(後編)レクサス・HS250h はじめての車検を受けました

今回の車検は土曜日に預けて日曜日の夕方に受け取るという変則的なものでしたので、珍しく代車を利用しました。
代車は、人気車のレクサス・NX300h "F SPORT"でした。

LEXUS NX300h ”F SPORT" SIGMA DP1 Merrill
c0223825_23284727.jpg

このNX、まだ新車でしたし、乗り心地も良かった。HSのようなセダンと違って運転席が高くてボディの四隅も見やすく、1,845mmという大柄な車幅の割には運転がしやすいです。さすが今時の人気車だけあって、こういうクルマが人気あるんだなって分かる感じがしましたね。非常に好印象。エンジンも力強く、発進にはパワーが有り余っているような感じでしたので、思わず普段運転しなれているエコモードにしたら落ち着きました。エコモードのままで十分。
ただインパネのスイッチ類は小さめだし、ナビのモニターも表示が多くてHSの方がこの点では見やすい。老眼が進んだらやっぱりクラウンかな?と思わされました。
c0223825_12551405.jpg
F SPORTだけど乗り心地が固いという感じではなく、ドライブフィールも洗練されていました。スポーツシートは横幅の大きな(汗)私にはちょっとタイトだなと思いましたが、同乗していたツマは赤いシートの色や黒レザーに赤色のステッチが気に入っていました。内装もとてもおしゃれに出来ていますね。ただ、シルバーの加飾はプラスチックベースだし、高級感の演出という点ではまだまだジャグアーやBMWなどの欧州車に学ぶべき点も多いなと思いました。レクサスはもともと高級車を一人でも多くの方に、というコンセプトで考えられたものだと思っていますが、これは階級社会ではない日本人の発想でもあると思います。本革にせよ装備類にせよコストはいくらでも掛けられると思いますがそれで一般的なターゲット層が購入できない価格になってしまってもいけないし、レクサスは、価格とある種の見せ方をしっかり勉強すべきだし、またしているとも思います。
c0223825_13035076.jpg
私にはNXでは大きすぎますが、パリのモーターショーで発表されたUXには注目しています。私はやっぱりセダンが好きだから、HSの次もセダンがいいなぁと思いますが(まだ気が早い?)、クラウンでは大きすぎるなぁという時に、こういうUXみたいなSUVというのもいいかなと思います。どのくらいのサイズなのか分かりませんが、BMWにはX1があるし、あのようなミニSUVも期待したいですね。

(こんどはコレにしようかな(笑))
c0223825_23502961.jpg
閑話休題、今回の車検に際しては、向こう2年間の点検代をパックにしたレクサスメインテナンスプログラムを選択しました。今までの3年間は点検代が無料(というか車両代にパッケージですね)でしたが、同じように、今回の車検代+来年の12ヶ月点検代+半年点検2回の4回分のメンテナンスをパックにしたもので、私のHSの場合はこの料金が約16.7万円でした。これに法定費用と、通信プログラム(G-link)の2年間契約料(3.2万円)が基本的な総費用ということになります。格安車検から見れば高価ですが、通信は高度で便利だしやめられないものです。またフランス車のシトロエンに長年乗ってきた立場から見れば妥当なところかとも思います。あれはハイオクですしね。
NXを返却してHSを受け取りに。この時にいただいた抹茶カステラはおいしかった。

c0223825_13262081.jpg
車検の際、プレゼントももらいました。まぁこういうのも費用のうちですけれども、まぁもらって気分の悪いものではないですね。
c0223825_13210191.jpg
中身は、レクサスオリジナルサブレ(レクサスの文字入り)、キーホルダー(本革)、タオル(今治) SIGMA DP2 Merrill
c0223825_13302722.jpg
c0223825_13314442.jpg
本革キーホルダーは、スピンドルシェイプのデザイン。これはちょっと気に入りました。
c0223825_13331944.jpg
3年間の燃費データ等についてはまたデータを揃えて特集したいと思います。
では。

by bjiman | 2016-09-17 13:34 | CAR | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< HS250hと過ごして3年、燃... レクサス・HS250h はじめ... >>