トヨタ・センチュリー〈国産随一のリムジン〉補足追記・写真追加

トヨタ・センチュリーは、国産車随一のメーカー製リムジンです。

〈TOYOTA CENTURY〉 @お台場 SIGMA DP1 Merrill
c0223825_00313072.jpg
前回、マジェスタを取り上げた勢いで、身分違いであることを承知の上でセンチュリーを取り上げてみたいと思います。
センチュリーは、V12・5,000ccもの巨大なエンジンを搭載して、静々とキレイに走るように作られた高級リムジン。私が書くまでもありませんが、トヨタにはレクサスがあって、最高級のLS600hLは1,595万円もして、センチュリーの1,253万円よりも高額な訳ですが、「別格感」はこちらの方が上です。レクサス・LSは、トップの乗る車というイメージがあります。働く人のものなんですね。だから、内装も丈夫なレザーシートなんです。でも、センチュリーは違います。お好みならレザーも選べますが、基本は、このウールファブリック。リムジンは、ドライバーズシートにレザーを使うことはあっても、それはショーファー(運転手)さんの仕事場だからで、オーナーの居場所である後部座席は、滑るレザーではなくて、肌にしっとりと馴染むウールなどのモケット、というのがクラシックスなのです。
c0223825_00521400.jpg
昨今、エコ指向を反映して知事車などに高級な公用車として使われてきたセンチュリーが、他のハイブリッドカーなどに代替されるというニュースを耳にします。もっと言えばそれはセダンですらなく、アルファードなどのハイブリッドカーとか。時代とともに、そうした地位にある方の立場というものも徐々に変わっていくからではないかと思いますが、私から見ると、センチュリーというクルマは、もっとずっと上品な、第一線と距離をもった、いわば時間の制約の中で寸暇を惜しんで働く人のクルマではないということではないかと思います。
まぁあえて第一線で使われるとすれば、国賓送迎とか、そう、ゆったりした時間の中で行われるパーティなどの送迎に使われるもの。
c0223825_01014366.jpg
100台程度は輸出されたこともあるようですが、基本的には国内のみを考えられた仕様。仕事場であるダッシュボードは全部日本語表記です。
c0223825_01054207.jpg
後部座席のこうした操作系なども、分かりやすく表記されています。
c0223825_01084442.jpg
センターコンソールの後ろ側に、DVDが見られるモニターが付けられます。リモコンも入れられるようになっています。
もうあくせく仕事をしなくてもいい人のためのもののように見えます。
c0223825_01145080.jpg
センチュリーは多くの部分が手作りになっていて、技術の伝承という面もあるようです。
ビジネスなどで現役の地位の高い方は、多忙です。分刻みのスケジュールに追われ、ゆっくりしている暇はないでしょう。
エコ指向の社会ですから、ハイブリッドでガソリンも食わない、そして丈夫なレザーシート。今はそういう用途向けにはレクサスがありますから、ビジネスカーとしてのレクサス・LSやGSがこうした高額車のかなりの部分を占めるようになって、今の社会でセンチュリーが似合うような高貴な人、というのも相当限られたものであるように思います。
c0223825_01213495.jpg
私が今回、身分違いを承知でセンチュリーを取り上げたのは、マジェスタとの位置関係のことが書きたかったからです。
私は、トヨタにとっての「高級車」というのは、このセンチュリーが最上級で、厳然としてあることがいいのだと思います。
現役のビジネスマンには、そのトップに、ビジネスマンズ・エクスプレスたる、レクサス・LSがあって、LSは例えアウトバーンに持ち込まれても、ライバルのドイツ車に伍して、ある意味ではライバルの顔面を蒼白にさせてでも、「日本車ここにあり」を示して戦っていかなければなりませんし、そう期待しています。
でも、「トヨタ」のクラウンは、私たち市民の日常の中で、高級なドライバーズカーとしてどこにでも走って行く。よく言われることですが、本当に私も思ったのですが法事の席にあっても全く違和感がないだけでなく、その場の雰囲気をまったく壊さない高級感があるというのはクラウンならではです。マジェスタもそういう系列にあるべきクルマです。マジェスタは、もちろん後部座席のウェイトが高いという点ではセンチュリーと同じなのですが、明らかにクラスも使われ方も違うものです。センチュリーで法事に行けるとすれば、それはかなり相当に地位が高くなければ嫌みになると思いますがマジェスタではそうではないでしょう。レクサスとも違います。マジェスタは、アウトバーンで200km超で走る必要はないけれども、日本の高速道路を100kmで走るときには、後部座席に乗る人も含めて、静々と、快適に過ごせなければなりません。クラウンのちょっといいモノ、クラウンを昇華させたもの、そういう性格付けがとてもちょうどいいな、そのことが、このセンチュリーを見ていると改めて思ったのです。
c0223825_01372936.jpg
2016.8月補足
リオオリンピックの閉会式で2020年tokyoのプレゼンテーションビデオが流されましたが、登場する安倍首相のお乗りになっているクルマがセンチュリーでしたね。
こういう「日本」を代表するシーンにさりげなく映るクルマがセンチュリーだったというのも、なかなかのセレクションと思いました。
(下の動画で、1分17秒頃、センチュリーが登場。公用車らしくレザー仕様なのが印象的。ビジネス用途ということですね。)


(ご愛読感謝追記:2016.10)
昨年の8月にアップした記事であるにも関わらず未だに多くの方にお読みいただいていることに本当にありがたいと思っています。
そこでご愛読感謝という訳でもないのですが、写真が少なかったので追加で写真を撮ってきました。
お台場のトヨタ・メガウェーブでのセンチュリー。風格があり、これこそ、日本を代表するクルマというオーラがあります。
(SIGMA sd Quattro+SIGMA A18-35mmF1.8DC)
c0223825_02504910.jpg
特に今回思ったのが「鸞鳳(らんぽう)グロリアスグレーメタリック」というこの濃銀の塗装の美しさでした。銀という渋い色を使いながら、光の具合によって、少し青みがかっても見えます。青は若々しさを感じさせますし、黒みたいに威厳を表そうとするよりも、青みがかった銀は「大人の余裕の甘い雰囲気」をまとっているように思いました。威厳の中にも優しさを感じさせるような。
c0223825_02560690.jpg
以前は知事公用車などに用いられることも多かったセンチュリーですが、最近はそういう役職者のプレステージを表す表現が日産のエルグランドやトヨタのアルヴェル(アルファード&ヴェルファイア)のようなものに変わってきた今日、その背景を考えると、結局センチュリーのような立場のクルマがポジションに合わなくなったということがあるかと思います。もし日本が欧州のような階級社会だったとすれば、ロールスやベントリィのような貴族の乗るものとジャグゥアのような貴族ではない者が乗ることができるトップのクルマという区分けが厳然とあることになり、センチュリーは貴族の乗るもの=普段は汗水流して働く階層の者ではない者の乗るクルマというキャラクターが自ずと出てきます。センチュリーからプレミアムワンボックスに変えるような判断は、知事職にある者が、センチュリーに乗るような層の方ではなくなっているという事の裏返しのように思います。
c0223825_03095226.jpg
 戦前には我が国にも貴族ともいうべき華族制度がありましたから、戦後になってもそういう家庭で育った人がまだ多く残っていました。私の尊敬する白洲次郎さんの奥さんの白洲正子さんのご実家は華族の樺山伯爵家で、正子さんの父・樺山愛輔氏と白洲次郎さんの父は共にドイツ・ボン大学で学んだ学友でもありました。でも、白洲家は貴族ではないので、白洲次郎さんが正子さんと結婚するという報告を聞いた時、父の白洲文平さんは、「カービー(文平さんは学友時代から樺山氏をカービーと呼んでいた)の娘なんかもらって大丈夫か?」と仰ったというところに身分の違いを感じます。)。
ベントリィを愛用した白洲次郎さんは「一般の人が乗っていいのはジャグゥアまでなんだ」とお話しされてたそうですが、英国のケンブリッジで貴族の級友たちの中で青春を送った彼のような階層の者でないと、センチュリーは捉えきれないものだと私は思っています。
c0223825_03305501.jpg
だからといって、トヨタの最高級車がセンチュリーであることは厳然とした事実です。
クルマジャーナリズムは、こういったクルマの醸し出す車格感の高さ故、トヨタの最高級車はマジェスタなんだからとセンチュリーを脇に置いて議論しますが、とんでもない。センチュリーは、レクサス・LSよりも車格で言ったら上です。最高級車、本当の高級車は高額所得者が乗る物ではなくて高級なレベルの者が乗る車というものなんだと私は思います。
c0223825_03350457.jpg
そこを分からないと、レクサスについても誤解するばっかりになってしまいます。レクサスについては別項で触れますが、あくまでもこれはグローバルスタンダード=実質的な=である欧州車の価値観によって構成されているラインで、センチュリーとは見ている世界が違います。

c0223825_03372618.jpg
ずっとシトロエンに乗ってきた私から見ると、やっぱりレクサスには欧州車的な価値観を感じ、それも好意的に受け止めます。
ずっと欧州がお手本だ、優秀なのは欧州車だと言ってきた自動車ジャーナリズムを勉強してきた私には、成長するに連れて、いったいいつまで割高なプレミアを払って欧州ご三家を崇め続けなければならないのかとの思いがありました。その意味ではレクサスは欧州車の伝統が生み出したモノとも言えるしそれとセンチュリーとは世界観が違うということかと思います。
c0223825_03482589.jpg
センチュリーが大好きですが、欲しいとはなかなかいえないですが、、、
以上補足を終わります。

2016.10.5

by bjiman | 2016-10-06 06:00 | CAR | Comments(8)
Commented by kouraji at 2015-08-03 11:43 x
センチュリーというと、皇族の方々や書かれてある国賓の送迎車のイメージですね。しかも色は黒です。運転席のあらゆるボタンが日本語表記なのが妙に笑えました。何かの急な対応に間違わない様になのか何なのか、格好良く見せるでは無く、ましてやそれを目的に買う車でもないという事ですね。

このブログでクラウンを取り上げられてから、クラウンの見方が少し変わりましたよ。名前は、「さん」があっても無くてもどちらでもいいです。他ブログ主さんの中には、「さん」無の方がいらっしゃいますが、距離が縮まりますね。
Commented by bjiman at 2015-08-04 22:51
kourajiさんこんばんは。
そうですね。御料車のセンチュリー・ロイヤルもありますし。都内なんかだと案外見かけますけどこの辺では少ないです。先日、HSで市内周辺を走っていたとき偶然センチュリーとすれ違って、「どんな人が乗っているのかな」って一瞬考えてしまったくらい。
運転席のボタン、みんな日本語なんですね。考えてみたら英語表記なんて必要ないんでしょう。でも国賓送迎用の後部座席は英語表記があった方がいいんじゃないかなぁ、でもこういうクルマは特注だから、そういう場合は個別注文に応じてくれるのかな、なんて考えました。
本文には書かなかったんですが、トヨタのセンチュリーのホームページに寄せられているオーナーズヴォイスには面白いのがありました。50代の男性で、「いつかはクラウンより、どうせならいつかはセンチュリーでしょう。後部座席が重視なんて、乗ったことがない人の戯言です」というのはウイットが効いていて、いいなぁと思いました。趣旨の関係上、本文で書くのは見送ったんですが、こういうクルマは色々な意味で替えの効かないものなので、いい大人がお洒落として乗るのもいいと思うんです。たまさか友人にせよ親にせよ、後部座席に人をお迎えするのにこれほど素敵なクルマもありませんし。「お前なんでこういうのに乗ってるの?」「いや、これこそが「最高」だろ」ってね。
クラウンの見方、嬉しいお言葉をいただきました。正直なところ、メディアで読んだものは何一つ感心するものがなかったので、いや、むしろ違うだろって思ってばかりいたので今回はかなり言葉を割いて思うところを書いてみました。この後、もう少し観点を変えて続くのですが、もうだいぶスッキリしました(笑)
「さん」のところは、タブレットの画面上のソフトキーで打っていて間違えてしまったんです。「さん」の有無でもだいぶ印象は違いますよね。
Commented by Paker at 2015-10-21 17:09 x
毎日乗っております。
超滑らかで、全く角がない乗り心地など、独自感は比べるものがありません。使い勝手は圧倒的な静けさの中で、すべてが自然に操作可能です。
オイストラフ親子のバイオリンが素晴らしいオーディオ。
内外装は和の心にあふれています。流行を排除しているデザイン、足すことも、引くことも不要なバランス。
日本独自の様式美にあふれており、孤高の存在感です。
高速道路では、時速74kmが燃費と乗り心地の拮抗点です。
操安性は滑るように意のままです。
非常用のパワーモードではトルクが非常に大きくなります。挙動が下品になりますので、常にノーマルモードです。
始動音が独特。
こだわりの技術の多い設計です。
取り上げていただき、ありがとうございました。
Commented by bjiman at 2015-10-22 12:59
Pakerさんコメントありがとうございます。
センチュリーに毎日お乗りだなんて、、、うらやましい限りです。
コメントの文面から、他に例のない、滑らかで静粛な乗り心地が伝わってきます。
スポーティに飛ばすことだけがクルマの楽しみじゃないと考えている私にとって、文面にあるような世界は憧れの一つです。
74kmが燃費と乗り心地のバランスなんですね。一度は体験してみたいものです。
こうしたクルマは本当に趣味のよいクルマライフを感じさせてくれます。
内装の感じも
とても好きなんです。
オーディオの音質もいいんですね。
コメントありがとうございました。
Commented by Saba at 2015-11-08 16:25 x
もう時効だと思いますので、こんな話を。
私の父は、トヨタ系列の某企業の、とある部署に勤めていました。
特殊車両の製作も、業務の一つでした。
かつて存在したセンチュリーリムジン、、
そして、千代田区の真ん中にお住まいのあの方々のセンチュリーも、、
ボディー製作に携わりました。

『お乗せする方を美しく見せる』
それが、製作時の至上命題だった、と父は言っていました。
Commented by bjiman at 2015-11-09 02:13
Sabaさんコメントありがとうございます。
お父様がセンチュリーの製造に携わられていたのですか。
センチュリーは1台1台手作りで、トヨタグループの中にあって、センチュリー製作が技術伝承
の意味合いもかなりあるようですね。

「お乗せする方を美しく見せる」、、、なるほどと思いました。
グラスエリアを広くするなどの改装も行っていると聞きます。
そういう意味で、センチュリーはレクサスとも違う、トヨタにとって特別なクルマですね。
Commented by Saba at 2015-11-10 19:51 x
何度も失礼します。すみません。
皇室の方々が乗られているセンチュリーは、後ドア窓の左右上下サイズやサイドシル(ステップ)の地上高など、さまざまな部分が市販車とは違います。
ですが父いわく、『市販車に極力似せて作ってある。そういう意向だから』

後席から沿道に向かって御手を挙げられる時、そのお姿が窓枠を介して、まるで1枚の絵画であるかのように。
スカートのお姿で乗り降りされる際、美しく乗り降りして頂けるように。

これは特殊な例ですが。
市販車でも、センチュリーという車は、乗る方を引き立てる車だと思います。
私では無理です(笑

Commented by bjiman at 2015-11-13 03:39
Sabaさんありがとうございます。
市販車に似せて作るという意向が発注された方の慎み深さ、謙虚さを感じさせます。私が言うことではありませんがそんなお話を聞かせて頂いてとても嬉しく思います。
窓枠の配慮ひとつとっても、それを作ること、それを活かすこと、ひとつひとつがリレーになっているんだなと思います。
その意味でもセンチュリーというクルマは特別なクルマだと思います。
この記事中でも書いたのですが、知事公車から替える例が出ているというのも正直なところ、クルマが勝っちゃうというのもあると思うんです。高貴な方がそれに合う用途で使うクルマなので。
でも、トヨタのセンチュリーのオーナーズヴォイスにもあるように、これが「最高のトヨタ」(最高の国産車)だと考えて買うということも合って良いのではないかとも思います。そういう奥深いクルマですね、センチュリーは。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 「翻訳時代」からの卒業~私のレ... 軽井沢の夏休み⑧~万平ホテル編... >>