初富エリア ~かつての農村風景を偲びながら楽しむ白梅紅梅~ 新京成沿線の旅シリーズ第3回の(3)

新京成の旅シリーズ、初富エリアの(3)です。
初富は、この地域に広がっていた小金牧という江戸幕府が軍馬を育成していた牧場のエリアにあり、明治政府になってから開拓局が広大な牧場地に開墾入植を行った最初の場所なので、一番目ということで「初富」という地名になったということは前回書いたとおりです。新京成沿線で育った私は、駅名に数字に由来するものが多かったので子どもの頃から「新田開発の番号だった」という程度の正確ではない認識は持っていましたが、地元の歴史というのもあまり普段は接することがなく案外と知らないものです。きっと地元の小学校などではよく教えているのだろうとは思うのですが、小金牧に由来するものはこの周辺の地域にまだ多く残っているので、今回の機会を得て、松戸・鎌ヶ谷エリアでは、この「小金牧」を手がかりにして、それに由来するものを訪ねながら地域の歴史を勉強してみたいと思っています。柏市HPにあった小金牧の解説に、首都圏近くに広大な政府所有地があった事は国策に限りない便宜を与えてきた一方、功罪両面で現代史の縮図といえる側面があるというテーマが、今回の旅特集にとてもフィットするように思えたからです。(ちなみに札幌在住時代は、各地に残る「鰊御殿」をテーマに、北海道開拓の歴史を見ていました。詳しくはタグの「鰊御殿」で9本の記事を掲載していますので良かったら見てみて下さい!)

(1) 初富をはじめ、開墾村の村々は、もともとは牧場跡の荒れ地で、風が強く早かったといいます。そういえば松戸駅の隣の上本郷駅近くには、「風早」という集落があり、今も風早神社が残ります。上本郷駅特集の時に取り上げます。)。そんな地域で、農業経験の乏しい開拓入植民が開墾を行ってもなかなかままならず、逃亡者も続出したとか。今ではそんな気配を感じることはできませんが、初富エリアを歩けば、こんな傾斜地の傾斜をそのまま使ったような農地がまだ見られます。奥には防風林のようなものが見えるので、風が強かったのかもしれないですね。  (SIGMA DP1x,16.6mmF4)
c0223825_847195.jpg

(2) 紅梅、白梅、山桜の共演が楽しめました。
c0223825_913467.jpg

(3) ちょっと遠かったけれど、DP3 Merrill で追いかけてみました。 (SIGMA DP3 Merrill,50mmF2.8)
c0223825_951994.jpg

c0223825_993210.jpg

(4) 手前の山桜(河津桜かな)にピントを持ってきて、背景の白梅も少し写り込むように。(SIGMA DP3 Merrill,50mmF2.8)
c0223825_9124869.jpg

c0223825_9143764.jpg

(5) 薄いピンク色は心を華やかにしてくれます。(SIGMA DP3 Merrill,50mmF2.8)
c0223825_9192183.jpg

(6) ほのかに頬を赤らめたようなわずかピンク。素敵な紅梅。(SIGMA DP3 Merrill,50mmF2.8)
c0223825_9223687.jpg

c0223825_9241812.jpg

(7) 白梅のお花を、白梅自体の白を背景にして。(SIGMA DP3 Merrill,50mmF2.8)
c0223825_926424.jpg

(8) 夕方の色が濃くなってきました。旧い農家さんの民家などを眺めながら、次へ向かいました。好きなシグマDP1x の空の青色に、赤い屋根が似合っていました。 (SIGMA DP1x)
c0223825_9292950.jpg


2013.3.9 鎌ヶ谷市、初富近辺にて
SIGMA DP1x,16.6mmF4
SIGMA DP3 Merrill,50mmF2.8
by bjiman | 2013-03-20 09:32 | 新京成電鉄沿線散歩(new!) | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 貝柄山公園の美 ~小金牧時代を... 初富 ~明治政府による開墾入植... >>