結城紬のショール ~和服の時のマフラー代わりに~

結城紬のブランド、奥順さんの展示ショールーム的な機能を持った茨城県結城市のつむぎの館で、結城紬のショールの赤札市をやっているというのでちょっと結城まで行ってきました。

〈結城紬のショール(藍の着物は本真綿結城のもの。〉 SIGMA DP1 Merrill

c0223825_17415875.jpg
「つむぎの館」の中庭で、色とりどりのショール達が春風に揺られていました。
c0223825_17455126.jpg
c0223825_05254883.jpg
c0223825_17481635.jpg
私は右端のグリーンの縞のものとちょっと悩みましたが買ったものにしました。
c0223825_17502582.jpg
c0223825_05295837.jpg
値段は定価の1/3というところ。ツマと私とひとつづつ。来シーズン用にちょうど良かったです。
c0223825_17545540.jpg

こちらがツマ用

c0223825_17563558.jpg
着物用のマフラーって私はあまり毛玉が出来なさそうなものがいいんです。紬のショールは正絹製で、タッチがふわっと軽い手触りでごわごわしない感じが着物に邪魔にならない感じがして私は好きです。
以前は、寒さが厳しい時期はコートを着たくなりましたが、この頃、冬といっても電車の暖房はかなり効いているし、あまり分厚いコートというのも着なくなりました。着物の時も、敢えてコートを着なくても普段は袷の羽織の上からちょっとこんなショールを首に巻いておけば気分も身軽な感じがしてイイと思っています。
c0223825_05250048.jpg
この日、結城市では「結いのおと(音)」というイベントで盛り上がっていて、ここつむぎの館もイベント会場として貸し切りになっていました。
c0223825_05364502.jpg
c0223825_05311056.jpg
最近はセールの時期だけに「セールに行った」と「これ買った」ばっかりになっているような気がしますが、来週からはもうちょっと気合い入れて書こうかと思います。

2016.3.21 bjiman
SIGMA DP1 Merrill

by bjiman | 2016-03-21 18:03 | 和装・着物生活・伝統的工芸品 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 「俺のフレンチ」に行ってみました。 羽織紐(はおりひも)いろいろ >>