂さんのもので統一されているようです。
c0223825_15291327.jpg
ひまわり柄はめずらしい。
c0223825_15303823.jpg
バスタブは、いかにもレトロな洋館ホテルらしく、猫足の西洋式。
c0223825_15364700.jpg
美しい廊下を抜けて、食事のためにロビーに降りていきます。
c0223825_15410457.jpg
2階から1階に降りていく景観さえ、美しく、絵になる。
c0223825_15491739.jpg
万平ホテルでの華とも言えるのが、この素敵なメインダイニングでの食事だと思います。
c0223825_16095104.jpg
c0223825_16112362.jpg
c0223825_16133239.jpg
この夜は、お得な宿泊プランを選んでいたので、メニューはレギュラーとは別の少し簡易なものでした。折角の機会だったので、普通のにしておいた方が良かったかなとちょっと思いました。これはこれで美味しかったのですが。
c0223825_16174114.jpg
ワインでゆっくり過ごしました。
c0223825_16194028.jpg
すずらんのかわいらしい取り皿
c0223825_16230245.jpg
信州サーモンと、葉野菜のサラダ
c0223825_16254837.jpg
もちろんパンはホテルメード。
c0223825_16274654.jpg
野菜のクリームスープ
c0223825_16295146.jpg
白身魚のポワレと薄切りビーフのポワレは盛り込みで。白身魚までで予算が尽きた感じでした(笑)が。ここはエキストラを払っても信州牛に行きたかったところでした。
c0223825_16344394.jpg
デザート。これは美味しかったですね。
c0223825_16380981.jpg
連泊する人や、何度も来るというリピーターの方も安心。中華もあります。
c0223825_03312098.jpg

素敵な軽井沢での夜が更けていき、私もゆっくり寝られました。

2017.4.1 @軽井沢にて
SIGMA DP1 Merrill

by bjiman | 2017-04-29 15:41 | 軽井沢が好き! | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 4月2日雪の軽井沢① 4月1日雪の軽井沢② >>