東京プリンスホテルのブッフェ~改装前に~

芝にある東京プリンスホテルは、1964年(昭和39年)に開催された東京オリンピックに合わせて開業した歴史あるホテルです。
その東京プリンスホテルが開業以来51年を経て老朽化した内装や配管などの設備等をリフレッシュするため、4月から1年間休業になることに合わせてレストラン感謝フェアをやっているということで、プリンスホテルのブッフェ、ポルトに出掛けてきました。

〈東京プリンスホテルの素敵なロビー〉 SIGMA DP1 Merrill
c0223825_16434195.jpg
〈ブッフェレストラン「ポルト」は3階にあります〉
c0223825_16553703.jpg
〈今回の感謝フェアは、ホテル内の洋食・和食・中華などの各料理長が競演したメニューを出すという企画〉
c0223825_16595351.jpg
c0223825_17091338.jpg
店内はホテルらしくシックな雰囲気。
c0223825_17104724.jpg
案内された席から外を見ると、ライトアップされた東京タワーが気分を盛り上げてくれます。
c0223825_17162031.jpg
メニューは多彩。カニはズワイ蟹の足だけですが、たくさんあります。
c0223825_17195163.jpg
ではまずオードブルから行きましょうか。
c0223825_17215153.jpg
ちょこっとづつ。スモークサーモンレモン添え(右側)は、今回企画のレストラン復刻メニューのひとつ。
c0223825_17282982.jpg
次はサラダ類も。
c0223825_17322816.jpg
c0223825_22372458.jpg
c0223825_17335997.jpg
ツマは、私の2皿分を一回で(笑) SONY RX100

c0223825_17370314.jpg
続いては、今回の感謝フェアの目玉、4料理長の饗宴メニューに。 SIGMA DP1 Merrill
c0223825_17413619.jpg
c0223825_17425498.jpg
まずは洋食、フレンチでポピュラーなメニュー、「牛肉の赤ワイン煮パイ包み」から。
このパイ包み、結婚式などのメニューでもよく出てきますよね。周りのパイを内側に落とし込みながら食べるのが案外気を遣います。パイの内側はビーフシチューのような感じというところでしょうか。柔らかな牛肉と赤ワイン煮の美味しいソース。
c0223825_17485432.jpg
続いて中華は、エビチリ。エビチリは、陳建民さんが日本流にアレンジした和風中華ですね。右側が和食の金目鯛の煮付け。
c0223825_18132938.jpg
こちらはツマ。右奥に、金目鯛の煮付けがあります。写真では地味ですが、これは美味しかったです。以前、漁港近くの民宿で素材は抜群なんだろうけど、、、という金目鯛の煮付けに遭遇したことがありましたが、さすがにこちらはホテルの和食だなという味でした。 SONY RX100
c0223825_18194470.jpg
続いて、お寿司。お寿司はホテル内の寿司店、五徳の方が来ていました。ネタは5種類ありました。こういうホテルのブッフェのお寿司って余り美味しくないのも多いですが、さすがにここは美味しくて違いが出ていました。 SIGMA DP1 Merrill
c0223825_18290114.jpg
c0223825_18503588.jpg
こちらはツマ。お寿司4種類と、天ぷらのセット。天ぷらは揚げたてで、こちらも美味しかったですね。 SONY RX100
c0223825_18324040.jpg
「五徳」さんはお気軽なランチもやっていて、2014年の8月には着物(小千谷縮)でランチをいただきに訪れたこともありました。 〈@「五徳」さんにて 2014.8 SONY RX-100〉
c0223825_18422337.jpg
続いてパスタ。 この大きなチーズの中でパスタを絡める過程を見ていたらとても美味しそうで、私もいただくことにしました。 (SIGMA DP1 Merrill)
c0223825_18545961.jpg
パスタのソースはパレミジャーノとミートソースがありました。私はミートソースで。
c0223825_19014276.jpg
飲み物は飲み放題セットを付けていました。ここで赤ワインにスイッチ。飲み放題のセットなのであまり過度な期待はしていませんでしたが、白はそれなりだと思ったものの、赤はコクがあってこれ美味しいなぁ!といいながらいただきました。詳しいことは全然分からないのですが。
c0223825_19051482.jpg
とうとう辿り着きました。この日のいちばんの楽しみ、ローストビーフです!
c0223825_19105648.jpg
ソースは和風もありますが、やっぱりローストビーフならグレイビーソースが好みです。
c0223825_22232900.jpg
ここのローストビーフは、ソースの味付けもかなり薄めな感じで、経験はないのですがもしかして、こういうスタイルが本来の英国式なのかな?と思うような感じでした。何というのか、肉は柔らかくてジューシーな味がしてもおかしくないような食感なのに、「塩がぜんぜん掛かっていない」というような印象で、ソースも、「え?」と思うような薄い味付けなんです。よく英国料理がまずいということを聞く時に「味を付けるのを忘れたのかな?」というものを見ることがありますが、これもそんな感じでした。肉質はいい感じなのでちょっと塩を、、、というだけなんですが。
c0223825_22344911.jpg
他にもいろいろあったのですがもうお腹いっぱいで食べられませんでした。
c0223825_22392934.jpg
でもローストビーフはもう一回行ってみました。西洋わさびをつけすぎてちょっと辛かったかな(笑)
c0223825_22424923.jpg
デザートもいろいろあります。
c0223825_22461527.jpg
ここからは、ツマ撮影で。(SONY RX100)
c0223825_22485924.jpg
この 「ベイクドアラスカ フランベスタイル」 というのも東京プリンスホテル伝統の料理らしく、復刻メニューということで出ていました。
c0223825_22522869.jpg
c0223825_22533164.jpg
c0223825_22564803.jpg
ツマ、デザート三皿目(笑)
c0223825_22582462.jpg
いやぁ~お腹いっぱいで満足の夜でした。
c0223825_23011033.jpg
東京プリンスホテルは佇まいがいかにも昭和的で私たちにはこのまま保存して欲しい、、、という思いがありますが、スタッフの方に聞いてみると、「いやぁ内部の配管とかがボロボロで、、、」というのでしょうがないなぁと思ったのですが、ラグビーW杯に間に合わせたいという事情もあるらしく外観には手を付けずに内側のみの工事になるということで少し安心したような。それにしても改めて、こうして開業当時の写真を見ると、とてもここが芝のこの場所なの?と思うくらい51年前のこの場所の周囲には高い建物がぜんぜんありません。ずいぶん発展してきたんだなぁと感慨深いものがありました。(SIGMA DP1 Merrill)
c0223825_23062672.jpg
格式あるホテルらしく、この日は、産経新聞の正論大賞贈呈式会場になっていたようです。
c0223825_23100873.jpg
レストラン感謝フェアは3月31日までやっているそうです。
改装前の東京プリンスを見るなら今のうちですよ!

2016.3.6 @芝・東京プリンスホテルにて
bjiman
SIGMA DP1 Merrill
SONY Cyber-shot RX100

by bjiman | 2016-03-12 00:00 | おいしい幸せ | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 石下結城紬の帯、反物を買いました。 河津桜が満開の松戸・坂川 >>