森と梢のみち~房総ふれあいの道を歩く

養老渓谷旅日記も2日目。この日、1月7日の予報は曇りのち雨で、降水確率は80%。天気予想図の時間別推移を見ていたら午後には雨になりそうでした。
となると、フィールドで歩ける時間は3時間もないくらい。そんな条件で、前日に予定を立てたのは、「房総ふれあいの道」の「森と梢のみち」というコース。全長10kmほどで歩くと3時間ちょっとのコース。今回は、クルマの駐車場の関係で起点を養老渓谷駅にした(駅前に1日500円のパーキングが整備されているため)関係もあり、コースの半分ほどを行き、コースの半分を行ったところで引き返して同じコースを歩くという風にしました。

c0223825_01332722.jpg
コースはマップ右下の「森と梢のみち」
c0223825_03185533.jpg
養老渓谷駅を出発すると、最初の案内標識。目的の折津熊野神社までは3.8km、往復7.6kmの道のり。大福山コースは昨年歩いたところ。くわしくはこちら
c0223825_02514685.jpg
スタートしてすぐ、養老渓谷駅の踏切を渡ります。このコースのいいところは、目的の折津熊野神社から2km弱で隣の駅(上総大久保駅)に出ることなんです。今にも雨が降り出しそうな天気でしたから、天気模様によってはターンして帰らずに、そのまま上総大久保駅で汽車を利用する考えでした。
c0223825_02563535.jpg
子供の頃から電車好きだった私は、こういう線路の景観を見ると、つい写真を撮りたくなります。
c0223825_02592290.jpg
養老渓谷駅を眺めてみました。駅には汽車や駐車場利用者が無料で利用できる足湯もあります。(後で入ります。)
c0223825_03021272.jpg
しばらく歩くと景観が変わってきます。この民宿、なんだかすごい外観だなぁ。
c0223825_03050240.jpg
橋が好きな方ならちょっと惹かれるんじゃないか、と思うような特徴的な景観の青い橋。
c0223825_03062297.jpg
この橋から見える景観は、もう、ここ「ほんと千葉県?」と聞きたくなるような山村の中。東京から車でわずか1時間半ほどでこの景観は、かなり貴重なロケーションだと思います。
c0223825_03094427.jpg
典型的な人工林の景観。この辺は植林したんでしょうね。
c0223825_03115313.jpg
下は養老川です。
c0223825_03140184.jpg
まだ民家がある辺りでは、畑でユニークなかかしを見ました。
c0223825_03182617.jpg
こういった細い道を歩いて行きます。ここは軽自動車がやっと、という幅です。
c0223825_03202563.jpg
T字路など、迷いそうなポイントには、タイミング良く標識が丁寧に出ているので歩きやすいです。
c0223825_03222627.jpg
1.2km歩いたところで、林道へ入る分岐。いよいよ山道を登っていきます。そんなすごいもんじゃ、ありませんが。
c0223825_03251701.jpg
c0223825_03264600.jpg
しばらく登るとさっと視界が開けてさきほど渡った青い橋が見えています。
c0223825_03293158.jpg
実際に視界で見えるのはこんな感じですが。(上は望遠)
c0223825_03310597.jpg
山道ではありますが、舗装されているし、分かれ目は標識があるしで、迷うことはないと思います。舗装はされていますが傾斜は結構あるので、普段運動不足の私には実にちょうどいい運動強度です。
c0223825_03334779.jpg
駅を出てから50分。山の中から集落が見えてきました。ゴール近しを感じさせます。
c0223825_03363927.jpg
山を軽快に降りてくると、なにやら動物の気配。。。辺りを見回すと、イノシシ用なのか、箱罠がしかけてありました。獣道があるんですね。
c0223825_03410522.jpg
山道を降りきって集落に出ると、すぐに、今日の目的地、折津熊野神社に出ました。ここまで3.8km。
c0223825_03434421.jpg
由緒はよく分かりませんでしたが、いかにも歴史がありそうな威厳がありました。
c0223825_03460332.jpg
お天気はまだ持ちそうだったので、お参りをしてから、来た道を帰ることにしましたが、さきほどの箱縄の辺りで、ふと足下を見ると、いかにも一目で分かる獣の糞があり、耳をすますと、山の方からガサガサ、、、という音。何かいる!と思いそそくさと先へ進みました。自然の中ですから当然ですが、こうした道を歩くときは必ずペアで、一人歩きは避けたいものです。
続きは次回。

by bjiman | 2017-01-13 05:00 | 養老渓谷、久留里旅日記 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 養老渓谷駅近くのラーメン屋さん... 養老渓谷でしし鍋~大好きな黒湯... >>