養老渓谷ハイキング⑤(出世観音と観音橋)

養老渓谷の温泉街近くにある出世観音(立國寺)は、1180年に源頼朝が小田原での石橋山の戦いで敗れた際、船で安房の国のここ養老まで逃れてきて、この場所で再起を誓い持参した観音像を奉り必勝祈願をしたことに因むものです。その後、頼朝は下総から関東に打って出て天下を平定したので、ここに奉られている観音様を出世観音と命名したのだそうです。
〈立國寺〉 SIGMA DP1 Merrill
c0223825_00304319.jpg
〈出世観音像〉 SIGMA DP3 Merrill
c0223825_00275580.jpg
その縁起の良さ故、たくさんの方が大願成就を祈念しておられました。

c0223825_00355950.jpg
もちろん私たち夫婦もしっかりお願いしてきました。 (DP1)
c0223825_00382135.jpg
山中で寒暖の差があるからか、モミジが色づいていました。 (DP1)
c0223825_00404224.jpg
養老渓谷は、紅葉の美しさでも有名です。このモミジが紅葉する頃、また来てみたいです。
c0223825_00431169.jpg
出世観音を降りてくると、朱色の綺麗な観音橋に出ます。
c0223825_00515034.jpg
c0223825_00534725.jpg
こういうお太鼓橋というのも保存されているものは見かけるけれど、実際に渡ったことってあまりないと思いませんか?
c0223825_00572508.jpg
、、、なので、ここで記念写真を撮ってもらいました。(photo・ツマ/SONY RX100)
c0223825_01065118.jpg
出世観音へは、画面左側の階段を上がっていくわけです。山深く、日中でも暗い、、、頼朝が隠れて再起を誓った場所という雰囲気を実感できる場所です。 (DP3 トリミング)
c0223825_01131607.jpg
橋の上から見ると、ちょうど出発した中瀬キャンプ場のあたりが見えています。この日のコースは画面左側から川のテントのある辺りに降りて川沿いを歩き、画面真ん中奥の山を抜けて右側の山を越えて戻ってきたというところです。手元の万歩計を見たら、この日歩いた距離は7.5kmでした。(この後寄った木更津のアウトレットを含む。)
c0223825_01194186.jpg
c0223825_01282715.jpg
このマップのうち、今回歩いたのは右上のごく一部のエリアです。養老渓谷のハイキングルートはまだまだたくさんあるので、これから順次挑戦していきたいと思っています。(今回のコースもダイエットにぴったりなので、また歩きたいと思います。)
c0223825_01332795.jpg
c0223825_01354283.jpg
この日のレクサス・HS250hは、元気に走って燃費も、19.1km/ℓ(オンボード算定値)と好成績。ドライブして距離を走ればいつでもいい燃費を出してくれるHSです。
c0223825_01401624.jpg
養老渓谷特集を終わります。

2015.8.23 養老渓谷にて
SIGMA DP1 Merrill
SIGMA DP3 Merrill
SONY RX100

by bjiman | 2015-09-09 05:00 | 養老渓谷、久留里旅日記 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 高尾山(稲荷山コース) 養老渓谷ハイキング④(奥養老バ... >>