SIGMA sd Quattro を水元公園で試す

さて、新投入したsd Quattro。まずは慣れてみなければ。慣れるには何度でも、どこへでも持って行き、徹底的に使いこんでみるしかありません。
そこで、日曜日、わずかな時間でしたが水元公園に出かけてみました。いろいろなシチュエーションでの写真が撮れると思ったからです。
現像してみて思ったのは、思った以上にポテンシャルが高そうで、SD15がSD1になった時も思ったのですが、色に量感があります。量感があるだけではなく、色の底が深い感じがします。それだけ現像による表現の幅が広いような感じがしました。

(1) 7月10日、この日、水元公園はかなり暑い日でした。ヤブカンゾウのオレンジが強い光に照らされて鮮やかな色彩を放っていました。
(ヤブカンゾウ:SIGMA sd Quattro/SIGMA 18-35mmF1.8DC,35mm,F2.5,1/3200秒,ISO100)
c0223825_01332447.jpg
開放値がF2.8より明るくなると、写真独特の被写界深度の浅い写真になって、可能性の広がりと同時に難しさが先に立ってきます。写真を本格的に始めた頃、私は50mmF1.7の単焦点レンズだけを使って、しかもほとんどの写真を開放で撮っていました。その頃はボケボケの写真を撮っても、写真の世界の不思議さにハマっていたように思います。この日は光量が強くて開放は試せませんでした。でもF2.5でも十分被写界深度の浅い写真で、単焦点レンズ的な味わいがあります。(SIGMA sd Quattro/SIGMA 18-35mmF1.8DC,35mm,F2.5,1/4,000秒,ISO100)※写真をクリックすると大きくなりますので良かったらご覧下さい。甘いピントなりに雰囲気に味があると思っています。
c0223825_01402751.jpg
18-35mmF1.8は絞りが9枚羽根なので円形のボケが綺麗です。(SIGMA sd Quattro/SIGMA 18-35mmF1.8DC,35mm,F2.5,1/4,000秒,ISO100)
※クリックしていただくと写真が大きくなります。
c0223825_01480533.jpg
とても量感のあるオレンジ色。明るさを上げていくか、逆に落とすか。この写真はちょっとマイナス気味に。
c0223825_01530466.jpg
ちなみにこの下の写真。広角端の18mm側F6.3で撮ったもの。AFですがすごくシャープにピントが来ています。
c0223825_23445218.jpg
上の写真の真ん中だけを切り出した画像です。sd QuattroのAFは、静物であればまず問題のないものと言っていいかと思います。
c0223825_23472043.jpg
AFに関してはもう1点、テストをしてみました。以下の写真の真ん中、赤とんぼがいます。
c0223825_23514816.jpg
まん中部分を切り出したのが以下です。
c0223825_23552771.jpg
この時期の水元公園といえばハスとオニバス。大きなハスのお花を題材に、世界初というF1.8通しズームの表現を見てみました。

ハス SIGMA sd Quattro/SIGMA 18-35mmF1.8DC,35mm,F1.8,1/1000秒,ISO100
c0223825_00012840.jpg
続いて同じようなシチュエーションで高倍率ズームの18-300mmF3.5-6.3にチェンジ。望遠端の300mm側を見てみました。450mm相当の焦点距離、手持ちで1/200秒ですが、強力なOSが効いて実用上、ブレによる悪影響は感じられません。描写もまず問題のない、これが高倍率ズーム?というものは持っていると思います。さすがTIPAベストエントリーレンズ受賞だけあります。
SIGMA sd Quattro/SIGMA 18-300mmDC OS MACRO,300mm,F6.3,1/200秒,ISO200
c0223825_00070672.jpg
同じく18-300mmで。ヒメコウボネの黄色い可憐なお花を。絞り優先モードでは、ISO125などの中間値を使えるようになっています。
SIGMA sd Quattro/SIGMA 18-300mmDC OS MACRO,300mm,F6.3,1/320秒,ISO125
c0223825_00123420.jpg
上の写真、お花のまん中に小さな小さなバッタがいます。上の写真のまん中を切り出してみたのが下です。

c0223825_00175857.jpg
次はトリミングなし、119mmで撮ったものです。この18-300mmレンズ。全く問題のない、素晴らしくシャープなレンズだと思います。
c0223825_00213842.jpg
上の写真のまん中を切り出してみたもの。1/200秒の手持ちでこれだけ撮れていればこれ以上を求めることは出来ません。
c0223825_00242158.jpg
田んぼの水路の中にいるアメリカザリガニも、ちょっと離れたところから撮れば大丈夫。これは119m(35mm換算178mm)。もちろんノートリミング。
c0223825_00290304.jpg
さて明日はシーンを変えて、バードサンクチュアリに行きます。ここでは一眼レフのSD15も使ってみましたが、使い慣れたSD15が健闘しました。続きは明日。
c0223825_00344666.jpg
2016.7.10 @葛飾区水元公園にて
SIGMA sd Quattro
SIGMA 18-35mmF1.8DC
SIGMA 18-300mmF3.5-6.3DC OS MACRO

by bjiman | 2016-07-12 00:37 | 使用機材シグマのカメラ・レンズ | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< SIGMA sd Quattr... SIGMA sd Quattr... >>